この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
019:ノート(蓮野 唯) (万象の奇夜)
ノートにも格差があって色柄で綺麗に書いたり書かなかったり
 
 
 
019:ノート(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
若き日の歌綴りたるノート出れば資料整理はひとまず終えむ
 
 
 
019:ノート(船坂圭之介) (kei's anex room)
天涯にひとりのよわき我がためのノート奪ふな激たる嵐
 
 
 
019:ノート(ひじり純子) (純情短歌)
大判の大学ノートに線を引き家計簿であり備忘録とす
 
 
 
019:ノート(みずき) (空)
ノートとふ余白も筆も恋さへも破り捨てたる十八歳(じゆうはち)の海
 
 
 
019:ノート(うたまろ) (五と七と五と七と七)
精神のノートに書きなぐるのは苦痛 ぼくは無力じゃないさ 笑顔を
 
 
 
019:ノート(jonny) (ボーダーを見つめながら)
特別なノートの中に特別な言葉を3つ閉じ込めなさい
 
 
 
019:ノート(jonny)(再投稿) (迂闊な夜の真ん中で)
特別なノートの中に特別な言葉を3つ閉じ込めなさい
 
 
 
019:ノート(アンタレス) (思い出ずるままに)
三十年拙歌書き止むノートをば手術の前に認むを悔い
 
 
 
019:ノート(根無し草) (根無し草)
ノートには 憎しみいっぱい 書いてある いつの間にやら これで5冊目
 
 
 
019:ノート(小早川忠義) (Just as I am Returns)
外套を脱げばかの時君のつけしラストノートの鼻をくすぐる
 
 
 
019:ノート(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
ミクシにも書けない想いハングルで綴ったノート なに書いたっけ?
 
 
 
019:ノート(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から)
ノート型PC抱(いだ)き売りに行くときPCは啼くに非ずや
 
 
 
019:ノート(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
ノートから勝手に愛が溢れだし勉強をする気になれません
 
 
 
019:ノート(じゅじゅ。) (rahasia2 ~題詠blog2009~)
立ちのぼるトップノートのなつかしき南国の花 きみ色の夜
 
 
 
019:ノート(柴田匡志) (スタートライン)
初めての新車は日産ノートにて納車の日にはそわそわしてる
 
 
 
019:ノート(ひいらぎ) (ひいらぎのゆっくり短歌日記)
引き出しの奥にしまったあのノート終わった恋をまだ振り返れない
 
 
 
019:ノート(松木秀) (わたしよきみの風景であれ)
2ちゃんねるに「チョン死ね」などと書きなぐりノートパソコン荒んで閉じる...
 
 
 
019:ノート (穴井苑子) (猫のように純情)
ノートには孤独で熾烈な睡魔との闘いのみが記されている
 
 
 
019:ノート(ウクレレ) (十線譜)
まっしろな地図をノートに描き写し君まで辿り着けずに泣いた
 
 
 
019:ノート(眩暈丸) (コギト過剰の歌)
ノートにはジャック・デリダの哲学とパラパラ漫画同居していた
 
 
 
019:ノート〈佐藤紀子) (encantada)
乙姫様のノートに書かれし愛の詩が死後の太郎の光なるべし
 
 
 
019:ノート(ぽたぽん) (今日には今日を 明日には明日を)
ノートならいつでも見せてあげるよと誰にでも言うあなたがキライ
 
 
 
019:ノート(わだたかし) (ファミレス短歌)
真っ白なノートに最初のひと文字を落とすみたいな別れのコトバ
 
 
 
019:ノート(かりやす) (彼方探訪)
桜越しに見上げるそらの日本人アストロノートの船外活動
 
 
 
019:ノート(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
制服の頃にそうしていたように罫の細めのノートを選ぶ
 
 
 
019:ノート(月下燕) (a swallow under the moonlight)
そうなっていたかもしれぬ薄桃のノートに残るあの人の姓
 
 
 
019:ノート(木村比呂) (*さよなら小鳩)
開いても砂嵐しか映さない実験ノートを静かに倒す
 
 
 
019:ノート(陸王) (Always Walking with Yu)
このノート M子が持っていてほしい 2ヵ月だけの交換日記
 
 
 
019:ノート(はこべ) (梅の咲くころから)
新しきノートを開き深呼吸 きみと一緒にこの道行かん
 
 
 
019:ノート(八朔) (I am still here ... われひとりゐて)
言の葉に笑みを包んで仕舞い擱くノートの角を舐めてはならぬ 
 
 
 
019:ノート (井手蜂子) (蜂歌/Hello,Mr.Darkness.)
鍵盤はくづれるように叫びだす地下室に鳴くブルー・ノート
 
 
 
019:ノート 行方祐美 (フーガのように)
しんしんとノートの表紙は冷えていつ神の零せし人生のように
 
 
 
019:ノート(梅田啓子) (今日のうた)
生前に母はノートに記したりき「香典返しは敷布にすること」
 
 
 
