052:縄(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
縄跳びは苦手でしたと言いながらわたしもなどと言う人を待つ
 
 
 
052:縄(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
玉縄の縒り縄のごと長き夜をワンコと離れ一人かも寝む
 
 
 
052:縄(アンタレス) (思い出ずるままに)
故郷の荷物なつかし麻縄で心むすびし今はビニール
 
 
 
052:縄(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
造るのが面倒だから弥生式に変わったのだろう縄文土器は...
 
 
 
052:縄(みずき) (空)
見えぬ縄ぐるり自縛の思ひして辛夷の朝をひとり欝なる
 
 
 
052:縄(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
沖縄の夜明けは遅し ほの暗き外眺めつつ朝食を摂る
 
 
 
052:縄(船坂圭之介) (kei's anex room)
 縄のごとくちなは一つ街の灯に照らされて在り 朽ちしその儘
 
 
 
052:縄(小早川忠義) (Just as I am Returns)
戦後ごと噛み締むるべし沖縄のステーキハウスにAサインあり
 
 
 
052:縄(佐藤紀子) (encantada)
浦島を縄飛び歌にして遊ぶ児らには遠き太郎の心(浦島太郎物語)
 
 
 
052:縄(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
沖縄のソバは安くてなお美味く三食ソーキソバにて過ごす
 
 
 
052:縄(うたまろ) (五と七と五と七と七)
流行が「お入んなさい」と縄回す 声を合わせて「個性、個性」と
 
 
 
052:縄(柴田匡志) (スタートライン)
沖縄へ向かう途中で爆沈す戦艦大和永久に眠れ
 
 
 
052:縄(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
知らないの? 一筋縄ではいかないの いかせたいなら出直しなさい
 
 
 
052:縄 (穴井苑子) (猫のように純情)
やみくもにきみを傷つけたくなくて専門店で選んでる縄
 
 
 
052:縄(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
縄跳びに入れないまま終わってくお昼休みは空白の時
 
 
 
052:縄(みつき) (みそひと :: misohito ::)
夕暮れの家を背に一人練習す 淡々と響く縄跳びの音 
 
 
 
052:縄(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
種子島火縄の島は平成もシャトルを飛ばしその名知らしむ
 
 
 
052:縄(梅田啓子) (今日のうた)
そのむかしお縄にするとふ言葉ありゆかしき響き罪人なりとて
 
 
 
052:縄(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
この恋はきらきらしてる沖縄の海の底からのぞいた水面
 
 
 
052:縄(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
せめてビールを飲めるようになりたい 一筋縄ではいかない恋 
 
 
 
052:縄(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
僕はまだ あの日の記憶に呪縛され解けぬ縄に縛られている
 
 
 
052:縄(森山あかり) (言葉の花かご)
タイミング合わせられずに俯いて回り続ける縄を睨んだ
 
 
 
052:縄(ひじり純子) (純情短歌)
あざなえる縄のごとくに幸不幸 空覆う雲も風に運ばれ
 
 
 
052:縄(ジテンふみお) (雲のない日は)
縄張りを主張して鳴くうぐいすの途中ですけど桜前線
 
 
 
052:縄(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
兵十が火縄銃持ちごん撃ったときの気持ちになったさよなら
 
 
 
052:縄 (minto)  (@100@)
ランナーは縄が張られし内側でアツプをなせば士気も高まり
 
 
 
052:縄(チッピッピ) (うたよみブログ)
あたたかな光と人肌恋しくて ぐいと分け入る縄暖簾の店
 
 
 
052:縄(はこべ) (梅の咲くころから)
注連縄の御幣新たにととのいて 能楽堂に新しきとし
 
 
 
052:縄(わだたかし) (ファミレス短歌)
大縄に入っていけないもどかしさ 「好き」が言い出せないもどかしさ
 
 
 
052:縄 行方祐美 (フーガのように)
縄文の朝に流れし風の音を耳遠きおお祖母はとおくうたえり
 
 
 
