この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
003:理由(那美子) (100首詠む2008)
吾を愛す理由(わけ)知りたくて   耳元に唇寄せる 雪空の下(もと)
 
 
 
003:理由(赤城尚之) (うたかた)
理由がないことなどないという人の鼻から出てる鼻毛の理由
 
 
 
003:理由 (明日はきっといいことがある)
「体調もあるだろうけどゼミに来よ」気遣う師匠に理由伝える
 
 
 
003:理由(柴やん) (明日はきっといいことがある)
「体調もあるだろうけどゼミに来よ」気遣う師匠に理由伝える
 
 
 
003:理由(きくこ) (きくこ)
理由もなくほろほろ落つる涙かな夜道たどりて杖となる雪
 
 
 
003:理由(蓮野 唯) (万象の奇夜)
好きという気持ちに理由なんてない だって女は「好きだから、好き」
 
 
 
[題詠2008]003 理由(此花壱悟) (此花帖)
裏庭で死んでた猫を埋めるべく借りる理由を考えている
 
 
 
003:理由 行方祐美 (フーガのように)
理由などあっけらかんと捨てました雪よりゆっくり消える言葉は
 
 
 
003:理由 (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
納豆に牛乳かけしは唯一の理由にあらず訣れきたりき
 
 
 
003:理由(野州) (易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編)
納豆に牛乳かけしは唯一の理由にあらず訣れきたりき
 
 
 
002:理由(猫) (ことばあそび)
会う理由会わない理由 そんな事、いちいち決めたら好きが無くなる
 
 
 
003:理由(はらっぱちひろ) (テクテク)
なんだっていいから君の行動の理由になってみたくて誘う
 
 
 
003:理由(もよん) (もよん日記)
生きている 理由が欲しくて 立ち止まる 霜柱 空 沈む半月
 
 
 
003:理由(椎名時慈) (タンカデカンタ)
本当の理由を言わない理由ならわかると思う だから帰って
 
 
 
003:理由(冬の向日葵) (冬の向日葵)
さよならの理由も必要ないほどにきれいさっぱり別れてあげる
 
 
 
003:理由 (短歌の花道)
生涯を問われ続けて終えていくヒトは懸命理由を紡ぐ
 
 
 
003:理由(詠時) (短歌の花道)
生涯を問われ続けて終えていくヒトは懸命理由を紡ぐ
 
 
 
003:理由(駒沢直) (題詠blog参加用。)
結婚を理由にすれば何もかも片付いていくあっけないほど
 
 
 
003:理由(史之春風) (はちぶんめblog)
『理由なき反抗』なんてありません 言い訳できる逃げ道残す
 
 
 
003:理由(晴家渡) (晴家渡の二酸化短歌)
コロコロと理由転がす偉いさんあなたの夢はそんなものなの
 
 
 
003:理由(湯山昌樹) (短歌 富士山麓より)
理由なき反抗をせしわが生徒の理由ならざる理由聞きおり...
 
 
 
003 理由(船坂圭之介) (kei's anex room)
*諄々と理由(わけ)説くひとのさやかなる眼をしみじみと見詰めつつ居り
 
 
 
003:理由(宇津つよし) (PUNK!BOOM!BANG!-EX)
今朝のオレ無敵な理由メチャ食べたコーンがウンコに混じっていねぇ
 
 
 
003:理由(空色ぴりか) (美利河的題詠百首)
その人のためといふよりみづからのつぐなひとして理由を伏せをり
 
 
 
003:理由(小椋庵月) (みのたけのしぃの実)
ポッケから花だって咲くその理由(わけ)は みどりのひとみとえがおのしたに
 
 
 
003:理由(米庄引汰) (白粉花)
正しいと思ったことをしたのなら言い訳よりも理由を探せ
 
 
 
003:理由(新津康) (NOTHING WORKS)
理由などなかった。また気がつけば朝焼けの空を歩いて帰る。
 
 
 
[うたう]003:理由(しろうずいずみ) (花と石ころ)
 あきびんにあつめた理由のそれぞれは、まるくてあおくてすきとおってる
 
 
 
[題詠] 003:理由(鳥獲) (一ヶ月100冊読書生活)
大人なら必要という理由にて女ばかりが口紅を塗る
 
 
 
003:理由(西中眞二郎) (しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
右足の靴下だけがずり落ちる理由(わけ)知らぬまま妻と出掛ける
 
 
 
003・理由(玻璃) (玻璃と水晶)
「いつまでも君の笑顔を見たいから」 それが私の此処に居る理由(わけ)
 
 
 
003:理由(はこべ) (梅の咲くころから)
この鉢にすみれの花が咲いた理由 種を鳥が運んできたから
 
 
 
003:理由(本田あや) (明晃晃)
する理由よりもしないを選ばない理由をききたい 個人的には
 
 
 
003:理由(清水ウタ) (“疾走パラノイア”)
「好き」と言う理由なんかはいらないの玩具のように私を抱いて
 
 
 
003:理由(鳴井有葉) (そのための日記)
理由にも家系図がある君がいま得たのは理由の妹のほう
 
 
 
003:理由 (じゃみぃのうた)
君が好き「どうしてですか?」疑問形僕は答える千の理由を
 
 
 
003:理由(haruko) (森のぬくもり)
あいさつを欠かさず笑顔でなげかける(次への一歩は?気付いて理由)
 
 
 
003:理由(天昵 聰) (きりはりなりけり)
残酷な少年時代 理由なき解剖のはてに夕陽があった
 
 
 
003:理由(ほきいぬ) (カラフル★ダイアリーズ)
次々と理由は必要なくなってシンプルになる 会いたくて会う
 
 
 
003:理由(原田 町) (カトレア日記)
「理論上存在しうる」地球より遥かかなたの兄弟星が
 
 
 
003:理由(振戸りく) (夢のまた夢)
ウエストが2センチ落ちた理由なら話す準備は整っている
 
 
 
003:理由(中村成志) (はいほー通信 短歌編)
冬のゆく理由も知らで唐突に石碑へなだれ落つ梅しだれ
 
 
 
003:理由(大辻隆弘) (大辻隆弘 題詠100首のために)
むかうがはの窓が翳らふ理由さへさだめなき日の風のありやう
 
 
 
003:理由(大辻隆弘) (大辻隆弘 題詠100首のために)
むかうがはの窓が翳らふ理由さへさだめなき日の風のありやう
 
 
 
003:理由(ゆきすずめ) (朝焼けの赤と青)
3000キロ遠くの受話器に落とされる 君の涙の理由を知らない
 
 
 
003:理由(畠山拓郎) (想いまっすぐに)
言い訳の決め球のごと理由欄「結婚します」別の人にして
 
 
 
003:理由(天鈿女聖) (白線まであがって。)
= 号泣を できる理由が みつからず みみずのような 文字の履歴書 =...
 