019:ノート(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
四月から大学生のひとに告ぐ ノートはナンパアイテムになる
 
 
 
019:ノート(マトイテイ) (ようこそ 纏亭へ)
aが抜けたI haave ノート 交換す あの頃僕らは優しかったさ
 
 
 
019:ノート(みつき) (みそひと :: misohito ::)
提出す ノート最後にラブレター 君の評価は「よく書けました」
 
 
 
019:ノート(伊藤夏人) (やわらかいと納豆2009)
ノートには写しきれないスピードで君もどんどん擦り減ってゆけ
 
 
 
019:ノート(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
駿河湾の深い所に沈めたい余白の多いキャンパスノート
 
 
 
019:ノート(久哲) (久哲の適当緑化計画。)
ノートには鍵をかけてね危ないよ僕は愉快な複写猫 みゃお
 
 
 
019:ノート (minto)  (@100@)
便箋にノート鉛筆ケイタイと恋の道具は準備万端
 
 
 
019:ノート (佐東ゆゆ) (Putting Holes in Happiness)
開閉のたびにノートを切り刻み誰かさんが黄昏に恋をする にほんブログ村
 
 
 
019:ノート (新井蜜) (暗黒星雲)
校門の前でひろったB4の赤いノートの読めない絵文字
 
 
 
019:ノート(ME1) (FILL mobile)
  キーノートこぼれた音符歌い出すマーチは弾む連弾スカイ
 
 
 
019:ノート (水口涼子) (FANTASIA )
二枚目の中ほど過ぎて書きさしのノートように二人黙れば
 
 
 
019:ノート(鹿男) (もえないゴミ箱)
かいていることを 君には教えない ノート捨てられたくはないから
 
 
 
019:ノート(風天のぼ) (でんでんむしの夢)
推敲の跡をたどってみるノート最初の歌は下手だけどいい
 
 
 
019:ノート(日向弥佳) (黒猫ときんぎょ)
しあわせになりたくてきたノートルダム寺院で祈る私の未来
 
 
 
019:ノート(ジテンふみお) (雲のない日は)
新しいノートも買ってあげましょう学期の移る色に合わせて
 
 
 
019:ノート(天野ねい) (三十一文字の毒薬)
メガネにはメガネのケース タバコにはシガレットケース コトバにノート
 
 
 
019:ノート(西野明日香) (水の中のASIAへ(短歌な毎日))
君はもう捨てただろうかぼくたちが記した誤字脱字だらけのノート
 
 
 
019:ノート(ふみまろ) (光る風の記憶)
基督教徒(クリスチャン)に非ざれどわが跪きつひに祈りし大ノートルダム
 
 
 
019:ノート(わたつみいさな) (乱切りくじら)
見開きのノートの頁に写し取るあなたが逝った春の残り香
 
 
 
019:ノート(わたつみいさな) (乱切りくじら)
見開きのノートの頁に写し取るあなたが逝った春の残り香
 
 
 
019:ノート(庭鳥) (庭鳥小屋へようこそ)
どんな色してるのですかパリの空ノートルダムにかかる日差しは
 
 
 
019:ノート(只野ハル) (Ordinary days)
同じ事 ペンとノートと ノートパソ 同じに書けぬ 考えてみる
 
 
 
019:ノート(都季) (31pieces)
「これから」をきちんとこの手で描くため青い表紙のノートを買おう
 
 
 
019:ノート(はしぼそがらす) (紆余曲折)
春だから家人にノート頼みましょう菜の花などを描いてみましょう
 
 
 
019:ノート(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
いつからかノート代はりとなりにけるPCなくば暮らし立たずも
 
 
 
019:ノート(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
短針のパラパラマンガめくるノートと雨音だけでできた月曜
 
 
 
019:ノート(ぷよよん) (冷静と情熱のあいだ)
一番の問題児だったきみからの「ありがと」だけのノートの切れ端
 
 
 
019:ノート(原田 町) (カトレア日記)
ノート型パソコン汝は進化してわれの代わりに歌を詠まんか
 
 
 
019:ノート(森山あかり) (言葉の花かご)
ノートには正直だったはにかみ屋成人しても基本変わらず
 
 
 
019:ノート(藻上旅人) (創作のおと)
今になりノートを開く僕がいて君の名前が書かれていない
 
 
 
019:ノート(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
もう開くこともないのに捨てられぬノートにいくつ詩人の名前
 
 
 
019:ノート(暮夜 宴) (青い蝶)
ルーズリーフのノートから溢れだすIndexじゃ仕切れないもの
 
 
 
019:ノート(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
   きっかけは「ノートのコピー取らせてよ」君の下心にまんまと掛かれり
 
 
 
019:ノート(音波) (短歌のなぎさ)
いっぱいに指を広げてA4のノートの横幅ぐらいの手ですね
 
 
 
019:ノート(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
つくづくし飼ひ殺したる憧憬を放つノートの罫線の消ゆ
 
 
 
