地理の部屋と佐渡島

2009年4月よりの佐渡単身赴任があけ、2014年4月より長岡へ。別れが絆をより深めた。今後ともよろしくお願いします。

愛車ベクスターとともに⑩ ドンデンの草花その他撮影分 2016.08.13

2016年08月27日 05時41分12秒 | 海と水辺から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。931     この夏のドンデンからの山野草レポートは終了。     Photo-01 ノアザミ      高原状のこの山には冬を除く四季それぞれに草花が咲いている。麓ではみられないもの。さらには麓では季節の終わっているものなどが見られたりする。秘蔵の場所もあるが、何しろ除草などが入っていないと行けない所ばかり。それが惜しまれる。  今回紹介 . . . 本文を読む
コメント (7)

愛車ベクスターとともに⑨ オトギリソウ 2016.08.13

2016年08月26日 05時10分11秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。930     弟切草と書く。こう書くと何か恐ろしいものを感じるが、花とその姿は至って良い。     Photo-01 弟切草 学名:Hypericum erectum オトギリソウ科オトギリソウ属    葉やガクなどに焦げ茶の点が入る。摂取してはならないようである。そのくせ、全草を乾燥させて生薬とするとも言う。夏の山野でよく見るオトギリソウであ . . . 本文を読む
コメント (12)

愛車ベクスターとともに⑧ キリンソウとウメバチソウ他 2016.08.13

2016年08月25日 05時05分26秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。929     ベンケイソウの仲間。似た花は町中でも見る。ただ、山野で見るところが良い。     Photo-01 小さな花ですが、存在感を主張する黄色です。         Photo-02 麒麟草 学名:Phedimus aizoon var. floribundus ベンケイソウ科         Photo-03 . . . 本文を読む
コメント (10)

愛車ベクスターとともに⑦ ヤマハハコ 2016.08.13

2016年08月24日 05時18分56秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。928    エーデルワイス。「高貴な白」と直訳されるのだそうだ。セイヨウウスユキソウがそれ。残念ながら日本には自生しない。だが、キク科ウスユキソウ属に属する種としてはハヤチネウスユキソウが日本では最も近いとされている。   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6% . . . 本文を読む
コメント (14)

愛車ベクスターとともに⑥ マルバキンレイカ 2016.08.13

2016年08月23日 05時07分26秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。927    コキンレイカと言えばそれ。じゃ他に何かあるかと言えばマルバキンレイカ。ハクサンオミナエシと言う名も気になる。過去の地理佐渡ではマルバキンレイカと紹介してきた。  佐渡から戻り、これからこちらの山野を見て回ると、オミナエシの前にオトコエシを見る。マルバキレイカはオミナエシ科オミナエシ属。花は確かに似ているが、悩ましいことには違いない。ドンデンでは尾 . . . 本文を読む
コメント (14)

愛車ベクスターとともに⑤ イブキジャコウソウ 2016.08.13

2016年08月22日 05時01分25秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。926      シソ科イブキジャコウソウ属の小低木とある。毎年紹介するがこれが草本類でないのが不思議である。ドンデンの尾根だけに自生するかというと、麓の馬場集落で見たりもする。生息範囲の垂直分布は気にしないでよさそうだ。紹介の写真はとにかくドンデンのもの。自生のイブキジャコウソウである。       Photo-01 鞍部の向こうの小さなピークは . . . 本文を読む
コメント (10)

愛車ベクスターとともに④ キンミズヒキ 2016.08.13

2016年08月21日 05時00分46秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。926    キンミズヒキ(金水引)は夏の開花期、根から全草を堀り採り、水で洗い乾燥させると生薬となるとある。花が終わるとできる種子は衣類によくくっつき邪魔なことこの上ないのがこの金水引である。おまけに道ばたのような所を好むから、なお始末にわるい。ただ、花の咲き始めの姿は実に良い。ドンデン山荘を超えてドンデン池を目指す道ばたの風景である。         . . . 本文を読む
コメント (6)

