087:気分(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
生きるのも死ぬのも気分次第 けど死ぬまで生きることは義務です...
 
 
 
087:気分(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
なんとなくオバマ気分の夜だから世界平和を語ってみたい
 
 
 
087:気分(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
白酒でほろ酔い気分になったから雛壇飾りは娘に任せた
 
 
 
087:気分(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
夢の中身思い出さねど気分のみはけだるく残り寝返りを打つ
 
 
 
087:気分(鳥羽省三・再投稿) (見沼田圃の畔から)
白酒でほろ酔い気分になったから雛壇飾りは娘(こ)らに任せた
 
 
 
087:気分(アンタレス) (思い出ずるままに)
憂き事も忘れて入る夜の湯船手足のばせば気分極楽
 
 
 
087:気分(みずき) (空)
ブルーなる気分が雨を降らすらし 沈默の紫蘭と隠(こも)る部屋の角つこ
 
 
 
087:気分(船坂圭之介) (kei's anex room)
ラデイカルに肯(うべな)へぬ論措き棄てし耳聾(みみしひ)の父気分爽快
 
 
 
087:気分(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
冷蔵庫開けたらアレがもう無くて今夜はとても気分が悪い
 
 
 
087:気分(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
想像は自由ですからこの羽でシベリアに飛ぶそんなご気分
 
 
 
087:気分(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
ご気分はいかがですかと問われても百鬼夜行のど真ん中では 
 
 
 
087:気分(梅田啓子) (今日のうた)
フォカッチャを食まむフォカッチャ唱へれば気分のはつか軽くなりゆく
 
 
 
087:気分(小早川忠義) (Just as I am Returns)
壊れたる気分に壊るる音はせず二枚のチケツトつまみ佇む
 
 
 
087:気分(森山あかり) (言葉の花かご)
おだてられ悔しいけれどいい気分まあそんな日もあっていいよね
 
 
 
087:気分(みつき) (みそひと :: misohito ::)
ああ今日は天気もいいし君のこと振り回したい気分なのです
 
 
 
087:気分(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
あれこれと気分転換してみてもゆき着く先はあなたのところ
 
 
 
087:気分(迦里迦) (香飄)
カフェ 奥の籐椅子の席お借りして消滅気分よ 本とティーラテ
 
 
 
087:気分 (穴井苑子) (猫のように純情)
とぶように歩いてるのは気分ではなくてそういう仕様だけどね
 
 
 
087:気分(チッピッピ) (うたよみブログ)
缶チューハイ1本飲んだらほろ酔いの気分になれる我安上がり
 
 
 
087:気分(ジテンふみお) (雲のない日は)
不覚にも飲み込みかけたのど飴を戻せた気分きみありがとう
 
 
 
087:気分(佐藤紀子) (encantada)
乙姫に断ち切れぬ愛残しつつメランコリックな太郎の気分(浦島太郎物語)
 
 
 
087:気分(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
良い気分なときほど自分に酔いしれる二日酔いでは悪夢をみるよ
 
 
 
087:気分(柴田匡志) (スタートライン)
胃と腸のカメラ飲み込み我は涙医師は問いかく「気分はいかが?」
 
 
 
087:気分 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
そのうちにすべて整いつじつまが合ってゆくはず今の気分は↓↓↓
 
 
 
087:気分(うたまろ) (五と七と五と七と七)
「愛してる」 気分が発した言霊は闇のなかでも光るだろうか
 
 
 
087:気分 (minto) (@100@)
半袖になりて桜を見上げをり先取りの気分は良いがまだ寒き腕
 
 
 
087:気分 (minto) (@100@)
半袖になりて桜を見上げをり先取りの気分は良いがまだ肌寒き
 
 
 
087:気分(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ )
上々な気分で街を闊歩する黄色の風となりしエナメル
 
 
 
087気分(はこべ) (梅の咲くころから)
歌詠む日気分転換してみたく歩む寺町夕暮れのなか
 
 
 
087:気分 行方祐美 (フーガのように)
寒々と四月の終りを吹き荒れて風という名の天の気分屋
 
 
 
