100:好(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
どうしても短歌が好きと言えなくて百首も詠めば伝わるだろう...
 
 
 
100:好(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
あの頃の歌を一緒に歌おうよ 歌詞も音符もでたらめでいい
 
 
 
100:好(jonny)(再投稿) (迂闊な夜の真ん中で)
好きだった歌を一緒に歌おうよ 歌詞も音符もでたらめでいい
 
 
 
100:好(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
「好物は白々ご飯」と孫は言う 「しろしろごはんにタマタマかけて」
 
 
 
100:好(アンタレス) (思い出ずるままに)
好むこと好まざること入り混じり運命のままに一世終えむか
 
 
 
100:好(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
是か非かと割切り迫る人多き世相を我は好まずにおり
 
 
 
100:好(みずき) (空)
某日は絶好調といふ君へ不毛の愛を見し水たまり
 
 
 
100:好(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
焼きたてのベルギーワッフル妻が食い昨夜のお好み焼きわれが食う
 
 
 
100:好(船坂圭之介) (kei's anex room)
ただよふは現(うつ)し身あらず白薔薇の香も好ましきあらぬ世の母
 
 
 
100:好(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
お好みの強さを聞かれやさしくと言えば一気に締められた首
 
 
 
100:好(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
いけ好かないヤツだけど短歌は好きなんてことはありえない、あばえ
 
 
 
100:好(梅田啓子) (今日のうた)
一刻なひと好きになるわが性(さが)よ音叉がきふに共鳴するらし
 
 
 
100:好(森山あかり) (言葉の花かご)
始めたら好きにならずにいられないから好きなことだけやってます
 
 
 
100:好(小早川忠義) (Just as I am Returns)
好きだつた人の短歌と好きになりさうだつた人のイラストの本
 
 
 
100:好(みつき) (みそひと :: misohito ::)
好きという理由ひとつで結ばれて今年も同じさくらを見てる
 
 
 
100:好(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
好きなもの迷わず好きと言えること大事にしたい明日のために
 
 
 
100:好(迦里迦) (香飄)
懐古癖いづくゆきても迷ひ子になるは楽しき日日是好日
 
 
 
完走報告(迦里迦) (香飄)
完走いたしました。 お題の他に「か」ではじめるという縛りを勝手に加えて(特に意味はありませんが)歌の質はさておき「即詠」を課してみました。 10日以内で走り抜けたことになります。 自分でも驚いています。 楽しい刺激をいただき、ありがとうございました。 これ...
 
 
 
100:好(チッピッピ) (うたよみブログ)
年かさねどんどん増える好きな人そんな人生送っていきたい
 
 
 
100:好(ジテンふみお) (雲のない日は)
またいつかお好み焼きを食べる日は楕円でいいと思う新緑
 
 
 
100:好(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
猫好きで音楽好きで読書好きインドア志向のわたし26歳
 
 
 
100:好(柴田匡志) (スタートライン)
釣好きな彼である故いいでしょとモーニング娘。はかく歌いたり
 
 
 
100:好 (穴井苑子) (猫のように純情)
好きだから知りたい人と好きだから知らなくていい人と二種類
 
 
 
100:好 (minto)  (@100@)
好物や趣味など聞きつ話しつつ打ち解けあふか自己紹介は
 
 
 
100:好(理阿弥) (車止めピロー)
やじまさんの名はまいこだと教えられ馬面だけどだから好きかも
 
 
 
100:好(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ )
好きだから百首も詠んで尚もまた詠み続けていく馬鹿でもあるから
 
 
 
100:好(はこべ) (梅の咲くころから)
後輩が企てたらし送別会お好み焼きがこの店だった
 
 
 
100:好 行方祐美 (フーガのように)
好奇心おおきく抱きながら吹く育つ大地に五月の風は
 
 
 
100:好(陸王) (Always Walking with Yu)
これほどに長きを生きてふたたびの伝へしことば好きですあなた
 
 
 
100:好(うたまろ) (五と七と五と七と七)
特別な必要な人と言うけれど 好きとは言わない 大切な人
 
 
 
