051:言い訳(jonny) (迂闊な夜の真ん中で)
言い訳かそうでないかは夏が過ぎ秋がくるころわかるのだろう
 
 
 
051:言い訳(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
言い訳はしたくないけどあの場合『蟹工船』は読むわけないさ 
 
 
 
051:言い訳(アンタレス) (思い出ずるままに)
言い訳は見苦し事と人の言う聞かねばならぬ真相ならば
 
 
 
051:言い訳(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
言い訳をせぬとかえって見苦しい場合もあるぞたとえば浮気...
 
 
 
051:言い訳(みずき) (空)
言ひ訳の脆き心を流るるは恋か涙か 見えないあした
 
 
 
051:言い訳(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
言い訳をすればなおさら印象を強めるはずと黙しておれり
 
 
 
051: 言ひ訳(船坂圭之介) (kei's anex room)
寄るを拒む白きうなじよ痩身のわが屈まりて風に 言ひ訳
 
 
 
051:言い訳(小早川忠義) (Just as I am Returns)
言い訳はこだまのやうに還り来る言へば言ふほど悪しき立場に
 
 
 
051:言い訳(うたまろ) (五と七と五と七と七)
言い訳に聞こえるかもしれないけれど あのコのことは 愛じゃなく恋
 
 
 
051:言い訳(佐藤紀子) (encantada)
言ひ訳はおよしなさいよ いつだってその気になれば帰れたはずよ(浦島太郎物語)
 
 
 
051:言い訳(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
言い訳をしたい思いをこらえつつ負け組の人眉を曲げおり
 
 
 
051:言い訳(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
見逃そう キミの可愛い言い訳を 仏の顔も三度と言うが
 
 
 
051:言い訳(柴田匡志) (スタートライン)
言い訳をすればするほど泥沼に嵌まりゆきたる花は散りたり
 
 
 
051:言い訳 (穴井苑子) (猫のように純情)
言い訳のかわりにぎゅっと抱きしめるキャラじゃないので困ってる人
 
 
 
051:言い訳(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
言い訳が細胞分裂繰り返しやかましいけど取りあえず寝る
 
 
 
051:言い訳(みつき) (みそひと :: misohito ::)
言い訳もフォローもしない君といる 正直過ぎて割と傷つく
 
 
 
051:言い訳(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
口あけば言い訳が出る目あければ滴が落ちるだから閉じよう
 
 
 
051:言い訳(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
もう二度と言い訳しない好きだけどすべてを証明することもない
 
 
 
051:言い訳(梅田啓子) (今日のうた)
言ひ訳はしたくはないが親として言はねばならぬことがあるのだよ
 
 
 
051:言い訳(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
日をかさね月をかさねた言い訳に耳を貸すほど長生きじゃない 
 
 
 
051:言い訳(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
美しく言い訳できたらきみのこと好きになってあげてもいいよ
 
 
 
051:言い訳(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
言い訳をする唇が悲しいと君が重ねた唇の味
 
 
 
051:言い訳(森山あかり) (言葉の花かご)
背を向けた心丸ごと言い訳は通用しないただ祈ってる
 
 
 
051:言い訳(ひじり純子) (純情短歌)
晩御飯まで間に合わぬかも知れぬ 言い訳なんてドウデモイイヤ
 
 
 
051:言い訳(ジテンふみお) (雲のない日は)
爽やかに言い訳しようキムタクとお茶してたから遅刻しました
 
 
 
051:言い訳 (minto)  (@100@)
晴天を賞賛の後グランドが雨になりたる言い訳をせり
 
 
 
051:言い訳(はこべ) (梅の咲くころから)
言い訳は言えたらいいけど引換えに残る惨めさ始末にこまる
 
 
 
051:言い訳(わだたかし) (ファミレス短歌)
簡単に受け入れられた言い訳の後ろめたさに重ねる言い訳
 
 
 
051:言い訳 行方祐美 (フーガのように)
ギリシア語言い訳すようなる雨足にひたと濡れおり今朝の挨拶
 
 
 
051:言い訳(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   一時間待たせた君の言い訳もただ一瞬のキスに適わず
 
