058:魔法(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
むすめ欲しと思うも後の祭にて『魔法使いサリー』の真似する
 
 
 
058:魔法(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
魔法から覚めた世界のまん中でそれでも愛を叫ぶだろうか
 
 
 
058:魔法(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
目の前に魔法使いがあらわれて眠りの呪文ばっかり使う...
 
 
 
058魔法(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
奇術とは思えぬ技の続きたればあるいは魔法使いやも知れず
 
 
 
058:魔法(みずき) (空)
法螺吹きは魔法使ひの杖を突き白雨の街をさめざめと行く
 
 
 
058:魔法(船坂圭之介) (kei's anex room)
 マジシャンの為せば魔法のごとくして今一たびの逢ひ望めぬか
 
 
 
058:魔法(船坂圭之介) (kei's anex room)
 マジシャンの為せば魔法のごとくして今一たびの逢ひ望めぬか
 
 
 
058:魔法(船坂圭之介) (kei's anex room)
 マジシャンの為せば魔法のごとくして今一たびの逢ひ望めぬか
 
 
 
058:魔法(アンタレス) (思い出ずるままに)
新薬を貰い効かぬと告げたれば魔法に有らず時間を待てと
 
 
 
058:魔法(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
五千年前から世界経済は魔法の力で支えられてる
 
 
 
058:魔法(小早川忠義) (Just as I am Returns)
不死の身を望む老ひたる皇帝に水銀飲ます王宮魔法士
 
 
 
058:魔法(佐藤紀子) (encantada)
竜王の魔法なるべし700年を7日きりだと思はせたのは(浦島太郎物語)
 
 
 
058:魔法(うたまろ) (五と七と五と七と七)
星はもう朝に溶け込む でもぼくは 合図と魔法を探し求める
 
 
 
058:魔法(柴田匡志) (スタートライン)
流行りたる魔法のようなダイエット命の危険本当になしや
 
 
 
058:魔法(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
大好きなあなたがかける魔法なら薄目を開けてかかったフリを
 
 
 
058:魔法 (穴井苑子) (猫のように純情)
とりあえず魔法をかけるその前に参考になる雑誌を探す
 
 
 
058:魔法(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
魔法瓶遠足の友とき過ぎてオフィスの供になりしこの頃
 
 
 
058:魔法(みつき) (みそひと :: misohito ::)
過ぎし日のように小枝をくるくるり 魔法は吾子の膝に降り落つ 
 
 
 
058:魔法(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
もしここが魔法の国ならお話の続きはきっとハッピーエンド
 
 
 
058:魔法(梅田啓子) (今日のうた)
生きる力の限りなくゼロに近い日は魔法で昔のジュリー呼び出す
 
 
 
058:魔法(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
背に刻む十芒星の魔法陣 わたくしの罪と罰と 窺導 
 
 
 
058:魔法 (題詠100首爆走中。)
魔法瓶には熱々の珈琲を入れる 小さな真冬の奇跡
 
 
 
058:魔法(森山あかり) (言葉の花かご)
雨あがり天上に窓次々に開いて白雲魔法にかかる
 
 
 
058:魔法(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
三つ子とか魔法使いのサリーには愉快な仲間がいてさ何より
 
 
 
058:魔法(ジテンふみお) (雲のない日は)
真っ白の入れ歯に魔法かけられて起きてるうちは泣きませぬおば
 
 
 
058:魔法(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
お母さん魔法使いと魔女とでは何が違うと娘が問えり
 
 
 
058:魔法 (minto)  (@100@)
魔法など使へることを信じたりこの坂道を脱却なせば
 
 
 
058:魔法(ことり) (歌)
魔法瓶の紅茶とハムのサンドイッチと画用紙に描いた殴られた日
 
 
 
058:魔法(蓮野 唯) (万象の奇夜)
縁日の魔法の効果あるうちに手を握りたい「好き」とも言いたい
 
 
 
058:魔法(はこべ) (梅の咲くころから)
魔法瓶壊れて今日は使えない 直してもらえる魔法もありき
 
 
 
058:魔法 行方祐美 (フーガのように)
魔法の箒を捜せる朝の花曇りまだ見ぬ慶はほほほと泣くか
 
 
 
058:魔法(チッピッピ) (うたよみブログ)
一晩で川面の桜満開に 薄紅色した春の魔法よ
 
 
 
058:魔法(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   もし吾がゼウスとなりし世界には鏡の中に魔法の国を
 
