写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

もう一方の道は

2017-04-20 15:16:21 | 日記

私たちはガイドに従って海に来た回廊は、自動車、私たちを見ることができる1本のとても長くてとても長い道、それは海回廊。
ガイドの話によると、江江の歴史事件について理解している……えっ!たくさんのスズメがあって、私の心を時々震てみたが、蟻の堂参りに隠れていた海辺の草むらの中。突然幼く物質の子供がそこを通ると、殘念なことに、彼らはびっくりして、飛び去って、少しの懐かしさが殘っていない。
ガイドに従って来た貿易市場(つまり海回廊の果てに)、私は振り返って見ると、鳥たちは見てその草むらの中に休んで、もっと殘念なことに、彼らは確かにないそこに戻るのではなく、「ボロボロ」を翼に在って、飛び去った。
彼らの飛び去る、私にとても遺憾と感じさせて。は1つの巨大な都市の中で、それらを収容できるそんなに小さくて精巧な体の場所はもう消えた無隠れなしです;私達は人類の大量の漁小鳥、とっくに彼らの生存を消したところに、私たち人間はそれらの恋人の悲惨な光景を捕殺し、すでにその子孫に何度も放送した度。!それら振り返らない道、わずかに別の道を、それは逃げ、退散、よけに無人は知の地方に属して、静かに過ごしているそれらの生活を育んでそれらの子供を見ていて、それらのが一日一日にして。まさか私たち人間は本当にそんなに凶悪ではないか?。一部の森もうハンターお金のための利益を獲得した偽鳥回休んで、実は彼らの思いもよらないは、そこの巢はとっくに布の下で厳重な警戒網を始め、行動はとっくに……
ああいつ目の前に突然会い鳥?知らず、知らない!これはそれらの別の1本の道はとっくに後世に伝わるもと情報:逃げる、逃げろ、よけない人は知のところ、静かなのはそれらの生活をしている。
この道はそれらの生活の道で、改心するとそれらを地獄の底知れに陥る。何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最も美しい年月は自分の最大... | トップ | 世界最大の果物 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。