だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが・・・。
関東を中心に釣りや散策に出掛けています。
個人的な備忘録です。

2017.03.17 茨城県西部バス釣行

2017年03月18日 | 釣行記
今回は、はしぞう氏と茨城県西部へバス釣行した。

9時頃、鬼怒川の石下の堰から釣り開始。
堰下でクランクベイト、ワームを投げてみるが、全く反応なし。
魚の気配もなく、まわりでも釣れていないようだ。
今年は例年に比べて、釣れ始まるのが遅いらしい。


春はそこまで来ている。

その後は、先週、はしぞう氏が下見に行って、1匹釣れた小貝川のテトラ帯へ移動してみる。
テトラとテトラの隙間にワームを放り込んでみた。


今季初バス。今年は十分に釣りに行く事が出来るだろうか。

昼食はラーメンショップでネギ味噌ラーメン(中)。
午後の部は、小貝川各所をまわってみるが。


小目沼橋。 小貝川に架かる木製の沈下橋である。 映画のロケなどにも使われているようだ。

15時過ぎに終了。
結局、自分が1匹、はしぞう氏は0匹。

今回は、坊主覚悟だったので、まあ満足な釣行であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あけぼの子どもの森公園」(埼玉県飯能市)

2017年03月12日 | 散策記
今回は、所用で埼玉県川越市に帰ったついでに、飯能市にある「あけぼの子供の森公園」に行ってみた。


10年以上前にも訪れた記憶がある。その時はこんなにメジャーな場所ではなかった気がする。  2017.03.08

「あけぼの子どもの森公園」は、1997年(平成9年)に開園した、北欧の童話(ムーミン)の世界をイメージした公園で、
公園全体が山の斜面に作られており、小川や林などの自然に囲まれた園内には、きのこの家(ムーミン屋敷)、
子ども劇場(多目的ホール)、森の家(ムーミン資料館)、水浴び小屋などの建物があり、ムーミン谷の世界が再現されている。


「きのこの家」 ムーミン屋敷とも呼ばれている。地上3階、地下1階の建物の内部は迷路のようになっている。


「きのこの家」は子供が楽しい様々な工夫が施されている。 「子ども劇場」1階は管理事務所とトイレ。2階は多目的ホール。


「森の家」1階はムーミンの作者トーベ・ヤンソンの資料館、2階はムーミンの本などが置いてある小さな図書室になっている。

規模はそれほど大きくない無料の公園であるが、北欧の雰囲気が漂う不思議な公園である。
小さな子供であれば半日は十分に遊べる。


ちなみに、飯能市にある宮沢湖湖畔には、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年の秋開業予定)、ムーミンをテーマにしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」(2019年の春開業予定)が建設中である。

【散策地データ】
名称:「あけぼの子どもの森公園」
所在地:埼玉県飯能市大字阿須893-1
形態:公園
開園時間:9:00~17:00
入園料:無料
休園日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月28日~1月4日
駐車場:有(無料)※市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.02.28 ヒラメ船釣行 (千葉県いすみ市大原)

2017年03月05日 | 釣行記
今回は前の職場の釣り仲間達4人で、千葉県大原港の長栄丸さんからヒラメ船に乗った。
5時半に出港、かなり風が強く波は高い。
30分ほど掛かって太東崎沖であろうか、ポイントに到着。


かなり波が高くて船の揺れが大きかった。油断していると海に投げ出されそうな勢いであった。

ヒラメ釣行は今回が2回目である。
1年少し前の初ヒラメ釣行では出家したので、今回はなんとか1匹は釣りたい。
仕掛けは市販の固定式ヒラメ仕掛け、ラインはPE2号、おもりはナス型80号、エサは生きイワシ。
仕掛けを投入し、底を取った後、オモリを1mほど上げて反応を待つ。
隣の仲間がそうそうに1匹釣り上げる。その後もポツポツと船内で上がる。

