この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
043:係(アンタレス) (思い出ずるままに)
物問へば係の人に聞きてほしたらい廻しよ係はいずこ
 
 
 
042:係(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
今日からはうさぎ係は僕である うさぎの諸君よく聞きたまえ
 
 
 
043:係(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
牛乳を注ぐのは我の係にて無為徒食なる朝食を摂る
 
 
 
043:係(船坂圭之介) (kei's anex room)
歌詠めば ぞ・なむ・や・か・こそ 群がりて係り結びを結へ結へとこそ
 
 
 
043:係(jonny)(再投稿) (迂闊な夜の真ん中で)
今日からはうさぎ係は僕である うさぎの諸君よく聞きたまえ
 
 
 
043:係(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
「係恋」とは「忘れ得ぬ情」 妻厭ふ斎藤茂吉に何の係恋
 
 
 
043:係(みずき) (空)
したためる係りことばや終(つひ)の文 真椿灯すポストへの道
 
 
 
043:係(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
登別市松木秀君下呂温泉特別名誉清掃係...
 
 
 
043:係(うたまろ) (五と七と五と七と七)
税金を使うは官僚 決めるのも 関係者以外立入禁止
 
 
 
043:係(小早川忠義) (Just as I am Returns)
御中と書かぬに気付く係まで書きてポストに落としたる後
 
 
 
043:係(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
関係がどんどん砂になっていく零れ落ちてくもう直らない
 
 
 
043:係(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
あなたとは付かず離れず これからもきっと続くね この関係
 
 
 
043:係(柴田匡志) (スタートライン)
庶務係に配属されて昼休み臨時職員と電話当番
 
 
 
043:係 (穴井苑子) (猫のように純情)
超速で係の人がとんできたけれど追い風参考記録
 
 
 
043:係(佐藤紀子) (encantada)
髪型も着物も揃ひの三人が太郎の係と定められたり(浦島太郎物語)
 
 
 
043:係(ひじり純子) (純情短歌)
関係はつかず離れず そんなのって正しいようでちょっと寂しい
 
 
 
043:係(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
引力と遠心力の関係を布団の中で考えている
 
 
 
043:係(みつき) (みそひと :: misohito ::)
「関係があります」と聞くと深読みをしてみたくなる会議 十四時     
 
 
 
043:係(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
いつだってしてみる係されてみる係を一度経験したい 
 
 
 
043:係(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
電卓がパソコンになってもそろばんをはじき続ける出納係
 
 
 
043:係(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
この度は係累探し遥々と祖先の土地へ分け入り山へ
 
 
 
043:係(梅田啓子) (今日のうた)
「われをこそかなしめ」「われこそあはれなれ」係り結びぞいとむづかしき
 
 
 
043:係(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
今日からは君をほっとく係だと任命されて途方にくれてる
 
 
 
043:係(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
希望する係は仕事の内容じゃなくてあなたの隣の席です
 
 
 
043:係(蓮野 唯) (万象の奇夜)
叱るより膝に乗せればおとなしい2歳の息子はクリック係
 
 
 
043:係(只野ハル) (Ordinary days)
そうですね 係りの者は そう言って 笑顔の裏で 何をか思う
 
 
 
043:係(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
悲しみを拭う係になりたくて両手で抱いた小さな身体
 
 
 
043:係(わだたかし) (ファミレス短歌)
これだけは係長には言わないで大事にそっと育ててみよう
 
 
 
043:係(はこべ) (梅の咲くころから)
設問はAとBとの関係は? 答えはいつも微分積分
 
 
 
043:係(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
ペンギンは飼育係と連れ立って喫煙室に帰国しました
 
 
 
043:係 行方祐美 (フーガのように)
係争はいつも疲れをあたためて雨となすのか今宵どしゃ降り
 
 
 
043:係(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
係など決めるころにはほとんどの女子はカーストごとに固まる
 
 
 
