思考ダダ漏れ

なんとなく書こう

責任

2017-07-11 15:54:49 | 日常
懇親会の幹事をやることになっていたのだが、近頃はその手続きをするのに気が滅入る。元々懇親会なんて行きたくもないのに、幹事を任されたのだから、嫌でも参加しなければならないだけでなく、準備もしなければならない。僕はこの義務に深い絶望を感じる。核や隕石でも落ちて、僕を殺してほしいと考える。こんな窮屈な精神は多分生きている限り残り続けるのだろうとも考える。そんなのは夏バテのせいさ。そんな風にも考えてみるが、冬でもそんなことを考えていたわけで、誤魔化せそうにない。
  とにかく、死ぬつもりで準備を整える。そのぐらい気負わないと、というより、気負ってやるものだと心底思っているらしい。つくづく、死の近い日常だと感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 七夕 | トップ | 調子 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。