018:格差(蓮野 唯) (万象の奇夜)
溶解しいっそ無くなれ格差など未来見るなら人類として
 
 
 
018:格差(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
「改革」は「格差」を生むと指摘せし我が小論を読み返しおり
 
 
 
018:格差(船坂圭之介) (kei's anex room)
眷族のみどりなす群 かへり得ざる格差に痴れて夕餉淋しも
 
 
 
018:格差(ひじり純子) (純情短歌)
恋愛の格差は互いの温度差にありと認識 解決策なし
 
 
 
018:格差(みずき) (空)
賑はひの街に格差の日日生れて白き牡丹にけふも雨降る
 
 
 
018:格差(うたまろ) (五と七と五と七と七)
官僚が「格差斯くさ」と 民衆を不可逆な坂へ突き落としてく
 
 
 
018:格差(jonny) (ボーダーを見つめながら)
バーゲンの値札のついたショーケース 格差を知らぬワンコが眠る
 
 
 
018:格差(jonny)再投稿 (迂闊な夜の真ん中で)
バーゲンの値札のついたショーケース 格差を知らぬワンコが眠る
 
 
 
018:格差(アンタレス) (思い出ずるままに)
天と地の格差は有れど友は友クラス会ではあだ名呼び合う
 
 
 
018:格差(根無し草) (根無し草)
間違うな 格差と差別 似て非なる 容器が似てる ぺぺとピエトロ
 
 
 
018:格差(小早川忠義) (Just as I am Returns)
おはらひの札の値段に格差あり懐次第の神とは如何に
 
 
 
018:格差(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
好きなのに・・・君との格差感じては気持ちにブレーキかけてしまう吾
 
 
 
018: (見沼田圃の畔から)
 
 
 
018:格差(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
国民に格差在りやと謂ふがごと元旦参賀の日の丸の波
 
 
 
018:格差(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
広がっていく格差から目を背け足元ばかり見てちゃダメだろ
 
 
 
018:格差(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
きみの口ついて出るのは「格差」なる逃げ口上と ためいきひとつ
 
 
 
018:格差(柴田匡志) (スタートライン)
「競争が格差を生むとは思わざり」そういう議員多分本音だ
 
 
 
018:格差(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
格差って何だったっけと言えるほど強くないけどまだ大丈夫
 
 
 
018:格差(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
紫外線はた市街戦 いのちには格差がありて死はどこにでも...
 
 
 
018:格差 (穴井苑子) (猫のように純情)
小規模な格差社会にこだわってさすがですねと言えばいいかな
 
 
 
018:格差(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
穢れなき両手を空に広げたる嬰児(みどりご)はまだ格差を知らず
 
 
 
018:格差(ウクレレ) (十線譜)
格差だと思うパレット 空色の絵の具の占める仕切りの広さ
 
 
 
018:格差(かりやす) (彼方探訪)
女女(ぢよぢよ)格差たしかにあれど社食にてカレーうどんをともに食みゐつ
 
 
 
018:格差(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
困窮し格差を叫ぶ安直さ私は照れて群れずに独り
 
 
 
018:格差〈佐藤紀子) (encantada)
仇かもしれぬ太郎をもてなしてヒラメは格差をしみじみと知る
 
 
 
018:格差(わだたかし) (ファミレス短歌)
キヨタカと格差を感じた小四の夏の虫取りカゴの大きさ
 
 
 
018:格差(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
格差拡大のニュースを聞きながら犬と電柱との交尾を見てた
 
 
 
018:格差(はこべ) (梅の咲くころから)
たとうれば格差はあれど歌読むは 同じ色なり題詠ブログ
 
 
 
018:格差(陸王) (Always Walking with Yu)
原子間距離ヲ縮メテ星ト星格差ヲ埋メリHe-3(ヘリウムスリー)
 
 
 
018:格差(月下燕) (a swallow under the moonlight)
もうずっとお探しですね「ほんとうの自分」ご希望の格差をどうぞ
 
 
 
018:格差(梅田啓子) (今日のうた)
髪結ひの亭主も言はば〈格差婚〉サンダルひつかけパチンコにゆく
 
 
 
018:格差 行方祐美 (フーガのように)
たとえれば格差は心の温度の差ラテはいつでもなかなか冷めぬ
 
 
 
018:格差(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
おおきいと困るしちいさくても頼りないといわれて うん 体格差
 
 
 
018:(格差) (ようこそ 纏亭へ)
格差って例えば僕らの肩叩き三行半にも満たぬ通達
 
 
 
018:格差(木村比呂) (*さよなら小鳩)
風が来て拡散したいタンポポと(格差)軒下なけない子猫
 
 
 
018:格差(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
世の中に格差はあって当たり前わたくしはみな狷介である 
 
 
 
018:格差 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
googleをのぞいてごらんモニターを通し格差の客観実験
 
