この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
046:常識(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
常識の範囲を出でぬ応答に国会質疑のチャンネル変えぬ
 
 
 
046:常識(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
常識に振り回された一日の僕を壊してみる夜がある
 
 
 
046:常識(アンタレス) (思い出ずるままに)
常識を皆が守れば世のひずみ無くなる筈が常識通じず
 
 
 
046:常識(船坂圭之介) (kei's anex room)
ババロワは持つ存在理由 鬱々のわれには在らず生存理由
 
 
 
046:常識(船坂圭之介)再投稿 (kei's anex room)
ババロワは持つ存在理由 鬱々のわれには在らず生くる常識
 
 
 
046:常識(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
常識に反することで変だけど斉藤斎藤の斎藤は名前
 
 
 
046:常識(みずき) (空)
常識の二文字失せし恋ならば雪降るごとく消えよ二人で
 
 
 
046:常識(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
常識をひっくりかえす方法も常識のうちにおそらく入る...
 
 
 
046:常識(小早川忠義) (Just as I am Returns)
揶揄を受け左打席に立つたびに常識なのだと呟く男
 
 
 
046:常識(うたまろ) (五と七と五と七と七)
子供らに「常識」の波が押し寄せて 自由と夢が溺れ死んでく
 
 
 
046:常識(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
常識を覆された顔してる 押し倒されたのが悔しいの?
 
 
 
046:常識(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
日常に幅 利かせてる常識をあなたと超える非常識
 
 
 
046:常識(柴田匡志) (スタートライン)
海鮮とう常識見事に覆し株と椎茸で作られる握り寿司
 
 
 
046:常識(佐藤紀子) (encantada)
常識をしばし忘れて遊ぶべしおとぎ話のバーチャル・パレス(浦島太郎物語)
 
 
 
046:常識(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
常識をとことんまでも突き詰める奥村晃作さんになりたい
 
 
 
046:常識 (穴井苑子) (猫のように純情)
常識をたくさん持っていた人が毎日腹を立てていました
 
 
 
046:常識(みつき) (みそひと :: misohito ::)
君の持つ「常識」を日に一つずつ 壊しゆくのが我の楽しみ
 
 
 
046:常識(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
覆す看板となり誰も皆常識破り恐れぬ虞
 
 
 
046:常識(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
近頃はただ幸せになりたいのです恋人は常識家です 
 
 
 
046:常識(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
「そのくらい常識だよ」が口癖の上司が上司に叱られている
 
 
 
046:常識(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
一切の常識なんて通じない君だから好き君だけが好き
 
 
 
046:常識(梅田啓子) (今日のうた)
麻生氏はオバマ氏よりも高給とふ それつて常識?非常識?
 
 
 
046:常識(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
君の言う「常識ですよ」が響きおりビルの狭い谷間に木霊
 
 
 
046:常識(ひじり純子) (純情短歌)
あの人が私を愛していること私にとってそれは常識
 
 
 
046:常識(森山あかり) (言葉の花かご)
曖昧のままがいいよね常識と自由の境フレキシブルで
 
 
 
046:常識(只野ハル) (Ordinary days)
それで? どう? そんなものなの? ちがわない? それが常識? 君の? 私の?
 
 
 
046:常識(ジテンふみお) (雲のない日は)
常識は品切れなのかカレーにはスプーンですやろ冷めたとしても
 
 
 
046:常識(わだたかし) (ファミレス短歌)
「常識が通用しない人ね」って言われることが常識になり
 
 
 
046:常識(はこべ) (梅の咲くころから)
題詠の「常識」なれどきびしくて 見えぬだれかと対決なるや
 
 
 
046:常識(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
ピーマンに唇寄せて中にいる種の立場に言う非常識
 
 
 
046:常識(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
常識にとらわれない方募集中 履歴書持参でお越しください
 
 
 
046:常識 行方祐美 (フーガのように)
常識を覆すほど愛されしきのうの記憶ようつくしくあれ
 
 
 
046:常識(蓮野 唯) (万象の奇夜)
時代劇黒幕いるのが常識さ日本全国悪者だらけ
 
 
 
046:常識(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   酒場には酔いに任せて常識を覆さんとす若者居たり
 
 
 
046:常識 (minto)  (@100@)
生活に欠かせぬゆゑにパソコンを使へることは常識になり
 
 
 
046:常識(ウクレレ) (十線譜)
常識の檻にぼくらは入れられてあくびがでるほど幸福(しあわせ)だった
 
 
 
