055:式(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
着席後3分経てばスイッチオン儀式ぎらいの貧乏ゆすり
 
 
 
055:式(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
式服は<しまむら>で良し会費制引き出物無しでがっぽり稼ごう
 
 
 
055:式(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
春風に甘納豆も微笑んで弥生三月旅立ちのとき...
 
 
 
055:式(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
春風に甘納豆も微笑んで卒業式に桜雨(さくらあめ)降る...
 
 
 
055:式(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
ひさびさに叙勲の式で会いし友いたく老けたり我も七十
 
 
 
055:式(アンタレス) (思い出ずるままに)
人生は数多の式に幸せを重ねつ後に主無き式あり
 
 
 
055:式(みずき) (空)
格式の違ひを思へば切なくて別れ霜とふ甃(いし)を踏みたる
 
 
 
055:式(船坂圭之介) (kei's anex room)
 カンパネラ唱ふ定理の難解さ 二十余年の牢舎に解くと  
 
 
 
055:式(船坂圭之介)再再登録 (kei's anex room)
 カンパネラ唱ふ模式の難解さ 二十余年の牢舎に解くと  
 
 
 
055:式(小早川忠義) (Just as I am Returns)
虎が雨頭に肩に降り注ぐはや挙式とは縁遠くして
 
 
 
055:式(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
時間にも境界線はあるもので華やぐこころ春離任式
 
 
 
055:式(佐藤紀子) (encantada)
竜宮式接待法の一つなり 客に時間を忘れさすのは(浦島太郎物語)
 
 
 
055:式(柴田匡志) (スタートライン)
結婚式あなたの父に腕組まれあなたはゆっくりわたしのもとへ
 
 
 
055:式(うたまろ) (五と七と五と七と七)
花びらの色を染め抜く式神が 夢とうつつをまだらに混ぜる
 
 
 
055:式(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
誇らしく「旅立ちの日に」弾く子の背 ただ見守りて 卒業式に
 
 
 
055:式 (穴井苑子) (猫のように純情)
あっさりと決定されて略式でとりかわされる固い約束
 
 
 
055:式(みつき) (みそひと :: misohito ::)
迎えるも送るもありて流れゆく時の境を式は担いし 
 
 
 
055:式(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
公式に認められない恋人を冷めた紅茶とずっと待ってる
 
 
 
055:式(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
式部さん次のお話もう出来た?言わんばかりにサイトを巡る
 
 
 
055:式(梅田啓子) (今日のうた)
独り身の友は口元きつく閉ぢ喪主の座にをり葬式の朝
 
 
 
055:式(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
難解な数式に似た複雑な君の気持ちも答えはひとつ
 
 
 
055:式(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
恋愛は急勾配と急カーブ 粘着式の登山鉄道 
 
 
 
055:式(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
難解なあの状況を解くための公式使うのためらっている
 
 
 
055:式(森山あかり) (言葉の花かご)
君が代で始まる式のぎこちなさ送辞答辞でやっと救われ
 
 
 
055:式(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
本式の食事をきみとしたいのです飲みに行ったりするだけじゃなく
 
 
 
055:式(ジテンふみお) (雲のない日は)
作風がややせつなくて暗くなる和式トイレにしゃがんで詠むと
 
 
 
055:式 (minto)  (@100@)
オリーブの冠をのせたる勝者らは表彰式で目を潤ませり
 
 
 
055:式(只野ハル) (Ordinary days)
式波と改名するなら気持ちワルイ終わり方変えてほしいね
 
 
 
055:式(ことり) (歌)
天体は儀式の連鎖 ときどきは明けない夜も創ってください
 
 
 
055:式(蓮野 唯) (万象の奇夜)
正式の紙一枚が人により首輪になったりリボンになったり
 
 
 
055:式(チッピッピ) (うたよみブログ)
葬式で涙こらえて経読めば 念珠の跡が手にあかあかと
 
 
 
055:式(はこべ) (梅の咲くころから)
数式が解けたる時の快感を今はゲームに重ねる不思議
 
 
 
055:式 行方祐美 (フーガのように)
空あおきグアムの丘に戦ぎいし告別式の賛美歌の花
 
 
 
055:式(陸王) (Always Walking with Yu)
一期なる星人式の二次会は地球遠征乗り遅れし僕
 
 
 
