写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

かすかにの間

2017-06-28 15:33:00 | 日記

かすかにの間、私の長い髪を風が吹くだけで、一瞬間、一枚の落葉の目、雲水間、浸食している锦瑟水年の香り。今夕何夕、フルート吹く笛吟花言葉、映一簾渓穀翠柳霧雨、人は、念空いて、愛と恨みの情愁雲について。弱い水が数え切れないほどあっ三千、どの瓢才知私と?锦瑟年华、許してください私の暖かい顔傾城!
雨が降るなら
『独りで寂しげな姿は広々として、誰人などが水中央』
夜の絆、まだらに碎影散らかす。風は窓を通して、一縷を携えて、1筋の長い髪の長い髪を乱しました。ちくちくはちくちく、翻っ、散る、私はそっと手のひらで、かわいがる、大切にして。それでは独りで寂しげな姿、誰人などが水中央?
落葉一つひとつそっと滑って、雲を渡る風一つ一つの窓に、軽く浮き上がっから歳月の埃、私は知っていて、感傷の季節はひっそりと来。隠しきれない真情を覆い、悲しみに負け、この感傷の季節が広がる。私は、時間がこんなに早く、顔かたちの歳月には、あっという間に、秋には、また、秋には。いくら舞い落ちて、いくら蕭条、いくら物寂しいにして、はで、それは荒涼として、万物は。静倚軒窓、少しは物寂しい流れる、少し美しい。
月華が水のような、考え事瀾。私を見失う時間の中の子供、からげるに時間の風塵、思悠々と、読み、風は起伏して、1粒の心が塵のよう。台頭に秋風、リクライニング夜の先端を、心渏漣片い湖瞬間。指が軽く叩くキーボード、シャキシャキの音は空間で衝突、心の間の語りに耳を傾ける。感傷、一種の楽しみ、交代は空気の中で、首首の詩文絃絃细诉開いて1冊の本、1首の詩文瞬間なびき:
見えない映画を見た、
あたりを見回して、
人が集中して陶酔することを発見する、
ふと分かって
孤独は何か。
暗い夜の流星を放つ針ムンのような断絶、スピン退廃的な大地を照らして。月光は水のようです、私の心は美しい湖立ち上っの倒影、思い出を貫いて空気の静謐で、うずくまって一人で悲しみの片隅で、強情て孤単の笑顔。私は、時間はまだ水の月の光の中で、私は、夜には、夜の光の中で、私は知っている。時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計「カチカチ」 | トップ | 愛情は甘いです »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。