きたまち茶論

☆きたまちを知る きたまちで学ぶ きたまちで遊ぶ☆
奈良「きたまち茶論」実行委員の情報共有
そして情報発信へ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4回 開催決定!!

2009年01月28日 07時02分37秒 | Weblog
第4回 きたまち茶論 

日 時:2009年2月15日(日)
    14:00~16:00
場 所:若草公民館 1階 講座室1
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。
参加費:100円

申込不要、当日参加可

「鉄道よもやま話~ドラマが生まれる車内風景~」
語り手:吉本俊男氏


今回は、きたまち在住の語り手、元国鉄・JRマンの吉本氏による体験談を中心に、
車掌の仕事の基本を中心に、知って得する制度あれこれなど…、
そしてビデオ上映も。
車内放送の実演や制服やグッズの展示など盛りだくさんです。
現役職員の方もオブザーバーとして参加される予定!

奈良きたまちにはかつて、大仏鉄道が走っていた歴史があり、
鉄道にはゆかりのある地です。

---はるかな鉄道の旅に思いを馳せてみませんか…。

皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さい!
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ごぶさたしています

2008年11月22日 20時01分26秒 | Weblog
しばらくお休みしていましたが、
2008年も気がつけば冬。

再始動の時期がやってきたようです。

今日は
なら・まちづくりセミナー2008
奈良きたまち再発見
というシンポジウムで活動報告をしてきました。

「今度やるときは連絡を欲しい」という声を
会場でかけていただきました。
本当にうれしかったです。

また、みんなでぼちぼちはじめていきます。

よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回 終了御礼!!

2007年09月12日 07時38分49秒 | Weblog
おかげさまで第3回も無事終了することが出来ました。

語り手さんの事前のご努力と、聴き手の方の身近でかつ貴重な裏話。
珍しいお祭り(御田植祭)のDVD鑑賞‥と盛り沢山な内容で、
充実しつつ楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

後日、出席した方から、お叱りの言葉をいただきました。
「あんな素晴らしい内容なのだから、もっと大勢の人に聴いてもらわないと!」

ありがとうございます。
もっと大勢の人にご出席いただいて、かつ、座談も弾むよう、
スタッフ一同努力して参ります。

そして、「素晴らしい内容」というのはひとえに語り手の方のお力であります。
ただ、語り手も人前で話すのは苦手‥という方に伏してお願いする事もあります。
スタッフは当日まで語る準備のお手伝いもいたしますので、
「あの人はきたまちに詳しく、色々な話を知ってらっしゃる‥」
そんな方がいらしたら是非教えて下さいませ。

‥語り手になる経験も中々よいものですよ。


さて、今回の内容報告は改めて。
皆様本当にありがとうございました。

次回は只今企画中。
ご期待下さいませ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回 開催決定!!

2007年08月26日 17時15分59秒 | Weblog
第3回 きたまち茶論 

日 時:2007年9月9日(日)
    10:00~12:00
場 所:若草公民館 2階和室
参加費:100円

テーマ:「笹鉾町の魅力あれこれ~手向山八幡宮等の関わりを中心に~」
語り手:前迫憲規氏


笹鉾町名の由来は3説あり
なかでも、手向山八幡宮との起因する逸話などは
謎めいた物語があります。

きたまち界隈の町並みは、
市民でも知らない由来が沢山あります。
その町の一木一草、
道端に転がる石ひとつをとっても歴史があります。

そんなガイドブックにない「きたまちの魅力」を一緒に探してみませんか?

皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越し下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回 内容報告!

2007年07月14日 00時02分43秒 | Weblog
2007年7月8日 若草公民館にて
第2回きたまち茶論が開催されました。
その内容をお伝えします。

テーマ「奈良阪町の歴史談義~奈良豆比古(ならづひこ)神社と宮座~」
語り手:村田昌三さん

奈良豆比古神社の歴史と祭礼について・・・
”豆”の由来についての議論も飛び交いました。
宵宮祭で奉納される「翁舞」は国の重要無形民族文化財に指定されています。

境内にある県指定天然記念物の「樟の巨樹」と「万葉樹」について・・・


そして、
奈良豆比古神社を千年以上支えてきた宮座「老中」という組織について・・・
社長だろうが関係ありません。
絶対的な年功序列制です。
60歳で見習いという厳しくも興味深い世界でした。

こんな大変貴重なお話しをたっぷりとしていただきました。

お話しの後は質問→座談会という流れで、
お茶を飲みながら楽しいひとときを過ごしました。


PS.次回の第3回きたまち茶論は9月9日に開催します!
   詳しい告知はまた改めて。
   是非お越し下さい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第2回 終了御礼!