 
 
018:格差(みつき) (みそひと :: misohito ::)
この辺り 地域格差で下だとか でも案外と幸せである
 
 
 
018:格差(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
埋まらない格差であればどんどんと広がれアタシは情けで生きる
 
 
 
018:格差(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
賃金の格差はもはや仕方ないそれでもやはりお金は欲しい
 
 
 
018:格差(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
午前二時迷惑メール来る夜の格差においでこっちの水よ
 
 
 
018:格差 (minto)  (@100@)
見詰め合ふ二人に格差などあるか互ひに信じ尊敬をして
 
 
 
018:格差 (新井蜜) (暗黒星雲)
球根を買って並べたヒヤシンス格差だなんて 紅い花房
 
 
 
018:格差 (佐東ゆゆ) (Putting Holes in Happiness)
こんにちの恋愛格差ゆるすまじ・・・(あ、あたし?珈琲の横でこっそり泣いてる。) にほんブログ村
 
 
 
017:格差(さかいたつろう) (流星文庫)
部長との昼食格差を噛みしめる 焼肉定食ごちそうさまです
 
 
 
019:ノート(さかいたつろう) (流星文庫)
黄ばんでるノートを一円もまけずに売る文房具屋のばあちゃんにも春
 
 
 
018:格差(ME1) (FILL mobile)
  琥珀には詰まっていたはず永遠が…落差ではなく格差という虚威
 
 
 
018:格差 (水口涼子) (FANTASIA )
欲深き獣のままに滅びゆく格差を埋める心あらずば
 
 
 
018:格差(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
格差なき社会のあったためしなし春のかおりの気持よい風
 
 
 
018:格差(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
世代間格差を嘆く恋人のくちびるに差し入れるポッキー
 
 
 
018:格差(鹿男) (もえないゴミ箱)
惚れちゃった弱みだ 好きにしていいよ 格差広げてくれてもいいし
 
 
 
018:格差(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
そぐはねど卑しき泥に汚さるる格差になびく雲のありしも
 
 
 
018:格差(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
全人格差別でもして忘れたい君への愛情なかったふりして
 
 
 
018:格差(わたつみいさな) (乱切りくじら)
みちばたの秋桜おまえのももいろに格差はあるか花屋のそれと
 
 
 
018:格差(ジテンふみお) (雲のない日は)
百円と特上寿司の格差など完全無視の「レバーの大」は
 
 
 
018:格差(都季) (31pieces)
誰しもが真っ直ぐ走れる訳じゃない 青春にだって格差はあるよ
 
 
 
018:格差(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
彼もまた格差を思うのだろうか 薔薇三本をテーブルに置く
 
 
 
018:格差(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
チョコの格差なんて知っているけれど、エリちゃんからなら義理でも欲しい
 
 
 
018:格差(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
底辺でぐだぐだ言う奴ほっといて目指すは格差社会の頂点
 
 
 
018:格差(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
見えざるは神の御手にはあらずして格差広げり市場原理の
 
 
 
018:格差(ふみまろ) (光る風の記憶)
生きたいと叫ぶ怨嗟がこだまするほどの格差はないこの国は
 
 
 
018:格差(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
愛情の根拠のひとつふたつなる体格差とか年齢差とか
 
 
 
018:格差(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
段差ではいけないのですか格差だと隠されているように聞こえて
 
 
 
018:格差(只野ハル) (Ordinary days)
能力の 格差以外が 多すぎる 特権廃し 変化を起こせ
 
 
 
018:格差(原田 町) (カトレア日記)
霊園にも格差のありて南向き広き区画は諦めるしか
 
 
 
018:格差 (はしぼそがらす) (紆余曲折)
健やかと病めるの間厳然と格差あり差別かもしれない
 
 
 
018:格差(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
「降る雨に格差はない」ときみがいう 高田馬場で相合い傘ス
 
 
 
018:格差(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
王様が幸福総論となえてる国との格差 ゆれてるJAPAN
 
 
 
018:格差(森山あかり) (言葉の花かご)
価値観を転換せねばなくならぬ格差社会は我がうちにあり
 
 
 
018:格差(藻上旅人) (創作のおと)
人としての格差の前に立ち竦むその意味さえも分からぬままに
 
 
 
018:格差(暮夜 宴) (青い蝶)
折り鶴はもうすぐ1000羽 格差など知らない指で丁寧に折る
 
 
 
018格差(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   オフィスにてクシャミの後に吐くセリフ微妙に世代間格差
 
 
 
014:格差(音波) (短歌のなぎさ)
道端で鳴いてた猫を抱き上げて「格差」と名づけ また置いてきた
 
 
 
018:格差(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
春のあめ依代を眼に押し当ててきみとあなたの格差をおもう (依代=よりしろ)
 
 
 