 
 
051:言い訳(チッピッピ) (うたよみブログ)
言い訳もしないで煙草を吸っていた 肺癌の父 人生悔いなし
 
 
 
051:言い訳(ことり) (歌)
しんみりと小犬の言い訳を聞いた箱の中に神様が居たんだって
 
 
 
051:言い訳 (Ordinary days)
さあどうしよう始める前にもう考える言い訳嫌な癖
 
 
 
051:言い訳(陸王) (Always Walking with Yu)
このお題ひらがなで応募したんだよねぇ、ぶつぶつとごちる言い訳
 
 
 
051:言い訳(蓮野 唯) (万象の奇夜)
言い訳が更なる災い呼び起こす謝罪は一言「ごめんなさい」で
 
 
 
051:言い訳(ウクレレ) (十線譜)
引き返す言い訳ひとつ欲しくって一番星をきみと探した
 
 
 
051:言い訳(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
おしっこで溶いた紅から流れ出す空の彼方の言い訳小焼け
 
 
 
051:言い訳(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
あいしてるなんていうなよ単純なフライをこぼした言い訳みたいに
 
 
 
051:言い訳(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
言い訳を考えてたらいつまでも話しは長くなって書籍化
 
 
 
051:言い訳 (ゆり) (森の歌 ~怪人二十面相~)
潔く生きる言い訳などせずにすべては神の御心のままに
 
 
 
051:言い訳(畠山拓郎) (あいうえおあお)
言い訳は好きだったからそれだけと乗換駅で清算をする
 
 
 
051:言い訳 (新井蜜) (暗黒星雲)
感情の干満或いは満ち欠けに言い訳をせず受け入れるのみ
 
 
 
051:言い訳(迦里迦) (香飄)
開口一番いつも言い訳 来世には森の大樹かミミズにおなり
 
 
 
051:言い訳(ふみまろ) (光る風の記憶)
言い訳と理由の区別わかぬまま嵐すぎゆくまでの禁煙
 
 
 
051:言い訳(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
あきらめるための言い訳探してた 君に出会った時からずっと
 
 
 
051:言い訳(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
言い訳をいくつも用意してたのに何も聞かれぬ心は遠い
 
 
 
051:言い訳(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
もう二度と猛獣なんて飼わないよそんな言い訳聞いたことない
 
 
 
051:言い訳 (流星文庫)
言い訳は好きです するのもされるのもベッドの横で聞いているのも
 
 
 
051:言い訳(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
言い訳をするのは嫌い する人も嫌い あなたのことだって、もう
 
 
 
051:言い訳(Yosh) (☆生短歌☆)
言い訳のすべてを吐き出し山となる 地獄のチャーハン泣きながら喰う
 
 
 
051:言い訳(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
開店の祝ひのタオル渡されて言ひ訳の多い料理店を出る
 
 
 
2009題詠blog051:言い訳(はづき生) (生さんま定食)
エイプリルフールあなたの言い訳はまるで本当のようにきこえる
 
 
 
051:言い訳(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
隕石が落ちてきたとか 言い訳を聞くのはつらい よく動く口
 
 
 
051:言い訳(理阿弥) (車止めピロー)
美濃菊の態とがましき大輪は去年(こぞ)の不義理の言い訳なるらむ
 
 
 
051:言い訳(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
後付の言い訳をずっと考えていた雨の晩に白ツツジ咲く
 
 
 
051:言い訳(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
あらかじめ用意されてた言い訳に甘んじていて潰される蠅
 
 
 
051:言い訳(かりやす) (彼方探訪)
言ひ訳をよしとせぬなど言ひ訳し言葉を尽くすことを怠ける
 
 
 
051:言い訳(藻上旅人) (創作のおと)
言い訳を今も独りでくり返す切なし思い行く場所も無く
 
 
 
051:言い訳(藻上旅人) (創作のおと)
言い訳を今も独りでくり返す切ない思い行く場所も無く
 
 
 
051:言い訳(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
予想屋の言い訳せるを聞き流し帰路は首筋さむき夕空
 
 
 
