写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ロックしないで見送って

2017-05-12 16:40:25 | 日記

私は母にロックし、彼女は半年になった。私は彼女の白髪やぐずぐずロック4階。彼女は伏せ陽教壇に、一本の半枯れのツル、日光に呼吸して、雨の中でやつれ。彼女は、淡々と歳月の眷顧を受けている。
最も母に堪えられないの、その座を灰古い建てでは私の家。この見知らぬ場所、母親がよく言う独私訴。あの母親は孤独で憂鬱な、彼女のくどくど言うには、最大のわだ歩いて帰らない月下のふるさと。
これは私の仕事の学校で、今も母が予定のないホテルです。お母さんはよく言うことですが、無事に三堂は三堂。三堂は、学校、薬学、祠。初め、私をあやしてさえ、あれやこれやと述べる、母親が彼女に空き巢の実家を離れて。わずか数日、母は興味は荒れ果てた。私は知っていて、巢立ちの老人は老人空き巢より心細い、寂しいと物寂しいました。
母は鍵がかかっていて、実は私の最大の心は若死。年前、勝ち気な母、88歳の母で、ようやく松葉杖歩いた晩年。彼女は転んで怪我をした、病臥一年後は奇跡的に立ち上がった。ただ彼女は数歩上、股ぐらは歩く、見ながら、見る人をもっとあせる。母は私の部屋でぶらぶら歩いて、お母さんは私の部屋に行って、座りました。一度、母は一人で4階へ行ってきました。私は彼女を見た時、彼女は1話の杢樹の下に座って、彼女と1人のおばあさんは大声で雑談している。2人の老人が、ほとんど聞き取れない相手の話ですが、これは影響が彼女たちのことを話し、彼女たちは雑談するのがそんなに楽しくて。
母は帰って、私は仕事に帰って、母は見ませんでした。何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。私は捜した全体のキャンパスではなく、彼女の杖、も聞こえなかったのそれでは熟知のくどくど言う音。私は校門を出て、母が見えた。彼女は道端に座って、そのしぼんた足を揉んている。私はとても怒って、大声で“誰があなたを呼びますのはあなたが出てきたのですか?もう一回転んたらどうする?撞着車はどうする?歩いて行ったらどうする?」
母はおずおずと私を見て、間違った事をした子供のように:“はい、もう出てこない。この道はどこまで歩いて行けるか見たいと思います。」私は彼女の話を聞いていないで、私は母をおぶるて。私は直起き上がりの一瞬、心がかすかに痛い。母はそんなに軽く、私は背には葉が、また私が背中を背負っている小さい頃の娘だったそうです。
私は彼女を背に、そっと、1片のまぶしいまぶしい、学生の目を歩いて。
この後、母が出ないで私が出勤する時、私は母をロックしていた。
母のことをロックしている日、家に帰ってもっとまめになった。私は彼女が転んでも、彼女はパーマをかけて、更に彼女の年老いた孤独を恐れて。が、私は出かけ、母は座っているのに、私の廊下を出て、偶然に振り返ると、母は伏せてベランダで、彼女はじっと私を見つめて。こうした状況は、幼い頃、母が私を学校に、私を迎えるには一般的な、しかしこの時に彼女の目には一分の依存と舎てないで。
母は私の足音が聞こえないの、彼女はきっと心の中で勘定し私の歩履を数えて歩いて、三階から4階を見て、私の1階の瞬間。母は老いて、私はきっと彼女の最大の心はきっと彼女の最大の心を見ることができます。母の目が悪いので、彼女の目には遠くないが、彼女の目はいつもロック濁って息子の後ろ姿。人は何もなくしては、母は何もなくしては。
日光は満天の時、母が雲を見ることが好きで、落ちてベランダの上のスズメ、階下に忙しい人影を見ることが好きで、雨の日に、ベランダの母ぐずぐず多くで、私が母より寂しい時、きっと彼女の靑春の昔の事を回想している。
毎回出勤して、私が錠を下ろすのあの時、母はベランダに向かって、彼女に定刻にベランダながら待つ。彼女は私の立ち去って、私を捜して、遠くの軌跡を捜していた。
私は思い切って、急速に脱出した平地の平地から。私は杢樹の下に入ります時、私は目を閉じて、静かに立ってしばらくして、私はそっと言います:
「母、早く帰ってきて」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤:赤い色少女が真正面から | トップ | もう1種の失敗 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。