この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
020:貧(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
貧しき過去はゆとりありしに富めるいまなぜあくせくと脅えて暮らす
 
 
 
020:貧(蓮野 唯) (万象の奇夜)
富める日も貧しい時も知っている角の破れた家計簿ノート
 
 
 
020:貧(船坂圭之介) (kei's anex room)
020:貧 ほろびゆくものを思はず老年の一夜みだるる 貧なるやわれ
 
 
 
020:貧(みずき) (空)
貧しさに日々白くなる小さき掌(て)よ 泣かぬ素顔に佐渡の海鳴る
 
 
 
020:貧(アンタレス) (思い出ずるままに)
未曽有なる不況貧富の差を問えど敗戦直後皆貧に耐ゆ
 
 
 
020:貧(根無し草) (根無し草)
桃鉄で 貧乏神を つけられて 勝手に物件 売られたのねん
 
 
 
020:貧(小早川忠義) (Just as I am Returns)
貧すれど窮する者は僅かにて満員電車に人の声なし
 
 
 
020:貧(ひじり純子) (純情短歌)
貧すれば鈍するという言葉あり問題なのは心の貧しさ
 
 
 
020:貧(うたまろ) (五と七と五と七と七)
情報を飲み込む脳は 消化不良 貧しい反応 笑いか怒り
 
 
 
020:貧(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
昨日まで月を見上げることもない心貧しい人だったんだ
 
 
 
020:貧(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
我が村の<貧>を象徴せる如く村のワンコは冬着まとはず
 
 
 
020:貧(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
我が村の<貧>を象徴せる如く村のワンコは冬着まとはず 
 
 
 
020:貧(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
貧相な言葉しかもう浮かばんね アンタが居ない事が悲しい
 
 
 
020:貧(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
貧しくも君が隣にいればいい愛さえあれば・・・大丈夫かな?
 
 
 
020:貧(柴田匡志) (スタートライン)
貧しさが貧しさを生む後進国一ドル以下の生活費なり
 
 
 
020:貧(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
きみの前 貧血装う か弱くて守りたくなるキャラになろうと
 
 
 
020:貧(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
少しずつ夢を叶えて行けるから貧しさだって二人の取り柄
 
 
 
020:貧(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
『貧乏は正しい!』という本めくる 十年前もカネはなかった...
 
 
 
020:貧 (穴井苑子) (猫のように純情)
貧乏のせいにしたくはないけれど花輪くんは洗練されている
 
 
 
020:貧(ウクレレ) (十線譜)
貧乏クジばかり引いてたコート脱ぐ春一番を追い風にして
 
 
 
020:貧(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
寝ていたよ貧民窟で毎日ね眼鏡壊れてぼやけた世界
 
 
 
020:貧〈佐藤紀子) (encantada)
貧乏な昔の村は700年たちて瀟洒なリゾートとなる
 
 
 
020:貧(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
思い出の中では貧しかった日のほうが幸せ度数は高く
 
 
 
020:貧(かりやす) (彼方探訪)
叫びてはすぐ下を向き貧血を起こせしごときキングペンギン
 
 
 
020:貧(わだたかし) (ファミレス短歌)
貧しさがバレないようにゴージャスな立ち振る舞いで踊りましょうよ
 
 
 
020:貧(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
朝の風にそよぐのだろう貧弱な胸を包んだ白きレースも
 
 
 
020:貧(木村比呂) (*さよなら小鳩)
鬼はーのつづきを消した貧血はさよならのさを鳴らしつづける
 
 
 
020:貧(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
このおどろおどろしい夜の終わるまで直に貧者の一灯を生せ 
 
 
 
020:貧(梅田啓子) (今日のうた)
「みんな貧乏がわるいんや」岡林の歌ひし人たち住む家はありき
 
 
 
020:貧(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
貧弱な歌しか詠めぬ僕ですが太陽ほどの心あります
 
 
 
020:貧(陸王) (Always Walking with Yu)
世の中に似て非なるものあまたあり 「貧」と「貪」とか 「姉」と「柿」とか
 
 
 
020:貧(はこべ) (梅の咲くころから)
五条なる貧しき家に咲きし花 白扇にのせ光の君に  
 
 
 
020:貧(月下燕) (a swallow under the moonlight)
諾々とカードを渡す貧民はいつかだれかの革命を待つ
 
 
 
020:貧(みつき) (みそひと :: misohito ::)
「貧」と聞く 貧困よりも貧乳が浮かぶ我が身の切なさを知る
 
 
 
020:貧 行方祐美 (フーガのように)
貧歯類に生まれたかった 突然にわれの背にぶつける声は
 
 
 
020:貧(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
おれの手があまり大きくないことの意味をあなたの貧乳で知る
 