043:係(ジテンふみお) (雲のない日は)
「エリーゼのために」で対処しきれずに係の者は煙草もみ消す
 
 
 
043:係(陸王) (Always Walking with Yu)
近ごろの恋愛小説においては階乗数の関係ありて
 
 
 
043:係(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   この恋の相関係数はじき出す過去の経験・相性占い
 
 
 
043:係(チッピッピ) (うたよみブログ)
この件はあちらの係で聞いてくれ 市役所の中たらいがグルグル
 
 
 
043:係 (minto)  (@100@)
情報の係の者が注意なす安全ネットのいろは諸々
 
 
 
043:係(ウクレレ) (十線譜)
関係は修復不能ストローの袋たたんで水を垂らした
 
 
 
043:係(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
何をする係か5分で説明は無理だが僕はあなたの上司
 
 
 
043:係(森山あかり) (言葉の花かご)
現代に欠けているのは関係を紡ぐことです繋ぐことです
 
 
 
043:係(ことり) (歌)
ぼんやりやさんのアリスはみんなが捨ててった約束を集める係なの
 
 
 
043:係 (水口涼子) (FANTASIA )
係りから手渡しされた日誌には「ヤマネの逆さ枝わたり見よ」
 
 
 
043:係(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
気づいてた君があの子を見てること 中2の夏の三角関係
 
 
 
043:係 (新井蜜) (暗黒星雲)
明け方にひろいあつめたほしくずを給食係が僕らにくばる
 
 
 
043:係(畠山拓郎) (あいうえおあお)
O型は大地のように現われて剱のような父との関係
 
 
 
043:係 (ゆり) (森の歌)
ゴミ捨ての係今までありがとうかんたんだってわかっちゃたよ
 
 
 
043:係(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
<分かれ目>と涙でひとの歌ひ来しはたと気づかむ係り結びと
 
 
 
043:係 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
うさぎからはじまり今は伯父の身体拭くわたしはずっといきもの係
 
 
 
043:係(さかいたつろう) (流星文庫)
スーパーの係の人の言うとおり安い方を選べばよかった
 
 
 
043:係 (光る風の記憶)
区役所の年金係が知っていたように処理する全額免除
 
 
 
043:係(ふみまろ)再投稿 (光る風の記憶)
区役所の年金係が知っていたように処理する全額免除
 
 
 
043:係(迦里迦) (香飄)
飼い猫や元カレそれも係累とよぶなら私孤独じゃないが
 
 
 
043:係(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
逃げてゆく後ろ姿はたれですかあのペンギンの飼育係は
 
 
 
2009題詠blog043:係(はづき生) (生さんま定食)
関係はこの一枚で途切れると信じてテストみたいに書いた
 
 
 
043:係(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
図書係盲目的な精神で読書の量を自慢していた
 
 
 
043:係(Yosh) (☆生短歌☆)
人生の劇場上で係して 静かに去って逝く場所は同じ
 
 
 
043:係(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
私たちの関係は? とか思うけど何にしたって終わりは来るし
 
 
 
043:係(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
幼少期飼育係をしていたよ寂しいウサギと同化していた
 
 
 
043:係(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
ゆくりなく謄本の青は薄らいで戸籍係の筆跡もまた
 
 
 
043:係(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
じゃんけんで皆の荷物を持つ係あの鉄塔までもしくはずっと
 
 
 
043:係(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
幾重もの光と影に立ち会った戸籍係の席にブーケを 043:係(題詠100首2009)
 
 
 
043:係(原田 町) (カトレア日記)
境界の係争ごとへ巻きこまれ内容証明を受け取るはめに
 
 
 
043:係(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
Wellcome!此処が異界の入口と係員めくパスワード欄
 
 
 
043:係(理阿弥) (車止めピロー)
告げられる係をやるよ言い出した君の責務だ告げる係は
 
 
 
043:係(春待) (三感四音)
引き受けた生き物係は昨日まで最後の仕事は金魚の墓守
 
 
 
