地理の部屋と佐渡島

2009年4月よりの佐渡単身赴任があけ、2014年4月より長岡へ。別れが絆をより深めた。今後ともよろしくお願いします。

ラムサール条約登録湿地「佐潟」 その2

2017年02月24日 05時05分04秒 | 新潟地理歴史
新潟地理歴史・写真撮影:2017.02.19      カワセミはあきらめた。とにかく大砲のようなカメラを構えている常連さんがいて、なんとなく近寄りがたい空間となっているのだ。良い場所があるんだろう。カップ麺まで持ち込んでいる人もいた。モデルはなかなか出てきてくれないようだった。  とにかく潟を一周して、何かの鳥の姿をえられたら良いじゃ無いか。だめでも雪の合間の青空も心 . . . 本文を読む
コメント (2)

ラムサール条約登録湿地「佐潟」 その1

2017年02月23日 05時09分51秒 | 新潟地理歴史
新潟地理歴史・写真撮影:2017.02.19   佐潟は国内最大の砂丘湖と新潟観光ナビは説明している。  そもそも湖とは海面と接すること無く静止している水域で、規模により池や沼と呼ばれるが、その基準は不明である。佐潟は砂丘により取り囲まれている窪地に湧水できた水域で、ここへの水供給源となる川は無い。砂丘湖という表現がウィキペディアにある。  砂丘湖と言うが、0.436K㎡の規模を . . . 本文を読む
コメント (10)

不明種 シギの仲間

2017年02月22日 05時01分07秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.13     逃げたあとの着地地点をズーム。       Photo-1        まったく残念である。写真からこの鳥がタシギとかオオジシギ。あるいはそれとは別のシギか。最右翼はタシギと思っているが、特定できまいか。野鳥に詳しい方にご協力願いたい。水田地帯の中 . . . 本文を読む
コメント (13)

栃尾 町中にて

2017年02月21日 05時05分01秒 | 雪国の風景
雪国の風景 写真撮影:2017.02.11     10日ほど前の風景である。       Photo-01            今年の長岡市とその周辺は例年に無く雪の少ない冬を過ごしている。写真の風景からは雪国らしいものを感じるのであるが、これでも例年からするとぐっと少 . . . 本文を読む
コメント (10)

どうした キジ 若鳥 ♀

2017年02月20日 05時09分05秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.08     2月8日以降見ていない。       Photo-1        気になる。いるんだろうけどもう十日ほど姿を見ていない。職場近くの小川には他にも色々な鳥たちが来る。きっと雪原の中の川筋は地肌が出ているので気になるのであろう。春よ来い。早く来い。長岡 . . . 本文を読む
コメント (9)

「世界の寒極」 オイミヤコン村 雨温図(うおんず)

2017年02月19日 05時10分06秒 | 図・表・グラフ
「1926年1月26日、-71.2℃(-96?)の気温が記録された(ただし、この測定法には議論がある)」   雨温図(雨温図):ロシア・サハ共和国・オイミヤコン下になったデータは気象庁のデータ。グラフ作成はEXCELによる。    ウィキペディアは冒頭のように説明している。ケッペンの気候区分では亜寒帯(=冷帯)冬季少雨気候だ。亜寒帯(冷帯)は北半球にしか見られない。 . . . 本文を読む
コメント (6)

この程度 楽ちん

2017年02月18日 05時07分17秒 | 趣味と管理人から
ようこそ。地理の部屋と佐渡島へ。1013       雪国で生活している。       Photo-01 いつもの除雪棒。シンプルな構造ですが、一番のご愛用です。            冬季は毎朝クルマを見て判断。今回写真で紹介している風景は暖冬と言うべき風景だ . . . 本文を読む
コメント (10)

ジョウビタキ オスはどこにいる 2017.02.06

2017年02月17日 05時05分47秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.06     雪がやむと出てくる気がする。     Photo-1          2月2日に撮影した後も実は見ていた。6日に再度撮影。ジョウビタキのメスはかわいらしい。一方オスはやや険しさを併せ持っているように思う。出来ればオスの姿を納めておきたいがそれがなか . . . 本文を読む
コメント (7)

キジ さぞつらいだろう 2017.02.06

2017年02月16日 05時05分10秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.06       雪に地表が覆われると餌のとりようが無い。       Photo-1 雪の中で身を縮めています。          じっと川縁の隙間で時が過ぎるのを待っている。キジは雪の融け、むき出しになっている地表で餌を探す。こうも雪に . . . 本文を読む
コメント (10)

めずらしくなった セグロセキレイ 2017.02.05

2017年02月15日 05時06分54秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.05     職場ではハクセキレイはよく見る。         Photo-1 背黒鶺鴒 学名:Motacilla grandis スズメ目セキレイ科セキレイ属            ネットで調べていると近年ハクセキレイに押され . . . 本文を読む
コメント (7)

キジ ♀ 若鳥 2017.02.05

2017年02月14日 05時06分15秒 | 動植物
動植物 写真撮影:2017.02.05   今回はずいぶん近くで撮影できた。       Photo-1          しかし、最近三羽を共に見ることが無い。一羽のこともあるし二羽のこともある。ただ、三羽そろってみていないのである。もしかするとそろそろ各個体が別行動をとるようになり、独り立ちし . . . 本文を読む
コメント (9)

急激な積雪 小浜市・鳥取市・豊岡市 2017/02/10~

2017年02月13日 05時05分29秒 | 図・表・グラフ
先週末西日本の日本海側は急激な積雪増に大変な思いをした。    気象庁のサイトでは積雪深も含めたアメダスデータが一時間ごとに更新される。ニュースに出てきた市町村全てで観測地がえられる訳では無いので、見出しにあるような主要ポイントの積雪深の変化をグラフにしてみた。2月10日0時~11日24時までの48時間分のデータで、気温と積雪深の変化を示した。  なお、比較対象に我が町長岡のグラフ . . . 本文を読む
コメント (7)

地理佐渡管理人の戯言.. ニコンA10とオリンパスC-750UZ

2017年02月12日 05時00分24秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2017.01.29     特に中国からの観光客。     Photo-01            春節の休暇を日本で爆買い。と今年も期待していたデパートや免税店などには肩すかしの状況と聞く。どうも来日する中国人観光客の嗜好が、「モノ」から「こと」に変わってきて . . . 本文を読む
コメント (10)

北風は誰も好まぬ ニコンA10とオリンパスC-750UZ

2017年02月11日 05時04分12秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2017.01.29     非寛容。北風は人生の良薬にもなるが、人が好むものでは無い。       Photo-01 うさぎの足跡では無いです。           言動が理不尽で敵愾心をあおるようなことがあれば、人は心身をこわばらせ、背を向ける。 . . . 本文を読む
コメント (8)

青空の時はこれ ニコンA10とオリンパスC-750UZ

2017年02月10日 05時02分37秒 | 山里の風景
山里の風景 写真撮影:2017.01.29       雪の季節の青空はこれ。       Photo-01 A10            毎冬深く雪が積もっている時期の快晴はうれしい。時間があればいつもの棚田へと行くのだ。雪の壁越しに杉の木立。それが真っ青な空 . . . 本文を読む
コメント (7)