100:好(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
まあどうせ最後なんだしはっきりと言っておきます 君も好きです
 
 
 
100:好(畠山拓郎) (あいうえおあお)
白衣への好意は禁忌と咎められ苦しくなるし病院避ける
 
 
 
100:好(ふみまろ) (光る風の記憶)
校庭で迷子になった好きですを溶かしたまんまのチャイムが響く
 
 
 
100:好(Yosh) (☆生短歌☆)
「好きこそは物の上手」というけれど 世界の恥をかくは悲しき
 
 
 
100:好(のびのび) (のび短歌)
好きだからやめたくないでも好きだけじゃ食べて行けない私の仕事 参照記事:100:好
 
 
 
100:好(佐藤紀子) (encantada)
海が好き 舟が好き また漁が好き 若き太郎はよく陽に焼けて(浦島太郎物語)
 
 
 
100:好(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
ゆるやかなこころの傾斜たどりゆき たどりついたら「好き」と言いたい
 
 
 
100:好(フウ) (easygoing.)
女子と書き好きを創った昔の人はきっとジェントルで怖がり
 
 
 
100:好(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
たそがれの長き季節に教へあふ互みに好きな四文字熟語
 
 
 
100:好(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
好きなぶん憎いと思う短歌とは言葉を越えて愛の領域
 
 
 
100:好(ゆき) (ひたぶる君を)
永遠に好きな男と思ひけり雪兎(ゆきさうさぎ)の南天の赤
 
 
 
100:好(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
好きなとこ嫌いなとこも思い出になれば全てはただ美しい
 
 
 
100:好 (新井蜜) (暗黒星雲)
好敵手だつたお前をもう一度月夜に探してみるかくれんぼ
 
 
 
100:好(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
いつかまた会える日に言う大好きと会えない間に貯めに貯めた分
 
 
 
100:好(tafots) (1年で1000首をつくる)
本物の歌人になりたい軽薄な好悪ではない基準が欲しい
 
 
 
100:好(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
どの歌も好きだと言ったわたくしは結局何も掴めぬままに
 
 
 
100:好(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
この人じゃない方がいい理由達からたまに責められるけど好き!
 
 
 
100:好(すいこ) (すいこのうたおきば)
小説の最後の句点の後にあるほんのちょっとの空白が好き
 
 
 
100:好(こうめ) (はこにわ相聞歌)
あそぶには格好の庭 一筋縄で解けない短歌ほど染めたくなる
 
 
 
100:好(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
暖かいストールが今欲しくてもあなたに「好き」と告げないだろう
 
 
 
100:好(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
好きだった人 今も好きなひと朝の坂道雲ながれゆく 100:好(題詠100首2009)
 
 
 
100:好 (七十路ばば独り言)
歌人(うたびと)の選歌の基準を探りなばつまるところは好きか嫌いか
 
 
 
100:好(藻上旅人) (創作のおと)
好きなもの美しいもの組み合わせ創りしものは表現ですか
 
 
 
100:好(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
好きだから 百首完走 出来ました 題詠ブログ やったぜBaby~♪
 
 
 
100:好(nnote) (白い箱から)
うまれたてのことばをひらく夜がおわるときのあわいそらが好きです
 
 
 
100:好(藤野唯) (Sugarmint)
取り消せないふたりにちゃんと朝は来て あなたの「好き」にうなずきました
 
 
 
100:好き(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:100:好 「好きです!」の代わりに君のパンティに流星群と突撃をする
 
 
 
100:好(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
―<高校時代の恩師「緑の魔人」新島先生を偲びて> 甘きもの好む恩師はささやきぬ「アンコの海でのたうちまわらむ」と
 
 
 
100:好(髭彦)再投稿 (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
―<高校時代の恩師「緑の魔人」新島先生を偲びて> 甘きもの好む恩師はささやきぬ「アンコの海でのたうちまはらむ」と
 
 
 
100:好(イマイ) (ゆびおり短歌)
一月の光は影も照らし出しきみの帽子に好きとささやく
 
 
 
