085:クリスマス(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
オカモトの調べによれば避妊具が一番売れるのはクリスマス...
 
 
 
085:クリスマス(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
クリスマス停戦なんかするんならいっそ年中クリスマスであれ
 
 
 
085:クリスマス(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
地球上で最も早く一日が始まる島だクリスマス島 
 
 
 
085:クリスマス(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
地球上で最も早く一日が始まる島だクリスマス島 
 
 
 
085:クリスマス(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
クリスマスのデコレーションも見ぬままに今年も残りわずかとなりぬ
 
 
 
085:クリスマス(アンタレス) (思い出ずるままに)
クリスマスイルミネーション煌めきて木枯らしまでもジングルベルか
 
 
 
085:クリスマス(みずき) (空)
一人ゐて窓べに灯すクリスマス 君住む街へとほき雪降る
 
 
 
085:クリスマス(船坂圭之介) (kei's anex room)
死はすでに遠き記念碑耐へがたき憤怒クリスマスの夜に湧く
 
 
 
085:クリスマス(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
クリスマスケーキの中でいちばんに抹殺されたバタークリーム
 
 
 
085:クリスマス(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
葉のような地味な花指しクリスマスローズは少し疲れてますね
 
 
 
085:クリスマス(佐藤紀子) (encantada)
海底の籠宮城のクリスマス 誰も気づかぬうちに過ぎたり(浦島太郎物語)
 
 
 
085:クリスマス(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
伴天連の祭礼なれどクリスマス某さして酔うてはおらぬ 
 
 
 
085:クリスマス(梅田啓子) (今日のうた)
澄むこゑの「クリスマス・イヴ」聴こえきて赤いコートの少女がはしる
 
 
 
085:クリスマス(小早川忠義) (Just as I am Returns)
クリスマスのひと月前に生れたりと三十路半ばにして気付きたり
 
 
 
085:クリスマス(森山あかり) (言葉の花かご)
クリスマス厩でイエス誕生し暗闇の中ひかりを灯す
 
 
 
085:クリスマス(みつき) (みそひと :: misohito ::)
クリスマスケーキを越える豪華さで何もない日を祝うケーキを
 
 
 
085:クリスマス(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
冴ゆる月 寄り添いながら海からの風よけ眺むクリスマスイヴ
 
 
 
085:クリスマス (穴井苑子) (猫のように純情)
クリスマス・ソングにのせて回してる同じ値段のあたりとはずれ
 
 
 
085:クリスマス(迦里迦) (香飄)
神の子の誕生日なれば父たちが子に提げ帰りしクリスマスケーキ
 
 
 
085:クリスマス(うたまろ) (五と七と五と七と七)
三度目のクリスマスなのに 三度目のクリスマスってだけのことかな
 
 
 
085:クリスマス(チッピッピ) (うたよみブログ)
クリスマス ケーキをわざわざ2つ買い一人で食べた悲しい思い出
 
 
 
085:クリスマス(ジテンふみお) (雲のない日は)
ほほえみで応えられそうクリスマスツリーに雪を飾る頃には
 
 
 
085:クリスマス (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
クリスマスドイツで買った金の天使キャンドルに火を静かに灯す
 
 
 
085:クリスマス(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
クリスマスツリーをしまえず苦戦したバックヤードで十代の冬
 
 
 
085:クリスマス(柴田匡志) (スタートライン)
サッカーの長足ソックスを枕もと備えて寝るクリスマスイブ
 
 
 
085:クリスマス (minto)  (@100@)
子どもらとケーキを作り準備せり苺を添へてクリスマス待つ
 
 
 
085:クリスマス(畠山拓郎) (あいうえおあお)
クリスマスああクリスマスクリスマスだからなんだよクリスマスだよ
 
 
 
085:クリスマス(はこべ) (梅の咲くころから)
クリスマスローズの花が群れて咲く隣にできたマンションの庭
 
 
 
085:クリスマス 行方祐美 (フーガのように)
クリスマスプレゼント揃える楽しさか無印良品ネットバーゲン
 
 
 
085:クリスマス(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ )
クリスマス緑と赤の氾濫に流されて行く名も無き群像
 
 
 
085:クリスマス(陸王) (Always Walking with Yu)
クリスマスケーキにろうそく挿しゆけばイヴの終わりてあと五百本
 
 
 
