写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

永遠のダンスの炊煙

2016-10-14 15:33:46 | 日記

つやつやした麦などのクリーミー柔らかな絹織物、大地に流れ、一列同じ翠のエンジュセンダン、守る片麦畑、また胸が愛情にに見つめてそれを覆いの快楽麦。炊煙炊煙は木の後ろから頭を伸ばして、1つの腕白な子供、好奇心が見渡せます。これは田舎の午後、夕食の時間、きっとだれが家に来て、午後のお茶を焼いているのですか!ここまで眺めている炊煙の炊煙、私たちは一瞬の喜び、そして、この炊煙を責めることよりも、わざと私たちは私たちの空を。
太陽が落ちて、全体の木はすべて霞紅に染まった後に、私達の望みの中の炊煙はやっと私達に向って手を振ることができるのです。村の人が煙をと村の1種の標識、文人墨客たちは煙を与えられた多くの詩の境地を見て、私たちにとっては、自宅の炊煙が立ちのぼる、思っただけで帰って、ご飯を食べました。私たちは炊煙、鼻から料理の香りがいっぱい入れていました。これは一番美しい時。私たちが忘れた昔の食卓の上の藜の羹、忘れたごとに1回食べが全いっぱいで、すでにもう幸せだった、無限の想像を抱いて私たちは、目の前の炊煙またたく間に山海の珍味。炊事の煙が、我々が一番おいしかったの食べ物。私たちは毎日このような幻覚を繰り返して、本当にとても楽しいです。
料理の時間は早く遅く、誰の家の家の煙を当てて最初に空へ升って、私たちの幼いころほとんど毎日やっているゲームです。言い当てるの人、最も楽しい、誰の家の炊煙は第1個は来る、あの誰が最も得意とする。炊煙は、母が手招きし、挨拶するのが自分の家の子供だ。自宅の煙を見て、私がひっきりなしに飛び跳ねて、目の前のかまどの煙が私と一緒に踊り。リズムが強く、動作が誇張されて。家に帰って、私はよくぐっしょり汗、息切れ、炊煙このやっと静かになって。
少し大きくなって、私は家に帰って料理をする、とても難しくて、炊煙。もう少し大きくなって、私は故郷を離れて、炊煙は長く私の夢の中にいて。私は遠くから故郷へ帰って、村には遠くから遠い時、私は炊煙、煙は夢から出てきて、私の目の前に来て。この時の煙のように暖かい静かで穏やかで、私の夢の立ち、村の母親の目。私の眼窩が湿って、目がぼやけた。霞ん中、炊煙が踊る、動作が柔らかい。その時、私は家の中の炊煙、村のすべての炊煙はすべて私に胸に抱いていて。これはおかしな時、夢の中でははっきりとすべてが目の前に来て、かえってますますもうろう。私は歩くのがとても遅くてとても遅くて、私は事細かに接近して炊煙の炊煙のこの暖かさの感じに接近するため、できるだけ多くの時間が私の心の中の渇望を潤すことを潤して。故郷を離れた日に、煙は私の夢中の常連だった。ある所に炊煙が見え、私は故郷の炊煙を思い出し、炊煙中の故郷。その年私は東北の漠河江畔のを見て、朝の光の中で無数の煙のように真っ白な雪の精霊、で、私が止まらない涙を。涙は私の顔で氷を結ばれて、私の心は熱くなってきて、私の心は熱くなってきました。家に帰ってきて、私の家の家の日が長くなった。何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。
今、故郷の人は土竈を使わなくて、私は故郷に帰り、すでに炊煙炊煙の影。その踊りの炊煙は永遠に目の前から消え、夢に忍び込む、心空が長久飛ぶ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平凡は生活、去来は人生 | トップ | 誰の人生は迷いはしない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。