 
 
003:理由(西原まこと) (羽根があること)
引き止めるための理由をあれこれと考えている梅の季節だ
 
 
 
003:理由(泉) (つれづれ亭)
他人(ひと)詠まば遍く誉めよとふ人に別れ来たりし理由(わけ)は語らじ
 
 
 
003:理由(詩月めぐ) (かじられちゃったお月様)
理由など言えない君が好きなんだ本当に好きそれだけなんだ
 
 
 
003:理由(水須ゆき子) (ぽっぽぶろぐ)
ぼんぼりを灯せば笑う内裏雛この子の生(あ)れし理由を知らず
 
 
 
003:理由(木下奏) (ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
理由すら訊けないような関係でくっついていた目の奥の星
 
 
 
003:理由 (あしたのわたしは)
理由(わけ)なんて 何もいらない 逢いたいから逢う kissしたいからkissする
 
 
 
003:理由(やましろひでゆき) (短歌とか短歌とか短歌とか)
理由なき十代を過ぎ二十代などの記憶もない四十代
 
 
 
003:理由(帯一鐘信) (シンガー短歌ライター)
 嘘という文字をほぐして理由へと組み替えているホテルの出口
 
 
 
003:理由 (穴井苑子) (猫のように純情)
意味のなさそうなことばかりしているこどもの理由を顔で推測
 
 
 
003:理由(藻上旅人) (創作のおと)
その理由を問い詰めてたらよかったね この歳月が細くながれる
 
 
 
003:理由 (志保) (ころろん堂)
頬染めて 彼を見つめる 理由など 聞くまでもなし 恋する乙女
 
 
 
003:理由(梅田啓子) (今日のうた)
好きになる理由は要らずゆふぐれに君のくびすぢ無防備だつた
 
 
 
003:理由(草蜉蝣) (草蜉蝣)
理由(わけ)ありな影と影とは離れつつ暗き裏道より 添い歩く
 
 
 
003:理由(野坂 りう) (のーずのーず)
次世代へ続く身勝手理不尽の理由は私のゲノムに訊いて
 
 
 
003:理由(天国ななお) (お月様は許さない)
僕たちの存在理由はあの夏の出逢った海で始まったんだ
 
 
 
003:理由(究峰) (現し波(うつしなみ))
理由などあるはず無いとつぶやけどつぶやきて己の闇を心に隠す...
 
 
 
003:理由(究峰)再投稿 (現し波(うつしなみ))
理由などあるはず無いとつぶやきて己の闇を心に隠す...
 
 
 
003:理由(花夢) (花夢)
あまくした理由を撒いてあるきます どうか迷子になりますように
 
 
 
003:理由(松下知永) (題詠ショコラ)
投稿歌をトラックバックできないため、ブログにてご確認ください。
 
 
 
003:理由(萩原健之)   (猫とピストル会議室)
恋人の魅力を指折って(なぜなぜ?)と言われても理由なんかない
 
 
 
003:理由(祢莉) (泡沫)
いつまでも手首に残るカッターの痕よ生きてる理由教えて
 
 
 
003:理由(矢島かずのり) (蟲短歌)
隣人がエレベーターで泣いていた理由を僕は知らなくていい
 
 
 
003:理由(小早川忠義) (ただよし)
「理由なき」と頭に付くることば達理由あれども忌まはしきなり
 
 
 
003:理由(千歳) (夏山千歳の手記)
呆れ顔 またかまたかと腕をひく 理由なんか問うてくれぬのに
 
 
 
003:理由(David Lam) (でたらめなうたどもよ!)
世の中の全てのことに理由ありなむあの日より続く耳鳴りにも  
 
 
 
003:理由 (一夜) (短歌るBlog)
理由なき反抗をするドラ息子 暗中模索の時を眺める
 
 
 
003:理由(村上きわみ) (北緯43度)
それはもう春のあめゆき じゅくじゅくと理由を濡らす春の あめゆき
 
 
 
003:理由(富田林薫) (カツオくんは永遠の小学生。)
よあけまえ肩甲骨を撫でながらあなたが羽根をほしがる理由
 
 
 
003:理由(藤野唯) (Sugarmint)
本当は今にも千切れそうだから笑顔の理由は聞かないでいて
 
 
 
003:理由(ひぐらしひなつ) (エデンの廃園)
俯いて理由を告げる膝の上に鬱金香の一輪を置く
 
 
 
003:理由(川鉄ネオン) (今週の俺が俺が)
渡らない理由は幾つもあったのにあなたに架けた橋を踏みゆく
 
 
 
003:理由(水風抱月) (朧月夜に風の吹く。)
理由など無いのだけどと差し出せる 君の其の手に春の一輪
 
 
 
003:理由(伊藤真也) (クラッシュボク)
「シャーペンの芯がぶちまかっちゃったの」挫折をしたのはそういう理由?
 