052:縄 (Ordinary days)
予定書く手帳は持たない自縄自縛と思えてメモだけでいい
 
 
 
052:縄(ことり) (歌)
マジシャンにゆるりゆるりと縛られてにやりとゆがむ縄のおんなよ
 
 
 
052:縄(蓮野 唯) (万象の奇夜)
縄跳びが飛べない事の言い訳を聞いてもらえぬ体育の授業
 
 
 
052:縄(陸王) (Always Walking with Yu)
縄文の地層のなかに探してたぼくの上履きやっと見つけた
 
 
 
052:縄(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   誘惑の手から守りし注連縄(しめなわ)を張り巡らせよ君の身体に
 
 
 
052:縄(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
縄張りになれよだなんて元朝のフビライ汗は言ってもいいよ
 
 
 
052:縄(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
縄らしい縄はあんまり知らなくて夜のメールを束縛という
 
 
 
052:縄(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
目に見えない縄でアタシは縛られているとわかった ほどかないでね
 
 
 
052:縄 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
沖縄の洞窟でみたこうもりはまぼろしだった? 吸血鬼死す
 
 
 
052:縄(畠山拓郎) (あいうえおあお)
龍神の伝説ありし縄が池けっして石は投げ込まないで
 
 
 
052:縄(ウクレレ) (十線譜)
縄暖簾くぐれば「らっしゃい」大将の声におでんの大根光る
 
 
 
052:縄 (新井蜜) (暗黒星雲)
若鹿の造反有理年ふればこの縄張の内に囲われ
 
 
 
052:縄(迦里迦) (香飄)
「かがなべて夜にはここの夜・・」縄なひつ歌ひつ焔に笑む爺がゐた
 
 
 
052:縄(ふみまろ) (光る風の記憶)
切れそうな糸を束ねし赤縄の強きをしても縒れる縁(えにし)よ
 
 
 
052:縄(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
強引に縄で繋いだ赤い糸ではあまりにも頼りないから
 
 
 
052:縄(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
縄飛びが得意じゃなかったあの頃は世界の尺度が分からなかった
 
 
 
 (流星文庫)
大笑いできたね謎の縄ひとつ落ちてただけの夜だったのに
 
 
 
052:縄(さかいたつろう) (流星文庫)
大笑いできたね謎の縄ひとつ落ちてただけの夜だったのに
 
 
 
052:縄(Yosh) (☆生短歌☆)
縄文の民と変わらず狩りをして老いて後生に入り込むなり
 
 
 
052:縄(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
短歌でも降りてくるがにゆふぐれの空からおりてくる縄ばしご
 
 
 
2009題詠blog052:縄(はづき生) (生さんま定食)
縄投げをするカウボーイ今市のウエスタン村野外劇場
 
 
 
052:縄(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
賑やかなきみの半径2メートル晴れて今日からぼくの縄張り
 
 
 
052:縄(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
新記録達成間近の縄跳びを台無しにした脚の眩しさ
 
 
 
052:縄(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
大縄跳び 君の背中が近すぎて胸のドキドキ聞こえちゃいそう
 
 
 
052:縄(理阿弥) (車止めピロー)
そぼ濡れた子が眺め遣る廃屋に虎斑(とらふ)の縄のぐるり廻りて
 
 
 
052:縄(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
FREEDOMと書いたTシャツ脱がせれば腰に縄目の日焼け跡あり
 
 
 
052:縄(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
縄跳びで縛られた後目を閉じる「ソフトSM」いう名の童心
 
 
 
052:縄(かりやす) (彼方探訪)
喪服の腰に藁縄しめる習はしを祖母の葬儀で初めて知りぬ
 
 
 
052:縄(藻上旅人) (創作のおと)
縄暖簾くぐった横のふたり掛けくすんだ壁に切ない思い
 
 
 