051:言い訳(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
言い訳は散る花びらに約束は三面鏡の奥の楓に 051:言い訳(題詠100首2009)
 
 
 
051:言い訳(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
腹周り容貌(かほ)に言ひ訳きかぬもの顕れやすき年齢(とし)とはなりぬ
 
 
 
051:言い訳(春待) (三感四音)
妻の名を間違え呼んで言い訳に困った男はケータイ隠す
 
 
 
051:言い訳(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
「言い訳が見つかりません」頑なに閉ざす心の外側の声
 
 
 
051:言い訳(原田 町) (カトレア日記)
言い訳は聞くふりをして激辛の麻婆豆腐テーブルに置く
 
 
 
051:言い訳(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
遠ざけた君だけどただ一度言い訳のなかったことが思い出される
 
 
 
051:言い訳(西野明日香) 再 (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
遠ざけた君がただ一度言い訳のなかったことが思い出される
 
 
 
051:言い訳(のびのび) (のび短歌)
用意した言い訳が揮発する頃に「そういえばさぁ」で始まる尋問 参照記事:051:言い訳
 
 
 
051:言い訳(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
言い訳を聞きたくなくて全力で駈けだした日のこわれた海馬
 
 
 
051:言い訳(こうめ) (はこにわ相聞歌)
言い訳を街に置きつつ見る夜景 次の逢瀬は森の底(そこい)で
 
 
 
051:言い訳(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
はらはらと落ちてくる言い訳ひろったらあのひとの本質でした
 
 
 
051:言い訳 (七十路ばば独り言)
裏切りの言い訳なんていらないわグッバイの賽私が投げる
 
 
 
051:言い訳(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
「心配だ」と素直に言えばいいものをしどろもどろと言い訳をする
 
 
 
051:言い訳(nnote) (白い箱から)
言い訳を積み重ねては崩してる初夏の図書館無音木漏れ日
 
 
 
051:言い訳 (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
四年前の今日突然に降り出した雨こそ言い訳だったと気付く
 
 
 
051:言い訳(フウ) (easygoing.)
苦しい言い訳温度で分かるはず だのにのぼせて許していたの
 
 
 
051:言い訳(祢莉) (suger drop)
流れ星見つけたんだとこんぺいとう渡す君の言い訳を許す
 
 
 
051:言い訳(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
切り分けるすべがないのを言い訳にひとつの梨を交互に齧る
 
 
 
051:言い訳(イマイ) (ゆびおり短歌)
言い訳はきみにはしない焼き鳥を口に入れつつ許されている
 
 
 
051:言い訳(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
まるで鰓呼吸するやう嘘を吐く言い訳もする生きてゆくため
 
 
 
051:言い訳 (水口涼子) (FANTASIA )
親を呼ぶメジロの雛を木の又に戻していたと言い訳されて
 
 
 
051:言い訳 (水口涼子) (FANTASIA )
親を呼ぶメジロの雛を木の又に戻していたと言い訳されて
 
 
 
051:言い訳(ゆき) (ひたぶる君を)
どうせならもっとおもろい言い訳をしてよ愛想もつきるくらいの
 
 
 
51:言い訳(都) (miya-momoの日記)
言い訳はしたくもないし聞きたくないけれど君とはつながっていたい
 
 
 
051:言い訳(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
言い訳とわかって許す星空はプラネタリウムの幻だから
 
 
 
051:言い訳 (村木美月) (うたりずむ)
言い訳を用意している帰り道とまどい揺れて乱反射する
 
 
 
051:言い訳(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
言い訳は するつもりなし 潔く 非を認めれば 道は開ける
 
 
 
051:言い訳(音波) (短歌のなぎさ)
「いいことがあるわけないさ」言い訳がかえって力になることがある
 
 
 
051:言い訳(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
二時間も言い訳すれば絶対にシェークスピアの語彙は越えてる
 
 
 
051:言い訳:(短歌サミット2009.にゃんにゃん) (短歌サミットブログ)
簡単に言い訳なんてしないでと大根おろしを一気飲みする
 
 
 
051:言い訳(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
顔をみてすぐに言い訳する僕に何も言ってないよと笑う君
 