087:気分(畠山拓郎) (あいうえおあお)
気分屋の僕の心に嵐吹く春の嵐に電車も止まる
 
 
 
087:気分(陸王) (Always Walking with Yu)
恋人がデュエットすれば別れると伝わる「恋の電気分解♪」
 
 
 
087:気分(理阿弥) (車止めピロー)
キャメル手に禁煙席に来た彼奴の金的めがけてキックの気分
 
 
 
087:気分(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
気分的余裕はすっかりないのだが経済的な余裕はあります
 
 
 
087:気分(Yosh) (☆生短歌☆)
気分、鈍。どんどん鈍と重くなり 鉛をつけた両足と腰
 
 
 
087:気分(ふみまろ) (光る風の記憶)
モーニングセットは同じメニューでも一人ひとりの二人の気分
 
 
 
087:気分(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
その勇気分けてほしいよ いつだって君のあとから三歩おくれて
 
 
 
087:気分(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
気分屋のあなたに振り回されているわたしがけっこう好きだったりする
 
 
 
087:気分(のびのび) (のび短歌)
ねぇ君の“そんな気分”はいつなのかな今夜もキスを拒まれたけど 参照記事:087:気分
 
 
 
087:気分(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
雲眺め気分転換してるって言い聞かせてる予定のない日
 
 
 
087:気分 (新井蜜) (暗黒星雲)
この次の土曜は歌会で出掛けると気分の晴れ間に急いで告げる
 
 
 
087:気分(フウ) (easygoing.)
今どんな気分なのなんて野暮なこと訊くくらいなら痛くなってよ
 
 
 
087:気分(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
焼酎をぽん酒に変へる気分にて恋新しくする女を追ひき
 
 
 
087:気分(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
贈るあてのない花買った母の日は陽気な歌だけ聞きたい気分
 
 
 
087:気分(ゆき) (ひたぶる君を)
気分屋の君の機嫌でまへうしろ上下左右に揺らされてゐる
 
 
 
087:気分 (題詠blog2009 龍庵)
答えにはならないんだよ気分ってその先にある空を教えて
 
 
 
087:気分(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
旅気分 非日常的 未踏の地 仕事忘れて のんびりするぜ
 
 
 
087:気分(tafots) (1年で1000首をつくる)
「あの子の本気分度器よりも使えない」職員室で言ってるらしい
 
 
 
087:気分(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
チョコレートひとつでとてもいい気分! そんなもんです、楽に生きよう。
 
 
 
087:気分(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
わたくしはそこにいなくていいことにただいるだけはとってもつらい
 
 
 
087:気分(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
なんだってできる気分になれたのは君が魔法をかけていたから
 
 
 
087:気分(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
たわむれる気分じゃなくて膝まくら逆さの顔のきみを睨んだ 087:気分(題詠100首2009)
 
 
 
087:気分(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
スコールを浴びたTシャツしぼりつつ海岸線を気分は目指せり
 
 
 
087:気分(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
熱帯魚なら僕は鈴木早智子側の振り付けでそんな気分で
 
 
 
087:気分(こうめ) (はこにわ相聞歌)
夏祭り気分をまとう君の指絡めて気づく棲める少年
 
 
 
087:気分(只野ハル) (Ordinary days)
こんなわからに言葉を詠み込むのって憂鬱な気分になるよね
 
 
 
087:気分(すいこ) (すいこのうたおきば)
気分じゃないまたかしたたかだからって詮索できる身分じゃないし
 
 
 
087;気分 (七十路ばば独り言)
煙るよな雨降り続く一日は病んでる気分の私の手足
 
 
 
087:気分(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
からだごと空に溶け出したい気分 明日の朝は雨になるかも
 
 
 
087:気分(ウクレレ) (十線譜)
なるようになるさハワイの空色の魔法をかけてウクレレ気分
 
 
 
087:気分(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
柄になく太郎引きけりアランをば<悲観は気分、楽観は意志>と
 
 
 
087:気分(藻上旅人) (創作のおと)
明らかに二人にしろという空気分かっちゃいるけど去りはしないぞ
 
 
 
