地理の部屋と佐渡島

2009年4月よりの佐渡単身赴任があけ、2014年4月より長岡へ。別れが絆をより深めた。今後ともよろしくお願いします。

秋山郷を往く 6 上野原近郷から鳥甲山(とりかぶとやま)

2016年05月28日 05時27分43秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08   苗場山(2145m)と鳥甲山(2037m)に挟まれた谷が秋山郷である。   Photo-01      鳥甲山は安山岩質の成層火山で、日本二百名山にも数えられている。苗場は百名山。秋山郷からほど近い栄村最高峰の佐武流山(さぶりゅうやま2192m)も二百名山。よく知られた山が見られる里の風景は楽 . . . 本文を読む
コメント (15)

秋山郷を往く 5 大赤沢と小赤沢

2016年05月27日 05時01分55秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08     大赤沢も小赤沢も苗場山への登山口になる。   Photo-01        秋山郷も大赤沢を過ぎると長野県側の秋山郷になる。秋山郷。こう言うともう長野も新潟も無いだろうというのが越後人の感覚だが、地元民はどうなのだろう。昼食は大赤沢の山源木工の2階でとった。山菜そ . . . 本文を読む
コメント (8)

秋山郷を往く 4 秋山郷で見た山野草たち

2016年05月26日 05時01分12秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08   ミツバツチグリ、キランソウ、スミレ、タチツボスミレ、エチゴキジムシロ。   Photo-01 三葉土栗 学名: Potentilla freyniana バラ科キジムシロ属      幼い頃、故郷で見た草花を思い出そう。今回は道ばたで見つけた5種類を紹介。風景や空気は良いし、足下には様々な山野 . . . 本文を読む
コメント (6)

秋山郷を往く 3 ニリンソウの見倉(みくら)

2016年05月25日 05時01分35秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08     来る度に撮影してしまう。秋山郷の原風景が残る見倉である。   Photo-01        栃の巨木は見なかった。カタクリの群生地もまた季節外れで。そのことが惜しまれる。ただ、後に紹介できるが見倉橋という吊り橋がある。新潟の橋50選の一つである。   . . . 本文を読む
コメント (11)

秋山郷を往く 2 清水川原の屏風岩と結東(けっとう)遠景

2016年05月24日 05時07分09秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08     逆巻を過ぎてすぐ。国道405号線から道を東秋山林道に変えた。       Photo-01        中津川の左岸側が405号で、右岸側が同林道である。この林道からは、対岸の結東集落などの遠景が良い。まずは道が分岐してすぐの清水川原の屏風 . . . 本文を読む
コメント (13)

秋山郷を往く 1 猿飛(さるとびばし)橋と柱状節理

2016年05月23日 05時13分13秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2016.05.08      秋山郷に入って見玉(みだま)と穴藤(けっとう)をすぎてほどもない逆巻地内に猿飛橋(さるとび)という橋がある。新潟の橋50選にも選ばれる橋である。     Photo-01 橋上から中津川(信濃川の支流)の清流を望む。      さて、ここの河原には柱状節理の露頭が . . . 本文を読む
コメント (12)

県境の町・津南 2016.05.08

2016年05月22日 05時29分31秒 | マンホール
マンホール023     つなんまち。長野との県境の町である。   Photo-01        平家落人の村と言われる秋山郷を目指すと、必ずここを通らねばならない。新潟県県内では屈指の豪雪地だ。津南は信濃川とその支流中津川の流域に開ける河岸段丘の町である。2004年から2005年へと続く冬季には4m超の積雪があっ . . . 本文を読む
コメント (8)

守門岳・浅草岳・鬼ケ面山・粟ケ岳 2016.05.05

2016年05月21日 05時17分26秒 | 山の風景
山の風景112 写真撮影:2016.05.05    長岡市郊外の東山丘陵に八方台と呼ばれる見晴らしの良いところがある。ここから東を望むと正面に守門岳を見る。これがまた良い風景なのだ。行く度つい撮影に及ぶ。周囲には浅草岳や粟ケ岳の姿も。本当はほかにも色々あるのだが、自分の分かる範囲で紹介している。     Photo-01 守門岳   &n . . . 本文を読む
コメント (7)

真木林道の山野草7 ミズバショウ 2016.05.05

2016年05月20日 05時11分17秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.05.05     ゴールデンウィーク中の風景である。     Photo-1 水芭蕉 学名: Lysichiton camtschatcense Schott サトイモ科ミズバショウ属      既にミズバショウの開花報告は3月〜4月中にずいぶんなされていた。それから見るとかなり遅い。雪 . . . 本文を読む
コメント (12)

真木林道の山野草6 シラネアオイ 2016.05.05

2016年05月19日 05時10分52秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.05.05   雪解けから少し経った沢筋で見つけた。   Photo-1 写真中央      シラネアオイは北海道から本州北部。日本海側の山地部と亜高山帯に自生するという。佐渡のドンデンはこの群落が見事で、訪れた山野草ファンを喜ばせる。長岡市郊外の東山丘陵で見るのは久しぶりであった。この場所での撮影はあったのか。 . . . 本文を読む
コメント (8)

真木林道の山野草5 トリガタハンショウヅル 2016.05.05

2016年05月18日 05時18分28秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.05.05     我が家の庭にクレマチスの仲間がある。もちろん栽培種だ。(同シリーズ名でしばらく続けます)       Photo-1 鳥形半鐘蔓 学名:Clematis tosaensis キンポウゲ科 センニンソウ属       僕がトリガタハンショウヅルを初 . . . 本文を読む
コメント (13)

旧豊栄市 マンホール蓋

2016年05月17日 05時32分29秒 | マンホール
マンホール022     チューリップをモチーフにしている。     Photo-01        旧豊栄市は2005年の大合併で新潟市北区の一部になっている。地域には水鳥が集まる福島潟がある。新潟県はお隣の富山県と並ぶチューリップ栽培の盛んな地でもあるが理由がある。沿岸部に広く砂地の地があり、それに見 . . . 本文を読む
コメント (7)

真木林道の山野草4 ブナは新緑まぶしき時 2016.04.24

2016年05月16日 05時18分53秒 | Weblog
動植物 写真撮影:2016.04.24     丘陵地の春は里の一足も二足も遅い。   Photo-1        なのにブナの芽吹きは早い。まだ木立の足下に雪があっても構いなしのあわてんぼうである。そのため、この日はコブシの花や、マンサクの花も見るという奇妙なことになっている。この辺の微妙な感覚は現地にいないと分 . . . 本文を読む
コメント (9)

真木林道の山野草3 ヒロハテンナンショウ 2016.04.24

2016年05月15日 05時20分34秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.04.24     山菜の頃はヒロハテンナンショウが芽吹き咲く。     Photo-1 写真中央。            ヒロハは日本海側のテンナンショウ属である。この頃こちらの山野ではウラシマソウやコウライテンナンショウもよく見る。いずれにせよ、これ . . . 本文を読む
コメント (10)

真木林道の山野草2 山桜 2016.04.24

2016年05月14日 05時12分24秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2016.04.24     雪解け後の山は素早く色づく。   Photo-01        春の山野はぼんやりとしつつ様々な色合いに包まれる。そして、里でソメイヨシノが終わる頃から山桜が麓から山上へと次々に開花していく。足下は春の妖精の時期が過ぎ、それを待つかのように初夏への扉を開く植物たちで賑 . . . 本文を読む
コメント (7)