018:格差(イマイ) (ゆびおり短歌)
今頃も吹雪なのかと布団干す格差のような真冬の日差し
 
 
 
018:格差(伊藤真也) (クラッシュボク)
平等な愛は思わぬ軋轢を生む 明確につけよう格差
 
 
 
018:格差(伊藤真也)再投稿 (クラッシュボク)
平等な愛は思わぬ軋轢を生む 明確につけよう格差
 
 
 
018:格差(伊藤真也)再再投稿 (クラッシュボク)
平等な愛は思わぬ軋轢を生む ユミとミカにつける格差
 
 
 
018:格差(Yosh) (☆生短歌☆)
体格差も健康云々 関係なし 力道山が呆気なく逝く
 
 
 
018:格差(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
格差。上手くイけなかったあなたが僕の腕の中で震える(ごめん)
 
 
 
018:格差(天国ななお) (お月様は許さない)
土壇場に助格差し出す印籠の効果も薄れ笑う悪党
 
 
 
018:格差(祢莉) (suger drop)
格差ってつまり今目の前にある財布の中の62円
 
 
 
018:格差(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
容れ物の差だとか海苔の有無などを格差と思って食べるもりそば
 
 
 
018:格差(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
格差って言葉が踊る時勢でも「頑張れ日本!!」テレビにくぎつけ
 
 
 
018:格差(藤野唯) (Sugarmint)
花の匂いする子の背中 教科書の格差の2文字見ないふりした
 
 
 
018:格差(花夢) (花夢)
コンヤクハキ コンヤクハキって繰り返す 格差社会の底辺にいる
 
 
 
018:格差(チッピッピ) (うたよみブログ)
一票の格差が存在するようにあの子のチョコはそんなに大事?
 
 
 
018:格差(都) (miya-momoの日記)
本日も彼女の指先隙はなしおしゃれ格差はネイルに現る
 
 
 
018:格差(畠山拓郎) (あいうえおあお)
駅前で地域格差を想うとき新駅建てば解決するか?
 
 
 
018:格差(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
葉牡丹のゆゆしき事態 牡丹との身分格差を知ったからには
 
 
 
018:格差(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
ランク付けする癖いつから身についた格差の線引き我せずともよい
 
 
 
018:格差(詠時) (短歌の花道)
都合良く誰かのために創られた格差社会という名のバーチャル
 
 
 
018:格差(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
この格差社会の底の草原におれはこそこそ草を食う鹿
 
 
 
018:格差(キャサリン) (コーラス♪(*^▽^*)カレンダー♪)
格差社会の申し子みたいなバンビだぜやる気なんかは出すんじゃないよ
 
 
 
[短歌][2009] 018:格差(ezmi) (語りえぬことを。)
格差とふ言葉に君は敏感で「突き落として」と言わんばかりで
 
 
 
018:格差(春待) (三感四音)
これまでは無資格差がつく履歴書にこの春ようやく「高卒」と書く
 
 
 
018:格差(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
あおぞらに拡散してくポプラの綿毛ぽつり見上げる恋の格差よ
 
 
 
018:格差(O.F.) (O.F.)
仙人が庭で霞を食べている春だ難儀な格差社会だ
 
 
 
2009題詠blog018:格差(はづき生) (生さんま定食)
格さんに格差を感じるこのごろの助三郎の斯く斯く云々
 
 
 
018:格差(青野ことり) (こ と り ご と)
重心を低くおとしてぶつかった 体格差などものともせずに
 
 
 
018:格差(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
胸の内「好き」にも格差がある様でアツシくんなら中の上です
 
 
 
018:格差(英田柚有子) (阿呆船)
格差 わたしがいるのがどのへんだとしてもまっすぐひとの目を見ていいの
 
 
 
018:格差 (斉藤そよ) (photover)
森を見て木を見てふたり水に触れ気づいてしまう悲哀の格差 (2009.03.18)
 
 
 
018:格差(ゆふ) (ゆっくりん)
格差とふ得体の知れぬ溝あらばきれいに浚つて仕舞ひませう
 
 
 
018:格差(みずたまり) (劣等性な優等生の本音)
 女子高生失格夢を見る資格差をとってケータイだけの恋
 
 
 
018:格差 (ゆり) (森の歌)
格差社会大昔からありました声をあげたらよくなる時代?
 