055:式(わだたかし) (ファミレス短歌)
簡単な方程式で口説けると思ってました やりなおします
 
 
 
055:式(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   美容室鏡の中の吾に告ぐ「これより断髪式始めます」
 
 
 
055:式(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
式典である式式典でない式 でない式では黙りこみます
 
 
 
055:式 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
結婚式三回くらいやりたいなバリとハワイと世界の果てで
 
 
 
055:式(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
非公式ですけど僕の首さえも埋まってしまう程の初恋
 
 
 
055:式(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
天頂に零式艦上戦闘機の機体色めく句読点
 
 
 
055:式(畠山拓郎) (あいうえおあお)
化学式スイヘーリーベーボクノフネイオン化傾向あてにするなと
 
 
 
055:式(迦里迦) (香飄)
簡化二十四式 蹴ります! 老体の太極拳とあなどるなかれ 
 
 
 
056:アドレス(ウクレレ) (十線譜)
校長の入学式のスピーチは夢の世界へ誘(いざな)う呪文
 
 
 
055:式(ウクレレ) (十線譜)
校長の入学式のスピーチは夢の世界へ誘(いざな)う呪文
 
 
 
055:式(ふみまろ) (光る風の記憶)
告げ知らすチャイムの祈り九歳で卒業式を迎へし午後の
 
 
 
055:式(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
緊張を隠して向かう入社式スーツは上手く着こなせぬまま
 
 
 
055:式 (新井蜜) (暗黒星雲)
うそ寒いひかりのもとで三月の別れの式は開かれぬまま
 
 
 
055:式(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
何式と訊いたら迷わず俺式と答える人が好きかもしれない
 
 
 
055:式(ひじり純子) (純情短歌)
満開の桜が祝う入学式その日が割れの誕生日でもあり
 
 
 
055:式(Yosh) (☆生短歌☆)
閻魔呼ぶ儀式はあらぬ後ろから肩たたきあり 遅きに失する
 
 
 
 (流星文庫)
いまここで結婚式のマネごとをしようよどうせマネごとだから
 
 
 
055:式(さかいたつろう)再投稿 (流星文庫)
いまここで結婚式のマネごとをしようよどうせマネごとだから
 
 
 
055:式(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
草を抜く吾をしばらく眺めしが猫立ち去れば式神ならず
 
 
 
2009題詠blog055:式(はづき生) (生さんま定食)
葬式は当人列席せぬままに粛々と執り行はれたり
 
 
 
055:式(理阿弥) (車止めピロー)
くちびるに「し」と指あてる若妻のために脱イヤホンの儀式を
 
 
 
055:式(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
はじめから無かったように級友の名は飛ばされる式典のなか
 
 
 
055:式(かりやす) (彼方探訪)
RX‐7の助手席で聞いてゐる回転式発動機のことを
 
 
 
055:式(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
つまらない理由で挙式が延びてゆき、私はつまらなくなりました。
 
 
 
055:式(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
髪型+セシル式×カット=君→「悲しみよ、こんにちわ」→僕 かみがたをせしるしきにてかっとしたきみかなしみよこんにちわぼく
 
 
 
055:式(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
大臣(おおきみ)の粗相は即時処分なり公式発表「未知の疾患」
 
 
 
055:式(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
ヒメジョオンばかり蔓延る道すがら母は同級生の葬式
 
 
 
055:式(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
丘の上至金の風を肌に受く儀式はこれですべて終わった (至金=しこん) 055:式(題詠100首2009)
 
 
 
055:式(藻上旅人) (創作のおと)
人類が考えついた公式のすべての解は零でしかない
 
 
 
055:式(のびのび) (のび短歌)
ご婦人は膝をもじもじさせながら「和式はちょっと」と順番を譲る 参照記事:055:式
 
 
 
055:式(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
その先はまだわからない数式は解かず答えは出さないままに
 
 
 
055:式(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
わたくしは次なる土地へ向かいます未来一式鞄につめて
 
 
 
055:式(春待) (三感四音)
メールには”aishiteru”ってヘボン式下心”H”(エイチ)隠して打とう
 
 
 
055:式(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
ガンダムであってガンダムではない奥ゆかしき百式がとても愛しい
 