052:縄(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
荒縄を解きてヨハネのバプティズマ永久にイエスを愛にて縛(ばく)す
 
 
 
052:縄(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
ガンジーの名を冠る人沖縄にありたることを吾は忘れじ
 
 
 
052:縄(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
浜降の御輿は前を通り過ぎ潮引く後に落ちる藁縄 052:縄(題詠100首2009)
 
 
 
052:縄(新田瑛 (新田瑛のブログ2)
 
 
 
052:縄(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
絶え果てた後の地球を思い遣れば縄文杉を内側に見ゆ
 
 
 
052:縄(春待) (三感四音)
縄抜けを覚えたけれど規則には縛られたままネクタイ締める
 
 
 
052:縄(原田 町) (カトレア日記)
石蹴りや縄跳びしてた原っぱや焼け跡などがあった東京
 
 
 
052:縄(のびのび) (のび短歌)
観光に来るのとここで暮らすのは違うよそれでも沖縄に住む? 参照記事:052:縄
 
 
 
052:ナワ (羽うさぎの日記帳)
 
 
 
052:縄(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
恋愛を語るつもりが語られて自縄自縛のあなたをほどく
 
 
 
052:縄(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
路地裏に答えがなくて縄のれんが降ろされて今道が見えない
 
 
 
052:縄(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
強靭な一本の縄となりばらばらになりかけた世界を結ぶ
 
 
 
052:縄(こうめ) (はこにわ相聞歌)
熱帯びる在処(ありか)も知らず束縛をするの?縄も床なら無力
 
 
 
052:縄(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
人工の明かり見渡す限りなく縄梯子の上見張り台に月
 
 
 
052:縄 (七十路ばば独り言)
釣瓶井戸縄朽ちたれば父さんと新縄綯(な)いしも昔語りよ
 
 
 
052:縄(フウ) (easygoing.)
息あがり足あげてひっかかっても縄跳びは続くとんでとんで
 
 
 
052:縄(イマイ) (ゆびおり短歌)
頼りなくまだ揺れている縄のれん振り返らないシャドーボクシング
 
 
 
052:縄(祢莉) (suger drop)
首に縄つけるくらいでちょうどいい誰か私を飼いならしてよ
 
 
 
052:縄(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
縄跳びに次つぎ入る気安さで集まり家族と呼び合えばいい
 
 
 
052:縄(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
重すぎて今は袖を通せない細縄模様の手編みセーター
 
 
 
052:縄(nnote) (白い箱から)
月光の中の縄跳び果てもなく円の輪郭刻み続ける
 
 
 
052:縄 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
麻縄を目の前にしてきみの「あのとき」の歪んだ顔が横切る
 
 
 
052:縄(ゆき) (ひたぶる君を)
やすやすと笑みつつ友が飛び込める大縄の弧を呆然と見る
 
 
 
052:縄(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
縄ないを習う幼ら見つめおるわれの視線も邪魔にはならず
 
 
 
052:縄 (村木美月) (うたりずむ)
病みあがり縄跳びをするひとといて気持ちで負けちゃいけないと知る
 
 
 
052:縄(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
毎日の 健康維持に 縄跳びを 始めてみれば メタボ対策
 
 
 
052:縄(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
雨の日の火繩銃って言う君が僕の心に雨を降らせる
 
 
 
052:縄 (水口涼子) (FANTASIA )
 引き出しに麻縄ありてこの家に一生慣れることはない
 
 
 
052:縄(短歌サミット2009.石焼妹子) (短歌サミットブログ)
縄とびを飛んでる皆を隅っこで見ているようないつもの合コン 
 
 
 
052:縄(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
縄暖簾くぐって一杯生ビールうまいと口をそろえてにやり
 
 
 
052:縄(音波) (短歌のなぎさ)
縄を切りゆっくりと立つ避雷針 君のオゾンが満たす六月
 
 
 
052:縄(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
梅雨冷えに井の汲みがたき心地せば釣瓶の縄を深く下ろせり
 