 
 
051:言い訳(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
オルゴールぱじりぱじりと捲きながらつじつま合はぬ言ひ訳をせり
 
 
 
051:言い訳(ほたる) (ほたるノオト)
もう二度とあやまらないで言い訳は右の耳に流し込まないで
 
 
 
051:言い訳(青野ことり) (こ と り ご と)
こんな夜はなにをいっても言い訳にしかきこえない 声が遠いよ
 
 
 
051:言い訳(あみー) (正直なたましい)
サントリーホールで謝罪 言い訳をより美しく響かせるため
 
 
 
051:言い訳(tafots) (1年で1000首をつくる)
バカになる言い訳として酔っぱらう学生でした私は父は
 
 
 
51:言い訳(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
言い訳はくだらないから聞かないでただ「もしもし」が聞きたいなんて
 
 
 
051:言い訳(月下燕) (a swallow under the moonlight)
言い訳をする度星が遠ざかりもうあなたへと辿り着けない
 
 
 
051:言い訳(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
言い訳はたくさん思いつくけれどどれもすかすかですぐ割れる
 
 
 
051:言い訳(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
されたくないときもあるって思うからしなかったんだっていう言い訳
 
 
 
051:言い訳 (キャサリン)(コーラス♪(´・ω・`)カレンダー♪)
アンタって言い訳ばっかの人生で嘘で固めてそんナでいいわけ
 
 
 
051:言い訳(藤野唯) (Sugarmint)
言い訳をまだ続けてね白状はまだしないでね壊さないでね
 
 
 
051:言い訳(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
今日 僕の呆れた嘘と言い訳を載せロケットは月に届いた
 
 
 
051:言い訳(O.F.) (O.F.)
胸やけと上がり続ける気温だけホントなんだね あとは言い訳
 
 
 
051:言い訳(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
言い訳に苦しくなってあぶら汗にがてな人はまだ夢にでる
 
 
 
051:言い訳(都季) (31pieces)
言い訳はしない泣かないくじけない出来ないなんて絶対言わない
 
 
 
051:言い訳 (モノクローム文芸館)
下らない言い訳ばかり しみじみと 懐かしくなる 優しくなれる
 
 
 
051:言い訳(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
言い訳をされるならまだ大丈夫 わらう彼女の目尻の深さ
 
 
 
051:言い訳(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
ありふれた言い訳なんて聞きたくなかった 狐雨ならよかったのに
 
 
 
051:言い訳(emi) (時計をはずして)
百の言葉を連ねた言い訳が履歴のなかで点滅している
 
 
 
051:言い訳(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
言ひ訳のうは澄みだけを聞き流しアクアリウムにそよがせる耳
 
 
 
051:言い訳(佐藤羽美) (hinautamemo)
言い訳はランプシェードを滑り落ち今朝のわたしの頭上で割れる
 
 
 
051:言い訳(sora) (追憶~娘へ)
言い訳は口から出れば真黒なる煙となりて辺を漂ふ
 
 
 
051:言い訳(すいこ) (すいこのうたおきば)
言い訳より軽い涙がおちていく部屋の外ではまだ雨の音
 
 
 
051:言い訳(振戸りく) (夢のまた夢)
どう言っても言い訳になる状況にわたしがわたしを押し込めました
 
 
 
051:言い訳(市川周) (ミルミルを飲みながら)
まだ生きている言い訳に歌を詠む(きりがよいので七七はなし)
 
 
 
051:言い訳(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
言い訳は懲役2年6ヶ月執行猶予3年の刑
 
 
 
051:言い訳(遥遥) (たんかのきりかた2)
いつか来るその日のための言い訳を考えるだけの世界はまわる
 
 
 
051:言い訳(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
言い訳とキスが上手になっていた赤の他人じゃないだけのひと
 
 
 
051:言い訳(村上はじめ) (雑感)
仕事だと言い訳されると寂しくて私の時間がぽっかり浮いた
 
 
 
051:言い訳(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
男なら格好つけろ女なら感じろという歌は言い訳 ○ほんとはその歌のタイトル、「いいわけ」なんですけど。ごめんシャ乱Q
 