 
 
055:式(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
とりたてて高鳴りもなき真昼間に結婚式の鐘が響きぬ
 
 
 
055:式(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
とりたてて高鳴りもなき真昼間に結婚式の鐘 響きぬ
 
 
 
055:式(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
君が代を式の度ごと悪党ら歌はせねらふ再びの道
 
 
 
055:式(原田 町) (カトレア日記)
空たかく朴の花咲き金婚式めぐりきたるや塚本邦雄
 
 
 
055:式(こうめ) (はこにわ相聞歌)
十年後、静かに倣う君が言(こと) -(マイナス)2つの式の意味など
 
 
 
055:式(こうめ)再投稿 (はこにわ相聞歌)
十年後、静かに倣う君が言(こと) -(マイナス)二つの式の意味など
 
 
 
055:式(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
方程式解くのではなく作ることきみの答えを私は出さない
 
 
 
055:式(フウ) (easygoing.)
誰にでも生まれてきて讃えられる式典があってもいいはずだ
 
 
 
055:式(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
あの夏の葬式の朝の空の色どこまでも青 祖母の微笑み
 
 
 
055:式 (七十路ばば独り言)
式武官金のモールも誇らかに精一杯のいかめしい顔
 
 
 
055:式 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
タイ古式マッサージ受け筋肉に残るあなたの記憶をほぐす
 
 
 
055:式(ゆき) (ひたぶる君を)
ほうほうほうほうたる出でよこの闇夜和泉式部の歌のごとくに
 
 
 
055:式(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
「好きでした」成人式の告白が過去形だから今でも逢える
 
 
 
055:式(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
数式を解きほぐしゆく白墨の動きのよどみなさに見惚れた
 
 
 
055:式(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
僕たちの計算式は掛け算で君がいないとゼロでしかない
 
 
 
055: 式 (水口涼子) (FANTASIA )
 式服の襟正す映す鏡は雪の日のわれ
 
 
 
055:式(祢莉) (suger drop)
君と見た終業式のあとの空なんでもできる気がしてたよね
 
 
 
055:式 (流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
卓上式カレンダー待ちわびて立ちすくんでるめくられずいる
 
 
 
055:式(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
名古屋城 本丸御殿 除幕式 来賓皆 拍手喝采
 
 
 
055:式(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
一式とだけ書かれた見積書ためらいもなく判押している
 
 
 
055:式 (村木美月) (うたりずむ)
あのひとを忘れるために必要な儀式は今宵バスタブの中
 
 
 
055:式(イマイ) (ゆびおり短歌)
空はただ横たわっているだけなのか挙式の日みた高い青空
 
 
 
055:式(tafots) (1年で1000首をつくる)
リアス式海岸の場所養殖業すべて覚えた海もないのに
 
 
 
055:式(nnote) (白い箱から)
不確かな自分のための瑠璃一色卒業式の着物が添う今
 
 
 
055:式(あみー) (正直なたましい)
笑うとき腹式呼吸しているかどうかが気になっちゃって笑えん
 
 
 
055:式(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
大学の卒業式からそれ以来会ってないけど会えるわけない
 
 
 
055:式(音波) (短歌のなぎさ)
式場は九月に空くと聞かされて休符のような同棲ふたり
 
 
 
055:式(青野ことり) (こ と り ご と)
あのひとの結婚式のために撮るビデオレターに笑顔ではしゃぐ
 
 
 
055:式(ほたる) (ほたるノオト)
ねじ巻き式オルゴールが鳴り終わるまで静かな静かなくちづけをして
 
 
 
055:式(月下燕) (a swallow under the moonlight)
病める日も悲しみの日も愛してる結婚式で誓ったままだよ
 
 
 
055:式(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
正解を疑はぬ子に等式の向こう側ではチロの騒げり
 
 
 
055:式(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
さっちゃんの結婚式に参加梅雨空に手をあげさようなら
 
 
 
055:式(O.F.) (O.F.)
おらぁ、俺の弥生式土器はすごいぞ、癖になっても知らんでぇ
 
 
 
055:式(都) (miya-momoの日記)
いまこことあの日の式が一本につながっているそれで充分
 
 
 
055:式(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
『あたし』という方程式を解くことは『あたし』を生きることに等しい
 
