絵旅保育のまるごと大

人生どらまちっく…な時もある

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保育日記 その④ おしまい

2016-12-20 21:40:26 | 日記
 もうこの世の終わりだと言わんばかりの表情が、15,6年経った今でも思い出せる。

 もし、あなたの心の中に、何かウヤモヤしたものがあるとしたら、彼のその言葉と表情が一瞬にして消してくれたはず。

 感情表現の激しいMax君は、とにかくエネルギーに満ち溢れていて、その声もまた格別にでかい。

 歌の時間には、恥ずかしがって、声が小さくなってしまうのだが、それ以外の時の彼の歌いっぷりと言ったら、一歩間違えると人の鼓膜を破る勢いだ。

 そして、彼の走る姿にも、数多くの人が惚れてしまう事だろう。

 チョコプクと言う表現のふさわしいその走り方(歩幅が小さくチョコチョコ、その上、体がプクプク)、そして、その時の懸命な表情…笑える。

 あまりの彼の必死さに笑ってしまう。

 その姿も、今まだ思い出せる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保育日記 その④ | トップ | 保育日記 その⑤ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。