046:常識(陸王) (Always Walking with Yu)
常識をくつがへすうた詠めるのが短歌初心者かなラララライ
 
 
 
046:常識(チッピッピ) (うたよみブログ)
私の常識これで合っている?ニュースを見るたび自信喪失
 
 
 
046:常識(ことり) (歌)
常識ならありますってうそぶいてるのは白い歯をしたチューリップのような少女
 
 
 
046:常識(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
常識が毎日上司のあなたから創造されて行くんでしょうね
 
 
 
046:常識(畠山拓郎) (あいうえおあお)
常識で考えたならふしあわせしあわせなんてその人しだい
 
 
 
046:常識 (ゆり) (森の歌)
非常識? 休暇願いは三日だけ 十八日のヨーロッパ旅行
 
 
 
046:常識(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
常識で考えられないことだって起きると知った 君に恋した
 
 
 
046:常識 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
ヒーローになりますやれますお願いします「非日常職務」求人モトム
 
 
 
046:常識 (新井蜜) (暗黒星雲)
校庭の日照りの夏の蛇口から常識だけがこぼれ落ちくる
 
 
 
046:常識(さかいたつろう) (流星文庫)
常識がある方だとは思ってた ここにひまわりが咲くまでは
 
 
 
046:常識(ふみまろ) (光る風の記憶)
歌よみの常識としてサバンナの象の●●●に耳はついてる
 
 
 
046:常識(ふみまろ)再投稿 (光る風の記憶)
トラックバック不可能なため、ブログにてご確認ください。
 
 
 
046:常識(迦里迦) (香飄)
カレーには人参 程度の常識なら覆し得た らちもなき自負
 
 
 
046:常識(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
やはらかい白ねぎのやうなうなじ見せたしなめられてゐる非常識
 
 
 
046:常識(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
為政者の都合の為の常識に付き合いきれぬ小鳥の自由
 
 
 
046:常識(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
満面の笑みで答える脳裏には常識なんてかけらもなくて
 
 
 
2009題詠blog046:常識(はづき生) (生さんま定食)
食卓に横たわってる常識は布巾にシミをつくらないこと
 
 
 
046:常識(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
何一つ奪えなくってまた今日も常識を抱き締めておやすみ
 
 
 
046:常識(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
常識にがんじがらめにされかけてブレイクビーツに救われている
 
 
 
046:常識(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
常識を知りたるうえでそれを超え生きむと願ひ生き来しあれど
 
 
 
046:常識(髭彦)再投稿 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
常識を知りたるうへでそれを超え生きむと願ひ生き来しあれど
 
 
 
046:常識(Yosh) (☆生短歌☆)
常識は百年前の非常識であったり 向こうの国の非常識
 
 
 
046:常識(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
あんなのは人間じゃないあんなのは ぼくの常識ぎゅっと抱きしめ
 
 
 
046:常識(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
そとで手を繋ぐことくらい常識にしたいけど今日、電話も来ない
 
 
 
046:常識(理阿弥) (車止めピロー)
金融とふ虚業崩れり合衆国(ステーツ)も遍き諸行の無常識(し)るらむ
 
 
 
046:常識(春待) (三感四音)
速報で流れたツヨシの失態を非常識だと叫ぶ大臣
 
 
 
046:常識 (水口涼子) (FANTASIA )
屍は他の命の糧となる常識捨ててなにものなのか
 
 
 
046:常識(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
ウィルスの進化ぞまぢか人類の常識範疇のいや狭し
 
 
 
046:常識(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
常識の結界内に辛うじて収まりひらくブルーシートが 046:常識(題詠100首2009)
 
 
 
046:常識(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
常識の枠から出でぬわが歌に問うてみるなり「だからどうした」
 
 
 
046:常識(原田 町) (カトレア日記)
常識を口にしかけて黙りこむ優先席のケータイ彼に
 
 
 
046:常識(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
常識と非常識とのはざまにて許されている納豆アイス
 
 
 
046:常識 (井手蜂子) 再投稿 (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
非常識、と数えて昇る階段で「き」を唱えたら転げて落ちた
 
 
 
046:常識(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
常夏の常識の島に住む人の書く「非常識」美しきかな
 
 
 
046:常識(nnote) (白い箱から)
セロファンのような常識折る夕べ小動物のか細い悲鳴
 
 
 
046:常識(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
かなしみに触れた手のひらその手から吸い取られてゆくわれの常識
 
 
 
046:常識(かりやす) (彼方探訪)
型通りの挨拶さへもむづかしい常識的に生きてゆきたし
 
 
 