 
 
055:式(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
野葡萄をわけあふ儀式あなたから抜け去る澄んだ空気がきれい
 
 
 
055:式(すいこ) (すいこのうたおきば)
結婚式父の涙は美しくあぁこの家族でよかったなぁと
 
 
 
055:式(emi) (時計をはずして)
母が回す二槽式の洗濯機いまだ現役のまま止まって
 
 
 
055:式(健太郎) (モノクローム文芸館)
穏やかな紫式部の歌のように 君の名前を吐息に似せつ
 
 
 
055:式(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
数式の左岸右岸をむすぶ橋そのように「愛」の言葉はあった
 
 
 
055:式(佐藤羽美) (hinautamemo)
歌うように名前は呼ばれ永遠にアカミー授賞式の夜なり
 
 
 
055:式(Re:) (プリズム)
塩ふって清めるなんてじいちゃんに悪い気がした葬式の後
 
 
 
055:式(藤野唯) (Sugarmint)
ふたりきり過ちだらけの式をする罪悪感なんてもうない
 
 
 
055:式(間遠 浪) (少女らせん)
式神をユミと名づけて放ち遣る記憶果してどこまでわれか
 
 
 
055:式(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
ぬるま湯で進水式を執り行うつるるからまるバスタブの二尾
 
 
 
055:式(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
ため息を何回ついても立ち直る和泉式部の恋を私に
 
 
 
055:式(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
「その心明け渡すがいい」 わかってる わたし あなたの式神だもの ○主従的ななにか
 
 
 
055:式(市川周) (ミルミルを飲みながら)
ドラクエを3時半まで式前夜(一応嫁サイドの設定で)
 
 
 
055:式 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
急ぎ行き歌会の席を取りにけり皆既日食とう儀式の為に
 
 
 
055:式(遥遥) (たんかのきりかた2)
桜散る春の空気の成分は湿式製法手のひらにのせ
 
 
 
055:式(振戸りく) (夢のまた夢)
世間ではメソッドと呼ぶ100ますをそっと陰山式と呼んでる
 
 
 
055:式(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
とりあえず○×式の応用でこの人生も楽しめるはず
 
 
 
055:式(酒井景二朗) (F.S.D.)
式神が放たれたまま歸らない月蝕はもうすぐといふのに
 
 
 
055:式 (31pieces)
密やかな真夏の儀式 取り出したビー玉ふたつ川に葬る
 
 
 
055:式 (みなと) (海馬)
可動式書架に挟まれかたつむる 活字のあまた降る季節に
 
 
 
055:式(珠弾) (seven seas tac)
携帯の画面じゃ写らないかもと海軍式の敬礼をする
 
 
 
055:式(橘 みちよ) (夜間飛行)
この紙を式神に変へ離れ病む子のもと父のもとへ遣りたし 
 
 
 
055:式(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 さよならははじまりならば導いた式の終りにあるものはなに
 
 
 
055:式(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:055:式 泣きそうな桜の色をしていたね卒業式の君のパンティ
 
 
 
055:式(花夢) (花夢)
またひとり結婚式で美しい苗字を持った友だちが消える
 
 
 
055:式(村上はじめ) (雑感)
かしこまる雰囲気だから性に合わず結婚式の招待苦笑い
 
 
 
055:式(sora) (追憶~娘へ)
地図上のリアス式海岸丹念に指でなぞればつるつるの海
 
 
 
055:式(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
葬式にならないようにあれこれとしゃべりつづけた葬式だった
 
 
 
055:式(こゆり) (おかっぱ短歌)
お葬式にも行けない関係だからあたしの部屋でお経をよもう
 
 
 
055:式(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
旧式の電気馬車駆る姫君よ硝子の靴は永遠(とわ)に葬れ
 
 
 
055:式(暮夜 宴) (青い蝶)
等式で結べないから傾いた西陽くらいにせつないふたり
 
 
 
055:式(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
ごめんユミ 結婚式の途中さえ自分勝手なこと夢みてて
 
 
 
055:式(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
式場で作り笑いの人々を新婦は見てるこの世の欺瞞
 
 
 
055:式(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
文字式の文字を消し去るLDのアルファベットは英語の授業(LD:学習障害)
 
 
 