 
 
018:格差(太田ハマル) (とっても短い今日の歌)
お互いをもっと知りたくなった頃ふたりの格差をそっと差し出す
 
 
 
018:格差(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
もう二度と開かれることのないような風呂敷に包まれて格差
 
 
 
018:格差(ほたる) (ほたるノオト)
公園で眠り続ける猫のうえ格差社会に軋むブランコ
 
 
 
018:格差(ことり) (歌)
いつだって格差はあるよ北側の窓はすずらんのステンドグラス
 
 
 
018:格差(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
声高にいうときに捨ておかれゐるものらはありて改革、格差
 
 
 
018:格差(emi) (時計をはずして)
どれほどの思い伝わるというのか現状維持が格差となって
 
 
 
018:格差(加藤サイ) (啖呵きって頂戴)
そばかすの儚さが罪となるならば深津絵里は重罪 格差だ
 
 
 
018:格差(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
天使舞うダリと嫁の絵 格差とか気にするほうがどうかしている
 
 
 
018:格差(吉里) (梢は歌う)
私こそ格差の中の下にいる 問題意識をもっと持たなきゃ
 
 
 
018:格差(草蜉蝣) (低空飛行)
こんなにも格差社会にさくサクラあだ花あだ浪あだ情け
 
 
 
018:格差 (村木美月) (うたりずむ)
ミツバチの格差生態思うときメスって孤独な生きものなんだ
 
 
 
018:格差(空色ぴりか) (美利河的題詠百首2009)
ブックオフの100円均一コーナーのあそこにもここにも「格差」の文字が
 
 
 
018:格差(健太郎) (モノクローム文芸館)
あなたとは結ばれないでしょ結局は 少しの格差と心の温度差
 
 
 
018:格差(間遠 浪) (少女らせん)
あさどりの茄子の濡れていとおしいこの子のようにいとしむ格差
 
 
 
018:格差(こうめ) (はこにわ相聞歌)
「体験」とつければ格差どの位置も楽しみありける士農工商
 
 
 
018:格差(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
いかほどの格差なるかな桜の目、飛ぶ鳥の目にうつる日本は
 
 
 
018:格差(振戸りく) (夢のまた夢)
第3のビールを置いて本物を 格差といってさしつかえない
 
 
 
018:格差(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
豆殻を燃して煮られる豆 (格差) 背比べして笑いあう花
 
 
 
018:格差(ノサカ レイ) (のーずのーず)
上からは絶対見えないとこにある格差の下限定のスイーツ(笑)
 
 
 
018:格差(あみー) (正直なたましい)
川底で静かに笑みをたたえよう 格差社会の是正のために
 
 
 
018:格差(村本希理子) (きりころじっく2)
格差など知らなかつたよ級友を訪(と)へば壁なき家に着きたり                      ──1972年
 
 
 
018格差 (惠無) (なんでもない一日)
愛情に格差があると知る春の桜花さえ寒々と見え
 
 
 
018:格差(A.I) (Private Window)
迷ひ鳥 行けど戻れどうすらひの格差社会の広がるばかり
 
 
 
018:格差(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
天地格差を説く指に輪が光りせんせいわたしけっこんします
 
 
 
018:格差(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
遠まきに飼われた猫と野良猫の格差社会を問う猫会議
 
 
 
018:格差(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
ボロネーゼ頼んだつもりで待っていて刺身が届いた、くらいの格差
 
 
 
018:格差(迦里迦) (香飄)
確執のわけはほかでもないただの世代間格差 それにてチャラ
 
 
 
018:格差(ゆうごん) (夕星のうた)
たれこめる格差の雲の下にあり豆つぶほどのさみどりは萌ゆ
 
 
 
018:格差(酒井景二朗) (F.S.D.)
隣席の驛辨に格差を感じ乍ら僕はカロリーメイトをかじる
 
 
 
018:格差(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
「格差とは天使世界のヒエラルキー」こめかみに青筋のガブリエル
 
 
 
018:格差(橘 みちよ9 (夜間飛行)
いくら目をそらしてみても格差とは歴然とあり では飲みましやう
 
 
 
018:格差(橘 みちよ9 (夜間飛行)
いくら目をそらしてみても格差とは歴然とあり では飲みませう
 
 
 
018:格差(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
格差はね ないとは言わないけれど目を閉じている今だけはスルーで ○眠いのでここもスルーで
 
 
 
018:格差 (カンタービレ be 短歌 )
あるはずの格差に異議を唱えても丸め込まれておとなしくなる
 
 
 
018:格差(湘南坊主) (カンタービレ be 短歌 )
あるはずの格差に異議を唱えても丸め込まれておとなしくなる
 
 
 
018:格差(ひわ) (十三夜)
格さんと助さんが持つスキルにもきっと格差はあるのだろうが
 
 
 
018:格差 (蝉の声)
イチローは別格差ある年収にも納得したりWBC後
 
 
 
018:格差 (七十路ばば独り言)
錦鯉競り落とされて涙顔背中の赤白格差の基準
 
 
 
018; 格差 (沼尻つた子) (つたいあるけ)
格差とは勝負にあらねどK-1のリングにそびゆる紀香の乳房
 
 
 
格差 (木下一(元くまさん)の短歌ブログ)
痛みにも格差があるな傷跡を飾りみたいにしてんじゃねえよ
 
 
 
018:格差(遥遥) (たんかのきりかた2)
核はない格差あっても隠さない核はあってもたくさんはない
 
 
 
018:格差(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
恋愛に仮に格差があるとして。チョコレートまみれ?それなら平気。
 
 
 
018:格差(岡本雅哉) (なまじっか…)
格差とか感じません、って。あなたまだゲームに参加していないでしょ?
 