 
 
052:縄(都) (miya-momoの日記)
縄のようにあみこむ想い投げあげて空に届いて君へ伝われ
 
 
 
052:縄(あみー) (正直なたましい)
縄跳びの輪に入れずに友達の友達ばかり増えていってる
 
 
 
052:縄(青野ことり) (こ と り ご と)
すんなりと抜けられなくて大縄は回りつづけているしかなくて
 
 
 
052:縄(tafots) (1年で1000首をつくる)
図書室の縄文土器のレプリカを毎日撫でていた夏休み
 
 
 
052:縄(ほたる) (ほたるノオト)
聞こえないふりをしたくて縄編みのニットキャップは耳まで覆う
 
 
 
052:縄(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
だれかおれに大縄跳びの輪のなかに入るタイミングを教えてくれ
 
 
 
052:縄 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
網走の網で網潜り沖縄の縄で縄跳びどっちでいいわけ
 
 
 
52:縄(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
大縄へ飛び込むように覚悟なら7月2日のあたしはしてた
 
 
 
052:縄(月下燕) (a swallow under the moonlight)
「おかえり」と迎えてくれる屋久島の縄文杉のようでありたい
 
 
 
052:縄(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
学歴も話術も見た目もアレだけど投げ縄だけは上手なのかも
 
 
 
052:縄(O.F.) (O.F.)
沖縄に熟れた果実を味わいに 熟れたパイナップルはゴム製
 
 
 
052:縄(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
上空で君があやつる投げ縄のひゅんひゅん背中の耳で聴いてる
 
 
 
052:縄(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
ひとしきり縄文の雨流れおち鍾乳洞とパールホワイト
 
 
 
052:縄(健太郎) (モノクローム文芸館)
この両手 差し出す前に縄になる 罪の意識を持たせておくれ
 
 
 
052:縄(emi) (時計をはずして)
入れずに立ち止まった縄張りの外で少女が歪み続ける
 
 
 
052:縄(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
アジられても、ごめんね夏はだるいからわたしの火縄しめつたままだ
 
 
 
052:縄(sora) (追憶~娘へ)
心内に永遠に刻まむ荒縄のきつく縛りたるやうな痛みを
 
 
 
052:縄(佐藤羽美) (hinautamemo)
階段の手摺を滑りそよ風は縄跳び部女子マネージャーまで
 
 
 
052:縄(すいこ) (すいこのうたおきば)
古紙回収縄で縛ったジャンプには確かに夢がつまっていたよ
 
 
 
052:縄(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
素潜りでアクアマリンの意味を知る エメラルドじゃない沖縄の海
 
 
 
052:縄(振戸りく) (夢のまた夢)
縄編みのざっくりとしたセーターでもう編み棒を置くことにした
 
 
 
052:縄(都季) (31pieces)
長縄跳びみたいに何とか飛び続ける目的が何か忘れてしまう
 
 
 
052:縄(藤野唯) (Sugarmint)
縄跳びをしながらずっと考えた夕暮れ ともだちってなんだろう
 
 
 
052:縄(遥遥) (たんかのきりかた2)
縄文の時代に縄はなかったから大人はうそつきだいっ嫌いだ
 
 
 
052:縄(市川周) (ミルミルを飲みながら)
縄抜けをあきらめている奇術師にはつかよりそう夏の硝煙
 
 
 
052:縄(Re:) (プリズム)
長縄も恋も一緒だ慎重になりすぎたせいで入り込めない
 
 
 
052:縄(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
SMの縄の跡とか全身に消えずに残ってほしかった夏
 
 
 
052:縄(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
冬の夜の波にのまれるここちして大縄跳びにまだ飛び込めぬ
 
 
 
052:縄(酒井景二朗) (F.S.D.)
月曜のひどいメンタルヘルスぶり繩を買ひ込む氣にもなれない
 
 
 