 
 
051:言い訳(Re:) (プリズム)
君といるための言い訳だったんだ 好きなんて言ってほんとごめんね
 
 
 
051:言い訳(間遠 浪) (少女らせん)
産み人知らずの言い訳さえも認知して耳は育てる 六月の雨
 
 
 
051:言い訳(酒井景二朗) (F.S.D.)
言ひ譯で成り立つてゐる人生が腐臭を放つ會議室内
 
 
 
051:言い訳(橘 みちよ) (夜間飛行)
子のためと言ひ訳しながら別れない定番なれど子には迷惑
 
 
 
051:言い訳(こゆり) (おかっぱ短歌)
あいしてる 言い訳みたいに響くけど言われないよりマシだったかな
 
 
 
051:言い訳(木下一) (ワイワイやってる暇はねえ!)
参照記事:051:言い訳 言い訳を何回しても無理かもな 取調室には君のパンティ
 
 
 
051:言い訳(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
不甲斐無い御前試合の言い訳を事前に準備堕落する武士
 
 
 
051:言い訳(珠弾) (seven seas tac)
言い訳のシナリオ完成したときにゲリラ豪雨の襲撃に遭う
 
 
 
051:言い訳(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
君に会う理由を探していたけれどどれも言い訳みたいになった
 
 
 
051:言い訳(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 「言い訳じゃないんだけどさ」ウォーリーをみつけたときとおんなじ声で
 
 
 
051:言い訳 (みなと) (海馬)
蝉が鳴き始めたことは言い訳にもならないだろう テーブルの水
 
 
 
051:言い訳(暮夜 宴) (青い蝶)
言い訳をすればとうもろこしの穂はまたひとときを風にざわめく
 
 
 
051:言い訳(花夢) (花夢)
そのうちに月へ帰るからっていう言い訳をして嫁に行かない
 
 
 
051:言い訳(志井一) (日記ホプキンス)
言い訳をするのは男らしくない 男らしさは問われていない
 
 
 
051:言い訳(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
あのねでもだってちがうの言い訳と星型ピノがおちてゆく夜
 
 
 
051:言い訳(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
もうすこしクールな顔をしてなくちゃ うまい言い訳考えなくちゃ
 
 
 
051:言い訳(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
寝不足の休日出勤安穏な週末のために十の言ひ訳
 
 
 
051:言い訳(桑原憂太郎) (憂太郎の短歌Blog)
教頭に生徒指導の案件を報告するうち言い訳となる
 
 
 
051:言い訳(駒沢直) (題詠blog参加用。)
言い訳を溶かして飲ます泡盛が青い毒なら子宮も染まる
 
 
 
051:言い訳(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
言い訳になるから黙ってたけど、ってあとで言うよな梅雨の戻りは
 
 
 
051:言い訳(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
言い訳は半永久だ ブックオフタレント本の棚でおやすみ
 
 
 
051:言い訳(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
言い訳を太古の誰か口にしてY染色体傷つけたまま
 
 
 
051:言い訳(しおり) (ヒロの独り言)
つじつまの合わぬ言い訳する人の心の色は灰色だろう
 
 
 
051:言い訳(紫月雲) (resume 1970-2009)
言い訳の言い訳すれば薄紅のくちびるだけが巨大になりぬ
 
 
 
051:言い訳(斗南まこと) (野ウサギのように)
言い訳をされるつもりで待っていたわたしの肩に今、雨が降る
 
 
 
051:言い訳 (一夜) (短歌るBlog)
言い訳をする吾子の目に宿りたる 嘘で固めた揺れるとまどい
 
 
 
051:言い訳(岡本雅哉) (なまじっか…)
はりきって燃えすぎだから夕日まで帰りたくない言い訳じみて
 
 
 
051:言い訳(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
この部屋で言い訳していた バス停に最終バスが停まった気配
 
 
 
051:言い訳(本田鈴雨) (鈴雨日記)
言ひ訳をしないをとこに言ひ訳はときに必要なるををしへる
 
 
 