100:好(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
黒点は老人斑にさも似たり やあ!太陽の好々爺づら
 
 
 
100:好(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
ほんとうはまだ好きなんだきみのこと手のひらにもう熱はなくとも
 
 
 
100:好(さかいたつろう) (流星文庫)
この人は私のどこが好きだから一緒に夜明けの星を見てるのだろう
 
 
 
100:好(さかいたつろう)再投稿 (流星文庫)
この人は私のどこが好きだから一緒に夜明けの星を見てるのだろう
 
 
 
100:好(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
殴られたあとは必ず好きだっていうチーズケーキを二人で食べる
 
 
 
100:好(佐藤羽美) (hinautamemo)
好青年機械化前の両の目にうつしたし白樺のような詩を
 
 
 
100:好(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
君が好き 届かなくても好きだった いっぱいいっぱい大好きでした
 
 
 
100:好 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
本当は、誰も何にも好きじゃない。そんな気がする。にんにく食べよ。
 
 
 
100:好(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
好感度なんてゼロでもいいじゃないぐぢゃぐぢゃででも生きててよ、ねえ!
 
 
 
100:好(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
柳よ柳、風のかたちに揺れるうち消えてなくなるわたしが好きだ
 
 
 
100:好(ウクレレ) (十線譜)
百均で好きなだけ買うしあわせの水羊羹はほどよく甘い
 
 
 
0100:好(原田 町) (カトレア日記)
桃色のリストバンドが好きだった井上選手さよなら試合
 
 
 
100:好(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
君が好きずっと言えない僕がいたそしてあの子はお嫁にいって
 
 
 
100:好(Re:) (プリズム)
いつからか好きなタイプを聞かれると君を浮かべて答えてしまう
 
 
 
100:好(間遠 浪) (少女らせん)
ゆきずってかかわることは生温い水の匂いをかぐような …好き
 
 
 
100:好(斗南まこと) (野ウサギのように)
たまになら夢に見ていいその時はあなたの好きにしちゃってもいい
 
 
 
100:好(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
好きなひとに好きと言えずに終わったの・ジューンブライド夢見たあの梅雨
 
 
 
100:好(酒井景二朗) (F.S.D.)
さつき迄好みぢやないと思つてゐた歌が輝きだした 出かけよう!
 
 
 
100:好(振戸りく) (夢のまた夢)
君がいう好きを聞き取りやすいよう髪をまとめて逢いに行きます
 
 
 
100:好(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
結局は好きじゃないのか嫌いじゃないのかが決め手の人切りなのか
 
 
 
100:好(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
半角で書いて分かった 女子マネはたったひとりの「好マネ」でした
 
 
 
100:好(あみー) (正直なたましい)
がんばった分だけ人は泣いていい 次の電話で好きだって言う
 
 
 
100:好(おっ) (だいえいの短歌専門店)
物好きで人間嫌いなおっさんは惚れた女も歌に詠むだけ
 
 
 
100:好(只野ハル) (Ordinary days)
ここまで来てまだ言わないのってのが来る前に先回りして好きと
 
 
 
100:好(こゆり) (おかっぱ短歌)
百首もの歌で泣いたり甘えたりしたけど結局君が好きです
 
 
 
100:好(蓮野 唯) (万象の奇夜)
戻りあう好意互いに受け止めて今は一児の親をする仲
 
 
 
100:好(扱丈博) (取扱)
うっとりと好き放題を身につけて未熟になってゆくよ、ぼくらは
 
 
 
100:好(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
欠けていて月うつくしい 間違ったままで私はあなたが好きだ
 
 
 
100:好(春待) (三感四音)
紙めくる手触りと音好きだからまだ手放せぬ紙の辞書たち
 
 
 
100:好(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
好きなものをみんな並べて一つづつあなたに見せていく砂の粒
 
 
 
100:好(本田鈴雨) (鈴雨日記)
をんなが子をたいせつにするその文字をおもへよ「好き」と言ふときにこそ 
 
 
 
100:好(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
「会いたい」が好きとはことばにしちゃいけない僕らにとってのぎりぎりだった
 