 
 
003:理由(カー・イーブン) (ほぼ31音)
ザキザキと唱えたあとのザオリクが君を愛する理由のすべて
 
 
 
003:理由(小籠良夜) (《冥の逸脱》)
きぬぎぬの別れぞ 甘きむつごとも如何なる理由も訊く耳は持たぬ
 
 
 
003:理由(池田潤) (神様、ぼくは。)
訳もなく理由を探しているのですあなたの隣で生まれる意味の
 
 
 
003:理由(酒井景二郎) (F.S.D.)
いくつもの赤コンバース履きつぶす生きる理由を探し求めて
 
 
 
003:理由 (明日 晴れるといいな)
      理由(わけ)さがす 君の手のひらぬくもりはあの時確かにあったはずだと    
 
 
 
003:理由 (新井蜜) (暗黒星雲)
理由などないはずなのにさっきから上見てばかり 春はもうすぐ
 
 
 
003:理由(青野ことり) (こ と り の ( 目 ))
理由だけ思いだせない言い訳がわたしの芯をさりさり削る
 
 
 
003:理由(大宮アオイ) (百首歌にチャレンジ)
理由など聞かずとも知る けれどなお告げられるまで風を背に立つ
 
 
 
003:理由(美久月 陽) (眠り舟)
穏やかな不変に思える日々こそが憎んだ相手を忘れる理由
 
 
 
003:理由(橘 みちよ) (夜間飛行)
会ひたくて理由をつけては待ち伏せてあはやストーカーの自分に気づく
 
 
 
003:理由(みずき) (空)
その理由嘘をふふみて美しき ひたすら青き別れの頬へ
 
 
 
003:理由(ハナ) (象の求愛ダンス)
神様が理由を書いたノートには君の名前が3つあったよ
 
 
 
003:理由(太田ハマル) (**hamal通信**おっこちた変光星)
寒い国のひとに会うため早緑の理由をそっとむねに差し込む...
 
 
 
003:理由(たちつぼすみれ) (花・鳥・風・月)
ごきぶりを潰せし折にふと思ふいのちの理由その役割を
 
 
 
003:理由(文月育葉) (冷たい夜の向こう側)
本能と呼ぶには少し照れくさい恋にもちゃんと理由(わけ)があります。
 
 
 
003:理由(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
屋上でリップグロスを塗り直す理由は答案用紙の裏に
 
 
 
003:理由(末松さくや) (旅人の空(待ち人の雪別館))
理由にもかたちや重さがあればいいほおずりしたり分割したり
 
 
 
003:理由 (斉藤そよ) (photover)
??寝て待てば春くるごとくことごとくあかるくかわる理由 ほんとは
 
 
 
003:理由(橘 こよみ) (aglio-e-olio)
しんしんと星の降る夜赤燐で少女は生きる理由を燃やす
 
 
 
003:理由(夏実麦太朗) (麦太朗の題詠短歌)
理由など後から付いてくるものと一眼レフのカタログに見入る
 
 
 
003:理由(こはく) (プラシーボ)
納得のできる理由をつけたがる人の前でも咲くすみれ草
 
 
 
003:理由(田丸まひる) (ほおずり練習帳。)
わたしより先に死にゆくひとをもうゆるせるだけの理由がほしい
 
 
 
003:理由(健太朗) (モノクローム文芸館)
今何時? 何分遅刻? 今日仕事? 理由問いつめる その理由如何に
 
 
 
003:理由(サオリ) (みどりいろのめのかいじゅう)
いえ、確かそんなことではありません。ゾウが流した涙の理由は。
 
 
 
003:理由(髭彦) (雪の朝ぼくは突然歌いたくなった)
理由(わけ)はただ金、金、金の浅ましき動機隠せり<規制緩和>の
 
 
 
03:理由(松田丸二) (tanka de bitter)
嗚呼パフェを食べるのにも理由がいる 入れたり出したりするだけなのに
 
 
 
003:理由(磯野カヅオ) (その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
雁が音に問はれしとても春鶫吾がためだけになりぬ理由は
 
 
 
003:理由(川瀬菜穂) (あしたのわたしは)
理由(わけ)なんて 何もいらない 逢いたいから逢う kissしたいからkissする
 
 
 
003:理由(水都 歩) (水都blog)
伝わらぬ思いに心定まらず理由無きまま髪掻きむしる
 
 
 
003:理由(みらい) (優しさと笑顔に包まれて)
考える時間はたっぷりありますが理由なんて見つけられない
 
 
 
003:理由(丸山汰一) (短歌 Before Sleeping)
  理由なき反抗という理由では理解できないところから花  
 
 
 
003:理由 (惠無) (なんでもない一日)
足元の理由のしっぽふんづけてそっとあなたを引き寄せてみる
 
 
 
003:理由 (あまのなづな) (ちこつづり)
共にする理由(わけ)など考えなくなって初めて共にする意味を知る
 
 
 
003:理由(さくら♪) (さくら草紙 ~第参章~)
この鼻がひくい理由まで なんとなくいとおしくなる家族写真
 
 
 
003:理由 (庄司庄蔵の短歌)
理由なき愛情生まれ理由なき憎しみ宿す藪椿咲く
 
 
 
003:理由(稲荷辺長太) (マシンガンスキップ アドリブマニュアル)
デザートと理由を2つ追加して探りあいつつ共犯になる
 
 
 
003:理由(暮夜 宴) (青い蝶)
愛されぬ理由をひとつまたひとつ並べ立てては逃げ込んだ夜
 
 
 
003:理由(柚木 良) (舌のうえには答えがでてる)
望まない答えは全てありえない なので理由が妥当ではない
 
 
 
003:理由(yuko) (31文字の風景@BLOG)
変わらない幾らやっても同じだと思うあなたの理由を述べよ
 
 
 
003:理由(yuko)一部間違いのため再送です。 (31文字の風景@BLOG)
変わらない幾らやっても同じだとあなたが思う理由を述べよ
 
 
 
003:理由(和泉悠陽) (つきあかりのいずみ。)
メール来ぬ 理由を探る 手立てなく ポジティブポジティブ 唱えています
 
 
 
003:理由(我妻俊樹) (vaccine sale)
猟犬が一匹 猟犬が二匹 猟犬が理由もなくふえてゆく
 
 
 
【短歌】「題詠blog2008」003:理由 (心の詩人~夢幻の世界~(心を一休み、させてみませんか。))
理由無く 心へ浮かぶ 面影に 綴りし恋を 文(ふみ)に託する
 
 
 
003:理由(秋ひもの) (あの日冷たい葉っぱがひとつ)
さよならの理由は二人の明日のためって思いたければどうぞ。帰れよ。
 
 
 