 
 
020:貧 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
半世紀前貧民屈(スラム)のマリアと語られた女の歳に追いついた我/北原怜子に寄せて
 
 
 
020:貧 (井手蜂子) 再投稿 (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
半世紀前貧民窟(スラム)のマリアと語られた女の歳に追いついた我/北原怜子に寄せて
 
 
 
020:貧(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
貧血で倒れた児童十五名超えてようやく朝礼終わる
 
 
 
020:貧(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
そこここにある貧困を友とせず敵ともせずすごくくやしい
 
 
 
020:貧 (minto)  (@100@)
貧富ある設定ゆゑに燃え上がるドラマの中の抱擁シーン
 
 
 
020:貧(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
貧しさも中途半端であなたへの靴は明日から探しにゆきます
 
 
 
020:貧 (佐東ゆゆ) (Putting Holes in Happiness)
貧弱な君の言語で生きている(寂しがるまで鳴いてごらんよ) にほんブログ村
 
 
 
020:貧(さかいたつろう) (流星文庫)
本当は貧乏なんですこの会社 課長のカツラもたわし製だし
 
 
 
020:貧 (新井蜜) (暗黒星雲)
年齢の数だけの豆ついばんで貧しいことを忘れるカラス
 
 
 
020:貧 (水口涼子) (FANTASIA )
トランプの<大貧民>のルール変え楽しむ子らの未来よ光れ
 
 
 
020:貧(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
貧しさを実感してる買い物時ボーナス払いができないカード
 
 
 
020:貧(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
家を出て貧しい暮らしを子は選ぶ雛人形は押入れの中
 
 
 
020:貧(ジテンふみお) (雲のない日は)
ランキング一位税務署二位は歯科貧乏ゆすり激発の場所
 
 
 
020:貧(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
売るべきは貧しい生活ではなくてその中で得た知恵と根性
 
 
 
020:貧(ME1) (FILL mobile)
  やりきれず募らすセピア喘えぎ出す 発想は枯れ貧し忌忌しく
 
 
 
020:貧(ふみまろ) (光る風の記憶)
百年に一度の不況今こそは清貧という言い訳をせよ
 
 
 
020:貧(わたつみいさな) (乱切りくじら)
夜空にはつめあとがあり貧血の理由がじわりながれだしてる
 
 
 
020:貧(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
憧れたことありました貧血でふらり倒れる薄倖の美女
 
 
 
020:貧(只野ハル) (Ordinary days)
金がない 愛がない 運がない 力なく小さな字で 貧 と書く
 
 
 
020:貧(鹿男) (もえないゴミ箱)
浴衣から見える そいつを期待して 富豪にハート渡す貧民
 
 
 
020:貧(はしぼそがらす) (紆余曲折)
マフラーを残り毛糸で編んでみた貧相に見えすぐにほどいた
 
 
 
020:貧(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
貧弱な手触りばかり遺されて雨礫落つ告別式の
 
 
 
020:貧(都季) (31pieces)
本当の貧しさなんて知らないね金欠だとか騒ぐ僕らは
 
 
 
020:貧(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
カネがカネ生むを求めて狂ひけり心貧しく富める者らの
 
 
 
020:貧(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
飢餓感を満たせぬココロもてあまし「貧」という文字書いては消して
 
 
 
020:貧(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
情けなく心貧しい夜の部屋 鏡は正しくわたしを映す
 
 
 
020:貧(藻上旅人) (創作のおと)
貧しさを受け入れる為の豊かさを最初に捨て去っていた 
 
 
 
020:貧(藻上旅人) (創作のおと)
貧しさを受け入れる為の豊かさを最初にそれを捨て去っていた 
 
 
 
020:貧(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
微苦笑で思い出すこと貧しさを美化してひそかに憧れていた
 
 
 
020:貧(森山あかり) (言葉の花かご)
貧農に育った我は幼き日父母に守られ貧しさ知らず
 
 
 
020:貧(暮夜 宴) (青い蝶)
あくまでも貪欲であるその指で奪うのならばどうぞ根こそぎ
 
 
 
020:貧(暮夜 宴)再投稿 (青い蝶)
ささくれのめだつ貧しいその指で奪うのならばどうぞ根こそぎ
 
 
 
020:貧(原田 町) (カトレア日記)
貧しくても家族みんなで卓袱台をかこむ光景ドラマしかない
 
 
 
020:貧(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   文字だけで心が貧しい云々と判断するよな価値観要らぬ
 
 
 
020:貧(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
ねがひごと叶ふる度に貧血の顔色悪くなりゆく少女
 
 
 
020:貧(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
磯臭き貧鉤(まちぢ)よ俺の喉を突け塩乾る和邇は更にさもしき
 
