goo

051:言い訳

「051:言い訳」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 何か困ったこと、わからないことが生じたら、サイドメニュー「カテゴリ」で、ルールを確認してみてください。 051:言い訳(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 言い訳かそうでないかは夏が過ぎ秋がくるころわかるのだろう 051:言い訳(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 言い訳はしたくないけどあの場合『蟹工船』は読むわけないさ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 211 )

052:縄

「052:縄」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題は「縄梯子」「沖縄」などの「縄」です。「蝿」などとの読み間違いにご注意ください 052:縄(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 縄跳びは苦手でしたと言いながらわたしもなどと言う人を待つ 052:縄(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 玉縄の縒り縄のごと長き夜をワンコと離れ一人かも寝む 052:縄(アンタレス) (思い . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 211 )

053:妊娠

「053:妊娠」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 053:妊娠(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) したこともすることもない妊娠を僕に語れと言っても無理だ 053:妊娠(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 殷賑を極むる医家の調度にて妊娠女性の臥せる唐椅子 053:妊娠(アンタレス) (思い出ずるままに) 妊娠を告げられ華やぐ若きらに混ざりて黙す検診われら 05 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 204 )

054:首

「054:首」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 054:首(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 極太の大蛇を首に巻きつけて僕を見つめる異国の女 054:首(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 愚息多三(たざ)去んぬる平治兜首狩にと往きて未だ還らず 054:首(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) バリカンで首のうしろを刈るときになんともいえずぞわぞわとする... . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 207 )

055:式

「055:式」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 055:式(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 着席後3分経てばスイッチオン儀式ぎらいの貧乏ゆすり 055:式(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 式服は<しまむら>で良し会費制引き出物無しでがっぽり稼ごう 055:式(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 春風に甘納豆も微笑んで弥生三月旅立ちのとき... 05 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 207 )

056:アドレス

「056:アドレス」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 056:アドレス(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) アドレスを持たない風が吹く中でようやく消せたアドレスひとつ 056:アドレス(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) アドレスは南区大谷口そのかみに小中英之棲まひしところ 056:アドレス (わたしよきみの風景であれ) 刑務所は移設されても番外地というアドレス残る . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 206 )

057:縁

「057:縁」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題は「額縁」「血縁」などの「縁」です。「緑」などとの読み間違いにご注意ください 057:縁(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 縁あって二子を賜はる我らにて今日の昼餉に恵方巻食ふ 057:縁(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 遠縁に天使と悪魔がいるという共通点があるのが僕ら 057:縁(松木秀) (わたしよきみの風景 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 200 )

058:魔法

「058:魔法」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 058:魔法(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) むすめ欲しと思うも後の祭にて『魔法使いサリー』の真似する 058:魔法(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 魔法から覚めた世界のまん中でそれでも愛を叫ぶだろうか 058:魔法(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) 目の前に魔法使いがあらわれて眠りの呪文ばっかり使う. . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 198 )

059:済

「059:済」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 題は「済む」「決済」などの「済」です。「剤」などとの読み間違いにご注意ください 059:済(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 「済」とのみ表紙に殴り書きをして気の入らぬかな我がノート点検 059:済(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 用済みの夢の中からリサイクルできそうな夢探して春へ  059:済(松木秀) (わた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 199 )

060:引退

「060:引退」の歌は、こちらにトラックバックしてください。 060:引退(鳥羽省三) (見沼田圃の畔から) 引退をほのめかすたび値が上がる大関魁皇怪力無双  060:引退(jonny) (迂闊な夜の真ん中で) 世界との折り合いがまだつかなくて先延ばしする引退試合 060:引退(松木秀) (わたしよきみの風景であれ) わたくしは今日をもちましてノーマルな人間役を引退します... . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 197 )