087:気分(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
送り火を了えてわれらも清めんと電気分解せる水を打つ
 
 
 
087:気分(原田 町) (カトレア日記)
ポスターの候補者みな微笑めど暮らし不安の気分は晴れぬ
 
 
 
087:気分(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
ご気分はいかがですかと聞いている君のギャップがほほえましくて
 
 
 
087:気分(さかいたつろう) (流星文庫)
ごめんなさい 気分次第で誰とでも星を見にいく女なんです
 
 
 
087:気分(nnote) (白い箱から)
飛ぶことの意味を考えたりしないエイになりたいそんな気分だ
 
 
 
087:気分(イマイ) (ゆびおり短歌)
あなたとは話したくない気分です一口サイズのチョコをもらって
 
 
 
087:気分(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:087:気分 最悪な気分の日だってもし君のパンティ見れば空も飛べるよ
 
 
 
087:気分(藤野唯) (Sugarmint)
今そんな気分じゃないといえばそう これからもずっと嫌いだけれど
 
 
 
087:気分(佐藤羽美) (hinautamemo)
気分屋のお時間様があらわれて春を指先確認なさる
 
 
 
087:気分(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
あと何度10歳の夏過ごしてもスク水少女の気分になれない
 
 
 
087:気分(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
気分屋の少女のままでゐたいんだハーパスバザーをソファーに放る
 
 
 
087:気分(ことり) (歌)
緋の色の錠剤を部屋にまき散らすそういう気分を爽快と呼ぶ
 
 
 
087:気分(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
気分だけ昔のように寄り添いてビニール傘をすぼめるまでは
 
 
 
087:気分(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
なんだかもうどうでもいいという気分あした世界が滅んでも寝てる
 
 
 
087:気分(春待) (三感四音)
神様の気分次第で変わる天気土砂降りの今日はきっと不機嫌
 
 
 
087:気分(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 気分なら十分あるが立ち上がる気持ちは足りず遠吠えの犬
 
 
 
087:気分(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
ときに言われない気分で満たされてゆくわたしの内にあるうつわ
 
 
 
087:気分(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
低音のコントラバスがふさわしい今の気分をあらわすならば
 
 
 
087:気分(振戸りく) (夢のまた夢)
爽快な気分になれる薬ならおそらくレモンソーダ味です
 
 
 
087:気分(間遠 浪) (少女らせん)
傲慢な若さの匂う気分あり気弱な人が真似する夜だ
 
 
 
087:気分(あみー) (正直なたましい)
永遠に一緒にいたい とりあえず今ちょっとだけそんな気分さ
 
 
 
087:気分(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
水槽になった気分だパクパクの金魚が指にばれてしまって
 
 
 
087:気分(Re:) (プリズム)
気分屋というところを売りにしてわがままを言う作戦でした
 
 
 
087:気分(祢莉) (sugar drop)
気分屋の君に合わせるの疲れたよとかいいつつ愛しくてたまらない
 
 
 
087:気分(青野ことり) (こ と り ご と)
ぽかぽかと水もぬるんだ川の午後 気分屋さんのあひるがあくび
 
 
 
087:気分(酒井景二朗) (F.S.D.)
泥道をほとんどヤケで驅けていくまるでジャクソン・ポロック氣分
 
 
 
087:気分(斗南まこと) (野ウサギのように)
もうそんな気分じゃないの携帯の着信拒否が一件増える
 
 
 
087:気分(みなと) (海馬)
雨の日の通勤電車でぬれたカサ押しつけられた気分で帰宅
 
 
 
087:気分(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
    アレコレと理由言わずに出て行けよ。吾の気分が変わらぬ内に。
 
 
 
087:気分(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
本当の気持ちと気分は違ってた 本当は全然好きじゃなかった
 
 
 
087:気分(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
風化したアパートでほらちょっとした新妻気分味わうつもり
 
 
 
087:気分(市川周) (ミルミルを飲みながら)
夏極み気分で殴る嫁・チワワ(きりがよいので七七はなし)
 
 
 
087:気分(わだたかし) (ファミレス短歌)
もうずっとなんか気分がよくないし金さえないし でも晴れてるし
 
 
 