 
 
018:格差(こはく) (プラシーボ)
格差からゆたかにこぼれゆく春の花は外からしずかにひらく
 
 
 
018:格差(nnote) (白い箱から)
「ここに居る」主張始める冷蔵庫格差論じるテレビを消せば
 
 
 
018:格差(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
暗黒の空に浮かびし空色の翼(はね)その境のごとき格差よ
 
 
 
018:格差(ゆき) (ひたぶる君を)
格差婚明暗分けるポイントはきっと二人の品格の格
 
 
 
018:格差(新野みどり) (明日は明日の風が吹く)
途上国の教育格差を埋めたくてひそやかにするささやかな寄付
 
 
 
018:格差(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
一流の学歴あれどこの時代格差をつける理由すらなし
 
 
 
018:格差 (若崎しおり) (ふたつのおでこ)
  地方との格差のせいにして君は羽ばたかぬ夢みているのだろ  
 
 
 
018:格差(こゆり) (おかっぱ短歌)
発芽した格差が種のころふたり水分も陽も充分だった
 
 
 
018:格差(宮田ふゆこ) (ソーダ・ファウンテン)
格差社会なんですってね 春風が真鯉緋鯉をはためかす空
 
 
 
018:格差(フウ) (easygoing.)
格差という言葉を考えた者は人権の震源地だろう
 
 
 
018:格差(たかし) (象の鼻)
格差など無縁のはずのこの花に日当たりがいい悪いの格差
 
 
 
018:格差(やや) (言の葉たち)
「恋人」と「家内」に格差があるのならアボガドサラダ作ってあげない
 
 
 
018:格差(理阿弥) (車止めピロー)
係長補佐の枠には納まらぬ風格差し詰めオランウータン
 
 
 
018:格差(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
嘘吐きで強がる性格差し引いて今手を出さなきゃきみが逃げてく
 
 
 
018:格差(駒沢直) (題詠blog参加用。)
格差なら越えてみせるが僕たちの永遠(とわ)に縮まることなき歳の差
 
 
 
018:格差(新津康) (GARDEN DRAGON)
格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 もう潰されている。
 
 
 
018:格差(新津康) 再投稿 (GARDEN DRAGON)
格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 格差。 もう潰される。
 
 
 
018:格差(文) (f_blueな日々 題詠blog)
価格差を気にせぬていにひひならは賑々しくもゐならびてをり
 
 
 
018:格差(さと) (すばらしい日々)
笑顔の君と闇夜に接吻(くちづけ)  不意の声音に格差覚え寒し
 
 
 
018:格差(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
隠された値札を探す二人きり互いの格差は思いの丈のみ
 
 
 
018:格差(しおり) (ヒロの独り言)
辛うじて格差社会の中の下に身を置く吾の幸せさがし
 
 
 
018:格差(村上はじめ) (雑感)
世の中に溢れる格差のピラミッド「平等」なんて言葉だけ
 
 
 
018:格差(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
エレベータ最上階を押す人の挨拶にすら格差を思う
 
 
 
018:格差(かずみん) (ふわふわ卵のオムライス)
格差など気にしないよと言えるほど 私もべつにすごくないから
 
 
 
018:格差(鴨居) (鴨居短歌)
秀吉の確率よりもずっとある下剋上だよ格差社会は
 
 
 
018:格差(香-キョウ-) (Sky on Blue)
存分に人格差別と罵って 嫌いだった人を好きになりました。
 
 
 
018:格差(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
格差ありとは認めたくなけれども採点すれば明確になる...
 
 
 
018:格差(兎六) (一人暮らしの日記)
隣人が変わったらしい表札を見たら格差という人だった
 
 
 
018:格差 みぎわ (たづたづし)
つて? あーた! 百円ケーキのしゆぷれひこおる
 
 
 
018:格差 みぎわ (たづたづし)
つて? あーた! 百円ケーキのしゆぷれひこおる
 
 
 
018:格差 みぎわ (たづたづし)
つて? あーた! 百円ケーキのしゆぷれひこおる
 
 
 
018:格差 みぎわ (たづたづし)
cakeにも格差がありますつて? あーた! 百円ケーキのしゆぷれひこおる
 
 
 
018:格差(のびのび) (のび短歌)
昔から格差はあったよ知世ちゃんのクーピーペンシルは30色だったし 参照記事:018:格差
 
 
 
018:格差(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
プラタナス枯れゆくままに格差社会カクサシャカイと落ち葉踏みしめ
 