 
 
020:貧(音波) (短歌のなぎさ)
貧しさは知ってるつもり でも今日のプッチンプリンは山盛りにして
 
 
 
020:貧(Yosh) (☆生短歌☆)
貧しても「呑(どん)」せざるなり 下戸の我 それでも残らぬお金はいづこ
 
 
 
020:貧(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
桜から葉一まいを貰い受く貧しき影の依る護符として
 
 
 
020:貧(花夢) (花夢)
プラチナの婚約指輪を今晩の貧しい食事に混ぜて煮込んだ
 
 
 
020:貧(藤野唯) (Sugarmint)
もう保健室はないのに貧血と言ってもどこにも逃げられないのに
 
 
 
020:貧(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
こ~しようあ~しようって意気込めどジリ貧になる意志の弱さよ
 
 
 
020:貧(祢莉) (suger drop)
清貧とひとりごちつつ朝食の残りの味噌汁温めている
 
 
 
020:貧(都) (miya-momoの日記)
貧弱ないかだなれどもともかくもここまでは来た 空を仰いだ
 
 
 
020:貧(畠山拓郎) (あいうえおあお)
手馴れたる恋愛経験の貧しさを嘆くこのごろ彼女は欲しい
 
 
 
020:貧(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
これ以上欲することが無いならば愛することに貧しくもあれ
 
 
 
020:貧(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
貧しきは藁食み(わらはみ)藁(わら)にてしのぐ冬 たった60余年(ろくじゅうよねん)前の日本で
 
 
 
020:貧(詠時) (短歌の花道)
貧しけど生存出来たこの地球今や富裕が宇宙服なり
 
 
 
020:貧(チッピッピ) (うたよみブログ)
レジ袋5円でさえも出さないでとる人こころ貧しからずや
 
 
 
020:貧(伊藤真也) (クラッシュボク)
昼過ぎにヒッと目覚めるカーテンの漏れ日眩しい日々は貧しい
 
 
 
020:貧(キャサリン) (コーラス♪(*^▽^*)カレンダー♪)
保育園中退で母を困らせた幸で貧しさに気付かなかった
 
 
 
020:貧(春待) (三感四音)
給食費払えぬぼくんち「貧乏」と言い切る両親車はベンツ
 
 
 
020:貧 (ゆびおり短歌)
睡眠はいつもたっぷりのわたしたち貧弱ではない肢体のばして
 
 
 
020:貧 再投稿(イマイ) (ゆびおり短歌)
睡眠はいつもたっぷりのわたしたち貧弱ではない肢体のばして
 
 
 
020:貧(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
貧しさが小金で武装した夜の余人の妻は愛しかりけり
 
 
 
[短歌][2009] 020:貧(ezmi) (語りえぬことを。)
貧しさはいい勝負かも甘くみて見下しあって飢えてばかりで
 
 
 
2009題詠blog020:貧(はづき生) (生さんま定食)
貧乏はもうこりごりと転職を考えている わたし貧乏神
 
 
 
020:貧(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
応募する電話をしなきゃという意志の貧弱にしてまたもやループ
 
 
 
020:貧 (ゆり) (森の歌)
貧乏と貧乏臭いのとはちがうどっちがマシか考えてみて
 
 
 
020:貧(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
草食の君に差しだされ熟れたトマトに歯をたてる貧血の朝に
 
 
 
020:貧(太田ハマル) (とっても短い今日の歌)
貧弱な胸がわずかにキャミソールを押し出す程度の我のアピール 
 
 
 
020:貧(青野ことり) (こ と り ご と)
貧しさを言い訳にせずまっすぐに生きていけるよ 小石を蹴って
 
 
 
020:貧(天国ななお) (お月様は許さない)
何もない素寒貧でも赤字ではないと言い張る田中に服を
 
 
 
020:貧(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
貧しさが勲章だつた穴の空いたズックでどこまでも歩いてゆけた
 
 
 
020:貧(ことり) (歌)
清貧を演じるように美しい深層水を食後に飲み干す
 
 
 
020:貧(O.F.) (O.F.)
貧弱になる朧月暴れだす花と昆虫ちょうど真夜中
 
 
 
020:貧(ゆふ) (ゆっくりん)
我がこころ貧すればまたわが詠める歌も薄らに無力なりけり
 
 
 
020:貧(吉里) (梢は歌う)
貧しさは僅かなことで感謝する豊かの為の極上スパイス   
 
 
 
020:貧(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
穴のあいた靴下を縫うよ貧乏で裁縫も下手なあなたのために
 
 
 
020:貧(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
遠すぎて知らないふりをした貧乏神もみはなしたアフリカの村
 
 
 