055:式(紫月雲) (resume 1970-2009)
われといふ方程式を解く君の硬き鉛筆の先は折れたり
 
 
 
055:式(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
非公式でいるのも飽きてしまったと言っておきます自分のために
 
 
 
055:式(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
見つめたり話しかけたりできなくて最旧式の愛し方 無視
 
 
 
055:式 (一夜) (短歌るBlog)
膝近く生い茂りたる草の下(もと)古式ゆかしき神宮の跡
 
 
 
055:式(斗南まこと) (野ウサギのように)
つつがなく閉校式は終りたり子らの歌声耳に残して
 
 
 
055:式(本田鈴雨) (鈴雨日記)
切り紙をひらけるやうな花式図にあれば五弁の花のあさがほ
 
 
 
055:式(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
空想の結婚式でよかったしブーケは海に身を投げました
 
 
 
055:式(岡本雅哉) (なまじっか…)
(ほんとうは決めてあるけど)「式場は責任持ってあなたが決めて」
 
 
 
055:式(しおり) (ヒロの独り言)
答えなき方程式もあるのよね例えば君とわたしの関係
 
 
 
055:式(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
まさか、これはレジオン・ドヌール勲章授賞式(ごっこ) まさか まさか
 
 
 
055:式(吉里) (梢は歌う)
式神よ 明日来る未来に伝えませ 明るい光を土産に請うと
 
 
 
055:式(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
東京の空を行き交う赤蜻蛉 株式会社を(株)と略せば
 
 
 
[短歌][2009] 055:式(ezmi) (語りえぬことを。)
いまふっとこのお話の結末が見えたあなたは形式のひと
 
 
 
055:式(ノサカ レイ) (のーずのーず)
約束も束縛もない式という式のすべてをしない獣は
 
 
 
055:式(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
高校の卒業式は担任の涙にみんなで笑って泣いた
 
 
 
055:式(ゆふ) (ゆっくりん)
式次第どおりに終わった卒業式 順序などなきこれより先は
 
 
 
055:式 (お気楽堂) (楽歌三昧)
情けない詩と退屈なメロディーをこねる以前に腹式呼吸
 
 
 
055:式(香-キョウ-) (Sky on Blue)
人生の数式はない だから私 数学は嫌い なんて屁理屈!
 
 
 
055:式(おっ) (だいえいの短歌専門店)
君がもし巨大トイレで泳ぐなら和式・洋式どちらを選ぶ?
 
 
 
055:式(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
二十年やってもこれは見つからぬ 学級を導く方程式は...
 
 
 
055:式(駒沢直) (題詠blog参加用。)
いまはもう君の葬式出なくてもいいやと思う 一人梨剥く
 
 
 
055:式(志井一) (日記ホプキンス)
予告編を自動再生させるから映画の公式サイトが重い
 
 
 
055:式(やすまる) (やすまる)
おしまいの式にうまれてうたごえはいのちのようにふくらんでゆく
 
 
 
055:式(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
公式に当て嵌められない愛という果てなき旅に出るとしようか
 
 
 
055:式(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
祖の厄を代わりに受くる式神(しき)となり 愛(かな)し子守れよ少女人形
 
 
 
055:式(小林ちい) (ゆれる残像)
1Kの部屋でこっそり挙げる式ここから二人の日々が始まる
 
 
 
055:式(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
枕元避難具一式取りそろえ台風前夜ちょっとどきどき
 
 
 
055:式(扱丈博) (取扱)
あたらしい方程式のくちどけにふるえて誤字をする輪転機
 
 
 
055:式(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
ふみの日の記念切手にぽつちりと紅のくちびる紫式部
 
 
 
055:式(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
式典が滞りなくすすむので生ビールしか頼めないでいる
 
 
 
055:式(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
大人気の式場予約は三年後 せめてそれまで一緒にいようね
 
 
 
055:式(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
恋愛の方程式は貴方には通用しない解けないままの二人の行方
 
 
 
055:式 (きりころじっく2)
形式が放つこころといふがある 元PunkRockerソナチネを弾く
 
 
 
055:式(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
サクマ式ドロップスのうちハッカだけ 食べてしまって、 口をきかない。
 
 
 
055:式(惠無) (なんでもない一日)
式場の予約たった今断って引越業者の到着を待つ
 
 
 