 
 
100:好(市川周) (ミルミルを飲みながら)
春が好きヒナゲシが好き猫が好きホストの光と影が大好き
 
 
 
100:好(都) (miya-momoの日記)
好もしい気持ちを育ててある一線越えあふれるまでじっとその時を待つ
 
 
 
100:好(わだたかし) (ファミレス短歌)
好きだから言ったこととか好きだから言ってしまったこととか 好きだ
 
 
 
100:好(祢莉) (sugar drop)
好きだった好きだった好きだった好きだった過去形である悲しさ
 
 
 
100:好(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
おませさんママの好みも受け継いで「お花大好き!」次は「パパ!」かな
 
 
 
100:好(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
「簡単に『好き』とか言うな、ばか…あたし、単純だから信じちゃうでしょ?」
 
 
 
100:好(月下燕) (a swallow under the moonlight)
大好きなあなたにとってこの僕が未来を言祝ぐ歌でありたい
 
 
 
100:好(都季) (31pieces)
「好きなもの」「これからきっと好きになるもの」がたくさんあるんだ 行こう
 
 
 
100:好(珠弾) (seven seas tac)
食い道楽結びの一番 かつ丼とTKGの好取組です
 
 
 
100:好(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
満月の詩人が好む言葉では思いの全てを伝えられない
 
 
 
100:好(遥遥) (たんかのきりかた2)
大嫌い言えるくらいに好きなのと大好きなほど嫌いな君が
 
 
 
100:好(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
いくつめの懺悔だらうか星空にあるいは好きとつぶやきにけり
 
 
 
100:好(吉里) (梢は歌う)
たくさんのお気に入りがあるんですそんな私も実は好きです 
 
 
 
100:好(夢雪) (浪漫)
満月に好きになった姫様が騎士の死体と踊る真夜中
 
 
 
100:好(駒沢直) (題詠blog参加用。)
好きだよと言うだろうとは思ってた知りたいものはその奥の奥
 
 
 
100:好(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
好きという言葉ですべてゆるしあう世界はきっとまあるいでしょう
 
 
 
100:好(暮夜 宴) (青い蝶)
誰とでもできる気がする一瞬で好きは嫌いに裏返るから
 
 
 
100:好(青野ことり) (こ と り ご と)
声が好き 春のそよ風夏緑木枯らしの道 肩を並べて
 
 
 
100:好(sora) (追憶~娘へ)
空の高さに驚きながら「透明」好きな色を問はれて答ふ
 
 
 
100:好(Ni-Cd) (反実仮想)
大好きじゃなくて大助だったこと喜ぶ人に告げず葛飾
 
 
 
100:好(しおり) (ヒロの独り言)
好きなのと告げた言葉は曖昧にはぐらかされて浮遊したまま
 
 
 
100:好(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
「トーダイキョーダイワッセイッダァ」善良なサマリア人にもとりあえず「你好」っと!
 
 
 
100:好(久哲) 再投稿 (久哲の適当緑化計画。)
「トーダイキョーダイワッセイッダァ」善良なサマリア人にもとりあえず「ニー好」っと!
 
 
 
100:好(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
好きなこと嫌いなことを曖昧に説明するは教師の作法
 
 
 
100:好(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
順番じゃないけど先に好きだって言った私は負けなの?勝ちなの?
 
 
 
100:好 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
死ぬまで続けるんだよとこの感じ父かもしれない好きかもしれない
 
 
 
100:好(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
    切って捨て切って捨てたら原点に戻ってきました。「君が好きです」
 
 
 
100:好 (寺田ゆたか) (永訣のうた)
旅立ちはよく晴れた日が好いわねと死の近き妻ぽつりつぶやく
 
 
 
100:好(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
終わりなき失踪 多分好きだったものを求めて続く疾走
 
 
 
100:好(ことり) (歌)
好感度アップを狙って婚活に精出す姪のふさふさの尻尾
 
 
 
100:好(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
百首詠み君があふれたこの歌集好きの証拠となり完成す
 
 
 