020:貧 (村木美月) (うたりずむ)
貪欲に愛することは学べずに奪うことより与えたいです
 
 
 
020:貧(間遠 浪) (少女らせん)
憧れて貧しくなったその胸のゆっくりと膨らむ後半生
 
 
 
020:貧(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
大貧民しましょう 誰が負けたって笑っていられるかなしいゲーム
 
 
 
020:貧(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
毎日がごちそうだった 貧しさを笑顔に変える母の魔法で
 
 
 
020:貧(空色ぴりか) (美利河的題詠百首2009)
ずっとずっと一緒にいるよ富めるときも貧しきときもと誓わなくとも
 
 
 
020:貧(みずたまり) (劣等性な優等生の本音)
 無理にでも笑おうかしら貧しい語彙で君を傷つけないように
 
 
 
020:貧(こうめ) (はこにわ相聞歌)
失ひし時代をうたう 藤村が幻術者と呼ぶ貧を思ひて
 
 
 
020:貧(ほたる) (ほたるノオト)
蒼白く透き通る胸貧弱な少女のそれはリボンで隠す
 
 
 
020:貧(村本希理子) (きりころじっく2)
本来の姿はこれか 二年目は貧(とぼ)しらに咲く青ヒヤシンス
 
 
 
020貧 (惠無) (なんでもない一日)
貧すれば鈍すと小さくつぶやいた母の背中に張り付いた影
 
 
 
020:貧(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
鍋ひとつ貧しき食事済ませればすることもない夜の入口
 
 
 
020:貧(健太郎) (モノクローム文芸館)
大らかに 貧しい愛なら尚更に さみしさ埋めた鹿島灘沖
 
 
 
020:貧(ノサカ レイ) (のーずのーず)
白蛇を見てしまったので貧乏に一生なれないみたい、ごめんねw
 
 
 
020:貧(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
脳髄が透けゆくやうにここちよい貧血症の女流画家の絵
 
 
 
020:貧(迦里迦) (香飄)
漢字さあ、正しく書いて。「貧すれば鈍す」 あらあら「貪す」だことよ
 
 
 
020:貧(橘 みちよ) (夜間飛行)
単語のみの会話とびかひ日本語の貧しくなれるをまざまざと見ぬ
 
 
 
020:貧(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
ヴァンパイア今日も貧血 春の陽にどちら向いてもさくらさくら
 
 
 
020:貧(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
ひかりとは貪欲なもの この胸にたたえた水に乱反射して
 
 
 
020:貧(松原なぎ)(再提出) (日向水(題詠blog2009))
「貧しさに負けた」と言えず向き合えばただのよくある失恋となる
 
 
 
020:貧(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
貧しくても良いじゃないかと説く人に、それじゃおまえもなってみろよと
 
 
 
020:貧(A.I) (Private Window)
貧すれど日々は美し 食パンの耳に砂糖をまぶして齧る(※美し=うるはし)
 
 
 
021:くちばし(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
かぎづめでひっかいていい くちばしでついばんでいい 痕におぼれたい
 
 
 
020:貧(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
どこまでもエスカレートをしていくの貪欲にそれは貧すればこそ ○ひとつ食べればもう二個三個
 
 
 
020:貧(酒井景二朗) (F.S.D.)
この指の億でもきかぬ惡業が貧乏籤をまた引き當てる
 
 
 
020:貧(あみー) (正直なたましい)
「この味がいいね」のあとに「おれ貧乏舌だから」とか言わなくていい
 
 
 
020:貧 (七十路ばば独り言)
ホームレス暮らし貧しかれど野良犬の面倒見ている豊けき心
 
 
 
020;貧 (沼尻つた子) (つたいあるけ)
うす赤き貧にじませて一家族一個限りの卵に並ぶ
 
 
 
021:くちばし (沼尻つた子) (つたいあるけ)
内診用金属器具のくちばしが冷たくて春を嫌いになった
 
 
 
020:貧(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
大貧民もUNOもマジックも知らないあなたと結婚したい
 
 
 
 (木下一(元くまさん)の短歌ブログ)
沖縄の修学旅行はずっと雨大貧民がプロ級になる
 
 
 
020:貧(振戸りく) (夢のまた夢)
本当の貧しさなんか知らなくて明日のお米の心配もない
 
 
 
020:貧(遥遥) (たんかのきりかた2)
「貪欲」にやったつもりが「貧欲」でじっと手をみるふりだけをする
 
 
 
020:貧(nnote) (白い箱から)
クリスマスローズ種吐く基督と貧しい少女の話芽を出す
 
 
 
020:貧(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
蒼白き手で薔薇つかむ貧血のマリア月満つ日を待ちきれず
 
 
 
