写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

もう1種の失敗

2017-05-15 15:06:46 | 日記

第9回突撃打ち砕き降りる時、彼はまるで頭悲憤で痛手で恐怖、テロで咆哮の困兽、思わず仰い呼び叫ぶ一声。これは悲鳴、頑丈な悲鳴、獅子のようにほえて、ヒステリー、ひどく苦しむ、蕩出した不吉なエコー。エコーは緊張している空気の中で拡張、広がり、瞬時にピークを越えて、遠く離れている。
ここは風があり、日差しがある日、詩情に満ちている。しかし、突然の、気短の銃声は、昔の静けさと美しいを破った。そして、静けさからまばらな銃声で再度帰ったときには、山には満ちてた濃厚な焼き焦がしと淡い血生臭いにおい……戦争に邪魔をした!
戦争今日はここに上陸する。この憎き不埒のニュースは彼が発表したのだ。彼は命令によっては暗くなる前に山の端を持ち。時間が迫っているから、任務が緊迫している。彼は8時に1度は突撃して、そして第二回、第三回、第四回……一度は一回衝、一回また一回打ち殘れます。
今、濃い紅の太陽に落ちると山の向こう、金色の光を放つようにている朝焼けが照らすのは全く同じ丘。これは1つの臥満死体、燃え上がる炎の丘、遠く見て、像が咲いたつつじのように赤い旗は悲惨な、また壮麗。山の斜面には惨害のように荒れ果てる、燃え盛る烈火が燃え、こってりが立ち上っている。何か明日や ることが必要だとしたら、今から始めます。彼は1眼がまだ落ち続けている太陽を見て、心が速いと思って、太陽は本当に速いです。しかし、私はまだ山の端がないと、太陽、あなたはゆっくり歩く。この後に、彼はまた落ちたと太陽一寸は、おそらく2寸。
斜面、兵士たちが再び整列集合。彼は第十回突撃を組織しなければならない。
隊列がついに横になった。彼はチームの前に立って、悲壮な感じが心からむらむらてくる。前に立っていた、あの本はお馴染みの雄々しく意気揚々としている彼のチームではなく、四十几の衣兵と哀兵整えないの。はい、負傷兵と哀兵、彼ら咄咄人に逼るの表情を持って、寒気をも透ける。しかし彼はそれを、寒気としているらしい。寒さが深々とに冷え込ん!彼の心は猛然引き締めるして。自分の境遇はどんなに見知らぬと怖いと思っているかと思った。
みなさんは……」彼は自分の声もとてもよく知らない、かれは粘る、のどがつまった濃い血、「敵は山では、我々は流してないと?」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロックしないで見送って | トップ | 最もロマンチックな息のある... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。