渡嘉敷島集団自決命令は偽り~歴史の暗闇に一条の光が~

-----------------------引用------------------------
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。

~略~

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん(イザ!2006年8月27日付)
--------------------引用終わり----------------------

沖縄戦の悲劇は数々あるがそのうちの一つである、渡嘉敷島の集団自決について新たな証言があった。戦後、この集団自決は軍命令により行われたものであり、日本軍の残虐性の象徴のように扱われることがあった。しかし今回の元琉球政府関係者の証言により、この事件は軍命令でないという可能性が極めて高くなった。

当時渡嘉敷島の防衛隊隊長赤松大尉が厚生省の旧軍属に対する援護金を支給してもらうため、集団自決命令を出したことにして戦傷病者戦没者遺族等援護法に基づく援護金を給付してもらえいるようにしたもの。援護金は元軍属や軍命令下にあって死亡した民間人に給付されるというもの。

この件で小生が考えたのはいわゆるプロ市民たちがこういう事実を素通りしていたということである。本当に戦争の実相を伝えるのであれば、こういう事実も戦争に一つの実相として伝えていくべきではないのだろうか。おそらくこのことが事実と確定しても、プロ市民たちはこの事実を積極的に伝えていくことはないだろう。

参考:軍の命令はなかった 沖縄・渡嘉敷島の集団自決(Let's Blow! 毒吐き@てっく)

  日記@BlogRanking にほんブログ村 ニュースブログへ←歴史の真実が一つ明らかになった思う方はクリックよろしくお願いします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )
« 韓国10月に海... ちょっと引っ... »
 
コメント
 
 
 
赤松隊長 (チキソ)
2006-08-28 23:00:05
新聞等から「鬼」等と呼ばれ、どんな気持ちでいたのか。少なくともこの「虚構」を垂れ流してきた新聞・TV・言論人はこの事実を伝えるべきでしょう。それを伝えないのであればそいつらこそ「鬼」です。
 
 
 
おそらくは・・・・。 (ないちょ)
2006-08-28 23:21:46
おそらくは知らぬ存ぜぬで完全スルーで・・・・。



そんな感じでしょうなぁ・・・。



残念ながら。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
渡嘉敷島の集団自決は軍命令であるとする説が覆る決定的な材料 (いとあはれなり)
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の ...