003:理由(emi ) (時計をはずして)
沈黙の理由は今も語られず引き潮のように君は去りゆく
 
 
 
003:理由(永時) (Holy Noises)
さよならに理由が必要なら君がいつも理由を求めるからだよ
 
 
 
003:理由(ワンコ山田) (歩道を走る自転車のこども)
頬がすぐあかくなる理由(わけ)心臓が初期微動から揺れる敏感
 
 
 
003:理由(野良ゆうき) (野良犬的)
理由もなく存在するということの不思議さにさえ慣れてしまった
 
 
 
003:理由 (鹿瀬叶) (*After-Image*)
「教えてよ」 胸倉掴んで 引き寄せる 私じゃなかった 理由を教えて
 
 
 
[◆]003:理由(コノキ) (キノコの栽培≫)
だからとね、 理由つらつら語れども それはあなたの二番煎じ
 
 
 
[短歌][2008] 003:理由(ezmi) (語りえぬことを。)
「探さないで」遠ざかるたび思うたび薄らぐ理由置き手紙ひとつ
 
 
 
003:理由(幸くみこ) (わらびもち食べたい)
わたしにも子を産む理由が見つかるね 首のみじかいキリンがいれば
 
 
 
003:理由(秋月泛) (precious stone)
幼子が知恵を巡らせ披露する借りた絵本を無くした理由
 
 
 
003:理由(伊藤なつと) (やわらかいと納豆2008)
別れたい理由は理解できたけど僕の体に教えて欲しい
 
 
 
003:理由(文) (f_blueな日々 題詠blog2008 )
理由ならお望みどおりそろへませう さくら花芽はまだかたきまま
 
 
 
003:理由(村上はじめ) (spidyな日々)
理由とかぐだぐだいうのは止めにして いっそ無口にされど自負して
 
 
 
003:理由(本田鈴雨) (鈴雨日記)
春むかへ初めたる猫のせつなきを己がくるほしき理由も知らで
 
 
 
003:理由(園美) (ことひより)
理由なき反抗見せぬ生徒たち 思わず微笑む今日のひととき
 
 
 
003:理由(滝音) (みそひともじの味噌スープ)
後付の理由しかないここまでの道を歩んでここにいること
 
 
 
003:理由(岡本雅哉) (なまじっか…)
理由なく叫びだしたいときもある自分をゆるす理由がほしい
 
 
 
003:理由(蓮池尚秋) (ハスタンカ☆ブログ)
「いっせいのせ」じゃ動けない「いっせいのい」じゃない理由がわからないから
 
 
 
003:理由(あみー) (正直なたましい)
路地裏で迷子の迷子の我輩は人間である 理由はまだない
 
 
 
003:理由(月子) (月の寝言)
ここにいる理由を聞かれ嘘をつく「あなたに会いに」それが言えずに
 
 
 
003:理由(わたつみいさな。) (乱切りくじら)
待ち濡れてなお春が来ぬやわらかな理由を告げる薄い唇
 
 
 
003:理由(飯村みすず) (ミソイチライフ。31LIFE  飯村みすず)
独身の気軽さなどを聞き続け結婚しない理由は聞かず
 
 
 
003:理由(南 葦太) (「謙虚」という字を書けぬほど)
ヘイブラザー!教えてくれよこの俺がこんなになって生きてる理由
 
 
 
003:理由(深町ななみ) (Sleeping Bag)
喋れども喋れども雲掴むよう伝えきれないその理由とは
 
 
 
003:理由(森タマミ) (河童ヶ淵にて)
誘われた理由(わけ)などわからぬままでよい 晴天だから椿のかんざし
 
 
 
003:理由(吉准吉) (真夜中の缶蹴り)
「月にいる理由を教えて」「ジャンプする手間が省けて楽でいいのさ」
 
 
 
003:理由(新井恭子) (MINI'S LIFE blog)
理由まで言われなくても分かるから最後に使う魔法を探す
 
 
 
003:理由 (葉月 きらら) (組曲を奏でるように・・・)
理由など聞けば虚しくなるからと 見ない振りした口紅の跡
 
 
 
003:理由(やすたけまり) (すぎな野原をあるいてゆけば)
理科室の三本脚の木の椅子に海をゆめみる理由を告げた
 
 
 
003:理由(きゅん) (えむたん2)
「会いたい」はきっと理由にもなれない 君の着信履歴も消えるね
 
 
 
003:理由 (晴れ、ときどきため息まじり)
始まりに理由はなくても終わりにはかならず理由がある どの恋も
 
 
 
003:理由(村本希理子) (きりころじっく2)
ポケットにヘアピン刺してゐる理由(わけ)を語る子とゆく古い地下街
 
 
 
003:理由(越後守雪家) (越の国)
合同の理由は知ってるでもなんで理由がいるのか知らない。知りたい
 
 
 
003:理由(藤原湾) (ことの葉の雨雫)
察してよ 言いたくないの その理由 つくえをはさんで だんまり決め込む
 
 
 
003:理由(和良珠子) (the strange of stranger)
読点をどこに打つとかついに子を持たぬ理由も等しく自由
 
 
 
003:理由(宮田ふゆこ) (ソーダ・ファウンテン)
愛してる ビーズのネックレスのようにつないだ理由も持ってきました
 
 
 
003:理由(滝秋おうか) (OOPS!)
理由もないのに自分が側にいるのは当たり前と言い聞かせた
 
 
 
003:理由 (Sky on Blue)
キミは言う。好きの理由を答えて、と。 けれど正解した試しはない。
 
 
 
003:理由(香-キョウ-)再投稿 (Sky on Blue)
キミは言う。好きの理由を答えて、と。 けれど正解した試しはない。
 
 
 
003:理由(キヨム) (ぼくはこんなことが好き。)
しなかった理由(わけ)を考えている朝 日差しはきみを透かしてオレンジ
 
 
 
003:理由(佐原みつる) (あるいは歌をうたうのだろう)
まだ硬い冬のキャベツを剥くうちに理由のようなものが残った
 
 
 
003:理由(流水) (流水(るすい)の短歌Caf'e)
捨ててきた理由も忘れ遠ざかるホームに残した顔も見えない
 
 
 
