写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

あっという間に

2017-06-14 15:07:19 | 日記

あっという間に、丁酉年すでに過去十日。爆竹の零細轟く、まして拱手祝福、随所に散る濃い味が透ける年、春の息吹、並木道さえ河岸地域の道一筋のバラツキの枝も咲く蕾、簇簇。静止の川に光る波が涼しい様子、苔を敷き詰めて川に向かって太陽が昇るところしなやかな流れ。
いつも文句時は流れて。カレンダーをめくって、何ページが充実させているの?。新春の時を越えて、完全に浸り、祭りの雰囲気の中で、ぼやけた昼と夜の境界線、飲酒の手爾波が合わぬ、闲侃時の限り、どの管年前豪快な計画なしに暇に読書の書画、時々思い出し壮図簡単で、「よく籍まで明日また始めましょう」を責めをふさぐ者料紺屋のあさって、明日はとても多い。年一年、果実、果実、唯はため息。それは庸者の悲しみに。
生活の中で、すべての人はすべて1筋の英雄气慨、現実は心配が多く、隠跡豪情、角が陰で削り、静観世の中、関係家长里短も変わり続けて、人は果て、「いい人」なる呼称、ふがいない1世、呆然とする人間はされたら、痛い哉?!
いつも窓に物思い、夜色静美を感じる。見上げた空、銀河は明るい、1粒の流星のかすめる、静かにして漫然の夜に落ちて。遠い所からぎいぎい叫び声、聞き澄ます、雁上空を越えて、静かにあった少し怒って。街を見下ろす、とっくに静かに、同じ人と眠って入って、にぎやかで、ただ緑の葉が風に揺れて、聞いて、あの音を出すのは長いいななく、汽車轻叹、見えるのはこの座山城近代的な息……
いつも孤独が流れ込み、味見一口故郷とうもろこし作った酒、ちょっと暖める温かい記憶、気持ちがになる。淺い幸せいっぱいの目を見て、花や実をつける、淡泊迷い失意、吠える声《手紙》日間、柴門の外は雪が舞い寒風すさぶ、そらが大空を旋回、全然知らない少し冷酷で、このは心境だ。
人は生きてる、ただ生きてる気持ちが。しかし境は心を、非物の力がごろ、ゴールド万両、欲張り者は必ずしも満足;食事飽食暖衣に達して、庶民の願い。
時間の彼方、昨日から遠くへ、明日はますます近くなる。
一年の計は春にあり、このすばらしい季節に未来を計画し、かすかに遠時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて方の精緻を見ていた……

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほぼ毎回、地下車 | トップ | 理由をしないように罵詈雑言... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。