写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ほぼ毎回、地下車

2017-06-13 15:00:02 | 日記

ほぼ毎回、地下車庫の時、私は彼を見て、地下車庫の男だ。私は彼の名を知らない、彼とは何も知らない。私は彼がひとりぼっちでこの団地の地下車庫、寡黙なことを知っていて。彼の住居は地下車庫の小屋、言うのはちょっと大げさ小屋、それは1つの駐車スペースを空け仮設の仕切り。梁間は扉がない、横の2枚の大きくないガラス窓、出入りするのはこの2枚の窓ガラス窓。ここを通るたびに、私も思わず朝裏を見て、こんなに低くて、こんなに小さい、あなたはまったく考えないで直を入れて、腰をかがめて背を曲げるなければならない。一つの駐車場の間取り、中には一枚のシングルベッドとか、半片食事の機、そしてごちゃごちゃの物はほとんど何の、もう余裕はないや。
幸い、男は背が高くないが、痩せて小さなを抜けて、この2枚のガラス窓に倒れてもあまり手間がかかる。彼の右足にも不自由て、道を歩いて来るさん、後ろから見て、影一高一低。男は団地の環境衛生を担当して、よく彼を見て箕左手、右手からほうき、ユニットの最上階、一層一層このユニットの底楼掃き出す。階段手摺彼もきれいに拭いながら、扫边、一段一段後の1階で、このユニットの階段手摺と地面が掃除され、一塵も染まず香り骨に到るました。
私はあまり交際、彼とは本来何もないこと、私は存車、車を取り、彼は黙って見ていると、自分の小さな本登録ない言葉。彼は聞きはしないし、私も余計なことはしない。しかし心の中はいつも1種の熱い期待、期待はある日彼が自動に声をかける音、そしてお互いをゆっくりとなじみ、歩いてご挨拶申し上げて、このように、私はスーパーマーケットや果物の屋台に帰ってきて、ふりが勝手にバナナあるいは1包みの大串を置いて手にはない。か、言う:あら王(一応は王さんでしょう)、バナナを買いすぎので、食べて、あなたの持っているのだろう!王さん、このあめ乳味は、あなたの家の子供に食べてあげましょう!
かつて地下車庫に現れた1人の男の子の姿では、広い敷地裏走ってそれから、無邪気に笑って、彼は静かに座ってガラス窓の小さなベンチに、ふんわり笑って見て子供が車と車の間を走る。多分それは彼の子供は、彼は年齢と子供の年齢と親子は似合わないように見えるが、それ以外に、私は別の良い予想。子供のその日、私は手には付け届けの物に値するものではありません。
夕暮れ時、彼が好きにしゃがんで地下車庫正面入口の石墩で、そんなにしゃがんで、細い腕膝を抱えて、知らないのは何を想うの。彼は何も考えずに、夏のために夕涼み、秋は空気を通す。地下車庫は長くなって、実に悶としている。たまには車を取りに行くのもいい、長く地下に居住し、誰もがむしゃくしゃして死ぬ。毎回ここまで、私はすべてのスピード、手前、徐々に左に左に左に左に左に左に。晩秋の季節、通勤帰宅の時、空はもう暗くなって、ライトが少なくなりました。毎回道から曲がってきて、ライトを見あのうずくまっている姿は、いつもすぐ近光灯ヘッドライトをから転勤燈、過去までゆっくり滑り、燈の光がゆっくりと内容にアクセスできそう掃き出す彼の顔、いっそ閉まり、触る黒左折入庫。
これはまったく本能だから。私は眩しいライト、あの男の顔に、彼の目を刺激するようにしたくありません。何気ない、でもそれは見せびらかすとダメージに等しいと思う。私は目を閉じたいだけ燈の形式で、まじめに監視する地下車庫の普通の労働者に挨拶して、表現私の内心最も単純な尊重。
一度夜遅い、階下でカサコソと鍵触ったら、後ろから来る道光で照らしていて、私を鍵のバッグ。それは夜回りの団地の保安、はるかに懐中電燈を明るく、照明。そのライト、暗夜、瞬間一株の暖流は心の中で激しく揺れる。あなたが人に1ランプの明かりを閉じることになって、もうひとつある明かりがあなたのために明るくします。この関ジャニと、満ち溢れ、人と人と人の相互尊重、相互に配慮している。時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて
これは私が言うことです。ライト、あなたも多くのストーリは言って、ではありませんか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリタニア切 | トップ | あっという間に »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。