写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

待つ!君の人は一生読めてもいい

2017-01-03 15:27:37 | 日記

一日が騒々しい世界静まって心を、底まで瀋紅塵の奥に、文字と静かに約束して。夜風夜風、やさしい手、静かな夜を通り抜けて、孤独で流浪の心をなでて。一つの不可解な憂うつ、月光に感染して、一窓の霜白を凝固しました。は夜の一角に、引っ張って一抹の心を、任それは指先に舞うよ。
紅塵の道を歩いていて、行ったり来たりしてはいくつかの見知らぬ人を逃して、どれだけの人に、生命の中にとどまって?どのくらいにとどまる?心、1つの鎖の鍵の城の城、どれだけの人はそれに城門城門の鍵をかけることができます。もしかすると、城門を開けないいつだって、おそらく城門を開けたその人は、久しぶりに来ても見えない!
一部の習慣で、思いを寄せるように文字の間、1冊の本、通行人が目の前に現れ、字の中絞って穴縦横のパスを、多くの人が「城」の中で迷い道を探せない、ただ見物していた文字の中にきれいな色彩が読めない、に殘して字の中文語。世界の「砦」には、文字で高高い城壁が羅列てある。
心の城、孤独に立つ人跡珍砂漠や辺鄙で静かな穀を待って、その文字が読める城門を開け、行間金利心思のあの人。すべてのトレースを伝える、待ち、元気いっぱいに希望の光を照らす地球、疲れを見つけたい頼りの魂。
城門のあの人は「知己」と言うべきでしょう!悲しみで孤独な時、静かに見守って;楽しい、楽しいときは共に分かち合います;孤立ないから時に座頼りの大山、または、夕陽の下で一緒に飲んだあの夕時の香りを放つ淡い茶杯……!
たれの交差点を眺めて、紅塵の後ろに殘されたは淺く深い足跡、できるかどうかが尋跡で、軽く弾『高山流水』でナクチュ期待がある人と一緒に楽しみたい。道につないだ手は多く、一つの付き添う期限、与える温度、時間は過ぎて昔の後、忘れたその株灼熱はどんな形。
文字を開け座「城」の扉の鍵暗号か、心を通わせる方式で、あなたに「城」の中には本当に真実の景観、そこにあなたが好きな「凧」は、あなたの好きな「牡丹」は、あなたが懐かしい「素琴」、そしてあなたがずっと忘れず「過ちの詩」。あなた、見た?「牡丹」はなぜあんなに鮮やかなのか。「素琴」はなぜあんなに人を引き付けたのだろうか。「詩過ち」なぜそんなに感動的ですか?
孤独な世界にぶつかってどのみち万で、喧騒紅塵の歳月、総会が開く「城」その知あなたあなたをわかる人。もしかするとはとても平凡で、平凡なあなたを気にしない気にしないで、甚だしきに至っては、しかし、彼はあなたを読む……!何か明日やることが必要だとしたら、今から始めます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼の女の人には、彼が言った... | トップ | 行くことを愛していないが、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。