043:係(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
関係を深めるごとに伸びてゆく光 まぶたを焼き尽くすまで
 
 
 
042:係(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
関係を確かめきれぬ目の先のあなたが見上げる時計が嫌い
 
 
 
043:係(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
「NHK短歌」係へ出すはがき「は」と「が」に迷う家を出るまえ
 
 
 
043:係(nnote) (白い箱から)
係から係へ回る電話口女の声の螺旋浮かべて
 
 
 
043:係(暮夜 宴) (青い蝶)
結論は戸籍係りに受理されてバイバイ重い踵を返す
 
 
 
043:係(祢莉) (suger drop)
あなたとは関係ないのほっといて(そのどこまでが嘘か見抜いて)
 
 
 
043:係(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
飼育係の夢、みましたそれはそれはもふもふのふわふわですよ
 
 
 
043:係(かりやす) (彼方探訪)
歌会の進行係をまかされてこの一首にはあと五分なり
 
 
 
043:係(こうめ) (はこにわ相聞歌)
丸缶を給食係はぶちまけて恨まれ許され許すを知りき
 
 
 
043:係(藻上旅人) (創作のおと)
一度でも同じ係りになりたくてホームルームの切ない思い
 
 
 
043:係(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
いずれ世界が満たされる時に袖を通す給食係の白いエプロン
 
 
 
043:係(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
あかんたれあなたと僕の関係を言及せずに今日も甘えて
 
 
 
043:係 (七十路ばば独り言)
青鞜に雷鳥説きぬ「女は太陽」家族の黒子の我食事係
 
 
 
043:係 (流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
背もたれて陽を浴びた壁の温もりが互いに伝わるやうな係わり
 
 
 
043:係(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
全員におかしな顔をさせるのはシャッターを押す係の特権
 
 
 
043:係(吉里) (梢は歌う)
さあどうぞ私は愚痴を聞く係り思いのたけを言えばいいです
 
 
 
043:係(のびのび) (のび短歌)
無口すぎる夫と過ごす日曜日たぶん私はエサ係です 参照記事:043:係
 
 
 
043:係(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
おたがいのおはなしを聞く係です役割あれば生きやすいから
 
 
 
043:係(フウ) (easygoing.)
係長あいまいな歳(とし)メタボ気味それでも呼ぶの照れるカンケイ
 
 
 
043:係(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
きみは前へ連れてく係私はきみの元気を維持する係
 
 
 
043:係(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
遠慮など微塵も見せぬ福耳の持込荷物検査係よ
 
 
 
043:係(イマイ) (ゆびおり短歌)
関係者以外立ち入り禁止とは書いてないけど開けないドア
 
 
 
043:係 (ひたぶる君を)
知らぬとは美しきこと汝が腕に係留されつつ朽ちてゆく舟
 
 
 
043:係(都) (miya-momoの日記)
ねえいっそ係を決めよう「笑顔」係と「ふくれ」係とどちらがよい?
 
 
 
043:係(根無し草) (根無し草)
図書係 奴らの首を 狩ったなら 俺もなれるぜ 給食係に
 
 
 
043:係(月下燕) (a swallow under the moonlight)
野の花の名前を知りたがる君よこの関係はどうかこのまま
 
 
 
043:係(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
えんぴつを指でトントンしてるとき関係者なら立ち入り禁止
 
 
 
043:係(間遠 浪) (少女らせん)
係う 見届け役を命ぜられ集団自、殺を生き残る人
 
 
 
043:係 (村木美月) (うたりずむ)
生き急ぐあなたを時々たしなめて大切にする係になります
 
 
 
043:係(ほたる) (ほたるノオト)
セロファンの赤を重ねていくように見えにくくしてしまう関係
 
 
 
043:係(都季) (31pieces)
君と手を繋げる距離の関係でそれ以上でも以下でもなくて
 
 
 