003:理由(西巻真〉 (ダストテイル-短歌と散文のブログ-)
理由なく殺されるのが蟻だからえんえんとえんえんと蟻を踏む
 
 
 
003:理由(萱野芙蓉) (Willow Pillow)
模範的理由を口にするたびに朽ちゆくきよき祠もあらむ
 
 
 
003:理由(kei) (シプレノート)
もう理由なんかどうでもいいんだよ飛行機雲がまっすぐだから
 
 
 
003:理由(拓哉人形) (銀鱗歌)
理由って「あとがき」みたい 冷静に過去形ばかり選ぶあなたの
 
 
 
003:理由(里木ゆたか) (木犀の灯り)
今日生くる理由持たねどこの空の下に君居てまた明日が来る
 
 
 
003:理由(白田にこ) (さようなら)
なんでだろ、なんでだろうと泣くきみのかなしい理由をつくってあげたい
 
 
 
■003:理由(ME1) (FILL mobile)
  君愛す理由は要らぬ輝くが月の妖艶 魅せられし宵 /きみあいす りゆうはいらぬ かがやくが つきのようえん みせられしよい
 
 
 
003:塩(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
応えない理由はあるさ同じ道通った大人が何聞きたがる?
 
 
 
003:理由(睡蓮。) (睡蓮。の隠れ家ブログ)
応えない理由はあるさ同じ道通った大人が何聞きたがる?
 
 
 
003: 理由(佐藤紀子) (encantada)
「そんなのは理由になっていないよ」とはつきり言つてやらうか 君に
 
 
 
003.理由 (ぽらりす) (いつかどこかで)
何故という問いに理由(わけ)など常に無し それはふつふつ 湧き上がる故
 
 
 
003:理由(ほたる) (ほたるノオト)
許される理由は白いハンカチに包まれた時花びらになる
 
 
 
003:理由(音波) (短歌のなぎさ)
うららかな陽の優しげな日曜日 この寂しさに理由はつけない
 
 
 
003理由(七十路淑美) (七十路ばば独り言)
同窓会欠席の理由何となく気乗りしないと言えずにウジウジ
 
 
 
003:理由(kaneshu) (夢見巨人)
君といる理由を探している事が理由になったりしないでしょうか
 
 
 
003:理由(翠) (☆A la mode☆短歌の日記帳)
ヒメイカに涙の理由を問うように少女は水槽じっと見つめて
 
 
 
003:理由(紺乃卓海) (作品小箱)
真偽問わず理由まみれになりたくて書棚に増殖する羅針盤
 
 
 
003:理由(杉田亮介) (然様なら)
きみを好きでいる意味がない、はずなのに「意味」と「理由」をごったにしてる
 
 
 
003:理由(yurury**) (Scene-Flow into space)
漣の止まぬ身さする掌は刻々吸ひ上ぐ悲涙の理由(わけ)を
 
 
 
003:理由(寺田ゆたか) ( “たまゆらのいのち”)
何といふ理由もなくて涙せり歳のせゐだと思ひたくなけれど
 
 
 
003:理由(市川周) (ミルミルを飲みながら)
女子アナの半同棲を伝う記事 そんな理由で押す核ボタン
 
 
 
003:理由(野田 薫) (COLORFUL∞PILE)
春を待つ理由をなくし駅を出てまた駅に着くだけのジオラマ
 
 
 
003:理由(たかし) (象と空)
北国の春の真夜中理由もなく万年筆を掃除している
 
 
 
003:理由(Asuka) (明日はハレルヤ)
理由(わけ)言わず 去り行く決断あっさりと 消し去る君の声の魔法
 
 
 
003:理由(はせがわゆづ) (迷走ランドセル)
欠け落ちた理由はいつもぬるま湯のような温度でほほえんでいる
 
 
 
003:理由(砺波湊) (トナミミナト2008)
電話機が砂場に埋まっている理由 五人がかりで考えてみる
 
 
 
003:理由 (里坂季夜) (コトノハオウコク)
笛吹きについてゆかない理由などとっくになくて手帳を埋める
 
 
 
003:理由(絢森) (夢の名前を呼んではいけない)
なんやかや理由をつけて小人らは毎晩わたしのまくらで眠る
 
 
 
003:理由(琴乃) (1989)
この星が回りつづける理由など 君がそれを望むから、で充分
 
 
 
003:理由 (村木美月) (うたりずむ)
会いたいと想う気持ちに理由なく呼吸するのと同じくらいに
 
 
 
003:理由(メイダイ) (蝶の羽音を追いかけて)
求人誌血まなこ私探すのは君の家通る理由ただ一つ
 
 
 
003:理由(萩 はるか) (Betty's second Bar)
子どもには子の王国がそびえ立ち泣いた理由は夕焼けの底
 
 
 
003:理由(渡邊 琴永) (言葉と泳ぐ。)
逢いたいと正直に言うはぐらかす理由を捨てて目の前に立つ...
 
 
 
003:理由(遥遥) (たんかのきりかた)
世の中は愛と正義が勝つならば百字以内で理由を述べよ
 
 
 
003:理由(夜) (官能小説しぐま)
きみをまつ理由が他につくられず できた宿題わざと未提出
 
 
 
003:理由(本田瑞穂) (おなかの前で歌をかかえて)
かすみたつ春ににじんであらわれた本にしばらく忘れる理由
 
 
 
003:理由(新野みどり) (明日は明日の風が吹く)
理由なく微笑みながら昼休みふっと途切れた話題を探す
 
 
 
003:理由(虫) (次郎)
何故そんな汚いものを拾うのと聞きたい人のために理由を
 
 
 
003:理由(吹原あやめ) (ちいさくひかりかがやくもの)
理由なら肉食獣の餌にしてこのままもっと支配されたい
 
 
 
003:理由( 吉浦玲子) ([湖]湖蓮日日(これんにちにち))
言ひ訳のやうな理由を並べ立て過ぎてゆくべしこの一生(ひとよ)はも
 
 
 
003:理由(遠藤しなもん) (忘れちゃった。)
バスが来てミンミンゼミのぬけがらをにらむ理由がなくなりました
 
 
 
