写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

最も美しい年月は自分の最大の努力を尽くして

2017-04-19 15:19:27 | 日記

生活の中の美はたくさんある。私達は期せずして一緻したと輝きは1種の米で、一人は1種の米で、賑やかなのは1種の美しさのために努力して、更に1種の米で、1種の心の最も本当のが現れて、1種の感情が最も自然に最も真実な展示の別の美。自分が経験したことで、すばらしい生活は得難いのだから。
私はすべての人の生活も、完璧ではない、すべての人の生活にあって、都会には多かれ少なかれ憂う時。憂い、心の1種の不可解な辛酸、感動の美しさの美しさです。最も美しい年月は自分の最大の努力を尽くして!
この悲しみ君こそもっと大きな力をもって努力の写生人生の楽章。
私はいつも1粒の易感を持っていて、心の細い道の風雨に歩いたことがあって、親の心の物語も経験した自分の物語。
私はまだ覚えている先生は私達に教えて、「食べる苦しみの中に苦しみ、側は人の上に人」が、この話はまたこのような私の心を動かしている多感で、ゆっくり、ゆっくり心の肺に、豊かな蒼白の生活、真実の美しい生活。動力はしばしば生活の中で現れるでしょう。
今の持つ、あなたの手のリンゴ、引き伸ばす時間、もうおいしくない。私たちの生活はあまり混んでいて、互いに干渉し、夜はもう一つの世界、私達は睡眠の再建に伴って自己、ときに、朝目が覚めて、我々はもう完成した自分のもう一度かきあつめる。忘れたのは、その心に覚えていること。何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。
年月に従って、時の輪、疾走で行く。つかの間の哀歓と喜びを、指先に燦然と舞い。角のところに、回転しているまえ玄関で会った芳菲。少し暖かくて、もう二度と、一生を一生で待つことにも値する。
私はとても好きで静かな午後、あるいは静寂な夜に、人の心を繰り返し一曲曲励音楽を聞いていて、一つ一つ鼓舞の文字を繰り返し読んでいる、私は毛沢東の偉大な、開拓のない新中国。私もそんなに才能があって我を書くに夢中の歌。私は私です。私一人で黙々と退守静夜の一角を舎て、すべてのくどい、またこのような環境の下で、気持ちが落ち着いてきた、そして、生活の中のいくつかの喜怒哀楽、変転浮瀋、筆下の文字、姿のイタリアの放出。私の愛のものすべて私のノートの中ですべて表現することがいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を好きになって、一人では... | トップ | もう一方の道は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。