042:係(音波) (短歌のなぎさ)
目を固く閉じて素通りする人に波の淡さを伝える係り
 
 
 
043:係(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
連弾のふたりの傍らで譜面をめくる係です 壁の花です
 
 
 
043:係(青野ことり) (こ と り ご と)
涼しげに茂らせてみよ夏までに 君が今年はゴーヤの係
 
 
 
043:係(新野みどり)(再投稿) (明日は明日の風が吹く)
係など決めることなく恋をした自由なままで向き合った日々
 
 
 
043:係(健太郎) (モノクローム文芸館)
君と居た 生き物係の放課後に 向かいの窓から響くソプラノ
 
 
 
043:係(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
船は往く 届かない別れを告げて 多分最後の係船浮標
 
 
 
043:係(文) (f_blueな日々 題詠blog)
ゆきゆきてかたみにかはすまなざしの係りてこその結びなるらむ
 
 
 
043:係(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
たぶんこの数分だけの関係で終わるのにおれの長所とか訊くな
 
 
 
043:係(振戸りく) (夢のまた夢)
いつのまにかカメラ係になっているスナップ写真に写らないひと
 
 
 
043:係(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
お手軽なルーズリーフの関係は知らないうちに綴じられてゆく
 
 
 
043:係(藤野唯) (Sugarmint)
助けたいなんて言えないからせめてお菓子をあげる係になろう
 
 
 
043:係(ゆふ) (ゆっくりん)
月ごとにエンゲル係数上昇す エンジェルはいま大人になりて
 
 
 
043:係(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
「ケガしてもあんたは手当てしてやんない!!」保健係の放課後の恋
 
 
 
043:係 みぎわ (たづたづし)
体重とベルトの穴の関係にほぞを噛みたき真実がある
 
 
 
043:係(あみー) (正直なたましい)
体だけの関係なんてわりと仲いい方じゃんか くよくよすんな
 
 
 
043:係(O.F.) (O.F.)
恥ずかしいポーズでしばらくいてください係の者が対応します
 
 
 
044:わさび(あみー) (正直なたましい)
薬味など辞めて独立するというわさびはきっと前途多難だ
 
 
 
043:係(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
大至急消防士様係員通用口へお越しください
 
 
 
043:係(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
役割の分担あえて示すならわたしは君を愛する係
 
 
 
043:係(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
減税の 事務的処理が 大変だ 市税収納 係長泣く
 
 
 
043:係(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
新学期クラスの人気は掲示係 「けいじ」ってのがカッコイイとか
 
 
 
043:係(短歌サミット2009.小松淳之介) (短歌サミットブログ)
4月から飼育係のヨシユキは家では飼育されているそう
 
 
 
043:係(tafots) (1年で1000首をつくる)
トランクス一枚のまま呑むからに父は蚊に血を吸わせる係
 
 
 
043:係(市川周) (ミルミルを飲みながら)
係長ふぜいにおとせる秘書じゃなし(そ・こ・で)魔法の青い薄いくつ下
 
 
 
043:係(emi) (時計をはずして)
関係ねえを繰り返す少年A苛立つ理由は目の前にあり
 
 
 
043:係  (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
少年Bはあなたと私の関係を関係ねえと繰り返し言う
 
 
 
043:係(sora) (追憶~娘へ)
できるだけ淡い関係を保ちつつ目立たぬやうに生きていきたい
 
 
 
043:係(こゆり) (おかっぱ短歌)
だいたいの形容詞は君に係るため存在している いろはにほへと
 
 
 
043:係(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
ふんぎりをつけてよこっちみてよねえ係ってよ このからだごと ○かかずらう、が一発変換できんかったorz
 
 
 
043:係(遥遥) (たんかのきりかた2)
お客様、猫に小判をあげるのは生き物係の担当ですが
 
 
 
043:係(Re:) (プリズム)
関係を問いただされても納得のいく説明は出来そうにない
 
 
 
