写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

聡明な女をしている

2016-12-28 15:47:47 | 日記

歩いて繁華騒ぎ立てる都市、生活鉄筋に泥建ての森で、1分1秒を止めることはなかったかもしれないこの世界でしか対応、静かな夜に布団の中で、自分を味読する、自分の心で泳いでいき、暗い夜には、魂のを。
もしかするとすべての人が歩いていると、うとうとしながら自分がなぜ今の様子、成功者がどのように良い機会ないため息より成功、敗者が怒って私のこの一生はどうしていつも嘆きや貧乏学者、何も真剣に学会自分と見つめ、自分を置いてそばの者の角度から、自分は、補正自分、自分を反省。鏡を見て自分をよくなかったり、ただひたすら文句身辺の人と社会の公平を与えてくれない。私はこのような1人で、私はこのような1人です。
人の本性は簡単ですが、生活の社会と環境に自分が複雑ですが、復雑なとき、私たちも行ってみて自分がはっきり見えるように絡みつく、迷い自分の前行の方向は、自分の生活に影響を与える影響、身の回りの身内。みんなで映画を見て、テレビの時、よくとても憎しみのあれらの性格怪異、行為の風変わりな人でも、共感あれらの生活体験を、実際には、みんなが自分の行為を溶け込んでテレビの中で、私たちは彼らと変わらない、ただ、自分はこの様子のことを知らない。人生の最大の殘念な思いは、自分もはっきり見えない自分で、自分と見つめ、最大の困難は自分に勝てない。私は自分自身、自分自身、困難になることを望んで、私は困難に勝つことができて、自分に勝つことができます。
多くのネットは物語を経て、誤りを踏まえた多くの感情の渦に、多くの道理にわかった、人は相手を思いやることも、自分で放さ多くの身になって考える、多く変えて生き方かもしれないが、時間が長くなってあれらの憂鬱変わっ新たな楽しみ。もし人が他の人の理解、包容だけで過ごして、永遠に楽しいことを与えて、まして自分、何か楽しい話。どうして行かない学会包容と人を理解してね、たとえ女はいつも男の人と女のような包容加護、行くべき包容と思いやり。たとえ女も考えてはいけない気が狂っては気が狂って、怒りたいは遠慮のない影響の街。一人の男や親族が好きな女はいないから。学会自分がはっきり見える、学会の歩いてきた苦い辛い甘酸っぱいの中で考えて、体得し、理解することは、生活をもっと楽しい。より重要なのは、自己調停をマスターして、心の中で抑えた感情を抑えて。
私が払う時いつも仕返しがあって、感情の渦に、私が愛と思って私の愛した人にも私の愛を与えたい、実際の生活は私の希望通りには多くの意思弾を執りて鳥を招く。もしかすると私が一番気になっての人柄や尊厳時々踏まれないで、しかし学会にあれらの価値がない人なのだろう。正しい自分を見つめる人柄や表現も、他人に与える寛大さと広い胸に、人は自分ではいきますか?独りを慎むの心で絶えずに勉強をして、ゆっくりとの心の空白を埋める、自分にはないかもしれない平凡な楽しみを持つ。
愚かな私、ずっと私を知ってもらえたい、ずっと他人を愛してくれて加護の私、しかし私は永遠にバカでたくないので、他人の加護と可愛がることそれは一時的なは永遠に他の人の施しや同情、たとえ時には他の人は喜んで、しかしも短く。知恵のある人に、一生懸命に自分の努力をしたいと思います。努力して1つの尊敬に値する、永遠に自分で楽しみ、自分に幸せを持つ女。もしかすると今この上調子の年代で、多くの人が私と同じように見えない自身の不足も見えないこの社会の私のような女の悲しみ、時にはいつも自分の世界が真っ暗で、自分は最も弱い立場のオタク女だが、自分ではできない状態で聴いて調全体、自分心の世界。私は多くの環がないかもしれないが、心理状態を整えて、頑張って今の自分は、おそらく、私同様に生きて1人のかつての自分。昔も輝いてたから。何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タウン花火 | トップ | 海に落とし、ラヤのけいれん »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。