087:気分(月下燕) (a swallow under the moonlight)
双極性気分障害ファミレスのスープの底にもかなしみはある
 
 
 
087:気分(かりやす) (彼方探訪)
気分屋で入退会を繰り返すわれにあまたのアカウントあり
 
 
 
087:気分(おっ) (だいえいの短歌専門店)
叫びたい気分なんだ大好きだ腹の底から口に届かず
 
 
 
087:気分(遥遥) (たんかのきりかた2)
暑い部屋そんな気分じゃないですと答える人の足元を見る
 
 
 
087:気分(ほたる) (ほたるノオト)
青い鳥を手の中に飼うささやかな祈りのような気分の朝は
 
 
 
087:気分(こゆり) (おかっぱ短歌)
気分だと電話を切ればそれで済む程度の女と思わないでよ
 
 
 
087:気分(蓮野 唯) (万象の奇夜)
飛び跳ねる音符のように気分屋の猫の尻尾に萌え狂う日々
 
 
 
087:気分(都季) (31pieces)
どうしても悲しい気分になりたくて体育座りで夜を待ってる
 
 
 
087:気分(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
顔役の馬場あき子氏に指し棒で厳しく咎められたい気分
 
 
 
087:気分(扱丈博) (取扱)
向日葵の畑をすすむ 点眼師の気分で種子をのぞきこみつつ
 
 
 
087:気分(珠弾) (seven seas tac)
身のために控える夜もあろうかと思いつつ つと気分になって
 
 
 
087:気分(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
ドリカムを聞きたい気分 初恋は報われなかったそれでよかった
 
 
 
087:気分(本田鈴雨) (鈴雨日記)
あけがたのゆめは気分だけを残し 死より完璧だらう喪失
 
 
 
087:気分(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
月甘き夜の湯船に一人酒 今だけわたし気分上々
 
 
 
087:気分(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
「どうしたの?」「どうもしないよ」「じゃあなんで笑顔?」「いいやん」「なんなの?」「気分」
 
 
 
087:気分(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
秋だからメイクも変えて気分良く歌おうラララ何故か涙が
 
 
 
087:気分 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
その本気分かる気もする落ちないで木に引っ掛かる凧もいるよね
 
 
 
087:気分 (村木美月) (うたりずむ)
家路つく一歩が重い雨の日に泣きたい気分素顔になって
 
 
 
087:気分(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
定型で話す病の鸚鵡の檻にずっといてもう気分が悪い
 
 
 
087:気分(村上はじめ) (雑感)
上下左右あらゆる方向行ったり来たり恋する気分は一進一退
 
 
 
2009題詠blog087:気分(はづき生) (生さんま定食)
ゆたかなる気分なるかな夕食のチキンラーメン卵おとさば
 
 
 
087:気分(暮夜 宴) (青い蝶)
しがみつくKenの背中はあたたかく風の気分で駆け抜ける街
 
 
 
087:気分(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
甘えたい気分になってもいいんだって 頭をよしよししたいのは俺だし
 
 
 
087:気分(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
1学期の通知票所見書き終へた担任はもう夏休みの気分
 
 
 
087:気分(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
気分屋のあの子に振り回されている笑顔のあなたを苦々しく見る
 
 
 
087:気分(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
秋だもの空のお櫃に虫すだくちとちと待って気分は最中
 
 
 
087:気分(都) (miya-momoの日記)
週末は気分を着替えて会いに行く イメトレするもそうはなかなか
 
 
 
087:気分(しおり) (ヒロの独り言)
気分じゃないつい呟いたひと言で君はわたしを抱かなくなった
 
 
 
087:気分(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
「どんな」って言わせることができなくて君の気分に流されている
 
 
 
087:気分(sora) (追憶~娘へ)
木犀の根元の橙に染まりゐて今日はユニクロの無地シャツの気分
 
 
 
087:気分(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
本当は行けないわけじゃないけれど行きたい気分じゃないんだゴメン
 
 
 
087:気分(只野ハル)再投稿 (Ordinary days)
こんなわからない言葉を詠み込むのって憂鬱な気分になるよね
 
 
 