2007年07月12日 23時47分26秒 | Weblog
梅雨まっただ中ではありますが、
当日はおひさまが顔を出してくれました。

いったい何人の方が来てくださるか、
朝から不安と期待でどきどきしていました。

顔見知りの方、はじめましての方。
色々な方が若草公民館のきたまち茶論に集って下さいました。

おかげさまで、和気藹々と楽しい時間を共有することが出来ました。

本当にありがとうございました。
こころより御礼申し上げます。

さて、詳しいご報告は、また改めて。
近いうちにUPさせて頂きます。

それでは、またお目にかかりましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回 開催決定!

2007年06月23日 13時11分05秒 | Weblog
第2回 きたまち茶論

日時:2007.07.08(日) 10:00~12:00
場所:若草公民館2階和室
語り手:村田昌三さん
テーマ:奈良阪町
参加料:無料(申し込みも不要)

かつての京都から奈良への玄関口
奈良で一番栄えていた町
東大寺建立の資材が運ばれた道
千年続く、奈良豆比古神社を守る長老制度
‥そんな奈良坂で生まれ育った村田昌三さんに、
お話を聞いてみませんか?

奈良が好きな人
歴史が好きな人
人とつながりたい人
大歓迎です

お誘いあわせの上、お気軽にお越しください!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アーカイブス

2007年05月31日 23時14分49秒 | Weblog
下記ブログにそれぞれの回の詳細が記されています。
興味のある方は是非ご覧下さい。


週末奈良人
 第1回~6回「法蓮サロン」時代。
 カテゴリ 大人の寺子屋 を検索。

古書喫茶ちちろ改装計画
 リニューアル後最初の「きたまち茶論」の案内。
 トップ記事。
 ちなみに、この「古書喫茶ちちろ」の店主とは今年のカンヌでグランプリを受賞 した映画の主演男優であります。 

きたまち徒然
連凧作りを写真入りで紹介。
 はしゃぎっぷりが手に取るようにわかります。 
記事タイトル「天上大風」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今までの活動

2007年05月31日 23時02分32秒 | Weblog
回/日程/語り手(敬称略)/テーマ

1/05.10.15/映画作家 河瀬直美/木のいのち 人のいのち

2/05.11.05/昆虫研究家 大橋 潤/奈良公園の生態系~芝と鹿と昆虫たち~

3/05.12.10/南都晃耀会 和中修身/雅楽の紹介

4/06.01.28/山村流第四世宗家直門 山村若女/地唄舞(上方舞)の魅力について

5/06.02.26/陶芸家 和歌山大学助教授 寺川剛央/陶芸による造形表現

  以上第5回までは法蓮町「木の茶の間 輪」を会場に実施

6/06.03.12/アカペラ愛好家 新井 忍/acappellaの魅力~人の声100%~

  第6回は転害門前「大門市場」にて開催

以上第6回までは「法蓮サロン」として実施。
更に活動のフィールドを広げ
「きたまち茶論」として、2006秋にリニューアル。

7/06.11.05/インド舞踊家 原田道子/インド舞踊カタックとの出会い

  第7回会場は古書喫茶ちちろ奥の間

8/07.02.17/和凧研究家 松村泰造/連凧づくりと地域のつながり‥制作継続中

  会場は若草公民館,同分館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私たちの考え

2007年05月31日 22時56分51秒 | Weblog
奈良きたまちに住んでおられる才ある方の発掘とその紹介を行い、
そこに生まれるコミュニティーを広げ、
いずれは町の活性化につなげることを基本理念とする。

★きたまちを知る きたまちで学ぶ きたまちで遊ぶ★

大人の寺子屋「きたまち茶論」は
きたまちを愛する住民の方、
奈良の地で学ぶ若い方、
様々な分野で活躍されている奈良ゆかりの方に「学び」
その中からきたまちのよさを「知り」
そして、さらに「遊ぶ」ことにより、
人間力を鍛えることをモットーに座談の輪を広げ、
堅苦しくなく和気藹々と、語り手と聞き手が発見や感動を
共有できる時間や場を創っていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加