 
 
058:魔法(陸王) (Always Walking with Yu)
さみしさのきみには雨をすきになる魔法をかけてみたいと思ふ
 
 
 
058:魔法(わだたかし) (ファミレス短歌)
ダイソーでまとめ買いした魔法ならきっと愛してくれると思う
 
 
 
058:魔法(畠山拓郎) (あいうえおあお)
どこからか魔法使いがやってきて僕と君とを結んでほしい
 
 
 
058:魔法 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
だいじょうぶほうきでだって飛べるから魔法の呪文わたしももってる
 
 
 
058:魔法(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
目が覚めてここが魔法の世界なら魔歴がなくてバイトもできん
 
 
 
058:魔法(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
ゲームなら魔法使いを選択し果敢に君を治してあげる
 
 
 
058:魔法(迦里迦) (香飄)
かぼちゃ馬車圧力鍋にその魔法煮崩れてシンデレラ帰れずじまひ
 
 
 
058:魔法(只野ハル) (Ordinary days)
魔法使えたらどうしたいと聞くから魔法なくすと答えておく
 
 
 
058:魔法(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
たんぽぽが咲いただけでも嬉しくて魔法使いじゃなくて良かった
 
 
 
058:魔法(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
鰐のいる川に晒した青色の布地で作る魔法のサリー
 
 
 
058:魔法(ふみまろ) (光る風の記憶)
「何よこれ、一体何を煮ているの?」「魔法学校の宿題なんだよ」
 
 
 
058:魔法(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
魔法使いサリーと呼ばれたことがある?それについてはノーコメントで。
 
 
 
058:魔法 (新井蜜) (暗黒星雲)
耐えられず世界を消したくなったなら魔法の砂をふりかけなさい
 
 
 
058:魔法(さかいたつろう) (流星文庫)
消防士でもなくパパでもなく悪い魔法使いと呼ばれる日曜
 
 
 
058:魔法(ウクレレ) (十線譜)
みそ汁のお椀がするり移動して魔法のごとく恋してしまう
 
 
 
058:魔法(Yosh) (☆生短歌☆)
運命の魔法のタネを見つけたり 因果応報狂いなきなり
 
 
 
058:魔法(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
はつ夏の蝿の羽音の心地よさ悪魔法典読んでまどろむ
 
 
 
058:魔法(理阿弥) (車止めピロー)
外祖父は稀代のメモ魔法外な量の日記が土蔵に眠る
 
 
 
058:魔法(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
遠足がきらいなぼくのためにある魔法瓶から虎やら象が
 
 
 
2009題詠blog058:魔法(はづき生) (生さんま定食)
かけられた魔法を解くべく僕たちは魔法は無いと証明をする
 
 
 
058:魔法(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
葱を抱えて帰る男のクリストファー・プリースト的『魔法(The Glamour)』
 
 
 
058:魔法(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
いつ解ける?わたしの魔法 あなたから強く優しく愛される魔法
 
 
 
058:魔法(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
僕はその魔法をきっと知っている、母が唱えた「しゃんとしなさい」
 
 
 
058:魔法(藻上旅人) (創作のおと)
人類に決して魔法は使えないだから少しは変われたかもね
 
 
 
058:魔法(のびのび) (のび短歌)
だいじょうぶ すぐに逢いたくなるように魔法の粉をかけておいたよ 参照記事:058:魔法
 
 
 
058:魔法(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
明日からは魔法がとけて現実がはじまるんだね わたしは生きる
 
 
 
058:魔法(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
魔のものに回復魔法かける如く愛は得てして貴殿を殺す
 
 
 
058:魔法(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
掌が触れた箇所だけあのころに還る魔法を今日もかけられ 058:魔法(題詠100首2009)
 
 
 
058:魔法(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
湯を保つたかが壜にぞ魔法とて形容なせしこころを偲ぶ
 
 
 
058:魔法(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
魔法瓶の残り湯捨てて声にせぬ「おやすみ」シンクはボコンと応う
 
 
 
058:魔法(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
魔法使いが使う魔法はウドン屋が打つウドンほど自然なものだ
 
 
 
058:魔法(ひじり純子) (純情短歌)
何気ない言葉だけれどあなたから言われる言葉だから魔法よ
 
 
 
058:魔法(こうめ) (はこにわ相聞歌)
変えられるばかりに人の悲しみを知る魔法使いも悲しからずや
 
 
 