019:ノート(たざわよしなお) (世界を翻訳するための試み)
脳内に暴れるコトハ狭苦し侭C罫ノートを貫かん程
 
 
 
019:ノート(イマイ) (ゆびおり短歌)
すみずみに雨の気配は満ちていて祈りのようにノートを選ぶ
 
 
 
019:ノート(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
おわった日携帯ノート青色の罫に最後の星を刻んだ
 
 
 
019:ノート(Yosh) (☆生短歌☆)
デスノートの切れ端 時計に隠し持ち 書き人の命 ここに終了death
 
 
 
019:ノート(じゃみぃ) (じゃみぃのうた)
乱筆のノート一冊書き終えて時たてばこれ思い出になり
 
 
 
019:ノート(藤野唯) (Sugarmint)
放課後の廊下でノートの切れ端にラブレターの返事をもらった
 
 
 
019:ノート(花夢) (花夢)
つまらない日本史みたいな揉め事をノートにまとめておしまいにする
 
 
 
019:ノート(祢莉) (suger drop)
ノートンが遮断してゆくパソコンを通して君が送る信号
 
 
 
019:ノート(新田瑛) (新田瑛のブログ2)
新しいキャンパスノートの罫線のようにほのかでまっすぐであれ
 
 
 
019:ノート(伊藤真也) (クラッシュボク)
皺寄った手のひらノート代わりにして孫の名前を覚え書きする  
 
 
 
019:ノート(都) (miya-momoの日記)
説明をしながらちらりと先方のノートを掠め見 不安が募る 
 
 
 
019:ノート(畠山拓郎) (あいうえおあお)
病棟で缶詰になり詩(うた)を書くベッドの上にノートパソコン
 
 
 
019:ノート(月下  桜) (*月下  桜 の 世界*)
授業中の時閉じ込めたノートたち使わないけど捨てられなくて
 
 
 
019:ノート(詠時) (短歌の花道)
真新しいノートに書き込む一文字をためらうような二人の沈黙
 
 
 
019:ノート(キヨ) (ぼくはこんなことが好き。)
後悔をしたらいいのにストレスのはけ口として買われたノート
 
 
 
019:ノート(チッピッピ) (うたよみブログ)
ノートには父の最期のメッセージ「サンガツキチジツ アリガトウ」の文字
 
 
 
019:ノート(キャサリン) (コーラス♪(*^▽^*)カレンダー♪)
病院の母のノートに先生や看護婦さんの名前が記さる
 
 
 
019:ノート(キャサリン) (コーラス♪(*^▽^*)カレンダー♪)
病院の母のノートに先生や看護婦さんの名前が記さる
 
 
 
019:ノート(天国ななお) (お月様は許さない)
この歌はライナーノートに失恋の曲とあるけど僕は楽しい
 
 
 
019:ノート(春待) (三感四音)
ふむふむと君の講義を受ける僕手元のノートに羅列する「スキ」
 
 
 
[短歌][2009] 019:ノート(ezmi) (語りえぬことを。)
もう二度と読み返すことの無いノート空っぽの部屋ひえびえと春
 
 
 
2009題詠blog019:ノート(はづき生) (生さんま定食)
灰色のノート真っ赤なマジックで日々の気持ちをしたためている
 
 
 
019:ノート(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
春からはツバメノートに守られて モラトリアムの終焉までを
 
 
 
019:ノート(虫武一俊) (無足場ワンダーランド)
両親が脳内ノートに残ってた時代遅れの基準でなじる
 
 
 
019:ノート (斉藤そよ) (photover)
どこからというのでもなく霧が来て犬とノートを抱く下弦夜 (2009.03.19)
 
 
 
019:ノート(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
「圏外」になったこころで抱き合ったアストロノート《コスモスよ、咲け、》
 
 
 
019:ノート (ゆり) (森の歌)
真っ白いノートこのままよごさずに持ってるだけで時々ひらく
 
 
 
019:ノート(O.F.) (O.F.)
古ノートのボールペンの膨らみを昨日からもう五回なぞった
 
 
 
019:ノート(青野ことり) (こ と り ご と)
さようなら そしてひとりの街角にラストノートのムスクが香る
 
 
 
019:ノート(太田ハマル) (とっても短い今日の歌)
再生のためにノートを押さえつけ白くなるまでページを破る
 
 
 
019:ノート(みずたまり) (劣等性な優等生の本音)
 教科書と恣意に詠、稚児王、英知(C2H5OH) 化学のノートに君の似顔絵
 
 
 
019:ノート(ゆふ) (ゆっくりん)
彩(いろ)褪せしお絵かきノートに闘へるおばけの母と怪獣の父
 
 
 
019:ノート(ことり) (歌)
ノート買うときがしあわせ丸ごとの世界を買うって雰囲気がして
 
 
 
019:ノート(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
階段を降りて静かな店なりきブルーノート堅き椅子に聴きゐて
 
 
 