100:好(橘 みちよ) (夜間飛行)
たくさんの「好き」に囲まれ守られて記憶の底の胎児の眠り
 
 
 
100:好(さと) (すばらしい日々)
生かされて在ることの幸福に満ち今日もまた好日なりけり
 
 
 
100:好(村上はじめ) (雑感)
昨日より自分自身を好きになるただそれだけで世界は明るく
 
 
 
100:好(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
好きなだけあなたの色に染めたとて最後の最後は染まらぬ私
 
 
 
100:好 (お気楽堂) (楽歌三昧)
折り返し地点は多分過ぎたから好きなものだけ読もうと思う
 
 
 
100:好(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
今ここで生きてるあなたが好きだから終わりの日までどうぞ一緒に
 
 
 
100:好(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
「好き」という気持ちがほんとは好きなだけ マトリューシカの微笑みの奥
 
 
 
100:好(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
「好き」という動詞を活用させるのはたやすい 文法上のことなら
 
 
 
100:好(茶葉四葉) (ゆざまし)
思い出の扉むりやり閉じきって隠しておこう 好きであること
 
 
 
100:好(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
口ずさむ好きなおうたがそめられて白いばら、薔薇こんなに咲いた
 
 
 
100:好(emi) (時計をはずして)
少女等が好む流行りの音楽に過ぎた時間を重ね合わせる
 
 
 
100:好(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
通じないニュアンスお好み焼きのごと細かく刻まれてゆくナニカ
 
 
 
100:好(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
「先生、なぜ短歌を百首も作ってるの?」「それは、やっぱり好きだからだね」...
 
 
 
100:好(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
隅っこに小さく丸めた「好き」ぽろり ホメオスタシスは作動しない
 
 
 
100:好(桶田 沙美) (31Words Runner)
「好きなの!」と「大好きだよ!」と叫びたい彼女の前でただ口ごもる
 
 
 
100:好(田中ましろ) (ましたん)
好きなもの偽ってまで生きている意味なんてない 君を抱かせて
 
 
 
100:好(花夢) (花夢)
ずっと好きでいるのもなにか省エネのように感じて過ごす休日
 
 
 
100:好(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
五十嵐きよみ女史に誘はれ七百首詠みに詠みたり好きなればこそ
 
 
 
2009題詠blog100:好(はづき生) (生さんま定食)
好日とおもはば日々は好日とならむやけふは好日なれば
 
 
 
100:好 (一夜) (短歌るBlog)
こんなにも短歌が好きと胸を満つ 今年完走三度目となり
 
 
 
100:好(ほたる) (ほたるノオト)
問われれば蕾のひらくようにして“好き”を咲かせてしまう、そのたび
 
 
 
100:好(O.F.) (O.F.)
まさか今日いっちゃうなんて好き者め ちなみに夕食は酢豚でした
 
 
 
100:好(岡本雅哉) (なまじっか…)
届かないからこそ本気で投げられるボールみたいに「好き」をかかえて
 
 
 
100:好(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
冬が来る・ころぶ・もたれる・好きになる「ええい、地軸の傾きのせい」
 
 
 
100:好(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
好感度アップを狙ひ死神はランコム纏はせ歳末をゆく
 
 
 
100:好(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
> >「好きや」って3文字書いたら足りるやん >31文字いらんのちゃうか。 >
 
 
 
100:好(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
「恋人を怒らす100の方法」を好奇心から試しはじめた
 
 
 
100:好(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
春暖の候、わたくしはすれ違う人の好意に甘えています 
 
 
 
100:好(かりやす) (彼方探訪)
はんぶんの細好男(ささらえをとこ)に見送られ残業帰りのこはくないのだ
 
 
 
100:好(やすまる) (やすまる)
まったくもって困る「つくってくれたの?!」って、なにその笑顔ひどいよ 好きだ
 
 
 
100:好(紫月雲) (resume 1970-2009)
欲望が朽ちてゆくなか「君が好き」あぶり出し絵のように現る
 
 
 