058:魔法(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
生贄と魔法で病は救えない祟りというなら引き受けてやる
 
 
 
058:魔法(フウ) (easygoing.)
もう少し魔法が使えていたならわたしは何も知らなかったね
 
 
 
058:魔法(原田 町) (カトレア日記)
うつし世に魔法あらばと祈りつつ河野裕子の闘病歌よむ
 
 
 
058:魔法 (七十路ばば独り言)
ライン河船下りして古城見る魔法使いはいづち行きしか
 
 
 
058:魔法(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
そうっとね何度も何度も読み返す 君の魔法が解けないように
 
 
 
058:魔法(かりやす) (彼方探訪)
祖母の座るかたはらに立つ魔法瓶開くを閉ぢるに戻したかりき
 
 
 
058:魔法 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
この黒いものは私の影だから医者も薬も魔法も効かない
 
 
 
058:魔法(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
これは三日前あたしの貯金持ち逃げした男を召還する魔法陣
 
 
 
058:魔法(ゆき) (ひたぶる君を)
永遠にお茶の冷めない魔法瓶なんてないのは知っているけど
 
 
 
058:魔法(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
コンパクト見ながら君は呟いた最後の魔法「ワスレナイカラ」
 
 
 
058:魔法 (水口涼子) (FANTASIA )
 魔法なら知っていますよ夢にさえ見ることのない草原描く
 
 
 
058:魔法(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
ひとふりで魔法がかかりゆっくりと弦楽器から奏で出される
 
 
 
058:魔法(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
水色の遣らずの雨が悪戯に時間をのばす魔法をかける
 
 
 
058:魔法(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
ないけれど魔法で豚になるのならそれも受けれるそんな心地に
 
 
 
058:魔法(祢莉) (suger drop)
いつのまに魔法かけたの気付いたら心離れぬ君の面影
 
 
 
058:魔法(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
温もりがまだ残ってる魔法瓶寂しいものは優しいものだ
 
 
 
058:魔法(イマイ) (ゆびおり短歌)
缶ビール飲みつつ歩く地平線二人暮らしに魔法はいらない
 
 
 
058:魔法 (村木美月) (うたりずむ)
この魔法解けないように祈りつつ私はいつか石になりそう
 
 
 
058:魔法(tafots) (1年で1000首をつくる)
手を挙げて!ミヒャエル・エンデに狂ってて『魔法のカクテル』好きだった人
 
 
 
058:魔法(nnote) (白い箱から)
もう全て棄ててしまった雨空へ魔法のようにあかい紫陽花
 
 
 
058:魔法(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
残雪の 春山登山 小休止 魔法瓶から 熱きお茶出す
 
 
 
058:魔法(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
絵具屋に並ぶ顔料選ぶとき魔法使ひのセンス問はれり
 
 
 
058:魔法(青野ことり) (こ と り ご と)
一瞬で世界の色を変えたきみ 魔法の言葉おぼえていますか
 
 
 
058:魔法(あみー) (正直なたましい)
完璧な井森美幸を踊りきる 魔法使いになるためならば
 
 
 
058:魔法(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
夏時雨 魔法の時間はもう終わり 日記帳からこぼれた昨日
 
 
 
058:魔法(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
おそろしい対価を払い唱えてる魔法の言葉「あしたにしよう」
 
 
 
058:魔法(月下燕) (a swallow under the moonlight)
初めてでしたあなたのように笑う人。魔法みたいに笑うんですね
 
 
 
058:魔法 (短歌のなぎさ)
その声はキミの魔法ね 輝きが空に還って咲くような歌
 
 
 
058:魔法(都) (miya-momoの日記)
知らぬまに魔法の力を借りていた? 空に架かる虹君と眺めた
 
 
 
058:魔法(ほたる) (ほたるノオト)
やわらかいオヤスミヒツジに誘(いざな)われ毎夜眠りの魔法にかかる
 
 
 
058:魔法(O.F.) (O.F.)
だらだらと冷やし中華のあとスイカ 魔法かけたよ さあ夕涼み
 
 
 
058:魔法(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
パソコンを魔法の箱と呼んでゐた今は魔法が消えかけてゐる
 
 
 
058:魔法(すいこ) (すいこのうたおきば)
解き方を知らない魔法かけないでもうそうゆう年じゃないじゃん
 
 
 
