DADの写游生活

趣味と日記を少しづつ掲載。最近は毎日の撮影した写真だけでなく、デジタル写真を始めた昔の写真も掲載することとしている。

昔の写真 伊丹昆虫館

2017年08月10日 | 日記

昔の200万画素のカメラでの写真たちです。
昔のカメラは素子がCCDであったため、色が綺麗でノイズが少ないと言うメリットがあったが、欠点は消費電力が大きく、感度が低いこと、高価な事であった。これを解決したのがキャノン。
せいぜい監視カメラの白黒に使われていて使い物にならないと言われていたCMOSを使えるようにしたのだから技術革新であろう。
そして今ではCMOSが全てのデジカメに使われている。

まあ何にしろ、昔の小型カメラは結構マクロ撮影が出来た。
色々振り返って写真をチェックしてみると、夕方など暗い場所では手振れが多いのがわかる。しかし何でも手あたりしだいに撮っていたからメモ代わりの写真も多い。

今回はメインを大阪府伊丹市の昆陽池のそばにある昆虫館での写真がメインだ。
蝶々の為に温室になっており、撮影しながら歩くと暑くて汗だらけになるし、湿気が多く息が苦しくなる。そんな中での蝶々たちです。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昔の写真 広島 | トップ | 昔の写真 小型デジカメから1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。