052:縄(間遠 浪) (少女らせん)
沖縄にいましたか?縄跳びの輪を逃れ縄文の子の逃れて
 
 
 
052:縄 (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
縄をなう手を休めずもねぎらいの声かかることなく終わる夜 ○誰がねぎらわんでもわしがねぎらっちゃる
 
 
 
052:縄(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
父親の仕事は縄師SMの俺は会社に縛られている
 
 
 
052:縄(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
この場所は縄文時代は海だった いつも不安は足元から来る
 
 
 
052:縄(村上はじめ) (雑感)
縄梯子一歩一歩を踏みしめてのぼる 都会の暗渠果てなく
 
 
 
052:縄(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 よく熟れたスイカに塩をふることで甘さ際立ちおっぱいと縄
 
 
 
052:縄(珠弾) (seven seas tac)
泥縄をがっちりつかんで離さない それほど悪しき心地ではない
 
 
 
052:縄 (みなと) (海馬)
いろまちの正午を過ぎるおれの目にうつる路面に焦げついた縄
 
 
 
052:縄(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
縄だからなにかを縛る それでいい 人を愛するわけなんてのは
 
 
 
052:縄(橘 みちよ) (夜間飛行)
火縄銃かつぎて山野かけめぐるマタギの生活おもひみるべし  
 
 
 
052:縄(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:052:縄 貝殻がたくさん使われていたよ縄文時代の君のパンティ
 
 
 
052:縄(花夢) (花夢)
これまでに摘み取ってきた愛情を縄で縛って軒下に干す
 
 
 
052:縄(暮夜 宴) (青い蝶)
出口などまるで見えないけど揺れる縄梯子から手が放せない
 
 
 
052:縄(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
連れてく気ないなら言うな 沖縄でハブに噛まれてしまえばいいわ
 
 
 
052:縄(こゆり) (おかっぱ短歌)
男ってどうして自分の縄張りに女を連れ込みたがるのだろう
 
 
 
052:縄(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
故郷にて祝言あげる放浪の楽人を待つ麻縄の群れ
 
 
 
052:縄(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
月曜の朝に起こつた案件の縄を編むうち金曜になる
 
 
 
052:縄(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
花柄のダブルロールを買った日の風を縄縫い物陰にほす
 
 
 
052:縄(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
要するにみんなで縄をなうわけだ さいばんいんのつうちがとどく
 
 
 
052:縄(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
呼ばれても行かない見ない投げ縄が束ねて恋と名づけた二人
 
 
 
052:縄 (ヒロの独り言)
窮屈で堪らぬ心眺むれば自縛の縄がきつく絡まり
 
 
 
052:縄(紫月雲) (resume 1970-2009)
できるだけ裸。の信条ぶらさげて縄文人のごとき自由を
 
 
 
052:縄(斗南まこと) (野ウサギのように)
縄編みが面倒くさくて投げ出したセーターだけが残されて、春
 
 
 
052:縄 (一夜) (短歌るBlog)
古新聞縄で括られ行く先は 資源と名乗る回収現場
 
 
 
052:縄(岡本雅哉) (なまじっか…)
非常用縄ばしごなんて下りててもわたしセクシー?不二子みたいに?
 
 
 
052:縄(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
浮気したねことあなたを縄でぐるぐるまき うらやましくなる、入れて。
 
 
 
052:縄(本田鈴雨) (鈴雨日記)
とほき夏の長縄跳びの空間のおほきレモンに今し入らむ
 
 
 
052:縄(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
わからないなりに言いたいフレーズは お控えなすって お縄ちょうだい
 
 
 
[短歌][2009] 052:縄(ezmi) (語りえぬことを。)
まず縄をなうところからはじめます。あともう少し生きるのもいい。
 
 
 
052:縄(ノサカ レイ) (のーずのーず)
うら若きあたしに野生動物のようだと言った、縄手先輩
 
 
 
052:縄(吉里) (梢は歌う)
縄文の未明の謎に我思い心ときめく遠い世界に
 
 
 
052:縄(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
沖縄へ行って海でも見て来いよ ホントの自分を見つけて来いよ
 
 
 
052:縄(香-キョウ-) (Sky on Blue)
もがくほど縄は締まって雁字搦め 時にはじっと待つのもいいさ
 
 
 
052:縄(ゆふ) (ゆっくりん)
縄跳びがなにより好きな女の子風を輪切りにしているよ ほら!
 