020:貧(新野みどり) (明日は明日の風が吹く)
合宿の夜はみんなで大貧民トランプを切り素早く配る
 
 
 
020:貧(ゆき) (ひたぶる君を)
収入の多寡のみでない「貧」のあり かなしからずや花なき部屋は
 
 
 
020:貧(こゆり) (おかっぱ短歌)
「貧乏なマリリンモンローみたいだな」キスしたいならハッキリ言いなよ
 
 
 
020:貧(フウ) (easygoing.)
貧しくて粗食だけれどもたのしいね食卓がオアシスになる我が家よ
 
 
 
020:貧(英田柚有子) (阿呆船)
貧しさをさがすみたいに気がつくと手首の骨をさすってばかり
 
 
 
020:貧(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
貧しさも回り物です ぎざぎざの十円玉を使う日が来た
 
 
 
020:貧(理阿弥) (車止めピロー)
夏休み自由研究九時間の貧乏揺すりで携帯充電
 
 
 
020:貧(蝉マル) (蝉の声)
詞書「草?剛くん酩酊事件に」 一斉に出演CM中止というその対応は貧しくないか
 
 
 
020:貧(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
ボキャブラリー貧しく詠めぬ百短歌思いはあれど日々に流され
 
 
 
020:貧 (若崎しおり) (ふたつのおでこ)
  ひかりあれ 貧してもなお交歓はふくよかであり四畳の夜明け  
 
 
 
020貧(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
寒貧を貫くほどの意地も無く 見る目掴む手 陋巷に在り
 
 
 
020:貧(文) (f_blueな日々 題詠blog)
たれもたれも貧しかりしよビニールのズックに素足石けりゴムとび
 
 
 
020:貧(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
貧しきは美しきかな言う母は金歯で卑しくマカロンを食む
 
 
 
20:貧(さと) (すばらしい日々)
貧の盗みに恋の歌 訳知り顔で自分を嗤う  五月晴れ  
 
 
 
020:貧(たかし) (象の鼻)
信号が赤に変わると判ってて身体動かずこころ貧なり
 
 
 
020:貧(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
ばあちゃんが言っていました「貧しくても靴はきれいに磨いておけ」と
 
 
 
020:貧(村上はじめ) (雑感)
貧相な笑顔をいつも注意され精一杯の作り笑い
 
 
 
020:貧(新津康) (GARDEN DRAGON)
怒りさえ君にうまく伝えられず、改めて知る語彙の貧しさ。
 
 
 
020:貧(かずみん) (ふわふわ卵のオムライス)
貧しいと言うわりに行く美容院 かわいいよってなでられたいから
 
 
 
020:貧(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
金出せば買える命なら貧しさのせいにはしない手段選ばない
 
 
 
020:貧(香-キョウ-) (Sky on Blue)
貧血と間違う程の衝撃はあともう少し そこまで来てる
 
 
 
020:貧(鴨居) (鴨居短歌)
「貧しいが愛はたくさん持っている」「それとこれとは話が別です」
 
 
 
020:貧(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
貧しさに苦しんだことなき吾は失業者に向けかける声なし...
 
 
 
020:貧(駒沢直) (題詠blog参加用。)
貧しさの対極にあるコーヒーの香りに包まれ「それから」を読む
 
 
 
020:貧(こはく) (プラシーボ)
さびしさに貧しさが住むあしたからゆるくだましてあげたいと言う
 
 
 
020:貧(のびのび) (のび短歌)
こみあった社員食堂隣席の貧乏揺すりでに急かされている 参照記事:020:貧
 
 
 
020:貧 みぎわ (たづたづし)
貧困はさらなる貧を呼び寄せて世界はひとつのメビウスの輪か
 
 
 
020:貧(宮田ふゆこ) (ソーダ・ファウンテン)
貧しさの波打ち際を歩いてたスカートがいま湿り始める
 
 
 
020:貧(岡本雅哉) (なまじっか…)
貧しさがもう白くないiPodのイヤフォンコードにからみついてる
 
 
 
020:貧(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
春を待つ アパルトマンの貧乏な絵描きのように髭を伸ばして
 
 
 
020:貧(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
貧しさといえるものあり心にも色をなくした孤島となりて
 
 
 
020:貧(ゆら) (コトのはじっこ。)
好きだとか孤独だとかを喚いては貧しい短歌を詠んできました
 
 
 
020:貧(21世界SUZUTO) (夏山千歳の手記)
小さめの鼻の頭に貧相と鏡に向かって呟く、ワタシ
 
 
 
020:貧(市川周) (ミルミルを飲みながら)
トンネルを抜けるとそこは雪国で大貧民のルールが違う
 
 
 