愛車ベクスターとともに③ ヨツバヒヨドリとアサギマダラ 2016.08.13

2016年08月20日 05時51分27秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。927 ベクスターには後に気づく欠点があった。     Photo-01      相思相愛の男女の仲にも問題が生ずることは古今東西よくある話だ。実は佐渡の取材ではいわゆるオフロード=未舗装路を走っている。そのため、長岡に戻ってからの洗車では、一部分品を外してのことにした。  少しの不具合を長男に語りながら、あれこれしているうち、「ふけ上がりにも . . . 本文を読む
コメント (5)

愛車ベクスターとともに② クサボタン 2016.08.13

2016年08月19日 05時00分25秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。926      カーフェリーが新潟を出たのが午前3時。航海は2時間半であるから、佐渡到着は5時半。さすがに実家とは言え、そんな時間帯にただいまはできない。既に日は昇っているので、そのままドンデンを目指した。 ドンデンは花の山だ。  夏には夏の山野草が楽しい。その中でもクサボタンはツリガネニンジンとともにあちこちで見る紫系の花。先端をくるりと巻く姿は髭男爵 . . . 本文を読む
コメント (11)

愛車ベクスターとともに① 2016.08.13

2016年08月18日 06時17分31秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。925            今年のお盆は愛車VECSTAR 125CCに乗っての帰省であった。8月12日仕事を終え就業時間とともに帰宅。慌ただしく準備をしつつ夜をまつが、慌ただしいと感じるのは気持ちだけである。妻は友人との会があって遅くまで戻らない。日付が変わろうとする頃に帰宅したのだが、入れ替わるように出発の時刻となった。  こうした時に家を出 . . . 本文を読む
コメント (11)

夏休み 2016.07.06

2016年08月12日 05時25分42秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。924     帰省のため、『地理の部屋と佐渡島』はしばらく休みをいただきます。     Photo-01 ハグロトンボ           Photo-02           Photo-03         Photo-04            紹介している写真は7月初旬の風景ですが、 . . . 本文を読む
コメント (19)

東山丘陵野草さんぽ 4 キオン

2016年08月11日 05時06分24秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.06.26     「同属のハンゴンソウに似るが、ハンゴンソウは葉が三裂することで判別できる。」     Photo-1 黄苑 学名:Senecio nemorensis L.キク科キオン属        ウィキペディアではよく似るハンゴンソウとの区別の仕方を、先述のように説明する。分布は広い。北海道から九州までの日当たりの良い山野などで見る。今 . . . 本文を読む
コメント (6)

東山丘陵野草さんぽ 3 ヤマボウシ

2016年08月10日 05時20分19秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.06.26     近縁にハナミズキがある。   Photo-1 山法師、山帽子 学名:Cornus kousa ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属          秋に見る赤い果実は信用したくないが食べられる。都会ではたぶん栽培種として見るにとどまろう。一方で幅をきかせているのはむしろハナミズキ。こちらは外来である。  見て欲しい。本来山野に自 . . . 本文を読む
コメント (10)

東山丘陵野草さんぽ 2 花をズーム ミズタビラコとエゾアジサイ

2016年08月09日 05時12分37秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.06.26    「和名のタビラコはさまざまな植物に使われるがキュウリグサの別名でもある。ミズタビラコの場合は水辺に生えるキュウリグサの意。」これは撮れたてドットコムにあった説明の一部である。       Photo-1 水田平子 学名:Trigonotis brevipes ムラサキ科キュウリグサ属         Photo-2   . . . 本文を読む
コメント (8)

祭りは終わり、地理佐渡再開。

2016年08月08日 05時15分03秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。923     再開いたします。   Photo-01      町内の祭りは長岡祭りが終わった週の土曜日開催を原則としています。早朝から会場設営。夜の直会が終わり帰宅した時は日付変更線を越えていました。そして、日曜日は後片付けです。朝から日差しが強く、皆へとへとでした。僕は週末の仕事をすべてキャンセルしていましたので、日曜日はその後一日休みにし . . . 本文を読む
コメント (8)