019:ノート(加藤サイ) (啖呵きって頂戴)
もう愛しあえない理由を約100個ノートに並べた それくらい好き
 
 
 
019:ノート(TIARA) (**JEWELRYBOX**)
ぼろぼろの汗と涙が染み込んだスコアノートは青春だった
 
 
 
019:ノート(吉里) (梢は歌う)
パラパラとめくるノートに書きかけの中途半端な想いと言葉   
 
 
 
019:ノート(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
雨音をしるす音符のならびに泣いているようね捨てられたノート
 
 
 
019:ノート(ほたる) (ほたるノオト)
結局は使われぬまま棄てられるノートに貼ったプリクラを剥ぐ
 
 
 
019:ノート (村木美月) (うたりずむ)
愛しかた間違えたって気づく夜ラストノートが髪を撫でてく
 
 
 
019:ノート(空色ぴりか) (美利河的題詠百首2009)
たぶんそれは俺のノートだ使いかけの青い表紙の7ミリ罫の
 
 
 
019:ノート(間遠 浪) (少女らせん)
やわらかくなってゆくんだノートには少年名詞ばかり集めて
 
 
 
019:ノート (タンカコタンカ 題詠篇)
ノートには思い出がつまりすぎていて思わず端からがぶりとやった
 
 
 
019:ノート(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
ジャスミンのミドルノートに移るころ母とのいさかひゆるく治まる
 
 
 
019:ノート(笹本奈緒) (ニダンカイサセツ)
麦茶箱、いや冷蔵庫 手つかずのノートのようにぱたりぱたりと
 
 
 
019:ノート(こうめ) (はこにわ相聞歌)
『文学史』ノートはときどき途切れゐし 君に逢ひたる次の時代は
 
 
 
019:ノート(健太郎) (モノクローム文芸館)
"さよなら"とノートに書いて笑ってた 別れ 卒業 桜の続き
 
 
 
019:ノート(ノサカ レイ) (のーずのーず)
道端に落ちてる汚いノートにも5分で話せぬドラマがあります
 
 
 
019:ノート(村本希理子) (きりころじっく2)
麗しきフットノートの配置あり 老眼少し進みたる目に
 
 
 
019ノート (惠無) (なんでもない一日)
遠ざかる想いとともにちっぽけな文字を並べたノートを閉じる
 
 
 
019:ノート(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
引きこもる心にひとつwww(World Wide Web)ノートPCの窓
 
 
 
019:ノート(迦里迦) (香飄)
かの悔いはかがまりて歌ノート燃す夕さりの夢ゆましてせつなし
 
 
 
019:ノート(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
おしゃべりに夢中な君の机から滑るノートがスローモーション
 
 
 
019:ノート(ゆうごん) (夕星のうた)
まっさらなノートに春のいろえんぴつ詰めたらはやく、もう始まるよ
 
 
 
019:ノート(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
あたらしいノートに折り目つける時したたり落ちる雨はじめての
 
 
 
019:ノート(橘 みちよ) (夜間飛行)
グラスもつ疲れし指の爪あれてブルーノートはしつくり過ぎで
 
 
 
019:ノート(振戸りく) (夢のまた夢)
売れ筋の東京大学ノートとか東大チョコを買いに行くだけ
 
 
 
019:ノート(冥亭) (《冥亭倶楽部》 the snow-ball planet)
肌黒きプレジデントの誕生はブルーノートが廃れたるのち
 
 
 
019:ノート(nene) (セイント☆オゼウサン かばんの中身ご開帳編)
答えならそのノートの中書いてある イエスとノーとそのどちらとも ○駄洒落に走るのは加齢の証ですよ
 
 
 
019:ノート(A.I) (Private Window)
追い討ちのようにノートを押し付けた言葉を武器とする人の影
 
 
 
019:ノート(酒井景二朗) (F.S.D.)
分別を恃まず生きる思春期のひとりひとりが持つデスノート
 
 
 
019:ノート(あみー) (正直なたましい)
世界から忘れられててほっとする 3ページだけ使ったノート
 
 
 
019:ノート (七十路ばば独り言)
パソコンに打ち込む前に鉛筆で大学ノートに書いてる歳だね
 
 
 
019;ノート (沼尻つた子) (つたいあるけ)
デスノートに記したき名をただひとつ抱き深更の新宿をゆく
 
 
 
019:ノート(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
閉じたまま雪に埋もれたノートたちポラロイドカメラで探知できるの?
 