085:クリスマス(理阿弥) (車止めピロー)
クリスマスあなたを誘いかねているイベント嫌いを自負した手前
 
 
 
085:クリスマス(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
クリスマス付近に君のバースデーどちらも油断できないテスト
 
 
 
085:クリスマス(Yosh) (☆生短歌☆)
クリスマスまで引きずるか感冒の 騒動の中 幾人落とす
 
 
 
085:クリスマス(ふみまろ) (光る風の記憶)
クリスマスディナーがわりの鰤刺に去年の冬がつんときわまる
 
 
 
085:クリスマス(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
無駄に高いプライドを捨てて今年こそ幸せになるクリスマスイブ
 
 
 
085:クリスマス (新井蜜) (暗黒星雲)
腕力もお金もなくてクリスマスイヴに負けないための方法
 
 
 
085:クリスマス(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
クリスマスに君にもらったマフラーに縛られながら守られている
 
 
 
085:クリスマス(のびのび) (のび短歌)
「お父さん、クリスマスだよ」と仏壇に線香とともに供えるケーキ 参照記事:085:クリスマス
 
 
 
085:クリスマス(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
クリスマスプレゼントならいらないと言えるくらいに想い合いたい
 
 
 
085:クリスマス(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   幾重にも重ねた記憶が迷路になり 次のクリスマス戦略目論む
 
 
 
085:クリスマス(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
大丈夫笑はすつぼは知つてますクリスマスの夜もさうでない夜も
 
 
 
085:クリスマス(フウ) (easygoing.)
クリスマスママがサンタにキッスしわすれたプレゼントは幻に
 
 
 
085:クリスマス(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
姉の着たひまわりドレスをライオンに仕立て直してクリスマス・イブ
 
 
 
085:クリスマス(ゆき) (ひたぶる君を)
クリスマスイヴの宵ゆゑやはらかに白きケーキを購ふてみる
 
 
 
085:クリスマス(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
クリスマスだけ弟に嘘をつく思えばそれが始まりだった
 
 
 
085:クリスマス(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
来年のクリスマスこそ恋人と! なんて夢見てた頃がよかった
 
 
 
085:クリスマス(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
主に祈る 聖者の儀式 クリスマス 賛美歌歌い 十字架をきる
 
 
 
085:クリスマス(tafots) (1年で1000首をつくる)
クリスマスツリーをひとり飾りきる心細さを知らぬ妹
 
 
 
085:クリスマス(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
クリスマスツリーの明滅が急かす 鳩の肢から下は血のいろ
 
 
 
085:クリスマス(只野ハル) (Ordinary days)
ガラス容器の中の小さなツリーいつでもホワイトクリスマスだ
 
 
 
085:クリスマス(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
似合わない花言葉持つクリスマスローズ 清楚な顔してるのに ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ クリスマ...
 
 
 
085:クリスマス(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
バッコするししむらたちがきれいだねきれいだねっていうクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
(街へ出よう)待たなくていい雪の夜のクリスマスには白いコートで
 
 
 
085:クリスマス(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
差し出され握った指があたたかいまだクリスマスだっていうのに 085:クリスマス(題詠100首2009)
 
 
 
085:クリスマス(こうめ) (はこにわ相聞歌)
▲(さんかく)を重ねただけでクリスマスツリーと感じる 冬の心は
 
 
 
085:クリスマス (七十路ばば独り言)
「サンタさん本当はいない」と言いながら孫はそわそわクリスマスの朝
 
 
 
085:クリスマス(すいこ) (すいこのうたおきば)
クリスマスパーティー途中で抜け出して日本にあるラブホに行こう
 
 
 
085:クリスマス(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
軽やかな溜息ひとつ クリスマスローズ彩る庭を眺めて
 
 
 
085:クリスマス(さかいたつろう) (流星文庫)
クリスマスまでには絶対済ませます たまにはサンタもあの子と居たい
 
 
 
085:クリスマス(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
三博士サーフボードで罷り越す南半球にてクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(藻上旅人) (創作のおと)
雑踏の中くちづけた何度目のクリスマスかを覚えていない
 
 
 
085:クリスマス(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
われもまたクリスマスには吾子(あこ)のため俄か聖者となりにけるかも
 