046:常識(藻上旅人) (創作のおと)
こんなにも切ない思いで終わるなら常識なんて消せばよかった
 
 
 
046:常識(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
酒に酔い常識外しバカなことそれは一瞬 そしてあと引く
 
 
 
046:常識(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
後継者不足に悩みながらも街々に常識を売り歩く行商人
 
 
 
046:常識(のびのび) (のび短歌)
誰からも嫌われずにすむ常識のものさしはどこに売っていますか 参照記事:046:常識
 
 
 
046:常識(祢莉) (suger drop)
非常識と罵られつつ取り除くハンバーガーの間のピクルス
 
 
 
046:常識(こうめ) (はこにわ相聞歌)
常識がなければ心がないとでも?空恐ろしきアネモネの庭
 
 
 
046:常識(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
常識という帽子をかぶり僕たちは窮屈なものに守られている
 
 
 
046:常識(フウ) (easygoing.)
常識で考えなさいと叱られて苦いレモン回路に垂らす  
 
 
 
046:常識 (七十路ばば独り言)
熟年の常識という辞書に無し車内で化粧に精出す女
 
 
 
046:常識(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
清浄の手清浄の手かりそめの常識強く握り返せり
 
 
 
046:常識(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
非常識であればあるほど英雄視したがる若者たちの価値観
 
 
 
046:常識(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
従ってやるほど価値も見出せぬ創造主(自称)作った常識
 
 
 
046:常識(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
真夜中に爪切ることの非常識 添えない人に気を揉んでいる
 
 
 
046:常識(ゆき) (ひたぶる君を)
常識の範囲内へと押されゆく間違ってるのはあなたの方だ
 
 
 
046:常識(イマイ) (ゆびおり短歌)
カタログを縛りつつ聞く常識が倉庫のすみで重く響いた
 
 
 
046:常識(音波) (短歌のなぎさ)
常識とジョーシキにやや差があってまた来週の約束がない
 
 
 
046:常識(暮夜 宴) (青い蝶)
常識の範囲でさりげなく主張くすり指だけまだ妻でいる
 
 
 
046:常識(間遠 浪) (少女らせん)
常識を閉じ込めておく分別があるので革命には季語添えて
 
 
 
046:常識(ほたる) (ほたるノオト)
常識の粘膜そっと剝がしては我慢できずに痛くなるまで
 
 
 
046:常識(ほたる)再投稿 (ほたるノオト)
常識の粘膜そっと剥がしては我慢できずに痛くなるまで
 
 
 
046:常識 (村木美月) (うたりずむ)
常識のゆるいバリアを突き破り自分のために戦う日もある
 
 
 
046:常識(藤野唯) (Sugarmint)
常識とわめき散らす君がいて君と別れない私がいて
 
 
 
046:常識(都) (miya-momoの日記)
常識を一歩ずつすり合わせたいそう思える大事なひとです
 
 
 
046:常識(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
安らぎは ほら 今 君の(常識を共有できる人の)隣に
 
 
 
046:常識(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
ふりかざす常識だけは星ほども持っているのにきみが狂わす
 
 
 
046:常識(青野ことり) (こ と り ご と)
真実と常識はイコールでつなげない 鶯色のうぐいす探す
 
 
 
046:常識(月下燕) (a swallow under the moonlight)
駅前の一等地にはパチンコ屋 現代日本の常識ですね
 
 
 
046:常識(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
まず君の今日の運勢からチェックするのが僕の常識になる
 
 
 
046:常識(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
何一つ間違ってない 正当な常識だから髪、切りに行く
 
 
 
046:常識(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
常識にも旅をさせます 手始めにロールケーキを縦に切ったり
 
 
 
046:常識(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
常識と 非常識との 境界は 時代と共に 変化するもの
 
 
 
046:常識(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
常識の基準があたしになるような責任感を背負わされてる
 
 
 
046:常識(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
一般に非常識だとされているようです妻がいる恋人は
 
 
 
046:常識(短歌サミット2009.さかいまみ) (短歌サミットブログ)
非常識そう言われても構わない手枷足枷閉じ込めて今 
 
 
 
046:常識(健太郎) (モノクローム文芸館)
徒然に移り揺れ往く常識に 倫理の審査を例えば路地へ
 
 
 
046:常識(あみー) (正直なたましい)
常識に捕らわれてんのダサいっていうことなんか常識だろう!
 