055:式(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
何もないけれど式日なのでしょう 空が冷たく澄んでいるから
 
 
 
055:式(今泉洋子) (sironeko)
千年紀など騒がれて去年よりも紫式部は艶めきて見ゆ
 
 
 
055:式(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
絡まった数式みたいな現実でほんとのきもちを選んだ二人
 
 
 
055:式(内田かおり) (深い海から)
洋箪笥の中で眠れる式服をふと思い出す雑誌めくりつ
 
 
 
055:式(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
式よりも解を解より解法を解放を三月の白板
 
 
 
055:式(Ni-Cd) (反実仮想)
くさいねと笑ってそれから黙り込む紫式部の実をつぶしては
 
 
 
055:式(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
式場の段取り決める打ち合わせもうその辺でマリッジブルー
 
 
 
055:式(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
数式が吾の心を惑わせる何処へ行くのかわからなくなる
 
 
 
055:式(夢雪) (浪漫)
式神を放って君を暗殺す我がものとなれ心も体も
 
 
 
055:式(鯨井五香) (くじら(独唱))
うずまきの艶うずたかく最新のイオニア式の盛り髪にする
 
 
 
055:式(kei) (シプレノート)
執着の葛(かずら)絡まる幾度も式子内親王の憂鬱
 
 
 
055:式(さと) (すばらしい日々)
我はねじ式で徘徊する コトリとうごけなくなるときなどあり
 
 
 
055:式 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
金婚の式をあげむと待ちゐしに弔ひの式先にきたれり
 
 
 
055:式(茶葉四葉) (ゆざまし)
両辺の温度びみょうに異なって 君とボクとは不等式のまま
 
 
 
055:式(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
回廊に祈りのこゑのくれぐれと腹式呼吸の僧の香色
 
 
 
055:式(伊藤真也) (クラッシュボク)
あの日から念じ続けた「大好き」がリアス式を伝っていつか  
 
 
 
055:式(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  おやすみをモニタの彼方へ 文字だけでつながるひとをしんじる儀式    
 
 
 
055:式(緒川景子) (ezomijikauta)
それらしく書き出された計算式で占われてるわたしの未来
 
 
 
055:式(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
正式なやり方じゃないかもしれず誰も見てないときやっている
 
 
 
055:式(桶田 沙美) (31Words Runner)
睦み合う君とあたしの公式は正確でいてどこかが歪
 
 
 
055:式(田中ましろ) (ましたん)
安全日 言いきる君が信じてるナントカ式を信じきれない
 
 
 
055:式 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
始球式――たぶんあの高くて蒼い空に吸ひこまれて始まつた
 
 
 
055:式(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
ゆうやけを一式部屋に買い込めば影のところがさらにかなしい
 
 
 
055:式 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
キオスクで朝刊を買い二両目の座席で開く月曜の儀式
 
 
 
055:式(みち。) (滑空アルペジオ。)
祈るように翼をとじた飛び立っていくあなたへの式日の風
 
 
 
055:式(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
脱ぎ捨てたヒールがオフィス街に響く結婚式の鐘の音のよう
 
 
 
055:式(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
いつまでも終わらぬ祝辞 式典の空に色づく果実かぞえて
 
 
 
055:式(ぱん) (向日葵 と 月)
世の中のせいではなくて毎日は形式どおりにもう進まない
 
 
 
055:式(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
ヘボン式ローマ字表記で打ったとてtsutsujiはつつじあるいは躑躅
 
 
 
055:式(星川郁乃) (Air Station)
式典は滞りなくわたしだけを夢の途中に置き去りになる
 
 
 
055:式(星川郁乃) (Air Station)
式典は滞りなくわたしだけ夢の途中に置き去りになる
 
 
 
55:式(HY) (天然通信)
泣き濡れて和泉式部の詠うごとこの身蛍になれと祈った
 
 
 
055:式 みぎわ (たづたづし)
どうしても方程式がほどけない未知数ばかり増えてわたくし
 
 
 
055:ョ(ME1) (FILL mobile)
  儀式とは 哀れむ藍に 染む薔薇を 湖の底 沈め行くこと
 
 
 
055:式(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
寝ぼけてる和田アキ子さんリアス式海岸を背に当てて擦った