 
 
052:縄 (お気楽堂) (楽歌三昧)
禍は足りているからこののちは福が来ないと縄が綯えない
 
 
 
052:縄(おっ) (だいえいの短歌専門店)
結び目が重しになっていつもより風を多めに裂いた縄跳び
 
 
 
052:縄(志井一) (日記ホプキンス)
沖縄で(生まれてすぐに引っ越して何も覚えてないが)生まれた
 
 
 
052:縄(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
あの時に適当な縄があったなら今は生きてはいないと思う...
 
 
 
052:縄(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
縄簾ゆれて心もゆらされて想い出になってくれないなんて
 
 
 
052:縄(駒沢直) (題詠blog参加用。)
白黒の世界がそんなに好きですか たぶん君とは来ない沖縄
 
 
 
052:縄(小林ちい) (ゆれる残像)
沖縄の申し子のような人といて沖縄時間で暮らす東京
 
 
 
052:縄(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
僕の手は君の指先包み込み 縛す縄にも継ぐ楔にも
 
 
 
052:縄(やすまる) (やすまる)
縄編みの編み目を休ませるときのため左手はのこしていって
 
 
 
052:縄(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
太毛糸の編み目たまゆら休ませて縄に捩じりぬともしびの下
 
 
 
052:縄(扱丈博) (取扱)
おだやかに縄張りたちをあらそわせ汀(みぎわ)はとても健康である
 
 
 
052:縄(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
大学のクラブの帰り縄のれんカラオケ一曲100円の頃
 
 
 
052:縄(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
縄抜けを練習してて良かったね こわくて気恥ずかしくてわらう
 
 
 
052:縄(惠無) (なんでもない一日)
身の丈を知りつつくぐる注連縄に今年こそはと祈る平穏
 
 
 
052:縄(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
糸だから絡まり切れてしまうのね赤い糸編み縄に変えるわ
 
 
 
052:縄(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
祖母の手は魔法のように縄を編む私が真似てもただ藁のまま
 
 
 
052:縄(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
めずらしく手を引いている。 ゆっくりと口縄坂をのぼりきるまで。
 
 
 
052:縄(今泉洋子) (sironeko)
杵島山の竪穴の奥の暗闇に縄文人が隠れてゐさうな
 
 
 
052:縄(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
縄よりも細い たとえばカタン糸みたいなものでつながっている
 
 
 
052:縄(伊藤真也) (クラッシュボク)
あふれ出たしずくが深く染み込んでほどけない縄 バイバイハニー  
 
 
 
052:縄(内田かおり) (深い海から)
人混みの中のひとりの足取りに小さく作る縄張りがある
 
 
 
052:縄 (空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
じりじりと火縄のようにつのってく思いを隠したメールの絵文字
 
 
 
052:縄(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
頬骨をなぞりつ友が俺たちは縄文人の骨格という
 
 
 
052:縄(Ni-Cd) (反実仮想)
きりきりと絹に結われたまま君と話せば紅く照りかえす窓
 
 
 
052:縄(Ni-Cd) (再投稿) (反実仮想)
きりきりと縄に結われたまま君と話せば紅く照りかえす窓
 
 
 
052:縄(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
痴呆でも確かな手つき稲藁を撚りてつないだ縄は途切れず
 
 
 
052:縄(kei) (シプレノート)
腕いっぱい回す縄跳び十人が順に飛び込む異界の扉
 
 
 