043:係(木村比呂) (*さよなら小鳩)
係わりを閉ざす目蓋が眠りそう開くならまたきみに生まれて
 
 
 
043:係(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
身動きのできぬ関係あぢさゐは仲よし小よし炎天に萎ゆ
 
 
 
043:係(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
ヘッドホン片耳ずつを分け合っただけの肉体関係でした
 
 
 
043:係(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
わすれもの係おねがい今だけでいいのこの恋あずかっていて
 
 
 
043:係(花夢) (花夢)
らんららららんらんらららん雨の降る告別式で悲しむ係
 
 
 
043:係(佐藤羽美) (hinautamemo)
美化係黒板係亀係そしてみんなに等しく夏は
 
 
 
043:係(橘 みちよ) (夜間飛行)
係累に神経難病あまた在ればDNAより逃れむすべなし 
 
 
 
043:係(酒井景二朗) (F.S.D.)
厄を過ぎ遂に哀愁係數が頭頂部迄及びはじめた
 
 
 
043:係(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
太陽が夜の係で月は昼 きみと描いた 風光る本
 
 
 
043:係(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
五回目の寂しい係を任される 宇宙は広いはずなんだけど
 
 
 
043:係(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
公園の砂場に花を植えにいく君の求める係は辞めて
 
 
 
043:係(村上はじめ) (雑感)
動物を育てる係になりました何だかお姉さんになった気分
 
 
 
043:係(やや) (言の葉たち)
今夜だけ翼のはえた関係でどこへ行こうか海蛍に問う
 
 
 
043:係(すいこ) (すいこのうたおきば)
閉店前値引きの札とにらめっこ小遣いVSエンゲル係数
 
 
 
043:係 (沼尻つた子) (つたいあるけ)
係累を持ち得ぬチワワねむりおり去勢済とう貼紙のもと
 
 
 
043:係(珠弾) (seven seas tac)
断ちきってしまえばあとは風まかせ  ならないように係留綱が
 
 
 
043:係(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
「関係者以外立入禁止」とふ貼紙引き裂き突入したし
 
 
 
043:係(木下一) (リンダリンダタンカ)
参照記事:043:係 「俺、夢と君のパンティ追う為に係長やめるよ明日」
 
 
 
043:係(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 これだってオンリーワンだ「人生は逆転可能証明係」
 
 
 
043:係(志井一) (日記ホプキンス)
将来はこんな仕事につきたいと窓閉め係をしていて思う
 
 
 
043:係(駒沢直) (題詠blog参加用。)
公式の記録によれば僕たちの 関係はもう ただの友達
 
 
 
043:係(ノサカ レイ) (のーずのーず)
逢えなくて 逢えなくてもいい関係に昇華しそうな冷夏の海辺
 
 
 
043:係 (みなと) (海馬)
ペンギンを端折ったままに園児は描く皇帝ペンギン飼育係を
 
 
 
043:係(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
眠り姫がつぶやく寝言を書きとめる 記録係に任命します。
 
 
 
[短歌][2009] 043:係(ezmi) (語りえぬことを。)
あなたとの関係を火にかけている見物ね最後に何が残るか
 
 
 
043:係 (一夜) (短歌るBlog)
拡声器片手に汗の係員 太陽さえも敬意を表し
 
 
 
043:係 (お気楽堂) (楽歌三昧)
実証として法則の逆転を示す我が家のエンゲル係数
 
 
 
043:係(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
人生において貴女は「してもらう係」と占いが 参ったな
 
 
 
043:係(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
40を超えた教師は生徒らを泣かせて指導を入れる係
 
 
 
043:係(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
彼べつに恋人じゃない キスをして頭をなでる係なだけだ
 
 
 
043:係(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
どうすれば潤いますか頬つねるドライフルーツ係数は100
 
 
 
043:係(天国ななお) (お月様は許さない)
あの子とはキスしたエッチはしてません清廉潔白無関係です
 
 
 
043:係(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
子らの係活動日に日に手際よく注意の言葉も発しなくなる...
 