020:貧(兎六) (一人暮らしの日記)
三食とおやつ欠かさず与えるとこころ貧しく育つんだって
 
 
 
020:貧(Re:) (プリズム)
貧乏も君の魅力のひとつです今日の夕飯何にしようか
 
 
 
020:貧(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
貧血で倒れてみたい『か弱い』と思われたいし守られたいし
 
 
 
020:貧 (お気楽堂) (楽歌三昧)
どうしたら貧乏くさくならないか悩む時点で貧乏くさい
 
 
 
020:貧(sora) (追憶~娘へ)
あぢさゐは時うつろひて満ち満てり貧の序列は戸口から鉢へ
 
 
 
020:貧(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
金鯱の 鱗拝借 した男 貧しき行為 ばれて捕まる
 
 
 
020:貧(しおり) (ヒロの独り言)
貧しくも豊かでもなくほどほどの人生だったと死んでゆきたい
 
 
 
020:貧(紫月雲) (resume 1970-2009)
あの頃は貧しかったと振り返るその頃出会っていてもよかった
 
 
 
020:貧(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
さわさわと隣の部屋に声がする午後にずれ込む貧血検査
 
 
 
020:貧(志井一) (日記ホプキンス)
自分より貧しい人がいることを思い出してはまた生きていく
 
 
 
020:貧(やや) (言の葉たち)
着メロのならぬ土日は貧血をおこしかけてる夜店の金魚
 
 
 
020:貧(美久月 陽) (白月夢)
くしゃくしゃのシーツの上に残された貧しいからだを両腕で抱く
 
 
 
020:貧(石の狼) (Wulfstan の confessio amantis)
 幸いは貧しき者にあると説く聖者を忘れ貪る夜よ
 
 
 
020:貧(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
貧歯目アルマジロ科の哺乳類丸焼きになるマルマルマジロ
 
 
 
020:貧 (斉藤そよ) (photover)
貧しさに酔いしれそうな夜を越えてしとしとうまく降るね 五月雨
 
 
 
020:貧(桶田 沙美) (31Words Runner)
職安は貧乏人の社交場です馴染みの顔が揃ってため息
 
 
 
020:貧 (一夜) (短歌るBlog)
シャンプーの泡にまみれて貧相な面持ちで吾を見詰めし愛犬
 
 
 
020:貧(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
どうしても貧血気味が隠せない爪はおしろい花が嫌いで
 
 
 
020:貧(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
弾はもう込められていた引き金を引いた理由は「耳が貧相」
 
 
 
020:貧(ぱぴこ) (テクテク)
貧乳を小胸と表現するあたりセブンティーンは私の味方
 
 
 
020:貧(草蜉蝣) (低空飛行)
貧相な影だと思う月あかりジャングルジムの頂点にたち
 
 
 
020:貧(ひわ) (十三夜)
本当の貧しささえも知らぬまま庇護されたまま目を閉じたまま
 
 
 
020:貧(本田鈴雨) (鈴雨日記)
清貧とうれしげに君云ひしかな職場を替へる谷間の日々に  
 
 
 
020:貧(短歌サミット2009.たくろー) (短歌サミットブログ)
貧しいし、きっと明日も変わらないそう思うのなら、早く眠ろう 
 
 
 
020:貧(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 貧しくて犬神家には一銭も遺産がなけりゃそれも悲しい
 
 
 
020:貧(佐藤羽美) (hinautamemo)
貧血のふわりと暗い塊にうずもれてゆく叔父の葬式
 
 
 
020:貧 (ツバメタンカ)
ふと我の心貧しきことを知る我が子ではない子ども死ぬとき
 
 
 
020:貧(tafots) (1年で1000首をつくる)
「ハルジオンを貧乏草と呼んだのよ。一気に恋が冷めてしまった」
 
 
 
020:貧(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
貧しさは油で揚げた食パンの耳の形の幸せで死ぬ
 
 
 
020:貧(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
君のこと 愛するほどに束縛をしたいと欲す貧しき心
 
 
 
020:貧(田中ましろ) (ましたん)
こころとか恋とか見えないものばかり膨らんでいくわたし貧乳
 
 
 
020:貧(やすまる) (やすまる)
濃密な空気に押され駆けだせば貧しいむねに雨は滲めよ
 
 
 
020:貧(けぇぴん) (けぇぴんの公式ブログ「聲」)
貧しくて温かき家に生れしこと 今は本当に感謝してゐる
 
 
 
020:貧(珠弾) (seven seas tac)
素寒貧になったらそこからRe:start 押し負けないぞ どすこいどすこい
 
 
 
020:貧(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
貧しさがあなたに何をもたらすか金が君から何を奪うか
 
 
 