 
 
046:常識 みぎわ (たづたづし)
常識のこの世の外に生きてゐる赤坂寓のなかの狂ひ子
 
 
 
046:常識(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
なつかしの常識を手に父母の迫る夕もこのごろ絶えて
 
 
 
046:常識(振戸りく) (夢のまた夢)
時刻表通りに汽車が来ることを常識とする国に生まれた
 
 
 
046:常識(tafots) (1年で1000首をつくる)
感じよい常識的な返答を紐パン穿いた妹に聞く
 
 
 
045:常識(都季) (31pieces)
常識の微妙な境が見えなくて愛想笑いもできないままで
 
 
 
046:常識 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
乗りてきて真面目な顔で6を押しその白き手が非常識する
 
 
 
046:常(こゆり) (おかっぱ短歌)
非常口ならばいくつもあったのに結局煙にまかれた恋です
 
 
 
046:常識(根無し草) (根無し草)
オナホール 洗って何度も 使います これこそ僕の 常識なのだ
 
 
 
046:常識(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
 
 
 
046:常識(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
非常識なのがデフォルトそんなのはわかりきってたはず そうでしょう? ○最近疑問系に逃げがちだ、いかん
 
 
 
046:常識(emi) (時計をはずして)
君に会うために超えた非常識ぬるい空気は打破したいだけ
 
 
 
046:常識(市川周) (ミルミルを飲みながら)
常識の範囲のエロい夢をみる(きりがよいので七七はなし)
 
 
 
046:常識(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
常識の範囲といへど不可思議な揚げ羽の模様、それが飛ぶこと
 
 
 
046:常識(sora) (追憶~娘へ)
かなしみの真中にあれば常識など何の役にも立ちはしない
 
 
 
046:常識(こゆり) (おかっぱ短歌)
昨晩の理由をしつこく諭されてそれはあなたの常識でしょう
 
 
 
046:常識(花夢) (花夢)
死ぬことは悲しいという常識でうやむやになる父の激昂
 
 
 
046:常識(佐藤羽美) (hinautamemo)
常識の外れた場所で弟とふたりでやわい夜明けを噛めり
 
 
 
046:常識(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
少しずつ違う常識を縒り合わせ親族たちは通夜に集うも
 
 
 
046:常識(bubbles-goto)再投稿 (BIBBLy HoUR)
少しずつ違う常識縒り合わせ親族たちは通夜に集うも
 
 
 
046:常識(遥遥) (たんかのきりかた2)
常識で判断をして常識で行動をしてこれが世界と
 
 
 
046:常識(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
常識をつめた風船割りつくす(左回りに迷路は続く)
 
 
 
046:常識(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
常識を重ねてつくった肉じゃがはだんだんだんだんおいしくなくなる
 
 
 
046:(村上はじめ) (雑感)
就活で身にはつけたが一般常識活かせるかどうかで器が決まる
 
 
 
046:常識(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
世の中に恋の常識数あれど常識的な恋など皆無
 
 
 
046:常識(すいこ) (すいこのうたおきば)
常識は壊され生まれ変わるたび温かい目に見まもられてた
 
 
 
046:常識(橘 みちよ) (夜間飛行)
すでに死語となりたることば非常識が常識となる世の中なれば
 
 
 
046:常識(木下一) (リンダリンダタンカ)
参照記事:046:常識 常識を否定した後エジソンが発明をした君のパンティ
 
 
 
046:常識(Re:) (プリズム)
常識がない人だと言われそうだから我慢をしている右手
 
 
 
046:常識(珠弾) (seven seas tac)
持っている時計はいつも五分後を表示しているそれが常識
 
 
 
046:常識(酒井景二朗) (F.S.D.)
常識は電車の中で崩れていく僕の荷物も韮ばかりだし
 
 
 
046:常識(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 常識と非常識からなる線路そこに置かれた真実の石
 
 
 
046:常識(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
常識のカタチの日焼け線引きもしないでぜんぶ愛してあげる
 
 
 
046:常識 (みなと) (海馬)
割りきれぬことと玉ねぎ剥くこととマキャベリズムを常識として
 
 
 
046:常識(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
君と僕の生まれなかった日を祝い、呑もう。 不思議の国じゃ常識。
 
 
 
046:常識(駒沢直) (題詠blog参加用。)
常識の二文字が責める生き方を三十路過ぎてもなお捨てぬ君
 
 
 
046:常識(志井一) (日記ホプキンス)
残酷な描写を含む 常識をわきまえているホラー映画は
 
 
 
046:常識 (お気楽堂) (楽歌三昧)
常識を疑う君と常識に安住したい吾と四不像
 
 
 