058:魔法(Re:) (プリズム)
金曜の夜に魔法がとけるのを私は何度味わうだろう
 
 
 
058:魔法(佐藤羽美) (hinautamemo)
春寒の塵が降るなり廃村に取り残されし魔法瓶へと
 
 
 
058:魔法(藤野唯) (Sugarmint)
魔法だなんて笑ってしまう それほどにきっと疲れていたんだわたし
 
 
 
058:魔法(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
遠い日の魔法の延長上にある食卓にのる茄子の煮浸し
 
 
 
058:魔法(emi) (時計をはずして)
「そんな魔法はありません」はっきりと言い渡されてあきらめた夏
 
 
 
058:魔法(間遠 浪) (少女らせん)
魔法少女占い少女朝礼は長き髪より倒れ始める
 
 
 
058:魔法(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
魔法使いみたいに呪文を唱えてもかぼちゃはかぼちゃあたしはひとり
 
 
 
058;魔法(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
平手打ちお願いします 魔法より効果があると思っています
 
 
 
058:魔法(健太郎) (モノクローム文芸館)
夜明け前 解けない魔法 シンデレラ いつもの笑顔が ほんとは見たい 題詠blog2009「058:魔法」
 
 
 
058:魔法 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
「いかないで!」と何度も喚く弟に忘れてしまいぬ空とぶ魔法
 
 
 
058:魔法(酒井景二朗) (F.S.D.)
とりどりのスプレーで書き毆られた魔法の言葉だらけの地下道
 
 
 
058:魔法(都季) (31pieces)
はぜながら夏の魔法は解けてゆく 線香花火がぽたりと落ちて
 
 
 
058:魔法(市川周) (ミルミルを飲みながら)
押入れの魔法瓶たちいっせいに光りはじめる2010年
 
 
 
058:魔法 (みなと) (海馬)
訂正にまた誤植がありまして 魔法につなげムセキニン主義
 
 
 
058:魔法(橘 みちよ) (夜間飛行)
魔法瓶のそこの鏡面映るわが顔に熱湯いつきにそそぐ
 
 
 
058:魔法(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:058:魔法 魔法など使えないけどもし君のパンティ見れば空もぴょ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!!!
 
 
 
058:魔法(花夢) (花夢)
恋愛を魔法のように考えるあなたの錬金術は間違い
 
 
 
058:魔法(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
魔法など信じられないリアリスト だけどあなたを愛してます と
 
 
 
058:魔法(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 青空でみんな笑顔で気分よいときは魔法が使えそう、さて・・・
 
 
 
058:魔法(振戸りく) (夢のまた夢)
部屋中に魔法の粉をふりまいて呪文を唱える代わりに歌う
 
 
 
058:魔法(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
どこまでもからだをはって守ること それが魔法といったら、笑う? ○守り通せればそれは奇跡で魔法な気がする
 
 
 
058:魔法(遥遥) (たんかのきりかた2)
かつて見た右手を斜め前にして魔法で世界変えてみましょう
 
 
 
058:魔法(珠弾) (seven seas tac)
やかんには魔法の水が入ってる 種はもちろん仕掛けもないが
 
 
 
058:魔法(こゆり) (おかっぱ短歌)
魔法陣描いて君を召喚し22時には還してあげる
 
 
 
058:魔法(村上はじめ) (雑感)
あなたの手ぎゅっと握っているだけで気持ち静まる魔法みたい
 
 
 
058:魔法(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
女の子だけの魔法の使いかた マジョリカマジョルカかわいくなあれ
 
 
 
058:魔法(暮夜 宴) (青い蝶)
「大切にするよ」だなんて囁かれ魔法のように騙されている
 
 
 
058:魔法(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
見えぬものに魔法をかけるA子には魔法をかけた見えぬものが見える
 
 
 
058:魔法(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
折り紙を魔法みたいと喜んで繰り返し折るやっこ20人
 
 
 
058:魔法(紫月雲) (resume 1970-2009)
日常の共有といふ重みより重き我なる魔法などなし
 
 
 
058:魔法(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
魔法なら一瞬だけど僕たちがかけた五年も悪くなかった
 
 
 
058:魔法(斗南まこと) (野ウサギのように)
生きていくための魔法をかけたからあしたあなたをわすれるよてい
 
 
 
058:魔法(本田鈴雨) (鈴雨日記)
子供には触れさせざりし魔法瓶その湯で祖母は薬飲みゐき 
 
 
 