 
 
ノート (木下一(元くまさん)の短歌ブログ)
君の風ではためくノート飛びかたを忘れた僕の落書きが飛ぶ
 
 
 
019:ノート(岡本雅哉) (なまじっか…)
知るかバカ!こんなに顔が近いのに「入れた?ノートンアンチウィルス」
 
 
 
019:ノート(遥遥) (たんかのきりかた2)
一冊のノートを最後まで使ういったいいつのことだったろう
 
 
 
019:ノート(nnote) (白い箱から)
落書きが落書きを呼び真っ黒になってしまったノートと暮らす
 
 
 
019:ノート(蝉の声) (蝉の声)
後ろから「トノートノー」と呼ぶ声は日系ブラジル人の喜田さん
 
 
 
019:ノート(穂ノ木芽央) (白紙委任状)
地下フロアからやさしき匂ひルノートルさうだあんな奴(の)忘れてしまへ
 
 
 
019:ノート(英田柚有子) (阿呆船)
めちゃくちゃに歩いてみたい 真っ白のままのノートだって持たずに
 
 
 
019:ノート(新野みどり) (明日は明日の風が吹く)
先生の言葉をノートに書きとめる抱いた夢をかなえるために
 
 
 
019:ノート(ゆき) (ひたぶる君を)
ひと冬の恋の記憶を積み込みて遠ざかりゆくスノートレイン
 
 
 
019:ノート(こゆり) (おかっぱ短歌)
手つかずの課題ばかりが山積みでノートの端に書くその名前
 
 
 
019:ノート(フウ) (easygoing.)
使いかけのノートをすぐに捨てないでエコでもあれど記憶のために
 
 
 
019:ノート(月夜野兎) (明日 晴れるといいな)
気に入って買ったノートは使えずにまっさらなまま色褪せてゆく
 
 
 
019:ノート(やや) (言の葉たち)
この先に何を描こう出発(たびだち)の朝に描いた大学ノート
 
 
 
019:ノート(やや) 再投稿 (言の葉たち)
この先に何を描こう出発(たびだち)の朝にひらいた大学ノート
 
 
 
019:ノート(理阿弥) (車止めピロー)
宙海でコスモノートの伝言が漂う永久(とわ)に わたしはカモメ
 
 
 
019:ノート (若崎しおり) (ふたつのおでこ)
  する前に伝えたかったことがありノートで指を切った放課後  
 
 
 
019:ノート(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
青春は昔スコット・ノートンにムタが使った毒霧の色
 
 
 
019:ノート(ひわ) (十三夜)
でもすごく幸せだった 綴らずにいられなかったノートを閉じる 
 
 
 
019:ノート(駒沢直) (題詠blog参加用。)
かたくなですべての想い死語になる大学ノートでつけた日記は
 
 
 
019:(文) (f_blueな日々 題詠blog)
萌えそめし春草をわけ踏査するフィールドノートのインクのにじみ
 
 
 
019:ノート(新津康) (GARDEN DRAGON)
授業のノートは取らなかった。貴女を見ていたから。淡い初恋。
 
 
 
019:ノート(にいざき なん) (改題「休まないで歩けとチーターが言ったから」)
五線譜をノートに使う君が好きさ、国語のエチュード丸文字でファ!
 
 
 
019:ノート(さと) (すばらしい日々)
けふもノートのはじにパラパラマンガかく  いまわのきわ かぜのふけば
 
 
 
009:ノート(たかし) (象の鼻)
半袖の女の言葉ノートするときどきひとりどきどき微風
 
 
 
019:ノート(たかし)再送 (象の鼻)
半袖の女の言葉ノートするときどきひとりどきどき微風
 
 
 
019:ノート(村上はじめ) (雑感)
まっさらなノートに綴った希望の字右肩あがりで力強い
 
 
 
019:ノート(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
ノートにはレシピとタンスにあるものと別れの言葉書いてきました
 
 
 
019:ノート(かずみん) (ふわふわ卵のオムライス)
Y君て誰だったっけ? イニシャルじゃ思い出せない交換ノート
 
 
 
019:ノート(鴨居) (鴨居短歌)
雨の日に拾ったノート最初のページ滲んだ言葉で「ここからはじまる」
 
 
 
019:ノート(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
3冊目のノートに書いた毎日の天気や風やきみの様子や
 
 
 
019:ノート(香-キョウ-) (Sky on Blue)
捨てられない 落書きだらけ学生時ノートは私の変わらぬ足跡
 
 
 
019:ノート(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
かつて吾(われ)大学ノートを与えられいたずら書きして字を覚えたり...
 
 
 
019:ノート(兎六) (一人暮らしの日記)
八月の帰省のときに片付けたノートは古い本のにおいで
 
 
 
019:ノート(こはく) (プラシーボ)
言いきってしまえたらいいまっさらなノートにつける正しい折り目
 
 
 
019:ノート みぎわ (たづたづし)
霊猫香(れいべうこう)、アンバー、ムスク、勝負服はアニマルノートを強めに垂らす
 
 
 
019:ノート(のびのび) (のび短歌)
いつの日か歌になれると言葉たち信じて待つよノートの中で 参照記事:019:ノート
 
 
 
019:ノート(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
童貞の頃のノートに残る歌詞 カーラジオからスローバラード
 
 
 
019:ノート(宮田ふゆこ) (ソーダ・ファウンテン)
漫画家を目指したでしょう罫線の無いノートにも描けていたなら
 
 
 