[短歌][2009] 051:言い訳(ezmi) (語りえぬことを。)
言い訳も謝罪もできずどこまでも弱さのみ振りかざす戦争
 
 
 
051:言い訳(ノサカ レイ) (のーずのーず)
終わりの日きみの口から聞きたいよ世界でいちばん綺麗な言い訳
 
 
 
051:言い訳(吉里) (梢は歌う)
言い訳で成り立っているようなもの私の今は明日も見えずに
 
 
 
051:言い訳(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
言い訳はしなくていいよ 好きだからあたしの鉛筆とったんでしょう
 
 
 
051:言い訳(香-キョウ-) (Sky on Blue)
言い訳と嘘の境目立たされて 押し黙るしか術はないのか
 
 
 
051:言い訳(ゆふ) (ゆっくりん)
言い訳をしないと決めたあの日から やさしくなれたそんなきがする
 
 
 
051:言い訳 (お気楽堂) (楽歌三昧)
遅刻した言い訳としてアゲンストはゴルファーだって受け付けません
 
 
 
051:言い訳(おっ) (だいえいの短歌専門店)
言い訳をする舌の根を引き抜かれ言い訳しない舌を植えられ
 
 
 
051:言い訳(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
誰よりもじょうずな言い訳だったから二度と君とは会わないでしょう
 
 
 
051:言い訳(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
言い訳をするとなお叱られるから沈黙するよう変わったわたし...
 
 
 
051:言い訳(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
ごめんねのあとの言い訳この前も言ってたことに気づかない君
 
 
 
051:言い訳(小林ちい) (ゆれる残像)
笑っちゃうくらいに下手な言い訳をあなたの膝でまた聞いている
 
 
 
051:言い訳(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
寂しさの気紛らわしでないのならせめて言い訳聞かせて欲しい
 
 
 
051:言い訳(やすまる) (やすまる)
まだなにか残っているか曖昧な言い訳をしてもらえるほどの
 
 
 
051:言い訳(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
踊れない言ひ訳さがしているうちは瀕死の白鳥踊れないまま
 
 
 
051:言い訳(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
遅くても許してしまう言い訳は「大きな月に見とれてたから」
 
 
 
051:言い訳(扱丈博) (取扱)
しかたなく、グロスの光る唇のごとき言い訳に今日もキスする
 
 
 
051:言い訳(伊藤真也) (クラッシュボク)
言い訳を探して歩く砂利道にぐらめきながらごめんごめんね  
 
 
 
051:言い訳(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
だけどさあ、タマネギが目にしみてとか言い訳するのはドラマの見すぎ。
 
 
 
051:言い訳(惠無) (なんでもない一日)
やわらかい言の葉つむぎ言い訳を奏でるなんて憎らしいひと
 
 
 
051:言い訳(村本希理子) (きりころじっく2)
言ひ訳を考へてゐる午後3時 今年のドングリ落下が早い
 
 
 
051:言い訳(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
キスをするきっかけ探し夜はふけてキスした言い訳朝に探して
 
 
 
051:言い訳(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
エビチリがここのか続く。 「太陽がまぶしかった」 と、君の言い訳。
 
 
 
051:言い訳(今泉洋子) (sironeko)
言ひ訳もできないくらゐ空は澄み秋のまなざしに抱かれてゐる
 
 
 
051:言い訳(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
言い訳もできないほどのスピードで欠けていく月 もう届かない
 
 
 
051:言い訳(内田かおり) (深い海から)
雨降りを言い訳にして閉じ籠もる耳に沁みゆく雨音がある
 
 
 
051:言い訳(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
言い訳も逃げ道だって作れたさ 君に会う前までの俺なら
 
 
 
051:言い訳(だや (それから人鳥の朝食を買いに)
言い訳を三回すればチョロQのバスに轢かれて君に会えない   
 
 
 
051:言い訳(天国ななお) (お月様は許さない)
だんだんとうまくなってく言い訳は僕らの距離をあらわしている
 
 
 
051:言い訳(Ni-Cd) (反実仮想)
言い訳がほころび梅が咲いてゆき赦されなくて卒業の朝
 
 
 