 
 
085:クリスマス(ウクレレ) (十線譜)
雪なんか降るなと祈るクリスマスさみしい気持ち増幅させる
 
 
 
085:クリスマス(原田 町) (カトレア日記)
クリスマスに何に贈ろうかジジババは思案している蝉時雨かな
 
 
 
085:クリスマス(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
クリスマスケーキはいつも父親が年に一度のケーキの土産
 
 
 
085:クリスマス(nnote) (白い箱から)
クリスマスだねってデスクの向こうからココア一杯分のやさしさ
 
 
 
085:クリスマス(イマイ) (ゆびおり短歌)
すっぽりと抜け落ちたようなクリスマス近づくために手羽先を買う
 
 
 
085:クリスマス(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:085:クリスマス クリスマスイブには君のパンティがカウントダウン機能搭載
 
 
 
085:クリスマス(藤野唯) (Sugarmint)
ひとりしかいないあなたはあの人を選んでにじむクリスマスの夜
 
 
 
085:クリスマス (みなと) (海馬)
誘ワレズ一人ッキリノ昼食ヲユックリスマスコノかふぇてりあ
 
 
 
085:クリスマス(佐藤羽美) (hinautamemo)
クリスマス過ぎたる後のこの街に流れるハインリッヒーズ、雪
 
 
 
085:クリスマス(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
クリスマスこなければいい理由にもならないくらい靴下に穴
 
 
 
085:クリスマス(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
戯れにクリスマスケーキ求めれば正月までの朝食となる
 
 
 
085:クリスマス (歌)
さよならはクリスマスの朝告げましたフランス窓を開け放ちつつ
 
 
 
085:クリスマス(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
約束はとほくてあをいクリスマスプレートに降る雪を見てゐる
 
 
 
085:クリスマス (三感四音)
「二十四日過ぎてからがクリスマス。」二十五過ぎた姉の言い分
 
 
 
085:クリスマス(春待)再投稿 (三感四音)
「二十四日過ぎてからがクリスマス。」二十五過ぎた姉の言い分 名前忘れたため再投稿します。
 
 
 
085:クリスマス(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 クリスマス枕元には使用済みジョン・ランボーのエロ本があり
 
 
 
085:クリスマス(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
クリスマスの電飾ハウス なにも悪いことがないのがいいことなんだ
 
 
 
085:クリスマス(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
クリスマスツリーを真夏に飾る国より遠くいてデュラスを読みぬ
 
 
 
085:クリスマス(あみー) (正直なたましい)
クリスマスマイナスとつきとおかして処女懐胎を逆算してる
 
 
 
085:クリスマス(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
クリスマスソングをうたいおえたらあなたは街へお帰りなさい
 
 
 
085:クリスマス(祢莉) (suger drop)
クリスマスまでに恋人作れよとさよなら代わりそういうあなた
 
 
 
085:クリスマス(振戸りく) (夢のまた夢)
クリスマスまでには赤くなるようにポインセチアの短日処理を
 
 
 
085:クリスマス(間遠 浪) (少女らせん)
つかの間に人あまた降りて空はまた青 クリスマス島に蟹はあふれる
 
 
 
085:クリスマス(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
クリスマスのやさしい嘘で生き延びたこどものような恋をしている
 
 
 
085:クリスマス(青野ことり) (こ と り ご と)
凍りつく夜空ぼんやり光ってた 君と一緒じゃないクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(Re:) (プリズム)
クリスマスプレゼントには夕焼けを集めて編んだマフラーがある
 
 
 
085:クリスマス(酒井景二朗) (F.S.D.)
獨人きり靜かに過ごすクリスマスに冷えたラジオが輝く刹那
 
 
 
085:クリスマス(斗南まこと) (野ウサギのように)
クリスマスソングを詠え たくさんの祈り集めてやさしさは降る
 
 
 
085:クリスマス(ほたる) (ほたるノオト)
ポインセチアが赤すぎるせいクリスマスソングがうまく歌えないのは
 
 
 
085:クリスマス(市川周) (ミルミルを飲みながら)
クリスマス蛇の賀状を刷っている(きりがよいので七七はなし)
 
 
 