 
 
018:格差(ゆら) (コトのはじっこ。)
知っているきみの性格差しぐんだ涙は知らないふりの珈琲
 
 
 
018:格差(こけもも) (hotchkiss)
格差っていろんなとこに潜んでて気付かなければ keep going
 
 
 
018:格差(市川周) (ミルミルを飲みながら)
体格差ありすぎてなお犬と犬(きりがよいので七七はなし)
 
 
 
018:格差(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
落とし穴に落とされるたび落ちるたびシステムとして格差ひろがる
 
 
 
018:格差(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
とりあえず格差社会を持ち出して原稿用紙の升目を埋める
 
 
 
018:格差(sora) (追憶~娘へ)
享年九十一享年二十三 命に、流す涙に、格差はなくも
 
 
 
018:格差(21世界SUZUTO) (夏山千歳の手記)
この惨めな面に泥を塗りたくり 私の格差は今、完成する
 
 
 
018:格差(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
格差なら目に見えてます今回の人事異動の結果などから
 
 
 
018:格差(美久月 陽) (白月夢)
雪桜海水浴と照る山紅葉自然の格差はうつくしいのに
 
 
 
018:格差(Re:) (プリズム)
どうしてもひとりきりになりたくて通信格差が広がっていく
 
 
 
018:格差 (お気楽堂) (楽歌三昧)
自分には甘い性格差し引くと真面目だけではおつりが来ない
 
 
 
018:格差(紫月雲) (resume 1970-2009)
誰にでも生まれたころよりある格差ゆえにあなたでなければならず
 
 
 
018:格差(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
名古屋市は 三大都市の 末端と いえども格差 隠し切れない
 
 
 
018:格差(志井一) (日記ホプキンス)
私にも居場所ができた ありがとう「格差社会」と名付けてくれて             
 
 
 
018:格差(石の狼) (Wulfstan の confessio amantis)
   遺伝子が受け継ぐ格差ゆえにこそ「世代」の違いと呼ぼう これから
 
 
 
018:格差(我妻俊樹) (半ドア)
「永遠に続け、格差社会」と祈りながらくたばる便器に手首漬けて
 
 
 
018:格差(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
      なにもかも格差社会のせいでしょうあなたはあおい声でないてる     
 
 
 
018:格差(桶田 沙美) (31Words Runner)
「格差など当たり前だ」とライオンが吠えたときから派遣工です
 
 
 
018:格差(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
愛すべき多重人格差し掛けた傘にすんなりはいる日がある
 
 
 
018:格差 (一夜) (短歌るBlog)
格差から落差に変わる瞬間に 愛の温度はマイナスを指す
 
 
 
018:格差(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
「格差って笑顔に出るね」そう言って僕の卑屈な笑顔を笑う
 
 
 
018:格差(ぱぴこ) (テクテク)
学ランの似合った君が無精ひげ生やして格差社会を憂う
 
 
 
018:格差(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 肉食の恐竜だけが生き残るわけではなくて格差の化石
 
 
 
018:格差 (如月綾) (お気に召すまま)
格差ってなんなんだろう 人間として生きている 違わないのに
 
 
 
018:格差(佐藤羽美) (hinautamemo)
あなたとのときめき格差を是正するために春めけめいてくれ森
 
 
 
018:格差(本田鈴雨) (鈴雨日記)
二枚目のうたは余白に浮き上がる 原稿用紙に格差ありたり        
 
 
 
018:格差(ちりピ) (ちりちりピピピ)
格差って蛍光ペンを引いた上鉛筆で黒く塗りつぶしてく...
 
 
 
018:格差(短歌サミット.イマイ) (短歌サミットブログ)
さようなら格差の二人埋められず手をつなげずに別れた二人 
 
 
 
018:格差(つばめ) (ツバメタンカ)
カンダタの登りし糸を我も取る格差社会の天とは何か
 
 
 
018:格差(長月ミカ) (創作ブログ とかげのしっぽ)
万札をレジにて出す君 格差とはどちらのことを言うのだろうか
 
 
 
018:格差(田中ましろ) (ましたん)
価値観が違えど幸せ格差婚 ドSとドM 差があるほどに
 
 
 
018:格差(けぇぴん) (けぇぴんの公式ブログ「聲」)
世の中の格差をなくすと主張する政治家がまた格差を作る
 
 
 
018:格差(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
絶望的恋愛格差社会から抜け出したいと叫んだ君は
 
 
 
018:格差(tafots) (1年で1000首をつくる)
志望校絶対合格差をつけろ駅前の商店街の褪せ行くエール
 
 
 
018:格差(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
格差あり でも気になんてしてないわ 十七上の貴方に出会い
 
 
 
018:格差(珠弾) (seven seas tac)
相対す彼我の格差はペガサスとサラブレッドほどの開きある
 
 
 
