写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歳月を1つに飾る

2016-10-12 15:26:09 | 日記

いつの間に、最も心の美しいことを発見することを発見して。今朝、団地はまだ眠っていて、春節後の第1つの土日、私は早めに出勤するため、だから早起きして、マイクロ手紙を開けて、意外にもこのような暖暖の美文を見ました。散文、きれいで美しい行雲流水の言語で、米は考え事のような蓮、光の中でゆっくりとしたたたずまい、まぶしい歳月。
私の感謝の気持ちを怖がらない老けて、それぞれの季節は巡り、印ごとに1つの花鳥風月、淡くて、歳月塗り最も優雅な年齢に、白く雪のように、私は依然としてが歳月をすべてのしわ……「歳月が起伏する、人生が予知、季節が予知、季節が静かに歩いて、あなたは私は時の両端には、遠く離れているということです。心に読み、無声;恋しいてる、バインド。」
歳月は晴れ、歳月は老いてはいない。春の道には私は喜んで歩きました。「簾霧雨は、物語の1段の文字記録気持ち;1部の想いは、落ちる時の奥に一抹のかすかな香り。拾って、軽いかぐ、香りは依然として、収入、とは、温かみ、暖かいです。」
私はいつも長く見上げ浩茫靑空、日にマダム遠く、私はちっぽけで、しかしこのように真実に過ごしていた日々の凡人、一人が好きで人去楼空のオフィスを静かに「昔、点滴を数えて、努力してかつての断片をパッチワーク完美、羽化になって初めて会うとき酔って人の姿は、心の中に花の香り、四季の木、四季の緑、心の中は1種の景、雲水の奥に、桃園は、心の中が1部の念、魂を伴う、暖かいね。」好きで親孝行作業完成後、ものぐさで週休2日の午後、ひっくり返って1冊の本、「風が吹いて、ページ、字のチョウのようです;心、墨香染まる、続いて絶えない香り……」一人が好きで、ベランダで黙って立って窓の外を見て、満開の花、ほのかに漫思:“花の香が誰の心;雨、濡れた誰かの念;風吹いて、しわになった人の心の湖、雪、しっとりしたどれ梅心。」
こんな不思議な感じだと感じてた!「そっと拾い上げ花香の詩句にまみれ、掌でささげ持ち、1筋の念が心の奥を手のひらに届く、つけた香の詩句が咲いて咲いて心花、瑠璃光陰、きらきらしている芳華。」
好きという文:「軽くたたく歳月の軒窓、寒風が身にしみるか、心が、読みがまだて美しくて、太陽は。空の雲、のんびりして、清霊、清雅獲得を飾る一輪、それでも、素錦年月、禪の教えにも少なからず花鳥風月。」
「いくら月日がたつのは早い、何度も歳月が流れ、思い出の絵巻に、誰が約束をした、誰が殘した恋しい、誰を情書を買った、誰がまたこの恋1曲歌い紅塵は、あなたは、私は、この優しい歳月や心の気持ち。」
時間を私のような小川執着の足は、磨き私の瞳らんらん多感で、私は、私のために日々の歳月を止めて、編房文字のネックレス、ぐっすりと掛け心!何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淺談婚姻愛情的現實與理想 | トップ | 平凡は生活、去来は人生 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。