085:クリスマス(月下燕) (a swallow under the moonlight)
球面に映るホワイトクリスマスやっぱりあなたも過去になるんだ
 
 
 
085:クリスマス(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
ひたすらにクリスマスさえ働いて二人はもう風前の灯火
 
 
 
085:クリスマス(わだたかし) (ファミレス短歌)
クリスマス準備にかける一年をゆっくり過ごし歳をかさねる
 
 
 
085:クリスマス(都季) (31pieces)
ガチャピンとムックが並べばクリスマスカラー 2人でいればしあわせ
 
 
 
085:クリスマス(かりやす) (彼方探訪)
クリスマスカクタスと蝦蛄葉(しやこば)サボテンと同じものなれど女子には違ふ
 
 
 
085:クリスマス(おっ) (だいえいの短歌専門店)
クリスマスだからじゃないを歌う声いつでもそばに誰もいなくて
 
 
 
085:クリスマス(遥遥) (たんかのきりかた2)
少しだけ君と歩いた日を思うクリスマスには雪が降ったね
 
 
 
085:クリスマス(こゆり) (おかっぱ短歌)
六歳のクリスマスイブにだまされてみる幸せを知ってしまった
 
 
 
085:クリスマス(珠弾) (seven seas tac)
クリスマスウィークならぬグランプリウィークなのだよギャンブラーには
 
 
 
085:クリスマス(蓮野 唯) (万象の奇夜)
クリスマス光の河が乗せて行く恋人たちを愛の岸辺へ
 
 
 
085:クリスマス(扱丈博) (取扱)
クリスマスがそろそろ除幕され出して徐々にしずまるパステルカラー
 
 
 
085:クリスマス(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
クリスマスまでに立派なサンタさんにしてあげるからついてきなさい
 
 
 
085:クリスマス(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
台風の停電時には買ひ置きのクリスマス用キャンドルを点け
 
 
 
085:クリスマス(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
もし365日クリスマスだったらきっとせつなくないのに
 
 
 
085:クリスマス (村木美月) (うたりずむ)
クリスマス・イルミネーションいっせいに着飾っていく街は早足
 
 
 
085:クリスマス(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
想い出の行き過ぎし後クリスマスカラーで結ぶ君の笑顔も
 
 
 
085:クリスマス (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
地上には体操の星夜空にはオリオン座流星群(23日まで)クリスマスみたい
 
 
 
085:クリスマス(本田鈴雨) (鈴雨日記)
信仰にかかはりのなき挨拶として交はさるる「メリークリスマス!」     
 
 
 
085:クリスマス(橘 みちよ) (夜間飛行)
初めてのクリスマス会教会に賛美歌ならひカードもらひき    
 
 
 
085:クリスマス(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
どうにでもなるよ今年はクリスマスとかもういいよ 眠らせてくれ
 
 
 
085:クリスマス(村上はじめ) (雑感)
クリスマスツリーに見立てた緑の傘に赤いリボンをかけてプレゼント
 
 
 
085:クリスマス(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
ハローウィングッズの隣りクリスマスカードを見てる我は半袖
 
 
 
085:クリスマス(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
クリスマス・イルミネーションにただ君がとなりで泣きそうであるということ
 
 
 
085:クリスマス (時計をはずして)
ささやかなクリスマスパーティだった毎年母はプリンを焼いて
 
 
 
085:クリスマス(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
カギ裂きはあなたに似合う季節柄わきまえず言うメリークリスマス
 
 
 
085:クリスマス(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
クリスマスだから真っ赤な老人を袋につめて友達にやる
 
 
 
085:クリスマス(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
2学期の終業式後の3次会が恒例のクリスマスとなる
 
 
 
2009題詠blog085:クリスマス(はづき生) (生さんま定食)
クリスマス生まれさボクはと言ひにけるベツレヘムより訪ひ来し男子
 
 
 
085:クリスマス(しおり) (ヒロの独り言)
クリスマスいそいそ進む人の群れすり抜け向かう場末の酒場
 
 
 
085:クリスマス(暮夜 宴) (青い蝶)
約束は約束のままクリスマス前に終わってしまったね-Ryo-
 
 
 
085:クリスマス(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
仕事だし平日じゃんって思ってた 今年は君のいるクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
クリスマスイブの終業時刻には焦った振りをお忘れなきよう
 
