テジョンのぶつくさブログ!

ただただ、思った事をぶつくさぶつくさ書くブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

済州島 お墓参り 2017 秋 Vol.02(2日目:伐草(ポルチョ))

2017-09-27 19:00:00 | 済州


2017年9月24日。



今日は伐草(ポルチョ:草刈り)をする日。



うちの門中会での伐草(ポルチョ:草刈り)を行う決まりがある。



旧暦(陰暦)の8月が入って最初の日曜日に行うと言うのが決まり。



2017年9月24日は旧暦の8月5日になり、旧暦8月の第1日曜日。



ホテルの前で7時に済州の叔母達と会う予定。



そんな事もあり、午前6時起床。



ご先祖様の所に行く事もあり、シャワー浴びて、髭も剃る。



ちょっとは小綺麗にしての伐草(ポルチョ:草刈り)へと向かう私。



最後は伐草で汗ベチョベチョになるのを知ってるけど、私なりのご先祖様への気持ちである。



6時50分、1Fロビーで兄貴と会い、ホテル外にある遊園地にある遊技の所で済州の叔母と待ち合わせ。



そこに向かう途中で済州の叔母と会い、ご挨拶。




そこに叔母の息子さんになる兄貴の車が来て、その車に乗ってご先祖様の所に向かう。




朝方、かなり曇っていて寒い。



兄はヒートテックを来ているから寒さにも強い。



車を飛ばしたら30分後に到着。



門中会の方が誰一人居てない、私達が一番乗りの様だ(*^_^*)



そんな一番乗りでのお墓を撮影。



まぁまぁ、草がボウボウになっているが、済州の叔母から言うと、今年は雨が少なかったので、雑草もさほど大きくなってないとの事。



その後、門中会の会長がやって来て、日本から来ましたとご挨拶、そして日本からですと誠金を喜捨。



なんだかんだと話していたら、親戚にあたる方々がやって来て、話す事なく、伐草の作業を各自始める。



草を刈る担当、その草を墓の外に持って行く担当、それぞれが今自分に出来る事を探して行う。


私は、草を刈る事は出来ないので、刈った草を持って行くのに専従した。



草を刈ったお墓はサッパリ、まだ刈ってないのと刈ったお墓のビフォーアフターが良く分かる下の画像。



一方、私としましては、


上の画像にある袋の上に雑草を置く。


すると、下の画像になる。


そして、袋の両端を掴んで、刈った草を外へと持って行く。



刈った草を探しては袋の上に置き、外へと持って行く作業を数十回。



途中、済州の叔母が水を飲み~~と、サムダス(三多水:済州のミネラルウォーター)をくれて、それをガブ飲み。



その後、午前9時前にも済州叔母が来て、休み休みしながら作業をしなさいと優しい言葉を掛けてくれて、CASSメッチュ(ビール)をくれた。



朝の9時から、ライトビールを飲むが、それはそれで辛かった(笑)



黙々と黙々と作業をしていたら、だんだん疲れる。



至る所に運ばなきゃならない草が有るので、休むに休めない。
(のちのち兄と話したんだが、一番しんどい所に自ら行ったなぁと二人で疲れながらも笑った)


ちょっと疲れ気味に歩いていたら、初めて話す伯父さんから、「休み休みしなさい~!」と優しいお言葉。



そして、その伯父さんと縁に座って休憩し、この様な話をしてくれた。



「門中会で伐草の作業をするけど、熱心にやる人、やらない人、やっているフリしてやらない人と様々だ。」と、




そんな事もあの世に居てるご先祖様は見てるんでしょうと話すと笑っていた伯父さん。



色んな話をしながら日本行った事有る事などを話してくれた。(10分ぐらい休憩)



ちょっと座って休憩したから少し疲れも解消。



再度、草を持って運ぶ作業を開始。



下の画像の刈った草、殆どが私と兄が運んだ草。




なっかなかの草の量です(画像にある木はそこそこ高い木です)



2時間半ぐらい経つとお墓も綺麗になった。






そして、ご先祖様の石碑にお供えして、クンチョル(お辞儀)



門中会の会長とかの役員がクンチョルして、私達は黙祷をする。



その後、日本からやって来た私達を紹介してくれて、ご挨拶。



言葉が通じるってホンマにエエなぁと思った。



会長、その他の親戚と別れの挨拶をして、私達は昼食しに。


ピウォンと言うサムゲタンの店に。




ガッツリ、食べて、急いで食べたから舌が軽くヤケド(笑)



済州市内のホテルに着き、叔母と親戚の兄貴とはここでお別れ。



来年の当番で済州に行く予定の従兄弟、



その従兄弟の事を話すと、叔母の表情もちょっと陰っていた。



そんなこんなでありましたが、叔母とは笑いながらお別れし、私達はホテルへ。



部屋に戻ってきたら、部屋がまだ綺麗に掃除出来てない。



一旦シャワーを浴びる。



シャワーを終え、サッパリした後、通路に出ると、部屋を綺麗にしてくれる人が居たので、今から掃除して下さいと話し、私達はEマートへ。



兄の買い物、私の買い物(バンドエイドとファブリーズ)を購入し、ホテルに帰って来たら、綺麗なお部屋。



そこから疲れた身体を癒すべく仮眠。



30分くらい寝たかな?



ホテルのベランダからは遊園地の騒がしい音。



それとは別のドンドンドンとまた違う音。


何かな?と思ってベランダから外の様子をみると、広場でプンムルノリをやっている!



こら、見に行かな!!で走って現地に。








メチャクチャ楽しいリズムで私もテンションが上がりました。



そのプンムルノリも終わったので、ホテルに戻り、タクシー兄貴と会う事に。



昨年は会えなかったから2年ぶりのタクシー兄貴。



まったく変わってない様子。



そして、夕食を何処でするのかって言うのは、事前に決めていた私達。




サムギョプサルは初日、刺身は日本で食べる方が美味いから今回は削除。



そんな中で、「しゃぶしゃぶ」にしよ!ってな事で、ホテルからオリエンタルホテルの裏側に有るしゃぶしゃぶ店に行くが、もうその店は跡形もなく、住居ビルになっていた。



オリエンタルホテルの駐車場に車を駐めていたタクシー兄貴。



その車に乗って、どこか済州市内でしゃぶしゃぶ食べられる店が無いか、知人に聞いてみたら、一徒洞に有るとの事でそこに行く。



「逸品」と言う店。



そこで、海物しゃぶしゃぶを食べる。




しゃぶしゃぶを食べながら楽しい話をして、その後は2次会に行くが、私達が希望する店が無いとの事で、新済州に行く。



そこで楽しく歌を唄いながら夜は更ける。



ホテルに帰って来たら午前3時半。



こんな感じで伐草(ポルチョ:草刈り)をした、



2017年9月24日のながぁ~~~~~~~~い一日が終わったのでありました。





-つづく-






追記:兄貴は伐草の時にヒートテックを着ていたが、途中天気が良くなりかんかん照り、そこそこの灼熱地獄を味わったそうな(笑)





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 済州島 お墓参り 2017 秋 Vol... | トップ | 済州島 お墓参り 2017 秋 Vol... »
最近の画像もっと見る