052:縄(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
縄を編み草鞋を作る祖父の顔誰を思うか優しい瞳
 
 
 
052:縄(只野ハル)再投稿 (Ordinary days)
予定書く手帳は持たない自縄自縛と思えてメモだけでいい
 
 
 
052:縄(鯨井五香) (くじら(独唱))
おみやげのパイナップルをさりり噛み背中にすべる沖縄の砂
 
 
 
052:縄(夢雪) (浪漫)
五芒星縄と灯火で作っては赤いドレスのリリス召び喚す
 
 
 
052:縄(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
縄文式土器のかけらを売る店のきのふはありてけふ見えぬなり
 
 
 
052:縄(さと) (すばらしい日々)
縄のれんあんぽんたん一夜(ひとよ)限り開店お客はあなただけ
 
 
 
052:縄 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
糾へる縄のごとくに寄り添ひし四十九年のときの短さ
 
 
 
052:縄(茶葉四葉) (ゆざまし)
君んちの土蔵の奥の床下の呪いの解けた縄文土偶
 
 
 
052:縄(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
友だちになって下さい風の中わたしが垂らしている縄梯子
 
 
 
052:縄(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  お互いに行ったことない沖縄の連想ゲームの果てない夜更け    
 
 
 
052:縄 (ezomijikauta)
おじょうさんお入りなさいとこれまでに出会った人々がまわす長縄
 
 
 
052:縄(桶田 沙美) (31Words Runner)
荒縄で君の身体を縛り上げサドがマゾかを試してみたい
 
 
 
052:縄(ぱん) (向日葵 と 月)
沖縄を青い空とか透明な海しか知らない 何もしらない
 
 
 
052:縄(田中ましろ) (ましたん)
縛りあげ鞭をうならせ果てたあと放課後みたいに解かれる縄
 
 
 
052::縄 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
導かれたるごと道にまよひ来れば注連縄めぐりて楠鎮まれり
 
 
 
052:縄(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
泥縄は避けねばならずあいづちの代わりに返すうすきほほえみ
 
 
 
052:縄(みち。) (滑空アルペジオ。)
縄編みのうねうねなぞるいまはただ幸せそうなひとに会いたい
 
 
 
052:縄 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
八ヶ岳・沖縄・台北すこしだけ星が近くに降りてきた場所
 
 
 
052:縄(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
縄跳びはグラウンドに残されたまま最後のひとりが放課後を終える
 
 
 
052:縄(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
秋風に流されながら沖縄の調べで届く訃報一通
 
 
 
052:縄(フワコ) (きくとわたし)
静かなる山の納骨堂の中縄文土器の欠片も眠る
 
 
 
052:縄 (ぺんぺん100%)
夜来香あしおともなく忍び寄り一筋縄ではいかないおまえ
 
 
 
052:縄(星川郁乃) (Air Station)
わが裡にうすく流れる縄文の血を呼んでいるこの森の奥
 
 
 
054:首(フワコ) (きくとわたし)
朝夕に君と一緒に海にゆく私の首にも水玉の紐
 
 
 
52:縄(HY) (天然通信)
縄のれん さしつさされつ今日一晩貴女の愚痴につきあっちゃるわ
 
 
 
052:縄(村本希理子)トラックバック失敗のため (きりころじっく2)
沖縄のひかりを買ひしと思ひたるビアグラス闇ふかく抱けり
 
 
 
052:縄 みぎわ (たづたづし)
吊り下がる楕円の縄の向かうがは他界から呼ぶ金の耀ひ
 
 
 
052:縄 (FILL mobile)
  破綻した論理を一糸ずつ紡ぐ糾える縄 禍福混色
 
 
 
052:縄(ME1)(←名前抜け再投稿) (FILL mobile)
  破綻した論理を一糸ずつ紡ぐ糾える縄 禍福混色
 
 
 
052:縄(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
3歳の春子は息を吸い込んですくえど逃げる沖縄の色