そして自分にも。
待望のヒラメであった。
その後は、サワラ2匹とヒラメ1匹を追加して11時過ぎに終了。



結局、自分はヒラメ2匹とサワラ2匹の釣果。ほかの仲間達もヒラメ2~3匹の釣果であった。
その他ではマトウダイも釣れていた。


ヒラメは2匹とも軽く60cmオーバー、2kg以上の良型であった。サワラは1匹あげてきた。

家に帰ってさばき、ヒラメは刺身、昆布締め、天丼などにして、サワラは塩焼きにして食べた。
数日間、朝・晩ヒラメづくしと贅沢なものだった。

久しぶりに満足な釣行ができた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「芝山仁王尊 観音教寺 芝山はにわ博物館 」 (千葉県山武郡芝山町)

2017年03月02日 | 散策記
イチゴ狩りをして、舟盛りの刺身を食べた後は、
山武郡芝山町の「観音教寺」の境内にある「芝山はにわ博物館」に行ってみた。

昨年、イチゴ狩りに訪れた際は、近くにある「芝山町立芝山古墳・はにわ博物館」に行ってみたが、
国指定史跡の「殿塚・姫塚」から出土した埴輪は「芝山はにわ博物館」でしか展示されていないことが分かり今回訪れてみた。


観音教寺は由緒のある名刹だが、自分は「はにわ博物館」が見たくて訪れた。 2017.02.24

「芝山はにわ博物館」は「観音教寺」の本堂に隣接して建っている。
「観音教寺」は、正式名称を天應山観音教寺福聚院と称し、十一面観世音菩薩を本尊とする、天台宗の寺院である。
781年(天應元年)に征東大使であった藤原継縄によって創建されたと伝えられている。
また、仁王門に安置されている仁王様が、火事・泥棒除け・厄除けの仁王様として知られていることから「芝山仁王尊」とも呼ばれている。
新上総国三十三観音霊場第33番(結願寺)、上総国三十四薬師如来霊場第34番(結願寺)、東国花の寺百ヶ寺千葉16番札所でもある。


仁王門                                 境内の様子

「芝山はにわ博物館」は、芝山古墳群内にある国指定史跡「殿塚・姫塚」から出土した埴輪をはじめ、
付近の遺跡から出土した埴輪や石器、土器類などを展示している博物館である。
また、建物の2階は「釈尊館」という釈迦の一生を表現した絵画が並べられた展示室になっている。


「殿塚・姫塚」出土の埴輪9点は、千葉県の有形文化財(考古資料)に指定されている。

その後は、念のために「殿塚・姫塚」を見てから帰路に着いた。


殿塚                                   姫塚

1400年以上前に築造された古墳が、静かな林の中に佇んでいる。

【散策地データ】
名称:「芝山仁王尊 観音教寺 芝山はにわ博物館」
所在地:千葉県山武郡芝山町芝山298
形態:歴史博物館
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
入館料:大人200円 シルバー(65歳以上)100円 小中学生100円
休館日:年中無休
駐車場:有(無料)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴ狩り 「近藤いちご園」 (千葉県長生郡一宮町)

2017年02月25日 | 散策記
今年も、千葉県長生郡一宮町にある「近藤いちご園」にイチゴ狩りに行ってみた。
「近藤いちご園」では、白イチゴや黒イチゴなどの珍しいイチゴをはじめ20種類以上のイチゴを栽培している。


近藤いちご園は9品種のイチゴを食べ比べできる。     受付を済ますと白と黒のイチゴが1粒ずつ入った容器をもらう。

イチゴ狩りは30分間の食べ放題である。
完熟しているイチゴがいっぱいあり、次々に良型を選んで口に放り込む。


結構な棟数のハウスが立ち並んでいる。            冬はハウス内の暖かさがうれしい。  2017.02.24


かなみひめ                     桃薫                         チーバベリー 

食べた品種の名前は覚えてはいないが、多くの品種を食べ比べることができ、品種によって甘みや酸味、香りに違いがあることが分かった。


イチゴ狩りをした後は、帰路途中、九十九里町にある「海の駅 九十九里」に寄って昼食を食べた。


「海の駅 九十九里」 雰囲気は道の駅のようだ。        館内に入るとイワシが3000匹泳いでいる水槽がある。

「海の駅 九十九里」は、九十九里の魅力発信基地として2015年4月にオープンした施設で、
目の前の片貝漁港で水揚げされた魚介類や九十九里で育った野菜や土産物などを販売している直売コーナー、
リーズナブルな値段で海鮮料理が食べられるフードコート、
九十九里町のいわし漁の歴史や文化を学べる「いわし資料館」などがある。