 
 
043:係(本田鈴雨) (鈴雨日記)
葉桜のかぜ言問をわたりきて係り結びの夜ぞ明けぬる
 
 
 
043:係(紫月雲) (resume 1970-2009)
とらわれずでもひたむきに愛せよと少女は想う理想の関係
 
 
 
043:係(岡本雅哉) (なまじっか…)
「係員の指示に従ってください」(依頼の形の悲鳴その1)
 
 
 
043:係(斗南まこと) (野ウサギのように)
あの人が何か言うたび疑いの係数は増え確信となる
 
 
 
043:係(香-キョウ-) (Sky on Blue)
ネガティブの迷路を出たいと思っても もちろんいません 案内係
 
 
 
043:係(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
じゃあきみは孤独な人の手をとってこっちに連れてくる係ね
 
 
 
043:係(しおり) (ヒロの独り言)
友以上恋人未満の関係を乱した君の熱い唇
 
 
 
043:係(やすまる) (やすまる)
校庭の空にうずらを解き放つ飼育係のにちようの朝
 
 
 
043:係(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
係助詞「こそ」が取るのは已然形だからあたしも変化しなくちゃ
 
 
 
043:係(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
似てるけど一つになれない僕たちは磁石のNとNの関係
 
 
 
043:係(伊藤真也) (クラッシュボク)
真っ先にバンドエイドをくれたよね あれからずっと片思い係  
 
 
 
043:係(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
家計簿のエンゲル係数高すぎる割に低収入な不条理
 
 
 
043:係(小林ちい) (ゆれる残像)
奥様も入って来れない狭い部屋関係者以外立ち入り禁止
 
 
 
043:係(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
夕焼けがお気に召さない色ならば係員までお知らせ下さい
 
 
 
043:係(kei) (シプレノート)
係員の指示を仰いで真夏日の時計台へと星を誘う
 
 
 
043:係(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
クラスには慣れた?と聞く係になる 雑誌のページを湿らせながら
 
 
 
043:係(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
たった今「一生後悔し続けて生きる係」に任命された
 
 
 
042:係(おっ) (だいえいの短歌専門店)
忘れ物係が起こす反乱に孫の記憶を燃やされた祖母
 
 
 
043:係(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
戦火に玉散り果てて君の在る信頼係数僅かに低し
 
 
 
043:係(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
地味な係全部まとめて引き受けるようなひとりのよるの炒飯
 
 
 
043:係(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
ストレスの理由は人間関係で抹茶白玉あんみつを食む
 
 
 
043:係(椎名時慈) (タンカデカンタ)
受付の女性と一度関係をもった者なら立ち入っていい?
 
 
 
043:係(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
年一度賀状やりとりする関係 疎遠なようで続く友情
 
 
 
043:係(扱丈博) (取扱)
おもむろに変換係は「ぼくたち」の前を歩んで去ってゆきました
 
 
 
043:係(村本希理子) (きりころじっく2)
昨晩の雨と隣家の鳩時計 ほどの関係 わたくしたちは
 
 
 
043:係(詠時) (短歌の花道)
運動会小さな責任腕章に付け係の児グランド駆ける
 
 
 
043:係(惠無) (なんでもない一日)
夜遅く出歩く長男(むすこ)のサプライズ補導係の着信履歴
 
 
 
043:係(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
関係を隠しきれない薬指 外し忘れた指輪が光る
 
 
 
043:係(今泉洋子) (sironeko)
できるだけエンゲル係数抑へんと買物の技に磨きかけたし
 
 
 
043:係(内田かおり) (深い海から)
教室の隅に貼られた係の文字の生きて見えてた感性の頃
 
 
 
043:係(遠野アリス) (gymnopedie)
給食の係が回ってきた日にはあの子をおもって気が気じゃないぜ
 
 
 