019:ノート(こけもも) (hotchkiss)
わるいくせノートパソコン唸ってるああ限界が近づいてくる
 
 
 
019:ノート(羽うさぎ) (羽うさぎの日記帳)
青空にかざすノートを手渡されそっと開けば夏がはじける
 
 
 
019:ノート(ゆら) (コトのはじっこ。)
曲線を描く度思い出すでしょう 数学Bのノートの秘密
 
 
 
019:ノート(市川周) (ミルミルを飲みながら)
とりたてて言うこともなく遺書としてノートの端にパラパラ漫画
 
 
 
019:ノート(21世界SUZUTO) (夏山千歳の手記)
掌に収まる気持ち お手軽ね ノートパソコンを閉じたみたい
 
 
 
019ノート(しおり) (ヒロの独り言)
この文字を書いたあなたはもういないノートに浮かぶ悲しい笑顔
 
 
 
019:ノート(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
リングノートのリングを指でなぞりつつ在るはずもない未来を思う
 
 
 
019:ノート(美久月 陽) (白月夢)
3ヶ月書き写してたノートには泣く子も黙る魏志倭人伝
 
 
 
019:ノート(Re:) (プリズム)
練習にさえもならない真っ白なノートの隅に記した「スキ」
 
 
 
019:ノート(sora) (追憶~娘へ)
画ノートの表紙の色の褪せゆきて麻紐結わけばきゅつきゅつと鳴く
 
 
 
019:ノート(櫻井ひなた) (ひなごと☆23→24)
新しい仕事が増えていく度にノートはどんどん汚れていった
 
 
 
019:ノート (お気楽堂) (楽歌三昧)
句帖にと買いしノートは気が付けばよしなしごとで埋め尽くされぬ
 
 
 
019:ノート(EXY) (オレブロ★パラダイス♪)
名古屋市の 歴史紐解く キーワード ノートに記載 次代に託す
 
 
 
019:ノート(紫月雲) (resume 1970-2009)
わたしだけ大人になった いまなおもノートの中に彷徨う少女
 
 
 
019:ノート(志井一) (日記ホプキンス)
友達に借りたノートを返すとき落書き消すのを忘れないこと
 
 
 
019:ノート(石の狼) (Wulfstan の confessio amantis)
 参考書、教科書、ノート 教師ではないオトナにも要るときがある
 
 
 
019:ノート(千坂麻緒) (薔薇十字蕩尽短歌)
エラソウニ語ってるきみねえいつか憧れのブルーノートへ行こうか
 
 
 
019:ノート(桶田 沙美) (31Words Runner)
数学のノートの白紙に君の顔こっそりスケッチ、すぐ消すけどね
 
 
 
019:ノート (一夜) (短歌るBlog)
夏の日の汗ばむ腕に抱かれて ノートの文字も滲む放課後
 
 
 
019:ノート(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
間違っていますかキュンの音階で五線譜ノートに描く折れ線
 
 
 
019:ノート(龍庵) (題詠blog2009 龍庵)
真っさらなノートの匂いいつもそう僕を掴んで離さないのは
 
 
 
019:ノート(ぱぴこ) (テクテク)
黒鉛の匂いが染みたノートには君の視界が広がっている
 
 
 
019:ノート(草蜉蝣) (低空飛行)
少年は未だ知らない唇のやわさを綴る生物ノートに
 
 
 
019:ノート (如月綾) (お気に召すまま)
授業よりあの子に手紙を綴っては薄くなってく国語のノート
 
 
 
019:ノート(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 真樹ちゃんのノートをめくりなにげなくあびた匂いはいまだに鼻腔
 
 
 
019:ノート(佐藤羽美) (hinautamemo)
ノートからあの日の日付を抜き出して森のうららに土葬しており
 
 
 
019:ノート(本田鈴雨) (鈴雨日記)
こほしきは大学ノート 冬空のにほふウールの色の表紙の        
 
 
 
019:ノート(短歌サミット2009.下地杏) (短歌サミットブログ)
 デスノート拾って書きたい奴の名を想像しつつ伝票を書く
 
 
 
019:ノート(つばめ) (ツバメタンカ)
ミスチルのフレーズノートに落書きし同情されたき我の葛藤
 
 
 
019:ノート(長月ミカ) (創作ブログ とかげのしっぽ)
講堂を振り返ればノートへと詰め込んだ夢また消え去りぬ
 
 
 
019:ノート(田中ましろ) (ましたん)
ノートなど取らなくていい今晩の俺の授業は実技オンリー
 
 
 
019:ノート(tafots) (1年で1000首をつくる)
朝4時にノートを開く液晶の明るさだけが現実的な
 
 
 
019:ノート(天鈿女聖) (うずめの花ビラ)
「苦しい」と何回、ノートに書いたって助からないってことは知ってる
 
 
 
019:ノート(葉月きらら) (組曲を奏でるように・・・)
いつまでも忘れられない君の名は 心のノート記しておこう
 
 
 
019:ノート(珠弾) (seven seas tac)
子曰く「一夜で漬ける方法が書いてあったと思うノートに」
 
 
 
019:ノート(やすまる) (やすまる)
友だちはノートのうらに描かれた淡い兎と、それからうさぎ
 
 
 
019:ノート(けぇぴん) (けぇぴんの公式ブログ「聲」)
傷つきしノートを見ればすぐ解る君がどれだけ努力したのか
 
 
 
019:ノート(ちりピ) (ちりちりピピピ)
新品のノートに歌をひとつだけ書きとめ雨を探しにゆこう...
 