058:魔法(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
魔法しか知らない 満ちてゆく月をたくさんつんでわたしをあやす
 
 
 
058:魔法(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
君と手を繋いでいれば平気 でも魔法のじゅうたん揺らすのやめて
 
 
 
058:魔法(岡本雅哉) (なまじっか…)
呪文とか鏡を見ては口ずさむ女はみんな魔法少女ね
 
 
 
058:魔法(しおり) (ヒロの独り言)
次々と魔法の解けたシンデレラはがれた化粧で乗り込む終電
 
 
 
058:魔法(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
堤防にエロ本捨てる職業の人はたぶん、魔法使いだ
 
 
 
058:魔法(吉里) (梢は歌う)
愛すれば心伝わり愛される 魔法のルール人の世にアリ 
 
 
 
058:魔法(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
リマスター魔法か詐欺か聞きわける私の耳はロバかウサギか
 
 
 
058:魔法(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
魔法瓶の麦茶は冷たすぎて外ばかり見てゐる雨の教室
 
 
 
[短歌][2009] 058:魔法(ezmi) (語りえぬことを。)
笑ってもいいよひとりで眠る夜は魔法使いの夢をまだ見る
 
 
 
058:魔法(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
12時に魔法がとけたら自転車を飛ばして空へはばたいてゆけ
 
 
 
058:魔法(ノサカ レイ) (のーずのーず)
厄介な魔法が解けずとろとろの液体になる なんて幸せ
 
 
 
058:魔法 (お気楽堂) (楽歌三昧)
まず何処に魔法使いがいるのかを探し出さなきゃ弟子になれない
 
 
 
058:魔法(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
無くても死なないモノが犇めくこの部屋の「メランコリア」に魔方陣あり
 
 
 
058:魔法(おっ) (だいえいの短歌専門店)
どの水を魔法瓶に入れたって超神水になることはない
 
 
 
058:魔法(ゆふ) (ゆっくりん)
もしも魔法が使えたら小箱に詰めて届けたいのよわたしのこころ
 
 
 
058:魔法(駒沢直) (題詠blog参加用。)
「それじゃまた」魔法の言葉はいつの日か呪いとなって首に巻きつく
 
 
 
058:魔法(香-キョウ-) (Sky on Blue)
不思議だね 落ち込んでいたのが嘘みたい 聴けば元気に 音楽は魔法
 
 
 
058:魔法(志井一) (日記ホプキンス)
ドラクエをやったこともない人間に魔法が使えるわけないでしょう
 
 
 
058:魔法 (一夜) (短歌るBlog)
優しさの魔法が上手い彼の罠 騙され無いと騙されてみる
 
 
 
058:魔法(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
学級の一人残らず魔法をかけ賢治の世界へ連れ去ってゆく...
 
 
 
058:魔法(sora) (追憶~娘へ)
曇天の重さを総身に受け止めて魔法瓶に紅茶を入れる
 
 
 
058:魔法(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
コンビニで野菜買うのに浦安の魔法の国じゃケチるんですね
 
 
 
058:魔法(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
魔法でもシンデレラにはなれなくて 今宵はここで月とワルツを
 
 
 
058:魔法(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
魔法より呪詛にも近き言霊の三十一色夜を彩る
 
 
 
058:魔法(扱丈博) (取扱)
無自覚にぼくらを退嬰させる魔法、その安心でつながり合って
 
 
 
058:魔法(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
恋したら素敵な魔法かかること知っているからまた夢を見る
 
 
 
058:魔法(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
開けたれば裡に銀(しろがね)ひかりたる魔法瓶つねは闇を抱けり
 
 
 
058:魔法(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
恋愛は魔法のように人を変え見えない力を与えるアイテム
 
 
 
058:魔法(小林ちい) (ゆれる残像)
あの人とあの娘と私がいっぺんに幸せになる魔法が欲しい
 
 
 
058:魔法(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
「もろてきた」 魔法使いの帽子から、 立体メガネをそっと出す君。
 
 
 
058:魔法(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
もし過去に戻れる魔法作れても君は私を選びはしない
 
 
 
058:魔法(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
12時になれば魔法が解けてゆくはずだったのに まだ君が好き
 
 
 
058:魔法(村本希理子) (きりころじっく2)
ステンレスボトルにはない魔法とは銀に輝く硝子であつた
 
 
 