018:格差(やすまる) (やすまる)
ないものをあるようにいわぬ真昼間の格差は是正されるや否や
 
 
 
018:格差(椎名時慈) (タンカデカンタ)
格差なら嫌というほど知っている上にも行ったし下にも落ちた
 
 
 
018:格差(フワコ) (きくとわたし)
時間差で生まれてきたよね二人にも格差があるとすればの話
 
 
 
018:格差(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
格差から逃れられない僕たちの最善ばかり探すドライブ
 
 
 
018:格差(草野つゆ) (虹をこえて)
負けないよ 青いドアラも言っている わたしも生きる格差社会と
 
 
 
[うたう]018:格差(しろうずいずみ) (花と石ころ)
カジュアルに消費されればなにもかも格差の海に飲み込まれてく
 
 
 
018:格差 (gymnopedie)
流されて格差格差と詰る前に 義務を果たせよ、生き抜くために
 
 
 
018:格差(羽根弥生) (ことらのことのは)
親指の腹でつぶしたものの名を格差と呼ぶ その乾いた悪意
 
 
 
018:格差(斗南まこと) (野ウサギのように)
格差とは感じる側が作るもの 君の笑顔がただ妬ましい
 
 
 
018:格差(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
生まれたときからのどに小骨が刺さってる 格差と言えば言いすぎだろう
 
 
 
018:格差(緒川景子) (ひらいた「れんげ」のはなは、ハスのはな。)
その土地を知らない故生じる格差 雪の日にかく手紙はながい
 
 
 
018:格差(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
 格差とは水の中なる氷柱かもある日するどきものとして来る
 
 
 
018:格差(すいこ) (すいこのうたおきば)
金持ちの小銭と私の缶コーヒーに格差ってある?ホームレスさん
 
 
 
018:格差(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
手土産も持たずに巡る古都の旅 格差を騙る隣人も無く
 
 
 
018:格差(桑原憂太郎)  (憂太郎の短歌Blog)
公然と格差論じぬ第1回校内進学推薦会議
 
 
 
018:格差(おっ) (だいえいの短歌専門店)
冷麺と温麺のこの価格差が気になるけれど冷麺ください
 
 
 
018:格差(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
格差など感じないようこれからは1円単位でワリカンしよう
 
 
 
018:格差(木下一) (リンダリンダタンカ)
参照記事:018:格差 メイドインヘブンと書いてある君のパンティを見て格差を知った
 
 
 
018:格差(末松さくや) (旅人の空(待ち人の雪別館))
社会さんにも格差さんにもまだぼくは仲間にいれてもらえないまま
 
 
 
018:格差(kei) (シプレノート)
格差婚だって言われているけれど心に格差持たない二人
 
 
 
018:格差(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
偏差値で未来の格差が決まっても俺たちずっと友達だから
 
 
 
018:格差(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
希望的観測だけをかき集め格差社会に背を向けていく
 
 
 
018:格差(hjr) (_blank)
チガウヒトダカラといった個体差を愛するからこその性格差
 
 
 
018:格差(風月堂) (言霊士の座卓)
見上げる 見下ろす どちらも遠く、広がる格差 自分の立ち位置は何処に
 
 
 
018:格差(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
すっぽんと六ペンスとの格差かな。 「月と」につづく語を記述せよ。
 
 
 
018:格差 (みなと) (海馬)
目に見える格差見えない格差あり嗚呼から焚きの鍋がまっくろ
 
 
 
018:格差(みかみかりん) (童話短歌)
空見える洋食屋出れば地下と知る淡い格差を知る心もちで
 
 
 
18:格差  (きりひと) (風まかせ)
貧しさが昔の話と思ったら 格差が拡がる社会でしたか
 
 
 
018:格差(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
命には格差は無くて死ぬときは誰も何にも持って逝けない
 
 
 
018:格差(片秀) (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
にっこりと「差別を無くそう」ポスターのモデルが体現美の格差社会
 
 
 
018:格差(小林ちい) (ゆれる残像)
だるまさん惚れたら負けよ、この恋をどうとらえるかで生じる格差
 
 
 
018:格差(やや) (カラメルバニラ)
ジュリエット 格差社会に嘆いてる 暇があるなら おやすみ ロミオ
 
 
 
018:格差(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
格差とふ言葉使へばたちまちに片付いてゆく引き出しのなか
 
 
 
018:格差(今泉洋子) (sironeko)
格差とは上下をみてもきりがなくこれでいいのだと思ふ事にする
 
 
 
018:格差(春畑 茜) (茶話なごやん)
たとふれば格差の柵か 回文をうかべてひとり湯舟に遊ぶ
 
 
 
018:格差(みち。) (滑空アルペジオ。)
じゃあこれが格差なのかなつかみどりしたキャンディの数をくらべて
 
 
 