 
 
019:ノート(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
教科書に無いことばかり重要で入学式のノートは白紙
 
 
 
019:ノート(我妻俊樹) (半ドア)
持ち物リストにあれがないのよ今ふかくノートがこめかみをあおぐ音
 
 
 
019:ノート(草野つゆ) (虹をこえて)
ノートなら いつでも持って歩いてる めしエロ仕事なんでも書くの 
 
 
 
019:ノート (gymnopedie)
まっさらなノートを捲る気持ちでくぐりたい次の母校の校門
 
 
 
019:ノート(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
新しいノートを使うやましさにわたしは光る 光らなくなる
 
 
 
019:ノート(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
 切れ端に恋文書きし夏の日の残れるノートをめくる秋風
 
 
 
019:ノート(すいこ) (すいこのうたおきば)
燃やしたいほど恥ずかしいのに出てこないノートをようやく肯定する夏
 
 
 
019:ノート(羽根弥生) (ことらのことのは)
全力で借りたノートを全力で抱きしめ走る 夏がはじまる
 
 
 
019:ノート(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
会いたくて恋をしたくて詩(うた)を書く 十年遅れの青春ノート
 
 
 
019:ノート(斗南まこと) (野ウサギのように)
なにげなくノートの端に描かれたパラパラ漫画に一目惚れして
 
 
 
019:ノート(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
詩を書いたノートを燃やす だいじょうぶ あたしはあたしを超えていくんだ
 
 
 
019:ノート(おっ) (だいえいの短歌専門店)
雨ざらすノートの文字が滲むように、ぼやけてしまう水性の夢
 
 
 
019:ノート(木下一) (リンダリンダタンカ)
参照記事:019:ノート 神様が君のパンティスケッチをしたいと青空ノート代わりに
 
 
 
019:ノート(末松さくや) (旅人の空(待ち人の雪別館))
忘れてもいいことなのか結論を出せないままにノートは増える
 
 
 
019:ノート(桑原憂太郎)  (憂太郎の短歌Blog)
木曜の6時間目の気だるさによりかかつてる『心のノート』
 
 
 
019:ノート(kei) (シプレノート)
ラストには好きな香りを残したい私を包むシプレ・ノート
 
 
 
019:ノート(ちょろ玉) (ちょろ玉のコトダマラソン)
憲法のノートに続く「好き→なんで?→なんでも→なんで?」の二種類の文字
 
 
 
019:ノート(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
冷めていくルイボスティーを差し置いて白熱していく机上のノート
 
 
 
019:ノート(hjr) (_blank)
かぐわしいノートは紙と恋の香をごめんあいたい青春の日々
 
 
 
019:ノート(風月堂) (言霊士の座卓)
古いノートに描かれた、まるで他人のような自分の過去。 楽しく振り返られる思い出が、まさかこんな落書きにあるなんて。 昔気付けたなら、...
 
 
 
019:ノート(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
終わったら学食に行く? モスが良い。 大学ノートで交わす筆談。
 
 
 
019:ノート (みなと) (海馬)
必要なものはノートに書きだしてそのいちばんを眠らせている
 
 
 
[うたう]019:ノート(しろうずいずみ) (花と石ころ)
いつまでも白いノートを前にして なにもかもから遠ざかりたい夏
 
 
 
019:ノート(みかみかりん) (童話短歌)
地下道に吹き込む風が青年のノートを揺らすが文字はぶれない
 
 
 
019:ノート(フワコ) (きくとわたし)
会議用ノートに埋められゆくことば 手書きの顔文字 いと間抜けなり
 
 
 
019:ノート (きりひと) (風まかせ)
若年の惑いのあとの初期ノート 古文書にも似て扱い困る
 
 
 
019:ノート(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
恋歌が胸に響かぬこんな夜はノートに君の名前並べる
 
 
 
019:ノート(片秀) (うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと)
さっぱりと柑橘系の香水がラストノートに未練を残す
 
 
 
019:ノート(小林ちい) (ゆれる残像)
丁寧な文字が溢れるノートから立ちのぼる君の幻を抱く
 
 
 
019:ノート(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
春が来て埋めることなく終りたるノートの白きページは裏庭
 
 
 
019:ノート(今泉洋子) (sironeko)
海の歌仕上がらぬまま窓際の作歌ノートに秋の陽は射す
 
 
 
019:ノート(やや) (カラメルバニラ)
ぼろぼろになったノートは引き出しで あの日の私のままいつまでも
 
 
 