020:貧(我妻俊樹) (半ドア)
貧乏人に武器を売るまたは貸すまたは只でやる海びらきのために
 
 
 
020:貧(草野つゆ) (虹をこえて)
貧乏だ 財布の中身いま五円 給料日まであと一週間
 
 
 
020:貧 (gymnopedie)
きらきらと輝く瞳を持つ君の心は貧しくなんかない、だから
 
 
 
019:ノート(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
新しいノートを使うやましさにわたしは光る 光らなくなる
 
 
 
020:貧(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
貧しさが大きな花をつけさせる意外なひとが犯人だった
 
 
 
020:貧(すいこ) (すいこのうたおきば)
貧しくない!品があるし貴賓だし…ごめんとなりのおっぱいみてて
 
 
 
020:貧(長月ミカ) (創作ブログ とかげのしっぽ)
貧しくて気付かず通り過ぎていた言葉にならない君の心を
 
 
 
020:貧(ちりピ) (ちりちりピピピ)
貧しさの染みついた手に一燐の光膨らみ 蛍飛び去る...
 
 
 
020:貧(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
君泣くに冷めて佇む吾が胸の心は貧し空ろの仮面
 
 
 
020:貧 (遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
貧乳には牛乳がいい すくすくと身長ばかり伸びるんだけど
 
 
 
020:貧 (如月綾) (お気に召すまま)
目が眩むのは目の前の光景の所為ではなくて貧血の所為
 
 
 
020:貧(おっ) (だいえいの短歌専門店)
夏好きの彼が何より好きなのは貧乳の子のTシャツ姿で
 
 
 
020:貧(木下一) (リンダリンダタンカ)
参照記事:020:貧 貧しくて全てを売った後でさえ君のパンティ手放さないよ
 
 
 
020:貧(末松さくや) (旅人の空(待ち人の雪別館))
優しくてきれいで貧しいヒロインが絶滅危惧種の指定を受けた
 
 
 
020:貧(斗南まこと) (野ウサギのように)
貧しさは想像力に現れる消しても増える迷惑メール
 
 
 
020:貧(桑原憂太郎)  (憂太郎の短歌Blog)
先生が君たちのころ貧弱なたとえ持ち出し説話始むる
 
 
 
020;貧(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
ノンオイルドレッシングの成分を確めている貧血の朝
 
 
 
020:貧(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
「貧しきが勝つ」を座右の銘にして野球ボールを磨いてた日々
 
 
 
020:貧(hjr) (_blank)
貧弱なこころとむねをグラマーにしたから帰りは待たないよ、もう
 
 
 
020:貧(風月堂) (言霊士の座卓)
貧しさを言い訳に、心の狭さを言ってはならない。 豊かさを嵩にかけ、偉ぶってはならない。 心はいつも、自由意志の中にある。 あなたの行...
 
 
 
020:貧(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
貧血でドライアイです。 僕は血も涙もないといわれています。
 
 
 
020:貧(kei) (シプレノート)
ふくよかな言葉を少しずつ集め追い払っている貧乏神
 
 
 
020:貧 (みなと) (海馬)
貧しさがゆめのなかまでしみてきてゆめのなかならよい味だった
 
 
 
[うたう]020:貧(しろうずいずみ) (花と石ころ)
貧しさの欠片をまいた浜辺には亀やくらげがよく来るらしい
 
 
 
020:貧(こけもも) (hotchkiss)
いつの間に夏もすぎてく貧乏は相変わらずか傘はもったか
 
 
 
020:貧(みかみかりん) (童話短歌)
貧相といわれてへこみシンプルといわれて喜ぶノート一冊
 
 
 
020:貧(フワコ) (きくとわたし)
 
 
 
 
020:貧(フワコ) (きくとわたし)
清貧が今の私の究極の目標であり「清」が厳しい
 
 
 
020:貧(片秀) (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
夏はいい。だけど着膨れする冬は貧乳の子が羨ましいよ。
 
 
 
020:貧(羽根弥生) (ことらのことのは)
貧しさを引きづる癖があるのだらう 父の革靴右ばかり減る
 
 
 
020:貧(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
汗だくで夕飯作るキッチンにヒグラシ聞こゆ 今日も貧血
 
 
 
020:貧(小林ちい) (ゆれる残像)
なぜこんな愛しいのだろ トランプをすれば貧民続きの君が
 
 
 
020:貧(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
なんとなく身体のだるい朝のこと貧血といふ言葉に縋る
 
 
 
020:貧(泉) (tannka たんか 短歌)
つぎつぎとものあたふるにためらへば「貧乏」の意味子は尋ね来る
 
 
 
020:貪(今泉洋子) (sironeko)
戦争の父の記憶に寄り添ひて貪るやうに読む「山西省」
 
 
 