087:気分(橘 みちよ) (夜間飛行)
鹿狩りのレリーフめぐらす銀の杯レモンチェロ注ぎ気分はトスカーナ
 
 
 
087:気分(emi) (時計をはずして)
休日の目覚めはワルツかけ直し気分次第のコーヒーがいい
 
 
 
087:気分 (お気楽堂) (楽歌三昧)
料理する気分になれずスーパーで割引された惣菜を買う
 
 
 
087:気分(Ni-Cd) (反実仮想)
寝台に並んだままで眠りこむ気分しだいで履かれるブーツ
 
 
 
087:気分(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
木花が死にたえゆくを見ています空の底です良い気分です
 
 
 
087:気分(吉里) (梢は歌う)
猫の目とまさしく同じクルクルと変わる気分に振り回される 
 
 
 
087:気分(夢雪) (浪漫)
気分よく猫を抱きあげ電燈の下で踊りを踊りだす君
 
 
 
087:気分(駒沢直) (題詠blog参加用。)
嫌われて崖から落ちて月を見て気分変わってまた生きていく
 
 
 
087:気分(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
気分なるあいまいなものに引きずられ政権移り早二ヶ月余...
 
 
 
087:気分(さと) (すばらしい日々)
気分に左右されるの疲れたし すたこら逃げとこう ばいばいきん
 
 
 
087:気分(岡本雅哉) (なまじっか…)
若作りなんていわれてしゃくなんで学生気分で恋してやった
 
 
 
087:気分(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
まじなひのやうに目薬さしたれば夢のもつれの解けゆく気分
 
 
 
087:気分(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
「カミサン」と呼ばれ振り向く今夜だけ新婚気分新婚ごっこ
 
 
 
087:気分 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
汝が魂は冷たき大気分け昇り昴の星のひとつとなるや
 
 
 
087:気分(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
年下のくせに生意気分からず屋 だけどやっぱり気になるアイツ
 
 
 
087:気分(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
気分次第でどうにでもなる碧空を手にするための永き旅路の
 
 
 
087:気分(茶葉四葉) (ゆざまし)
気をもんで見守ることのむずかしさ 父親気分で小言が溜まる
 
 
 
087:気分(今泉洋子) (sironeko)
ネットより君を喚(よ)び出したき気分秋の底(そこひ)に揺れながらゐる
 
 
 
087:気分(村本希理子) (きりころじっく2)
(それは悲しかつたんだよ)感情に至らぬ気分ばかり溢れて
 
 
 
087:気分(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
気分だけ大人になった娘(こ)の目には明日に何が映るのだろう
 
 
 
087:気分(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
そらまめが気に入らない理由とかどうして言うのひどい気分
 
 
 
087:気分(紫月雲) (resume 1970-2009)
気分といういい加減さがうんざりで所詮それすら気分はマシュマロ
 
 
 
087:気分(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
音楽が止まったとこからはじめよう、気分を出してステップ踏んで
 
 
 
087:気分(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
いつになく君のお天気分刻みおおむね空は晴れているのに
 
 
 
087:気分(花夢) (花夢)
曖昧な気分ではなく感情できちんと殺すことを覚える
 
 
 
087:気分(O.F.) (O.F.)
焼きそばの赤い容器を散らかして気分上々 胸をやく人
 
 
 
087:気分(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
そのやる気分けてくださいできるならこの世が終わるときまでずっと ○きぶんーそーうーかいだよー♪って歌ありましたよね森高千里的な(...
 