003:理由(天野 寧) (三十一文字の毒薬?)
もしそこにどんな理由があったって許さないから聞かずに「じゃあね」
 
 
 
003:理由(オオタセイイチ) (angle。)
眠っても剥がしてもなほ知れぬのは広い宇宙に君と立つ理由(わけ)
 
 
 
003.理由 (ぽらりす) (いつかどこかで)
繭破るもっともらしい理由(わけ)あれば 一年ぶりの誘いにイエス
 
 
 
003:理由(岩井聡) (あと100年の道草)
オフサイドの声に桜が舞う理由あの子は北へ連れられて、もう
 
 
 
003:理由(小林ミイ) (題詠マラソン2008)
これという理由は特にないけれどグリンピースは丸呑みにします
 
 
 
003:理由(水-mina-) (余韻嫋嫋)
理由など語らずと良い行くならば振り返らずに捨ててお行きよ
 
 
 
003:理由 (雨谷佳以) (しがらみにしがみつく日記)
理由などいくつもあるわ作れるわ背中指耳目好きなところ
 
 
 
003:理由(繭コトハ) (コトバ交差点)
<見学>の理由を告げぬ少女らが教師を値踏みし始める夏
 
 
 
003:理由(長月ミカ) (創作ブログ とかげのしっぽ)
理由(わけ)もなく「顔見に来た」と云う君に私の意地が敵うわけない
 
 
 
【短歌】「題詠blog2008」003:理由 (変身忍者 ヒロ)再送 (心の詩人~夢幻の世界~(心を一休み、させてみませんか。))
理由無く 心へ浮かぶ 面影に 綴りし恋を 文(ふみ)に託する
 
 
 
003:理由 (短歌のブログ)
なぜと問い つまりと答え 理由(わけ)もなく 好きか嫌いか 実はそれだけ
 
 
 
003:理由(A.I) (Private Window)
間違えて乗ってしまった快速に電波を畳む理由を探す
 
 
 
003:理由(兎六) (一人暮らしの日記)
布団干す理由はたぶん肩こりとアンパンマンの歌にあります
 
 
 
003:理由(青山ジュンコ) (take it easy)
失敗の理由あれこれ考えて落ち込むよりも前へ進もう JUGEMテーマ:小説/詩
 
 
 
003:理由 (歌)
理由などなく海が好き星砂って意外ととげとげしいけれど
 
 
 
003:理由(秋月祐一) (カピバラ温泉日記)
理由とか言はなくていい シャッターの降りた地下街ならんであるく
 
 
 
003:理由 (沼尻つた子) (つたいあるけ)
通り魔の理由が動機となるまでに濁流の水域を見おろす
 
 
 
003:理由(イツキ) (FINE DAYS)
理由なら100でも1000でも言えるけどきっと足りない「あなたが、好きだ」
 
 
 
003:理由(やや) (言の葉たち)
沈みゆくでっかい夕陽に理由などあるはずもなく痛いほど赤
 
 
 
003:理由(水音) (~言の葉~)
理由など 言えなくて良い 言ってほしい 折り合いつかぬ 感情(きもち)と論理
 
 
 
003:理由(アスパラ) (地味に曲がった。)
ありふれた理由と共にハイチュウの味わい薄れてやがて無くなる
 
 
 
003:理由(Yosh) (☆生短歌☆)
・バグ続き 硫黄がもたらす惨劇が語る同根 自死と他殺
 
 
 
003:理由(ドール) (花物語?)
辛辣にものを言うけどそのわりに君がみんなに好かれる理由
 
 
 
003:理由(あおゆき) (メソトリウム)
藍よりも青き文字にて記されたそれは根拠で理由ではない
 
 
 
003:理由(内田誠) (その言葉の行方)
歩きだす理由を探している君とおなじ深さの夜を見ている
 
 
 
003:理由(翔子)  (花こみち)
散り際もさまざまありし春の花軽くて重い存在理由
 
 
 
003:理由(さかいたつろう) (流星文庫)
口紅の色が変わった理由くらい君にはわかると思っていたのに
 
 
 
003:理由(五七調アトリエ雅亭) (題詠専用ブログ)
我短歌題詠理由我歌人百首題詠完走成就
 
 
 
003:理由(峠加奈子) (青い鳥同盟)
愛し合う理由は特にない不思議理由があって離れる不思議...
 
 
 
003:理由(里原志穂) (空の下で)
理由づけ君は真実隠し持ち微笑んでいるセルロイドの目
 
 
 
003:理由(美木) (ヒネモスアフタヌーン2)
日曜の昼をひとりで過ごしてる理由を人に告げられぬ恋
 
 
 
003:理由(星野しずる) (タンカdeシズル)
張りつめた世界の雪を呼んでいる理由のようなつめたい木立
 
 
 
003:理由(間遠 浪) (壊れたわたしの百の欠片)
  理由欲しがらず壊れてゆく獣街の匂いを嗅ぎに来ている
 
 
 
003:理由(高辻まゆみ) (駄文帳)
「故なき哉」 欲しかったのは理由でなし 聖歌そらんじ青いマニキュア...
 
 
 
003:理由(仁尾智) (タンタカタンカ)
さよならの理由はRe-you もう一度あなたがあなたに帰るがための
 
 
 
003:理由(下坂武人) (s.w.)
たくさんの理由のひとつをさがしてる冷えた卵焼きをつついて
 
 
 
003:理由(Re:) (31-100@Re:)
また逢える理由がないと困るから「その本返すの今度でいいよ」
 
 
 
003理由(こすぎ) (たんかんぽんかんみかん)
恋をした理由はいつだって同じだと恋をしてから苺と摘む過去
 
 
 
003:理由(白辺いづみ) (Iduming☆World)
「その理由」から始まった会議での新緑みたいな謝罪あいさつ
 
 
 
003:理由(しおり) (ヒロの独り言)
こじつけば 別れの理由さまざまで 愛の深さも 愛の重さも
 
 
 
003:理由(紫月雲) (resume 1970-2008)
午前二時ミルクココアを掻き回す君を欲する理由などない
 
 
 
003:理由(瑞紀) (歌信風(かしんふう))
流れくる(はずの)理由を待ちわびて西風の吹く川岸にいる
 
 
 
