○うつを克服したときに○

うつ病になって10年間を書いていきます。
現在は克服し、結婚して幸せな生活を送っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感情の起伏や薬、妊娠のはなし

2017-06-30 14:56:00 | 日記
ご無沙汰しています!


昨年の8月から更新が止まってましたね、約1年です。。
すみません。


実は今年1月に長女を出産し、前後はバタバタと
あわただしい日々を送っていました。


このままブログも終わってしまっていいかなぁと
思った時もあるのですが
有難いことに毎日たくさんの方がこのブログを見て下さっていること
まだまだ書きたいこともあったり、
毎日思うこともあるので
のんびりペースで続けていこうと思います。






妊娠中は落ち込みも激しかったりで
タイトル通り、感情の起伏が激しかったです。



ホルモンバランスの影響ですね。




私はすでに数年前に断薬しているので
妊娠に関して心配なことはなかったんですが
服薬中は妊娠を心配した時期もありました。

断薬したからって、体から薬がすぐに抜けることはないですからね。






私の友達で、精神科に通っている子がいるんですが
妊娠してすぐに自己判断で断薬してしまったそうです。

それからはまた精神的に不安定な日々が続いて…と。
お薬関係は、できればちゃんと主治医に聞きながら調整したいですね。

服薬中に妊娠し、中絶したという人にも出会ったことがあります。










うつの完治っていつでしょうか。
断薬したら完治でしょうか?




私は断薬してからも、気分が激しく落ち込んだりする時は
「あぁ、やっぱりまだ治ってないんだ。」とダブルで落ち込む時があります。

でも健康な人だって、当然ながら落ち込む時はある。
これはうつの症状じゃないと自分に言い聞かせてきました。

たまにどうしても感情の行き場がなくなり、
リストカットに走ってしまったりするけれど
その度にうつのことは深く考えないようにしています。


これはうつの症状だと強く言い聞かせるのは
自分の感情にとってよくないことだと、
この数年で学んでいるからです。

そういう時は夕方まで寝たり、やけ食いしたり、
自分なりの発散を見つけ次の日にはできる限り忘れています。

難しいことですが。。






うつじゃなくたって、
嬉しくて飛び跳ねたい時もあれば
ご飯が食べたくないくらい落ち込む時もある。




感情の起伏とうまく付き合っていけるように
日々努力しています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最初の1か月間 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。