「いわし資料館」では九十九里町のイワシ漁の歴史などが学べる。

2階にはフードコートがあり、3つのお店が入っている。
今回は「みっちゃんの魚や食堂」の舟盛り定食と「港食堂茂丸」の鰯天丼+鰯団子汁を食べてみた。


舟盛り定食 この見た目でなんと1000円(税込み)。      鰯天丼+鰯団子汁は900円+200円(税込み)

昼食後は、はにわ道を通って帰路についた。
はにわと古墳を見に行ったのは言うまでもない。

【散策地データ】
名称:「近藤いちご園」
所在地:千葉県長生郡一宮町一宮9177-7
形態:観光いちご園
いちご狩り受付:9:00~(いちごが無くなり次第、閉園)
いちご狩り料金:30分食べ放題 大人2000円(季節により変動あり)
駐車場:有(無料)

名称:「海の駅 九十九里」(いわしの交流センター)
所在地:千葉県山武郡九十九里町小関2347-98
営業時間:9:00~18:00
駐車場:有(無料)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第72代横綱 稀勢の里 牛久市祝賀パレード

2017年02月19日 | 散策記
相撲に特別興味があるわけではないが、
牛久市で地元出身の横綱 稀勢の里の祝賀パレードが開催されるので行ってみた。

牛久駅あたりから13時パレード開始なので、少し早めの50分位前に駅に着いてみると、
こんなに人口がいたのかと思うほどの混雑していた。


改札を出たところから混雑していた。ほとんどが年配者ばかりだ。                         2017.02.18


駅前の広場には稀勢の里が横綱になったのを記念して手形のプレートが設置されたようだ。

パレードコース脇の歩道で待っていると、ほぼ定時の13時にパレード開始。
白いベンツのオープンカーに乗って、手を振ってくれている稀勢の里が目の前を通過した。



各写真中央あたりに稀勢の里の姿が写っている。

この後、稀勢の里は近くの牛久市役所で市民栄誉賞の授与などを受けるそうだが、
あまりに混雑していたので自分たちは帰路についた。

終了である。

結局、観覧者は5万人ほど集まったようだ。ちなみに牛久市の人口を調べてみたら8万4千人ほどであった。
有名人を見るのは久しぶりであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「霞ヶ浦総合公園 水郷桜イルミネーション」 (茨城県土浦市)

2017年01月18日 | 散策記
茨城県土浦市にある「霞ヶ浦総合公園」へイルミネーションを見に行った。


風車は土浦市市制施行50周年を記念して建てられたもので、高さ25m、羽根直径20mのオランダ型風車である。

霞ヶ浦総合公園は、霞ヶ浦湖畔に位置し、プールや遊具、自然観察施設、国民宿舎、レストハウス、テニスコートなどが整備された
総合公園である。


隣接する霞ヶ浦ネイチャーランドでは、熱帯魚や霞ヶ浦に生息する魚の水槽がある他、風車の構造などを学ぶことができる。

霞ヶ浦総合公園では2016年11月19日(土)から2017年2月19日(日)まで、この公園のシンボルであるオランダ型風車の前の広場で
「第5回水郷桜イルミネーション」が開催されている。


市の花である桜や土浦の花火、霞ケ浦、帆引き船、ハス田など、土浦市の特徴をモチーフにしたイルミネーションのようである。



2017.01.07

無料の公園のイルミネーションではあるが、なかなかの規模である。

【散策地データ】
名称:「霞ヶ浦総合公園」
所在地:茨城県土浦市大岩田1051 
形態:総合公園
駐車場:有(無料)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「香取神宮」 (千葉県香取市)