003:理由(みち。) (暴走シンドローム。)
にんげんがにんげんのために用意した理由によって生まれぬいのち
 
 
 
003:理由(土州) (犬自慢)
反抗に理由がないと大人等は俺を子どもと吐き捨てるのだ
 
 
 
003:理由(あんぐ) (風の短歌)
理由などあるわけないのだこの僕が今日も明日も生きていくのに
 
 
 
003:理由(川瀬みどり香) (食歌)
ダルバートを好きな理由なんてないほかの料理を知らないんだよ
 
 
 
題詠blog003:理由(はづき生) (生さんま定食)
ありません理由そんなのありません絶対教師射抜いてみせる
 
 
 
003:理由(百田きりん) (きりんメモ)
切り絵師のようにはさみでじゃくじゃくと切ってあなたに差し出す理由
 
 
 
003:理由(やすまる) (やすまる)
微睡みの理由としては雨降りに半音下がる話し声など
 
 
 
003:理由(石の狼) (Wolf-Stone's confessio amantis)
   無理矢理に由ない理屈もことわりと君の理性がこさえた理由
 
 
 
003:理由(サヨ) (サヨノウタ)
空の青 海の青さに理由などないように今 君が好きです
 
 
 
003:理由(濱田花香) (紅葵爽♪)
張りつめる 能阿の古伝(こでん)舞ひ古風(こかぜ) 倭人(わと)理由(よし)やとや空(くう)、吹きいく。
 
 
 
003:理由(すろー) (彼方探訪)
明日がくる理由はないと非通知のワン切り電話が夜ごと告げたり
 
 
 
003・理由(近藤かすみ) (気まぐれ徒然かすみ草)
鴨川の中洲ゆたかに茂る理由(わけ)聞けど答へぬユリカモメたち
 
 
 
003:理由(寒竹茄子夫) (Sing Me Back Home Before I Die)
理由なき反抗眸(まみ)に澄みゐしが孔雀の羽のしづかにひらく
 
 
 
003:理由(今泉洋子) (sironeko)
理由(わけ)もなく心がかわく初夏(はつなつ)の畑に揺るるジギタリスの花
 
 
 
003:理由 (如月綾) (お気に召すまま)
ただひとりだけでいいから必要とされたい 存在理由が欲しい
 
 
 
003.理由(いろは) (いろはのゆっくり短歌日記)
泣いている理由はともかく抱き締めていたい心も体も全部
 
 
 
003:理由 (勺 禰子) (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
理由さへ判ればそれで回答がでるわけもなく演繹法、ボツ。
 
 
 
003:理由(ruru) (花鳥風月諸々。)
理由なく吹いてるわけじゃないんだよ 忙しそうに風は立ち去る
 
 
 
003:理由(ユウ) (日々抄)
ケンケンパすこしやすんでケンケンパ 理由(わけ)あり人生それもまたよしと
 
 
 
003:理由(かずみん) (ふわふわ卵のオムライス)
くだらない嫉妬で嫌われたくなくて 言えなかったの涙の理由
 
 
 
003:理由(ゆふ) (草のこゑ抄)
ケンケンパすこしやすんでケンケンパ 理由(わけ)あり人生それもまたよしと
 
 
 
002:理由(氷下魚) (氷下魚が私的な文字遊びをする時に・・・)
裏切の ホントの理由を 閉じ込めて 君は何処に さりゆくのだろう
 
 
 
003:理由(氷下魚) (氷下魚が私的な文字遊びをする時に・・・)
裏切の ホントの理由を 閉じ込めて 君は何処に さりゆくのだろう
 
 
 
003:理由(冬鳥) (ことのはうた)
あの角を曲がれば空にかかる路 旅立つまでの理由はなくて
 
 
 
003:理由(駿河さく) (花どろぼう)
なにもかもなつかしくなる真夜中の水道水があまい理由は
 
 
 
003:理由 (ことらのことのは)
(理由なら貴方が知つているでせう)言葉のなかつた夜のことなど
 
 
 
003:理由(羽根弥生) (ことらのことのは)
(理由なら貴方が知つているでせう)言葉のなかつた夜のことなど
 
 
 
003:理由(内田かおり) (深い海から)
 誰も彼も理由が欲しい紫の一輪選びグラスに飾る
 
 
 
003 : 理由(弓) (日々ぐるり。)
理由(わけ)なんてみんなあとからつけるものはじまりはほら突然いつも
 
 
 
003:理由 (minto) (@100@)
甘き物辛きものなど好きずきで理由などいらぬ風流なる人
 
 
 
003:理由(桑原憂太郎) (桑原憂太郎の短歌Blog)
「バカヤロウ」に理由などなく高機能自閉A子の句読点なりき
 
 
 
003:理由(桶田 沙美) (31Words Runner #011)
理由とは誰かが後付けするものさ戦争するのも恋に落ちるも
 
 
 
003:理由 (雪海) (snow-sea)
いつまでも忘れられない人がいる理由とかそんな言葉ではなく
 
 
 
003:理由(ジテンふみお) (雲のない日は)
信号の数より多くあったよな別れる理由 うんひとり言
 
 
 
003:理由(FOXY) (ぎゃらりーFOX通信)
「理由」と書き「わけ」と読ませた作詞家は銀座のクラブ<姫>のママさん
 
 
 
003:理由(小野伊都子) ( cahier bleu)
文庫本にカバーをかけない理由ならいつかこっそりきみに話そう
 
 
 
003:理由(綾倉) (乙女)
爆弾に繋がるコードを迷わず切る「おれ赤キライ」 そんな理由で?
 