100:好 (村木美月) (うたりずむ)
好きでない人と並んで観る花火 花火 花火は胸に響かず
 
 
 
100:好(内田かおり) (深い海から)
青空の朝好日と見なしおり落ち葉を飛ばす風の心地も
 
 
 
100:好(村本希理子) (きりころじっく2)
かんたんに好きと嫌ひは入れ替はる 薔薇のコサージュバッグにつけて
 
 
 
100:好(今泉洋子) (sironeko)
竈猫(かまねこ)の話弾みて猫好きの親子の夜はしんしんと更く
 
 
 
100:好(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
「好き」と「好き」絡ませながらはだいろの細い小指でつながる明日
 
 
 
100:好(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
「好か好か」が口癖なりし諫早のおじに電話をけふはかけなむ
 
 
 
100:好(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
二回目のくしゃみはあたしのせいだってうぬぼれるほど好きだったんです
 
 
 
100:好(HY) (天然通信)
好きという気持ちが原動力だから雑音気にせず我が道をゆく
 
 
 
100:好(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
好きですと言えばやさしき崩壊の序章がしのびこむ春の道
 
 
 
100:好(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  お互いに好きだったことお互いに子どもだったね 東京にいます      
 
 
 
100:好(小林ちい) (ゆれる残像)
日曜日まで待てなくて家を出る生まれたばかりの「好き」を届けに
 
 
 
100:好(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
隣にはあふれるひなた見あげれば好きだと届きそうな青空
 
 
 
00:好 みぎわ (たづたづし)
七転び八起きしりとり歌会の殿ばらほんに楽しくて好し
 
 
 
100:好(kei) (シプレノート)
そのあとにすっと広がっていく弛緩ゆっくりまばたきするのが好き
 
 
 
100:好 みぎわ (たづたづし)
七転び八起きしりとり歌会の殿ばらほんに楽しくて好し すみません。番号が消えていました。
 
 
 
100:好(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
言の葉に好意紛らせ君遠く愛せぬ距離も我が歌の糧
 
 
 
100:好(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
(好きだって言っても)許してもらえない(と思う やっぱり)これでよかった
 
 
 
100:好(ME1) (FILL mobile)
今日もまた物好き飽きぬ詠み人が一人二人とうつつを抜かし
 
 
 
100:好(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
 好きなのは貧乳じゃなく貧乳を悩むあなたの悩める貧乳
 
 
 
100:好(星川郁乃) (Air Station)
好き、という賛辞これより何一つ思いつかない欲しいものなど
 
 
 
100:好(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
すこしだけ 言葉について 考えて 好きだと言った 春樹みたいに
 
 
 
100:好(香-キョウ-) (Sky on Blue)
一緒には歩けなかった でも 私 貴方を好きになって良かった
 
 
 
100:好(ぱん) (向日葵 と 月)
たくさんの記憶を隣で見てくれて、ごめん。ありがと。「きみが好きだよ。」
 
 
 
100:好(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
好きすぎて困ると向こうで君が言う 届く耳への音も好きだよ(というかあなたがほんとうにすき)
 
 
 
100:好(志井一) (日記ホプキンス)
ものすごく好きな映画は「シャーリーの好色人生と転落人生」
 
 
 
100:好(みち。) (滑空アルペジオ。)
好き勝手歌っていますでもそれがわたしなのだと胸をはります
 
 
 
100:好(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 好きという文字を書いてる俺がいてやっとわかった自分が好きだ
 
 
 
100:好(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
手さぐりで生きているけど好感触だからますますさわっていたい
 
 
 
100:好(鯨井五香) (くじら(独唱))
「認めますわたしはやっぱり好きです」と報道各社にFAXをする
 
 
 
100:好(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
満開の木香薔薇の門をぬけたどりつけたら你好、世界
 
 
 
100:好(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
カレーみかんドライブカメラ山歩きジョギングうろうろ君が大好き
 
 
 
100:好(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
秋晴れの歩行者天国 好きというかすかな声に耳の澄みゆく
 
 
 
100:好 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
好き勝手ばかりの一生だったねと言われるだろうぼくの終わる日