ダンワールドから皆さまへ

体と心と脳の健康づくり
人と社会と地球の健康づくりをサポートします。

長寿の賀

2017-05-18 14:20:42 | コラム

こんにちは、ダンワールドです。

 

寿命の伸長に伴って変わってきた伝統の一つといえば、長寿祝いでしょう。

長寿の賀は、わが国の習俗の一つとして受け継がれてきましたが、何歳から祝い始めるかは、時代とともに大きく変化してきました。

 

平安時代は40歳を初賀として、長寿を10年ごとに祝っていたそうです。

「源氏物語」などによると、40歳を「五八の賀」(5×8=40)と称して初賀とし、50歳、60歳と十年ごとに祝賀を行なったといいます。

 

中世以後は42、61、70に祝うという風習が広まりました。

数えの61歳は還暦、本卦がえり、華甲などと呼ばれます。

還暦とは十干(エト)と十二支(時日を数える呼称)を組合せる暦の変化が、もとにかえることです。

 

70歳は古稀といい、「人生七十古来稀れなり」という杜甫(唐の詩人)の詩からとったことばです。

今日では、この古稀あたりから、親戚縁者をまねいて祝う傾向があるようです。

 

そして、今日のメジャーなお祝いのタミングが、77歳です。

「喜寿」と呼ばれますが、これは「喜」の字の草書体が七十七と読めるところからきています。

 

その次は、88歳の「米寿」。

これは「米」を分解すると「八十八」になるためにつけられました。

次の節目は99歳で、「白」は百に一画足りないことから、「白寿」と呼ばれています。

 

賀寿の期日は、必ずしも誕生日とはかぎらなくて、たとえば正月28日とか、旧2月1日とかいうふうに、一定の日に行なうこともあるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供部屋の間取り | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。