写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

陽射しを収集する

2017-06-30 15:51:33 | 日記

紅塵には、ある、もっと。これはコインの両面で、すべて不可欠である。しかも年齢の増加に従って、生活の内容が増え、その甘いの屈託のない時、私たちから遠ざかるの代わりに、今日、小の辛酸苦楽、五味雑陳の日。多くの事、したくなくて、多くしなければならない、と言いたくない、と言わざるを得ないことはない、約して、あなたがそれほどよけて追いかけて。形のない糸があるように、背後で人はずっと擺布て、人にしてはならない。楽しい気持ちもおしとやかに顔を出すよう、したくない。
では、私たちの幸せをどこに、些細で埋まったかは、世俗を奪ったのか、彼女は蒙に一層ベール、私たちがその無力?も私たちの目蒙尘、見えない彼女。そうかもしれない。私たちは凡人、生きるべき割この様子。
生活は復雑で、複雑で入り組んで、長い旅をして、私達が絶えずに拾って、絶えず累積だけでなく、楽しい忧烦蓄積が積み上げて、喜怒哀楽を重い荷物が交互に、徐々に、歩くほど疲れる。諺によると、人生ままならぬ事十中八九、の弱点は、人々はしばしば「八」が記憶に殘って、その希少のか、かえってそれはあっという間に過ぎ去ってしまう、生きていて、商売の話で、本当に大損した。しかし、私たちはただ普通の人がなくて、哲人の知恵は、聖人の超脱、どのように学会の楽しい生活ですか?
かつてこのように1篇読んだことがあると賢い人、たびに楽しいことに、彼はあの』暦の上では、このように、一日一字を学べば三百六十字、重なれ、年を経って、彼が開くカレンダー、その数年前の人と事に浮かんで、また彼の目の前に快楽また一回コピーされた、彼は分かって、もとは、日々のこんなに多く。同進、彼の生活の中で絶えずに思索していて、、だんだんの、心はますます広がり、ますます、悩みは変化が少なくなった、大きな小さくなって、たまに来ましたが、たまった喜びもそれを薄めた、風のように心をそっと吹き抜け、知らず知らずのうちに消えてしまったと言わざるを得ないで、これは1人の生活の知者のため、彼は懂得収蔵日光。
生活小渓のように、ゆっくりと流れるような春草、悩み、潜滋暗长。神様から、私達の記憶の本能で、しかし私達は同じようにカメラをすべてく、知恵で選択、选択、覚えて忘れるべきなことをしっかり覚えて、忘れるべきな。イギリス有名作家のシェークスピア言った:"あなたがこの日も笑ってみて、あれはあなたはこの日白活ました」。胸に手を当てることができて、私達は本当にいつも笑ってたか、悩みが来た時、私たちは本当にそれらを追い出して能力があるか?
日に、彼女は1株の風、私達の心の中の暗雲を吹き飛ばすことができます。でこぼこの旅路の中で、私たちはうっかり転倒して、気落ちして、彼女は私達に登って登ったのです。私達が恨み悩みの中で、彼女のような小さなほうきを、私たちの心の中のほこりを容赦なく扫去、殘る清さわやかでさわやかで、フワフワの自分。収蔵日光、楽しい時を石に任時光の流れは二度と行かないで、彼は永久の記憶を書いて、砂の土地は、どんなにの痛みの記憶は、風が吹くと、水に流され、すべてなかった跡。収蔵日光でしょう、命のような木は日光の照らすこともとで、才能にすくすくと、生命のような花は、日光の下で、才能が咲く。時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛情は甘いです | トップ | 私があなたが好きな時 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事