2017年01月07日 | 散策記
謹んで新春のお慶びを申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。

2017年の初詣は、千葉県香取市にある「香取神宮」へ出掛けてみた。


「香取神宮」は、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社に数えられる。  2017.01.05

「香取神宮」は、歴史が古く、社伝によると創建は、神武天皇18年(紀元前643年)の創建と伝えられている。
式内社(名神大)・下総国一宮・勅祭社・別表神社・旧社格は官幣大社という高い格式を持ち、
関東地方を中心として全国にある香取神社の総本社でもある。


大鳥居                                 総門


楼門                                   拝殿

主祭神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)である。
古代には朝廷から東国遠征の守護神として、また藤原氏から氏神として崇敬された。
中世以降も歴代の武家政権から武神として崇敬され、現在も武の神様として篤く信仰されている。


鹿島神宮と同じように鹿苑もある。

また、本殿や楼門などは国の重要文化財、社殿は国の登録有形文化財、神宮に伝わる神宝や香取神宮の森は千葉県の文化財に指定されている。


要石


御朱印。別に集めているわけではない。

【神社データ】
名称:「香取神宮」
所在地:千葉県香取市香取1697
主祭神:経津主大神(ふつぬしのおおかみ)
社格等:式内社(名神大)・下総国一宮・勅祭社・別表神社・旧社格は官幣大社
創建:伝 初代神武天皇18年(紀元前643年)
駐車場:有(無料)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.18 千葉の堤防 ヒイカ釣行

2016年11月20日 | 釣行記
約3ヶ月ぶりの釣行である。
今回は、はしぞう氏と千葉の堤防へヒイカ釣行した。


朝方は寒かったが、日中は風もなく暖かな日であった。

しかし釣れない。
周りもほとんど釣れていない。

かたや、隣のおじさんはサビキで豆アジを中々のペースで釣り上げている。
こんなこともあろうかとサビキも持参したので、早々にヒイカは諦めて豆アジ釣りに変更。
ハイパーパニック仕掛けで散発的に釣れてきた。


仕掛けが絡んで使えなくなるまでで9匹の釣果。

あまりにも釣れないので昼前には終了。
釣果は自分が豆アジ9匹。はしぞう氏がヒイカ1匹。

釣りの後は、帰路途中にある「田所商店」に寄って味噌ラーメンを食べた。


今回は九州麦味噌ラーメンを食べてみた。次回があれば違う味噌も食べてみたい。

釣ったアジは南蛮漬けにして食べてみた。


スーパーで100円位で売っている感じである。        酒のつまみにはなった。

久しぶりの釣行だったので、数日前から釣具の準備をして、
前日はワクワクしてよく眠れず、当日も日の出前に現地に到着してしまった。
たった9匹の豆アジではあったがプライスレスだと感じた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「茨城県民手帳」

2016年10月28日 | 雑記
何かと忙しくて、釣りにも散策にも出掛けられない日々が続いている。
このブログは60日間記事を投稿しないと広告が一番上に表示されてしまうようなので、とりあえず記事を投稿してみた。

茨城県民になってもうすぐ1年になる。
先日、本屋へ行ったとき、平成29年度版「茨城県民手帳」が売っていたので買ってみた。


茨城県には何の愛着もないし、特に使い道もないが。

茨城県民手帳は、長野県に次いで発行部数が多く、全国第2位(平成28年版)らしいが。

<主な内容>
・平成29年略歴(酉年)、年号・年齢早見表、県民の歌
・各月の行事予定、週間ダイアリー、住所録
・統計からみた茨城県の位置
・県内主要最新統計データ
・全国都道府県勢の概要
・市町村別の面積・人口・農業・工業・商業の統計データ
・県庁や出先機関、主な官公庁の所在地・電話番号の一覧
・県内の公立病院
・常設相談窓口一覧
・郵便料金、印紙税額、計量単位換算表
・県内の市町村区域図、東京地下鉄路線図

<編集・発行>
茨城県統計協会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加