046:常識(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
常識の範囲内での夏休み アイスは週に500円まで
 
 
 
046:常識(やや) (言の葉たち)
さみしいの反対言葉が見つからず常識はずれの夢ばかり追う
 
 
 
046:常識(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
「そもそもが生まれたことが非常識」ふと呟けり模範囚は
 
 
 
046:常識(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
アメリカンチェリーの茎を結んだらあたし常識はずれになるの
 
 
 
046:常識(ゆふ) (ゆっくりん)
常識といふ殻を破って生きてきたキミがいちばんの常識人
 
 
 
046:常識 (一夜) (短歌るBlog)
門限を過ぎて連絡来ぬ子等の 常識の無さ蹴飛ばす夜更け
 
 
 
046:常識(本田鈴雨) (鈴雨日記)
歌壇には歌壇の常識あるらしも知らぬが仏のわれを懼るる
 
 
 
046:常識(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
担任の私が君らに話すことこれがすなはちクラスの常識
 
 
 
046:常識(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
宿題が有るわけじゃない八月の常識として空を見上げる
 
 
 
[短歌][2009] 046:常識(ezmi) (語りえぬことを。)
ラベルには「常識」とある小瓶手に思案している飲み干すべきか
 
 
 
046:常識(ノサカ レイ) (のーずのーず)
常識と情熱のあいだ振れている二人はホントに恋をしている?
 
 
 
046:常識(紫月雲) (resume 1970-2009)
しゃんとしてりんとすみたるまごころに冷たく刺さる常識の文字
 
 
 
046:常識(岡本雅哉) (なまじっか…)
ただでさえ知らないことがかなしいのに常識だよって顔で見るのね
 
 
 
046:常識(斗南まこと) (野ウサギのように)
常識をかざす虚しさ手を繋ぎ十六夜の月仰いだ真冬
 
 
 
046:常識(しおり) (ヒロの独り言)
常識を測る心の物差しは人それぞれに違うものなり
 
 
 
046:常識(香-キョウ-) (Sky on Blue)
常識と思ったことが伝わらない それもそうだね キミはボクじゃない
 
 
 
046:常識(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
常識を受け止めきれない君のため 今日だけお姫様扱いを
 
 
 
046:常識(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
常識のかたまりのごとき授業して折々生徒に目を開かされる...
 
 
 
046:常識(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
常識という名の武器を振りかざし貶されたって笑顔でいるさ
 
 
 
046:常識(吉里) (梢は歌う)
常識を打ち破リ前に進は非常識でなく革新と呼ぶ
 
 
 
046:常識(やすまる) (やすまる)
あるいは常識的に考えてヒトは自滅へ向かう生物
 
 
 
046:常識(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
常識は移りゆくもの不倫さえ今や文化と言われる時代
 
 
 
046:常識(伊藤真也) (クラッシュボク)
郷に入り従えば従うほどにすここん常識だるま落とし
 
 
 
046:常識 (ゆれる残像)
常識や理性をまとめてゴミにして朝の6時に会いに行きます
 
 
 
046:常識(小林ちい)再投稿 (ゆれる残像)
常識や理性をまとめてゴミにして朝の6時に会いに行きます
 
 
 
046:常識(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
非常識すぎるとことか好きだった 指輪は全部捨てといたげる
 
 
 
046:常識(おっ) (だいえいの短歌専門店)
常識が標識並みに人生を規制していてちょっとむかつく
 
 
 
046:常識(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
誰も皆疑うことなき常識の澄ました横面殴りたくなる
 
 
 
046:常識(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
恋愛は非日常的 非常識 微笑 号泣 酒乱 尾行も?
 
 
 
046:常識(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
時代によって変わるものではないはずの常識くらいは携帯している
 
 
 
046:常識(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
常識の二つ手前は正直で 新明解の表紙くれなゐ
 
 
 
046:常識(扱丈博) (取扱)
華氏四五一度 いまでも常識は気化しつつある揮発油として
 
 
 
046:常識(村本希理子) (きりころじっく2)
常識の範囲の中で咲いてゐる向日葵畑の迷路ぢやないか
 
 
 
046:常識(惠無) (なんでもない一日)
ジーンズで履歴書片手に駆け回る不採用続く人の常識
 
 
 
046:常識(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
常識を求めるのなら(29時)常識的な時刻に眠れ
 
 
 
046:常識(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
常識に捉われている私には海が青色にしかみえずに
 
 
 