051:言い訳(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
言い訳に猫が出てきたら要注意犬なんかだとさらに最悪
 
 
 
051:言い訳(kei) (シプレノート)
長い長い言い訳を考えていた 明るさを増す十三夜月
 
 
 
051:言い訳(都) (miya-momoの日記)
言い訳はしたくもないし聞きたくないけれど君とはつながっていたい
 
 
 
051:言い訳(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
笑いつつ言い訳する君嫌いです明日私は居なくなります
 
 
 
051:言い訳(只野ハル)再投稿 (Ordinary days)
さあどうしよう始める前にもう考える言い訳嫌な癖
 
 
 
051:言い訳(鯨井五香) (くじら(独唱))
くしけずる指に黒髪やわらかく編み込んでゆく僕の言い訳
 
 
 
051:言い訳 (夢雪) (浪漫)
言い訳も泣き言もせず絶唱を我が君心を安んじ給え
 
 
 
051:言い訳(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
一冊を言い訳つくすものがたりぱたんと閉ぢて風起こしたり
 
 
 
051:言い訳(さと) (すばらしい日々)
気が多いのに嘘や言い訳は下手な働き者の男に惚れ
 
 
 
051:言い訳(寺田ゆたか) (永訣のうた)
言ひ訳くることもなくして閉づる目に泪浮かべり真夜の病床
 
 
 
051:言い訳(茶葉四葉) (ゆざまし)
辻褄もあってはいるし明るいし聞き入れたいが、キミの言い訳
 
 
 
051:言い訳(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
今望んでしていることも終わったらたぶんさみしい言い訳になる
 
 
 
051:言い訳(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
  言い訳もいってくれない朝がくるたぶんやさしいつもりの椿    
 
 
 
051:言い訳(緒川景子) (ezomijikauta)
たぶんもう二度と会わない人だから心に残る言い訳をする
 
 
 
051:言い訳(桶田 沙美) (31Words Runner)
日曜日君が彼氏と歩いてたその言い訳は惚気ですよね?
 
 
 
051:言い訳(ぱん) (向日葵 と 月)
 
 
 
 
051:言い訳(ぱん) (向日葵 と 月)
言い訳をしてよ わたしもきみも悪くないって思うしかないほどの
 
 
 
051:言い訳 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
言い訳のできぬことです神さまが強いたわけではないのですから
 
 
 
051:言い訳(田中ましろ) (ましたん)
繰りかえす延命治療 言い訳をかき消すように抱きあい眠る
 
 
 
051:言い訳(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
言い訳がうまくなったとおもいつつ子がオムレツを崩すをながむ
 
 
 
051:言い訳(みち。) (滑空アルペジオ。)
もうすこし生きる気になり神様にする言い訳をかんがえている
 
 
 
051:言い訳 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
 うつくしい言い訳ひとつおもいつく使ってみたい踏みはずそうか
 
 
 
051:言い訳(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
正論のように言い訳を繰り返しからっぽの部屋に取り残されてる
 
 
 
051:言い訳(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
告白も言い訳めいて濁りなき五月の空に速度を落とす
 
 
 
051:言い訳(フワコ) (きくとわたし)
ひとつづつ落ち度を指摘されるたび言い訳ひとつ探しに行きぬ
 
 
 
051:言い訳(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
もうしわけ程度に添えたかすみ草が言い訳もせず萎れてしまう
 
 
 
051:言い訳(星川郁乃) (Air Station)
ラベルには「潔さ」と書く 言い訳をするほど大事とは思えずに
 
 
 
51:言い訳(HY) (天然通信)
言い訳は貴方を守る為なのと自分を守る言い訳を吐く
 
 
 
051:言い訳 みぎわ (たづたづし)
どのやうにとり繕へども言ひ訳の見苦しかれば黙(もだ)してをりぬ
 
 
 
051:言い訳(ME1) (FILL mobile)
  即席なコンビニ仕様の言い訳に染まって紫黒濁りのアラフォー
 
 
 
051:言い訳(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
雨音が強くて何も聞こえずにとぼける午前二時の言い訳