058:魔法(惠無) (なんでもない一日)
懐かしい笑顔のしわもしみさえもとけて無くなる魔法の集まり
 
 
 
058:魔法(今泉洋子) (sironeko)
わらわらと言霊空ゆ降りて来る魔法の杖を振りたきゆふべ
 
 
 
058:魔法(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
もし今の僕が魔法を使えたら何をしちゃうかわからないよ(好き)
 
 
 
058:魔法(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
かからないことはもちろんしっていてとなえつづける魔法のじゅもん
 
 
 
058:魔法(内田かおり) (深い海から)
思い持つ人の温もり伝われば魔法のように心震えて
 
 
 
058:魔法 (それから人鳥の朝食を買いに)
よく分かる現代魔法読みながら魔法使いの中年の性
 
 
 
058:魔法(Ni-Cd) (反実仮想)
わたされた魔法瓶からたちのぼる媚薬よ 君は追ってほしいの?
 
 
 
058:魔法(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
子どもたち魔法使いになりたいのそんならばあちゃんに習っておいで
 
 
 
058:魔法(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
便箋と魔法のペンがあったならあなたへの文書き連ねたい
 
 
 
058:魔法(やすまる) (やすまる)
帰りには箸箱をかちゃり掲げ持ち魔法少女にかえるたそがれ
 
 
 
058:魔法(夢雪) (浪漫)
人々に夢を与える魔法より魂冷やす黒魔法こそ
 
 
 
058:魔法(kei) (シプレノート)
定年後に通うカルチャースクールの一番人気は魔法教室
 
 
 
058:魔法(さと) (すばらしい日々)
魔法のランプから魔神が現れたけど素直に言えなかったよ
 
 
 
058:魔法(鯨井五香) (くじら(独唱))
戯れの魔法は解けず夕霧のベゴニア園にふたりはねむる
 
 
 
058:魔法 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
エイヤアと気合かくれば癌失せぬ かかる魔法を夢に見て醒む
 
 
 
058:魔法(茶葉四葉) (ゆざまし)
連絡のメールのうしろに書きしるす短歌もどきは魔法の呪文
 
 
 
058:魔法(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
この先に魔法使いが住むやうな古家がありてアロエ花咲く
 
 
 
058:魔法(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  あの人は魔法の国の住人で人間にだけ変身できず    
 
 
 
058:魔法(緒川景子) (ezomijikauta)
この魔女もむかしはふつうにあこがれたかわいい魔法少女だったのです
 
 
 
058:魔法(桶田 沙美) (31Words Runner)
もしかして君は魔法使いなの? 君が笑うと雨が止んだの
 
 
 
058:魔法(田中ましろ) (ましたん)
さあ君よ気持ち良くなれ軋みだすベッドよ魔法の絨毯になれ
 
 
 
058:魔法 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
勘違ひしてた魔法ぢやあるまいに最初に合はない鍵は合はない
 
 
 
058:魔法(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
魔法などつかえぬゆえに湯を沸かし空腹に待つカップラーメン
 
 
 
058:魔法 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
解けかかる魔法こっそりかけなおす呪文なくして木枯らしの中
 
 
 
058:魔法(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
リアリストはぬばたまの夜にとらわれてコンペイトウと魔法がとける
 
 
 
058:魔法(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
あたたかく満たされていたその嘘も魔法めかして笑いあう日は
 
 
 
058:魔法(ぱん) (向日葵 と 月)
海の色 コーヒーの湯気 きみの手に魔法はなくても光は満ちる
 
 
 
058:魔法(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
父がまだ魔法使いでありし日の呪文をききしかヤツデの花は
 
 
 
058:魔法(星川郁乃) (Air Station)
魔法とは違う何かでわたくしを変えてしまいましたね 誰ですか
 
 
 
058:魔法(みち。) (滑空アルペジオ。)
魔法など使えないのにぼくたちはまた作れると壊しつづけた
 
 
 
58:魔法(HY) (天然通信)
その腹にカラフルな花咲かせてる魔法瓶居た昭和懐かし
 
 
 
058:魔法 みぎわ (たづたづし)
魔法陣を這ふは蛞蝓ぬるぬると円と数字のぐるぐるめまひ
 
 
 
058:魔法(ME1) (FILL mobile)
  窓際の風は嵐に見そめられ魔法使いに弟子入りをする
 
 
 
058:魔法(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
空腹で魔法が解けてしまっても冷蔵庫にはエクレアがある