018:格差(丸山程) (スクリブルタンカ)
一本の補助線によりつぎつぎに新しい名の格差は生まれる  
 
 
 
018:格差(泉) (tannka たんか 短歌)
すこしづつ君と僕とにひらきゆく温度の格差そを月日とふ
 
 
 
019:ノート(泉) (tannka たんか 短歌)
真白さのノート1冊未来とふ測れぬ時間浮かべてゐたり
 
 
 
018:格差(矢島かずのり) (蟲短歌)
数年で同窓会に明らかな所得格差が見受けられます
 
 
 
018:格差(扱丈博) (取扱)
じわじわと都となってゆくきみとぼくとの格差を想うたそがれ
 
 
 
018:格差(冬鳥) (ことのはうた)
その黒の格差を聞こう 戦争の世紀の伝言があるんだろう
 
 
 
018:格差(文月育葉) (冷たい夜の向こう側)
コンビニの弁当程度に愛されたい格差が背筋凍らせる夜
 
 
 
018:格差(vanishe) (場所)
いのちのみ格差なかりきや癒えるとは病原菌の大量虐殺
 
 
 
018:格差(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
おみやげに格差みえつつ免税のレジにつぎつぎ人はたちをり
 
 
 
018:格差(内田かおり) (深い海から)
子犬にも格差あるらしペットショップの表示に赤き割引の文字
 
 
 
018:格差(Makoto.M) (放物線にあこがれて)
欄干の下腹までを照らしつつひどい格差のように夕焼け...
 
 
 
018:格差 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
ふしあわせ好きの彼女のしあわせは女性セブンの格差特集
 
 
 
018:格差(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
素足を雨ざらす無防備な外骨格差し交う第一関節にキス
 
 
 
018:格差 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
A駅とB駅べつだん格差なく夕日のみえる高さが違ふ
 
 
 
018:格差(よっしぃ) (J2ロードを共に歩こう。 ~goo annex~)
格差など気にするよりも前を向け 気付けば格差の上にいるはず
 
 
 
018:格差(日向奈央) (てのひらのきみ)
背伸びしてくちづけすれば「格差」って笑った口は簡単に降る
 
 
 
018:格差(藤矢朝子) (トイレのうず/たんかん)
スーパーにLの卵が売ってない地域格差を実感している
 
 
 
018:格差(鯨井五香) (くじら(独唱))
春雨にけぶる緑のキャンパスを格差けちらし野良猫がゆく
 
 
 
018:格差(山の上のパン) (なしなし やしやし)
うまいこと髪が結えてないけれどこれは格差のせいじゃないよね
 
 
 
018:格差(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
絶対に俺の方が好きだよって「好き」の格差を言い合うゲーム
 
 
 
018:格差(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
気にしすぎだと言う君の心には格差の意識はないのだろうか
 
 
 
018:格差(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
落とす実の粒の大きさ 銀杏にも格差社会のあるを知りたり
 
 
 
018:格差(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
格差とは闘わないときめたのでニセアカシアの蜂蜜とろり
 
 
 
018:格差(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
後ろから一目で分かる友人と、体格差すさまじき恋人
 
 
 
018:格差(Ni-Cd) (反実仮想)
格差んと誤植してたと朝イチで新聞かざす葛飾の人
 
 
 
018:格差(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
身につけた物で格差が見えるなら何も要らない裸で生きる
 
 
 
018:格差(絢森) ((右耳だけが知っている))
森になり石になってもこの闇は褪せず格差は広がるばかり
 
 
 
018:格差(ぱん) (向日葵 と 月)
一票の格差あなたのひとことですべてのことをのみこんできた
 
 
 
018:格差(夢雪) (浪漫)
「格差社会」流行り言葉に踊らされ忘れてしまった「共生」「協調」
 
 
 
018:格差 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
病室に格差はありぬ個室との差額払へず大部屋に居る
 
 
 
018:格差(茶葉四葉) (ゆざまし)
おそらくは比較されてる格差なぞ挽回できる時間なら 無い
 
 
 
018:格差(やすたけまり) (すぎな野原をあるいてゆけば)
静脈をすきとおらせるカスマグサ格差をすこしなめらかにして
 
 
 
18:格差(HY) (天然通信)
格差是正すべきは役人&官僚の特権意識の方からじゃない?
 
 
 
018:格差(星川郁乃) (Air Station)
天使にも階級のあることなどを思いつつ読む「格差論争」
 
 
 
018:格差 (Air Station)
天使にも階級のあることなどを思いつつ読む「格差論争」
 
 
 
018:格差(鳴井有葉) (そのためのブログ)
泣ける人泣けない人の格差ありタバコが吸えたらいいのだけれど
 
 
 
018:格差(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
孫に告ぐ格差社会を生きるのにためらうことをしてはならない