ピンクオパール女史

2児ママの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

変動金利を選択する人

2016-12-31 16:13:44 | 日記
住宅融資を組む時変動金利を選択する人が最近増加しています。 利子を減らしたり元金を増やすことが、変動金利では可能だとします。 変動金利は、金融会社や、不動産関係の会社からも、勧誘受ける機会が多いといいます。 マンションや住宅の販売広告を見れば、返済のモデル スタイルは変動金利制の住宅融資でお金を返した場合が設定されていることが多いようです。 念願の新しい住宅を買うには、変動金利の住宅融資にする方が有益だというイメージを抱く関の山ですが、変動金利は固定金利より戻しやすいことであるからしようか。 変動金利を利用して住宅融資を利用すれば、1年に2回金利の再検討があります。 そうだといっても、その時ごとにお金額が変わる必要はありません。

避けるために5年ルールと1.25倍ルールというものがあります。 変動金利としても、ひとまず設定された金利は5年はそのまま置きます。 金利の変動を毎月の返済金額に反映させないというのです。 また、突然金利が上がった場合でも、1.25倍が適用されて、金利は1.25倍以上になってはいけないということが決まっています。 ただし、金利が上がれば返済金額に占める利子の比率が上がって、返済ペースが落ちてしまいます。 とても金利がとても高くなれば、未払い利子が出てくるほどの事態になってしまうといいます。 変動金利では、万一、金利がとても上昇して、最終返済物事になっても住宅融資が戻せなかった時には、未払い利子を整理して返済することになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エステの体験コース | トップ | ダイエットの成功の可否 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事