043:係(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
あいまいな関係のままあやふやに約束かさなる霜月の夜
 
 
 
043:係(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
思ひのほか覚ゑてをりぬ振りつけて『他人の関係』歌ひきりたり
 
 
 
043:係(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
だからそう怒鳴るなよクレームならば係の僕をお呼びしましょう
 
 
 
043:係(Ni-Cd) (反実仮想)
係員誰もいなくて蟻たちは雫のように床を転がる
 
 
 
043:係(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
生き物を世話する係まっぴらだだけど子どもは育っていくから
 
 
 
043:係(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
本日のスピーチ係を賜って緊張してます友の祝宴
 
 
 
043:係(鯨井五香) (くじら(独唱))
とろろんとあかるい桃に頬よせて摩擦係数たしかめている
 
 
 
043:係(桶田 沙美) (31Words Runner)
いつもなら掃除係はイヤだけど君と二人になれるならいい
 
 
 
043:係 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
生まれつき苦情係の道訊かれ顔らしいのでそれを愉しむ
 
 
 
043:係 (夢雪) (浪漫)
お互いに鳴り響いているせつなさよ君と僕との共鳴関係
 
 
 
043:係(さと) (すばらしい日々)
未練歌古文で習った係り結びになり  先生ありがとう
 
 
 
043:係 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
「係り・掛り・懸り・繋り」が纏められ見出し語にあり、不信感増す。
 
 
 
043:係 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
汝の側に今こそ死なめと思ひしも 係り結びのやうにはゆかぬ
 
 
 
043:係(茶葉四葉) (ゆざまし)
送受信記録を全部削除して 無関係であること証明できず
 
 
 
043:係(山の上のパン) (なしなし やしやし)
「関係をたつ」と書いては消している「係(かかり)」って字が気に入らなくて
 
 
 
043:係(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  すきなひとと関係をもつ あいじょうはあってもなくてもメールは繋がる    
 
 
 
043:係(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
むかしむかしうさぎ係の子の部屋にかざられていたねこの日めくり
 
 
 
043:係(緒川景子) (ezomijikauta)
はなうたはきいてる係 おどりだすゆびこの子たちがわたしの係
 
 
 
043:係(ぱん) (向日葵 と 月)
会わぬ間にも想いはあってそれぞれに関係性は変化するもの
 
 
 
043:係(みち。) (滑空アルペジオ。)
色さえも知らないきみの手をひいてわたしは空をおしえる係
 
 
 
043:係(田中ましろ) (ましたん)
肉体で恋をしている 期待などしない関係まであとすこし
 
 
 
043:係(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
ビターチョコレートを包んだてのひらに滲む関係性の行く先
 
 
 
043:係(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
放物線描き終わった関係を遠く五月の葉陰で思う
 
 
 
043:係(フワコ) (きくとわたし)
なんとなく敬遠していた食い意地が張ってるみたいで給食係は
 
 
 
043:係(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
みずからを「ネット係り」という人のブルースを聴くチューリップたち
 
 
 
042:クリック(星川郁乃) (Air Station)
クリックを躊躇うほどの理性ならかろうじてある 文字列を消す
 
 
 
043:係(星川郁乃) (Air Station)
駐車場の係にもなれないんだと泣いた“RAMBO”だけを認める
 
 
 
43:係(HY) (天然通信)
飯係掃除係に世話係主婦は八面六臂で戦う
 
 
 
17:解(HY) (天然通信)
雪解けの如く誤解は消えてゆき君との時間また動き出す
 
 
 
043:係(ME1) (FILL mobile)
  唸るよな感嘆の裏 欲をかく関係性とは浅ましきこと  
 
 
 
043:係(冬鳥) (ことのはうた)
だれもみな帰る家(や)を持つ夕暮れを飼育係の閉じるきりん舎
 
 
 
043:孫(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
歩きはじめた孫を抱きて吾の奥に響く甘さよ完熟の柿