019:ノート( (スクリブルタンカ)
 
 
 
019:ノート(丸山程) (スクリブルタンカ)
古ぼけたノートに残る筆跡は今よりずっとしあわせそうだ  
 
 
 
019:ノート(みち。) (滑空アルペジオ。)
自由という名前のノートを差し出され何もかけずに罫線をひく
 
 
 
019:ノート(扱丈博) (取扱)
青白く痩せたノートにはきはきとした文脈を殴り書きする
 
 
 
019:ノート(文月育葉) (冷たい夜の向こう側)
窓際の春のひかりに色褪せるノートの端に書き出した夢
 
 
 
019:ノート(冬鳥) (ことのはうた)
なにもかも呑み込む海も哀しかろ ましろきノートに水沫は散り
 
 
 
019:ノート(vanishe) (場所)
きみなしに港ゆ出でし船室のノートましろなままに暮れたり
 
 
 
019:ノート(佐山みはる) (月待ち人の窓辺(題詠Blog))
百均に買ひしノートに書きちらすつぶやきに似る三十一文字を
 
 
 
019:ノート(内田かおり) (深い海から)
 本棚に黄ばむノートの切なくて窓を開いて風を吸い込む
 
 
 
019:ノート(Makoto.M) (放物線にあこがれて)
合併後も旧町名を口にしてあなたのノートすこし膨らむ...
 
 
 
019:ノート (里坂季夜) (コトノハオウコク)
このミドルノートはグレイフランネル時空をひらく鍵がころがる
 
 
 
019:ノート(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
ルービックキューブを解かないままでいた白紙のノートは進まなかった
 
 
 
019:ノート (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
そのかみの私の几帳面な字が並ぶ西洋哲学ノート
 
 
 
019:ノート(よっしぃ) (J2ロードを共に歩こう。 ~goo annex~)
鮮やかな色とりどりのペン使い ノートは完璧 記憶は不安
 
 
 
019:ノート(日向奈央) (てのひらのきみ)
眠くなりそうなノートに「あなたには私しかいない」って書いとく
 
 
 
019:ノート(鯨井五香) (くじら(独唱))
ちはやぶる神がテレビを眺めつつノートに綴るあしたの日記
 
 
 
019:ノート(山の上のパン) (なしなし やしやし)
4月ってはりきっちゃって 使わないナントカノートがたくさん出来た
 
 
 
019:ノート(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
確実に君の笑顔が描き込まれたぼくのノートの大事なページ
 
 
 
019:ノート(星桔梗) (風船がわれるまで ?)
ぎっしりと大学ノートに綴られた文字の羅列が泣き叫んでる
 
 
 
019:ノート(青山みのり) (わざとじゃないもん!)
秋めいた影をノートににじませてまどろむ白いシャープペンシル
 
 
 
019:ノート(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
ノートパソコンぱたりととじて向日葵のおおきな顔を睨み返せり
 
 
 
019:ノート(だや    (それから人鳥の朝食を買いに)
良い声の友人だった五線譜のノートに四行詩を書き連ね
 
 
 
019:ノート(Ni-Cd) (反実仮想)
君が書くうさぎに髭をつけたして君に泣かれてめくれるノート
 
 
 
019:ノート(yunta) (詠 ~ツキノチカラ うたのもり~ )
次のページめくる気持ちももどかしくノートなんかじゃこぼれ落ちちゃう
 
 
 
019:ノート(絢森) ((右耳だけが知っている))
その声を記すノートを枷にしてきみをきりとる中庭の朝
 
 
 
019:ノート(夢雪) (浪漫)
紫のノートに綴る恋心交換日誌を死した少女と
 
 
 
019:ノート(ぱん) (向日葵 と 月)
傷つける勇気もなくてこの指はノートの端をざくざくと折る
 
 
 
019:ノート (寺田ゆたか) (永訣のうた)
亡妻(つま)の残せるノートの終り羽田発バスの時刻が書いてあるのみ
 
 
 
019:ノート(茶葉四葉) (ゆざまし)
返信のメール以外は届かないノートパソコン修理に出そう
 
 
 
019:ノート(やすたけまり) (すぎな野原をあるいてゆけば)
花の名で呼ばれる色は鳥の名のついたノートのとびらにひらく
 
 
 
019:ノート(緒川景子) (ezomijikauta)
旅らしく小さなノート持ち歩ききもちぶんぶん書きなぐってく
 
 
 
19:ノート(HY) (天然通信)
デスノートもしあったなら己が名を書かれる事をしてはいないか
 
 
 
019:ノート(星川郁乃) (Air Station)
オリエンタルノート微かに零しつつ企画会議へおもむく背中
 
 
 
019:ノート(鳴井有葉) (そのためのブログ)
正直に定規で引いた直線を罫線にしたノート売れない
 
 
 
019:ノート(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
枠外に君の名前が書いてあるノートをひらく羽ばたくように