 
 
085:クリスマス(都) (miya-momoの日記)
カウンターに並んで座り元彼への未練を聞いた あれはクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(sora) (追憶~娘へ)
真白なる雪を降らせよクリスマスプレゼントなどなくていいから
 
 
 
085:クリスマス(駒沢直) (題詠blog参加用。)
今日言えばクリスマスには間に合うと逆算しつつまだなにもせず
 
 
 
085:クリスマス(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
ひとしれずアロマを選ぶクリスマスの匂ひごまかす思ひださない
 
 
 
085:クリスマス(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
クリスマス夢見る年齢(とし)は過ぎたれど何かを期待しつつ待つなり...
 
 
 
085:クリスマス(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
クリスマス前に別れた人と会う寝ぐせなおせよ夢のなかでも
 
 
 
085:クリスマス(岡本雅哉) (なまじっか…)
クリスマス無くても生きていけるからケンタッキーとかじゃあるまいし
 
 
 
085:クリスマス(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
逆算の時間をはずす細腕に間にあわなかったクリスマスローズ
 
 
 
085:クリスマス (お気楽堂) (楽歌三昧)
大いなる期待は外れクリスマスイブのシフトを出勤とする
 
 
 
085:クリスマス(Ni-Cd) (反実仮想)
クリスマス・ツリーにバターを Sixty-nineの位置に置かれるブーツ
 
 
 
085:クリスマス(吉里) (梢は歌う)
クリスマス 興味がないの私には 街がどんなに賑わってても  
 
 
 
085:クリスマス(夢雪) (浪漫)
クリスマス天使と共に過ごす夜二人の翼で温め合おう
 
 
 
085:クリスマス(駒沢直) (題詠blog参加用。)
今日言えばクリスマスには間に合うと逆算しつつまだなにもせず
 
 
 
085:クリスマス(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
祝福を受けて生まれし吾とおもふクリスマス・イヴの賑はひのなか
 
 
 
085:クリスマス(さと) (すばらしい日々)
「浪あるね」「じき正月やね」潮風まとい 二人 岬クリスマス
 
 
 
085:クリスマス(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
この冬はあなたがいないクリスマス光るネオンも涙でかすみ
 
 
 
085:クリスマス(紫月雲) (resume 1970-2009)
天上にモビール天使ゆらゆらと母子三人のクリスマス来る
 
 
 
085:クリスマス(寺田ゆたか) (永訣のうた)
手をとりてクリスマス市歩みゆき熱きワインに頬染めし夜
 
 
 
085:クリスマス(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
クリスマスキャンドル揺らぎ歯の浮いたセリフのひとつもこぼれてしまう
 
 
 
085:クリスマス(今泉洋子) (sironeko)
「いたはり」とふクリスマスローズの花言葉猫と一緒にあなたにあげる
 
 
 
085:クリスマス(村本希理子) (きりころじっく2)
  ミサ曲を聞きしのみにて教会を出づクリスマス礼拝を前に
 
 
 
085:クリスマス(茶葉四葉) (ゆざまし)
それぞれの家庭にそれぞれクリスマス来たれよそれぞれ隔てた時よ
 
 
 
085:クリスマス(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
クリスマスツリー飾れよ子供部屋から出られないビーチボーイズ
 
 
 
085:クリスマス(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
何も無い何も無くても良いんだよ吾に似合いの無のクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
落ち着けと堕天使脳を締めつけてやけに冷たい青のクリスマス
 
 
 
085:クリスマス (一夜) (短歌るBlog)
赤黄色青に緑に金の星 心弾ますクリスマスの夜
 
 
 
085:クリスマス(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
豊かさを見せつけあう日かクリスマスきらめく飾りプレゼントの山
 
 
 
085:クリスマス(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
さあレディお手をどうぞと伸ばされた指払いのける クリスマスだから ○どんだけツンデレ
 
 
 
085:クリスマス(花夢) (花夢)
メランコリック メランコリック ってきこえる時計が告げるクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(O.F.) (O.F.)
クリスマス俺の部屋ではいつもよりもやしが早く成長してます
 
 
 
085:クリスマス(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
浮ついた若い空気とクリスマスソングを羽織る街は霜月
 
 
 
