写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「クラウドファンディング」の規制を強化するための政府の研究

2017-05-17 15:05:16 | 日記

ラウ・ホンコン・ワー:執拗なハード即興機関が財務情報のウェブサイトを増やしていき折れるありません
近年の政治団体、ますます人気のあるオンライン資金調達では、特に、「香港チョンチー」、「若者の新しい政策」だけでなく、「香港国民党」と他の「プロ独立」、資金源、既存の法律の量だけでなく、ランダムな居場所など多くの人々が公共のないチューブは、疑問と批判しました。監査室は、先月のレポートで批判し、資金調達組織は、インターネット上の政府の規制の対象ではありませんがあります。内務ためラウ・ホンコン・ワー長官は、政府が問題に関する内部の議論を持っていたし、部門間の会合を開催することが、今の勧告の即興を行うことができないことを昨日言いました。しかし、彼はプロセスが執拗委員会は、政府が政府のウェブサイト、財務情報またはように慈善団体をアップロードし、ウェブサイトへのリンクの検索機能を含め、既存のシステムを改善するために探していたことをお勧めします折れるないだろうと強調しました。 ■香港Wenhuiの新聞記者ウェンセン
近年では、「香港チョンチー」、オンライン寄付一度、しかし理由は、法律ランダムチューブのなど「ニューディールの青年」の「香港の独立性」と「香港国民党、」のメッセージを含む多くの反対派グループは、彼らが実際に上げどのくらいのお金単一のソース、さらには「黒金」だけでなく、お金のある「オフかどうか、?何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。李Vインジウムを行く?鬫紫Vバッグをので、公共説明もなく、ほとんど」無王チューブ」、またこのために、これらの組織がますますオンラインクラウドファンディングを通じてより多くのお金を調達します。
民政の監査局はため息アダージョを疑問視
立法評議会の昨日の朝の公会計委員会は、慈善団体の監視の資金調達の一部の監査報告書に公聴会を開催しました。監査日ダーキーは、提案された法律改革委員会が慈善団体を規制する中央機関の設立を含め、2013年末を推奨していたが、政府は過去3年間の尋問を担当して内務のガイドラインに従って1年以内に応答書を提出しなかったし、今でも相談されました政府内のビューを調整し、進展は遅いです。
ラウ・ホンコン・ワー応答が法改革委員会は、2013年末までに勧告を行うことが、香港は、オンライン慈善寄付を規制する法律を書くことを指摘し、政府は、内部および部門間会議が提言を行うために開催されたが、性急されなかった議論していました。
彼は、対象、月は委員会が内部協議の提言を公表した後に開始したが、コーディネート9関連ビューローと9つの部門に必要とし、複雑な問題を伴うことをお勧めされた、香港の慈善団体の発展に大きな影響を持っていることを強調しました詳細な調査と慎重な検討は、政府はまた、既存のシステムを改善するために検討しています。
SWDは、研究費の公共犯罪者を制限することを意図します
社会福祉イェジンWenjuanのディレクターは、研究、管理費の天井がチャリティー募金活動のために設定され、公共の慈善団体深刻と許可条件の違反を繰り返しながら、それは、意見をまとめ、来年の現在の慈善リファレンスガイドを、検討すると述べました。
彼女はいくつかの活動が主な目的として、資金を調達するために、宗教や公教育ではないことを指摘し、または管理費の割合が高く、そのお金は、代理店の担当者のポケットに落ちる意味し、したがって上限は困難である「1つのフリーサイズ」が、彼女はいくつかの慈善団体を排除しなかった締結していません経営不振。
食品リング保有のライセンス条件を簡素化するにはカテゴリープログラム
土地は、部門の代表が述べたように、限り、他の同時ライセンス承認へのアクセスなどストリート駅を募金、再び土地部門を適用する必要が手続きを簡素化しないだろう。
FEHDは保管お金と他の条件のための一時的な屋台ライセンスに参加するためにライセンシーが必要になる、と述べました。
オリジナル住所:のhttp://paper.wenweipo.com/2017/05/17/YO1705170010.htm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最もロマンチックな息のある... | トップ | ご男子渉旺暴裁判の警部目撃... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。