 
 
003:理由(イチコ) (恋log)
スイカ ウリ 嫌いな理由第一位 『カブトムシのえさ食ってるみたい』 
 
 
 
003:理由(七五三ひな) (ひなの雑記と言葉遊び)
ため息を ついた理由すら 言えない今、 続ける理由も あるはずも無く
 
 
 
003:理由(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
理由などないそうですよ 明日の朝執行される白砂糖刑
 
 
 
003:理由(原 梓) (題詠blog百首を走る。)
後付けの理由のような味のするワインであった晩春であった
 
 
 
003:理由(伴風花) (風日記*花日記)
ここにきた理由はあってもなくてもいい ただ、いま、ここに。いてくれて、ありがとう
 
 
 
003:理由(宵月冴音) (銀星亭~Villa Argentee D'Etoile~)
「理由さえ教えられないまま死ぬの?」白砂糖の刑明日朝執行
 
 
 
003 理由 (虎小平の人間関係・性格占い)
好きなのに 理由いらない 地下鉄に 飛び乗ったとき 手が触れたから 
 
 
 
003:理由(久瑠木ぱる) (星屑メトロ。)
付き合えない理由を考え君を待つ放課後ひとり校庭の隅
 
 
 
003:理由(久野はすみ) (ぺんぺん100%)
存在の理由を言えと迫られる午後四時半のアンパンマンに
 
 
 
003:理由(山田もん) (57577)
大嫌いなあの娘で毎晩果てる僕の身体に理由なんてない
 
 
 
003:理由(井関広志) (はじめの家)
手で制し片陰(かたかげ)に入り目を慣らす 理由は要らぬ原因を問う
 
 
 
003:理由(ろくもじ) (タンカコタンカ 題詠篇)
うそつきの理由はたいてい悲しくて優しい だから聞かないでいるね
 
 
 
003:理由 (題詠100首blog-あいっちのうたあそび。)
理由など何にもないと言うように次つぎ咲く庭の紫陽花
 
 
 
003:理由 (お気楽堂) (楽歌三昧)
惜しいかな夢見る頃を過ぎたればそんな理由でたやすく泣けぬ
 
 
 
003:理由(新藤伊織) (月が堕ちるころ-classic-)
から揚げにしぼる檸檬のすっぱさはさいごにきゅっとつけ足す理由
 
 
 
003:理由(K.Aiko) (「夢幻館」-別館-)
理由などない必然である絆 全て受け入れ 抱きしめる腕
 
 
 
003:理由(東京テレポート博士) (猫背の犬養先輩はネズミにそっくり)
街中で全裸になるのに理由など必要ですか? と留置所の中で叫ぶ僕 お母さん早く身元引受けに来てくんないかなぁ
 
 
 
003:理由(志井一) (日記ホプキンス)
出られない理由が特にない時はなるべく電話に出ようと思う
 
 
 
003:理由(田中彼方) (簡単短歌「題詠だ」)
始まりに理由はないが、 終わりにはある理由、なに? 答え、「恋」です。
 
 
 
003:理由(夏端月) (Cantabile!)
あのひとじゃなくたっていい理由などこんなにあふれているというのに
 
 
 
003:次(佐山みはる) (月待ち人の窓辺)
しくじりの理由は棄てられ様々なかたちの雲がただ空にある
 
 
 
003:理由(春畑 茜) (茶話なごやん)
理由などなくてよからむ秋麗のけふを矢作のみづのながるる
 
 
 
003:理由 (夏椿) (夏椿)
古書店に色褪せながら『愛される理由』が次の持ち主を待つ(『愛される理由』二谷友里恵の著書)
 
 
 
003:理由(未来) (微睡む砂糖菓子)
感情に理由をつけて整理して うまく閉じない引き出しを押す
 
 
 
003:理由(yui) (Romantic irony)
朝露にうなだれたって構わない 理由を秘めた蕾でいたい
 
 
 
003 理由 (まなまま) (のんびりパンダ)
「ごめんね。」のあとに理由はいらないわ たぶんきっとわかってるから
 
 
 
[題詠blog2008]003:理由(坂口竜太) (さんじゅういち×えぬ)
わけなんかこじつけでいい理由などなくてもちゃんと生きていくから
 
 
 
003:理由(みゆ) (*** ことのはあそび ***)
年下の彼が気になる理由付け 素直に好きと認められずに
 
 
 
003:理由(不破慎司) (バズンガウン)
義父訃報 妻に問えども 泣き喚き 殺された理由 思い巡らす...
 
 
 
003:理由(藤矢朝子) (トイレのうず/たんかん)
この席に7時間半座ってる理由を探す仕事をしてます
 
 
 
003:理由 (八百長鑑定団) (八百長鑑定団)
理由など何もいらないけいこ場におやじ先輩神と崇めよ
 
 
 
003:理由(陸王) (Always Walking with Yu)
地球上3分しか持たない理由 ラーメン煮えたもご存知ないな
 
 
 
003:理由(和次郎) (路上のギリギリ単位)
痩せたいの でも食べたいの その理由 聞いてなっとく だって女の子なんだもん
 
 
 
003:理由(八朔) (I am still here.)
本心がよくわからない無表情だから理由は言わないでおく
 
 
 
003:理由(つばめ) (ツバメタンカ)
この国を愛さぬ理由を板書せし教師の指は誰がため白き
 
 
 
003:理由(天井桃) (天然通信)
理由など無いよ貴方を好きなのは貴方が貴方であったからだよ
 
 
 
003:理由(水野加奈) (水の中)
ほんとうの名前教えて猫なのに林檎と胡瓜が好きな理由も
 
 
 
003:理由(翔) (ノーベル賞にほど遠く・・・)
離されて光り続けるクラゲの灯理由は同じか人魂が飛ぶ
 
 
 
003:理由(Yosh)再送 (☆生短歌☆)
…確認してたら”理由”入ってなかったので。(^-^;
 
 
 
003:理由(わらじ虫) (楽園 by わらじ虫。)
この街に猫が多くて得をしたことはないけどそれが理由だ
 
 
 
003:理由(平岡ゆめ) (le petit cahier)
見え透いた理由でいいのに冷め切った珈琲カップを持て余す人
 
 
 
003:理由(星桔梗) (風船がわれるまで 2)
休日を何するとなく過ごす吾の頬を伝わる理由(わけ)のないしずく
 
 
 
003:理由(なゆら) (リッスン・トゥ・ハー)
僕が旅に出る理由の4つめは植村直己のせいやそうです
 
 
 
003:理由(峰松 隆) (短歌てくてく)
現実に向き合う我には要らぬもの去りゆく人の理由などは