020:貧(扱丈博) (取扱)
しみじみと貧しいものになってゆきゆがんだ顔で笊にとどまる
 
 
 
020:貧(文月育葉) (冷たい夜の向こう側)
清貧のマザーテレサが刻まれたメダイに祈る安息の日々
 
 
 
020:貧(vanishe) (場所)
かぎりなき貧しきものら雪はらをあしあとつけず歩きゆきしか
 
 
 
020:貧(冬鳥) (ことのはうた)
もういいかい もういいよ もう貧しさはあらいざらしたひかりの中だ
 
 
 
020:貧(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
「酒柱が立っています」のサゲついて貧乏長屋の花見の一席
 
 
 
020:貧(内田かおり) (深い海から)
 時々は我が貧しさを認めつつ膝を抱きて明日へ目を向く
 
 
 
020:貧(Makoto.M) (放物線にあこがれて)
アスファルトを流れて行きし水のあと貧しくわれの目は追いてゆく...
 
 
 
020:貧 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
悪いのは想像力の貧困であの子じゃないってやさしい詭弁
 
 
 
020:貧(やや) (カラメルバニラ)
貧乏といいつつ いつもコーヒーを奢ってくれる君が 大好き
 
 
 
020:貧(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
けだるげに笑う真昼のベランダで貧血だったきみのくちびる
 
 
 
020:貧 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
貪欲を貧欲と誤植せし誌面みつけ陥るマイナス思考
 
 
 
020:貧(よっしぃ) (J2ロードを共に歩こう。 ~goo annex~)
貧弱な骨も体も貧血も 縁はないけど円がない僕
 
 
 
020:貧(日向奈央) (てのひらのきみ)
貧民が差し出すカードに「次は頑張りたまえ」と富豪がわらう
 
 
 
020:貧(鯨井五香) (くじら(独唱))
煮えすぎた夜食のチキンラーメンに浮かぶわたしの貧弱な意志
 
 
 
020:貧(山の上のパン) (なしなし やしやし)
パン耳に和三盆振って食べてます貧乏はやっぱつらいもんです
 
 
 
020:貧(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
逢うまでは自分本位で貧弱で君だからこそ強くなれたんだ
 
 
 
020:貧(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
貧しさを笑い飛ばしたばっちゃんの大きさ未だ見習えぬまま
 
 
 
020:貧(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
貧しさに気付かぬことがコツだよとじゅずだましゃらり ひとしれず鳴る
 
 
 
020:貧(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
ほろほろと笑って泣いていつだって貧乏くじをひく女郎花
 
 
 
020:貧(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
貧乳はステータスだという君の飽食の時代のチョココロネ
 
 
 
020:貧(Ni-Cd) (反実仮想)
貧乳のくせに略奪愛(笑) 弾力も脂肪も入ってないその胸で?
 
 
 
020:貧(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
貧しくてそう語るのは強いから纏う衣はこころ一枚
 
 
 
020:貧(絢森) ((右耳だけが知っている))
貧しくて満たされないのいつまでも消えた魔法はよみがえらない
 
 
 
020:貧(みち。) (滑空アルペジオ。)
貧弱なわたしの波がくだけ散る 世界はきっとでこぼこだから
 
 
 
020:貧(夢雪) (浪漫)
冬の夜貧しく悲しいマッチ売り少女の夢見た最後の夢を
 
 
 
020:貧 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
まだ若く貧しい夫婦であつたよねピアノを欲しいと願ひし頃は
 
 
 
020:貧(ぱん) (向日葵 と 月)
まだ僕は小さな貧しさしか知らず世界のことを思いやれない
 
 
 
020:貧(茶葉四葉) (ゆざまし)
「貧しくもあなたとならば…」などという無茶な期待を押し付けるのか
 
 
 
020:貧(やすたけまり) (すぎな野原をあるいてゆけば)
逃げ水がまたあらわれてアスファルト揺れてもう貧血じゃないのに
 
 
 
020:貧(緒川景子) (ezomijikauta)
貧弱でからだのうすいひとばかりこの駅を利用することになる
 
 
 
020:貧(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
 お囃子も貧しき家には遠からむ桔梗手折れば秋暮れてゆく
 
 
 
20:貧(HY) (天然通信)
心さえ貧しくなければ大抵の事は乗り越えられるよドンマイ♪
 
 
 
020:貧(星川郁乃) (Air Station)
いとしいをきみにささげる こころよりかなり貧しい語彙のなかから
 
 
 
020:貧(鳴井有葉) (そのためのブログ)
玉手箱を開いたようにお財布を開いて貧乏人だと気付く
 
 
 
020:貧(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
貧困の国の幼き瞳たち瞬きをして地球儀を蹴る