 
 
086:符 (一夜) (短歌るBlog)
貝合わせ興じる絵画眺めては 記憶の符合探し辿りて
 
 
 
087:気分 (一夜)再投稿 (短歌るBlog)
冬景色沈む気分で見上げれば もたり白雲青に浮かびて
 
 
 
087:気分(桶田 沙美) (31Words Runner)
気まぐれで!‥‥気分次第で!‥‥‥我が侭で! だけどあたしは君の後追う
 
 
 
087:気分(kei) (シプレノート)
日本海に石を抛って一瞬で太平洋に変えたい気分
 
 
 
087:気分(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
水色のやらずの雨は気分屋で時間をのばす魔法をかける
 
 
 
087:気分(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
君が今どんな気分か言い当ててこれからすること見つけるゲーム
 
 
 
087:気分(田中ましろ) (ましたん)
いい気分といい気持ちとは違うのよ ワインは飲むけど近寄らないで
 
 
 
087:気分(内田かおり) (深い海から)
ときどきは優しい人である気分桜の色のブラウスなどで
 
 
 
087:気分(香-キョウ-) (Sky on Blue)
呼びかけに応答なしと思いきや 突然擦り寄る 彼女 気分屋
 
 
 
087:気分(やすまる) (やすまる)
真実を告げる鮮やかな笑顔で 気分はふりあげた金属バット
 
 
 
087:気分(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
hi-lite気分で汚す君の肺最低な言葉含んだキスで
 
 
 
087:気分(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
つれづれに敗者の気分湧ききたる夜はひらたくなつて寝るべし
 
 
 
087:気分(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  夕方がこんなに早いふさぎこむ気分のための花の紅茶を     
 
 
 
087:気分(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
コンビニの焼きプリンふたつ買っていく。 気分屋の君に効果覿面。
 
 
 
087:気分(小林ちい) (ゆれる残像)
ねえダーリン、聞いて。あなたが望むならなんだってしてあげたい気分
 
 
 
087:気分(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
いい思い出にはできないけど平気分け隔てなく笑顔を作る
 
 
 
087:気分(惠無) (なんでもない一日)
早起きの冬の散歩は真っ暗で犬も一緒の夜遊び気分
 
 
 
087:気分(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
人のいる部屋に帰っていく気分 駅のカメラと目が合っている
 
 
 
087:気分(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
本当はとっても悲しい気分、でも君はどうせ気づかないだろう
 
 
 
087:気分(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
変われるの 今の気分を全体に公開できるようになれたら
 
 
 
087:気分(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
そういうの気分でしちゃう人じゃないなんて理想が品切れになる
 
 
 
087:気分(ノサカ レイ) (のーずのーず)
一月の波照間島の天気さえ気分次第で変えられるんよ
 
 
 
87:気分(HY) (天然通信)
その時の気分次第でテンションが変幻自在な君に釘付け
 
 
 
087:気分(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
冬陽さすフェンスの裏で気分屋のあなたを待って揺らす前髪
 
 
 
087:気分(星川郁乃) (Air Station)
気分というふたしかなものにはこばれていきたくなくて読む電子辞書
 
 
 
087:気分(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
ミュールはきかえるつまさき最近は気分屋なのって笑っていたね
 
 
 
087:気分 みぎわ (たづたづし)
歌を詠む気分はブルー荒れ狂ふ波に沈んでゆく日本丸
 
 
 
087:気分(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
気分よくねむりについたはずなのにどこかで棘が育ちつつある
 
 
 
087:気分(ME1) (FILL mobile)
  ここまでが覇気分岐点やる気なし!境界線を乗り越えて行く
 
 
 
087:気分(志井一) (日記ホプキンス)
友達の結婚式の二次会の翌日の朝の寝起きの気分
 
 
 
087:気分(ぱん) (向日葵 と 月)
どうしても気分が乗らず二時間の普通電車で君のところへ
 
 
 
087:気分(鯨井五香) (くじら(独唱))
なぐりたい気分をなだめじっくりと舌先でパインアメをころがす
 
 
 
087:気分(ぱん)再投稿 (向日葵 と 月)
どうしても気分が乗らず二時間の普通列車で君のところへ
 
 
 
087:気分(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
だけどもうそんな気分になれなくて 槐の花が蝶に変わるよ
 
 
 
087:気分(みち。) (滑空アルペジオ。)
そのときの気分で履いたり脱がされたりしている靴下のゴムが緩む
 
 
 
087:気分 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
固まったかなしい気分すりつぶしジンジャーハニーレモンに溶かす
 
 
 
087:気分 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
固まったかなしい気分すりつぶしジンジャーハニーレモンに溶かす