だいちゃんの のんびり日記

2006年11月1日から始めて11年目です。ボケ防止? のため 気の向くままに のんびりと 更新します。 

作品その133

2016-09-15 01:22:27 | 書道
9月号仮名臨書の手本から
釈文】月見れば千々にものこそかなしけれ我が身ひとつの秋にあらねど
【文意】月を見ていると、さまざまに悲しい思いがつのってくる。なにも、自分一人だけの秋ではないのに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋野菜でも | トップ | 作品その134 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
流麗なる書! (みいちゃん)
2016-09-16 04:48:48
だいちゃん

“流麗なる書”
素晴らしいです。

     
Unknown (Unknown)
2016-09-17 00:20:05
毎回のコメントありがとうございます。

コメントを投稿

書道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。