085:クリスマス(惠無) (なんでもない一日)
クリスマス形だけでもいいじゃないケーキにチキンそれだけだって
 
 
 
085:クリスマス(桶田 沙美) (31Words Runner)
飽きもせず「彼氏を作る!」と息巻くもクリスマスには私の側に
 
 
 
085:クリスマス(kei) (シプレノート)
クリスマス・イブにきらめく指輪には別れの言葉が詰まっています
 
 
 
085:クリスマス(田中ましろ) (ましたん)
神の子の誕生日だというだけでヴァージン捧ぐクリスマス事変
 
 
 
085:クリスマス(香-キョウ-) (Sky on Blue)
一か月以上も前から キラキラと輝き出す街 あぁ クリスマス
 
 
 
085:クリスマス(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
「楽しい」が「楽しかった」に変わってく クリスマスの夜の帰り道
 
 
 
085:クリスマス(内田かおり) (深い海から)
クリスマスの祈りの後の教会の静けさ光りささやかな影
 
 
 
085:クリスマス(小林ちい) (ゆれる残像)
クリスマスだからといってはしゃげないあなたと誰かが寄り添う夜に
 
 
 
085:クリスマス(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
クリスマス色に輝よふタワーの下特徴のないひとりとなりぬ
 
 
 
085:クリスマス(やすまる) (やすまる)
この夜も明石家サンタとすごすためクリスマスケーキをホールで購う
 
 
 
085:クリスマス(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
いやらしい皺を作ってモミの木の下に洋服クリスマスだし
 
 
 
085:クリスマス(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  クリスマス中止の理由は出尽くして眠った亀とさしで飲もうか    
 
 
 
085:クリスマス(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
「煙突はないけど、換気扇があるから大丈夫」 と、クリスマス・イヴ。
 
 
 
085:クリスマス(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
”クリスマスツリーの前で悩んでるおじさん” サンタはきっとこんな人
 
 
 
085:クリスマス(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
いつになく厚いトイザラスの紙でクリスマスまで一月と知る
 
 
 
085:クリスマス(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
思い出の整理をとくにしていないクリスマスって別腹だから
 
 
 
085:クリスマス(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
ケーキには刺すものでしょう クリスマスには何本のローソク買おう
 
 
 
085:クリスマス(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
クリスマス・イルミネーション蜘蛛の巣に街の明かりはからめとられて
 
 
 
085:クリスマス(ノサカ レイ) (のーずのーず)
地球での正しいクリスマスの作法 「大切な人と一緒に過ごす」
 
 
 
85:クリスマス(HY) (天然通信)
あと何回家族一緒に祝えるかハイティーン娘のいるクリスマス
 
 
 
085:クリスマス(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
祈りなきクリスマスこのざわついて長く渇いた夜は 逢いたい
 
 
 
085:クリスマス (里坂季夜) (コトノハオウコク)
厳かにクリスマスケーキを切り分ける昭和の父の右手の記憶
 
 
 
085:クリスマス (Air Station)
クリスマスにも紛れこむ罪があり春先ポインセチアを枯らす
 
 
 
085:クリスマス(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
次のクリスマスは会えないらしいってネオンはやたらとまぶしいくせに
 
 
 
085:クリスマス みぎわ (たづたづし)
民主党恐慌ベルが鳴り響きクリスマス葬送きらめく日本
 
 
 
085:クリスマス(ME1) (FILL mobile)
  つたなさを笑う闇間の漂いと…クリスマス・宙・イルミネーション http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/7dff47b81332094c47a24a3734e44c7b/c0
 
 
 
085:クリスマス(鯨井五香) (くじら(独唱))
クリスマスイブにはしゃいで除夜の鐘ついて初詣の九日間
 
 
 
085:クリスマス(志井一) (日記ホプキンス)
取るときに葉が落ちそうでクリスマスツリーに飾りをつけるのが嫌
 
 
 
085:クリスマス(ぱん) (向日葵 と 月)
クリスマスツリーが部屋の片隅に去年の名残としてずっとある
 
 
 
085:クリスマス(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
クリスマスローズのようにつつましくうつむいて舌をだしていたんだ
 
 
 
085:クリスマス(みち。) (滑空アルペジオ。)
いつだって真夏に思い出しているクリスマスがいちばんうつくしい