046:常識(今泉洋子) (sironeko)
よき歌を作るにはまず常識を疑へと言ふ歌うまき友
 
 
 
046:常識(内田かおり) (深い海から)
昨日得た常識ひとつ更新し明日過去ログに落とす予感す
 
 
 
046:常識(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
常識の範囲は広い山茶花の香りがするという青いお湯
 
 
 
046:常識(kei) (シプレノート)
真剣と風の音とを聞き分ける常識と非常識との間(はざま)
 
 
 
046:常識(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
常識とかお互いわかる年齢で躊躇もしていたホテルの一室
 
 
 
046:常識(天国ななお) (お月様は許さない)
屋上の柵を乗り越え常識の外で僕らは街を見下ろす
 
 
 
046:常識(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
常識は山の向こうにあるという山にはだれも行かないという
 
 
 
046:常識(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
にっこりと微笑んでみる常識も非常識な気配に飲まれ
 
 
 
046:常識(Ni-Cd) (反実仮想)
常識は犬にあげます明日からあなたをモモと呼んであげます
 
 
 
046:常識(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
常識を超えた二人の馴れ初めに思いもよらぬ展開が待つ
 
 
 
046:常識(鯨井五香) (くじら(独唱))
背中からアクリル製の常識をすぱんと抜いて床にくずおれ
 
 
 
046:常識(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
「常識ってめんどくせえな」閉ぢかけた絵本のページにおおかみが言ふ
 
 
 
046:常識 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
常識はひとの数だけある時代モンスター用マニュアルを読む
 
 
 
046:常識(夢雪) (浪漫)
常識を夜のベッドの中までも持ち込む君を獣にしたい
 
 
 
046:常識(さと) (すばらしい日々)
常識非常識は時に逆転するものゆえ沈黙選ぶ午後
 
 
 
046:常識 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
非常識な男の世話に疲れ果てきみ逃げたるか黄泉の国へと
 
 
 
046:常識(椎名時慈) (タンカデカンタ)
説明は別にいいから常識をさっさと脱いでこっちへおいで
 
 
 
046:常識(茶葉四葉) (ゆざまし)
他人様に迷惑かける訳じゃなしに 我が夢いつも常識の内
 
 
 
046:常識(遠野アリス) (gymnopedie)
常識に囚われすぎる僕たちをわらう君が醜くゆがむ
 
 
 
046:常識(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  常識の猫さえうまくかぶれない遮断機の前で立ち尽くす朝    
 
 
 
046:常識 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
ありったけの常識、あっ、とも言わぬ間に力技にて覆されぬ
 
 
 
046:常識(緒川景子) (ezomijikauta)
ぎりぎりの常識くちにされたって止めてはだめ止められないふりを
 
 
 
046:常識(ぱん) (向日葵 と 月)
空間のあるだけ毎に常識があるから染まってゆくのは怖い
 
 
 
046:常識(桶田 沙美) (31Words Runner)
立ち止まる君とあたしの間には常識なんてなくなればいい
 
 
 
046:常識(田中ましろ) (ましたん)
アブノーマルの世界もやがて常識に変わってゆくさ さあムチを打て
 
 
 
046:常識(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
炙られて身をふるわせるホルモンをたのしむために捨てる常識
 
 
 
046:常識(みち。) (滑空アルペジオ。)
ひんやりとあなたの指がふれていてわたしは常識的にふるえる
 
 
 
046:常識(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
街路樹のあかりのような淡い色のきみだけが知る常識に触れた
 
 
 
046:常識(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
常識の範囲とやらに惑いつつ線など引いてみる紙の上
 
 
 
046:常識(フワコ) (きくとわたし)
常識が覆される瞬間に立ち会いすぎたがための吾なり
 
 
 
046:常識(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
ひなげしの花をついばむことなども羽持つ種族の常識として
 
 
 
046:常識(星川郁乃) (Air Station)
それはどのサロンに侍る常識かはずれなれてる私ならば
 
 
 
46:常識(HY) (天然通信)
常識は大事な物と知りつつも時々それを壊したくなり
 
 
 
046:常識 (FILL mobile)
  待っている誰かが断罪してくれるきっかけだけの黒い常識
 
 
 
046:常識(ME1)(←名前抜け再投稿) (FILL mobile)
  待っている誰かが断罪してくれるきっかけだけの黒い常識
 
 
 
046:常識(冬鳥) (ことのはうた)
「常識を問う!」と落書きある机 社会思想史 最終講義
 
 
 
046:常識(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
あたくしがソファ右側空けたならすぐ座ること常識として