ダフネの『草の想い日誌』

道端に咲く花、草のしずく、木々の香りに心動かす、そんな日常を写真と一緒に綴ります。

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』観てきました。

2017年07月06日 23時07分18秒 | 映画


あらら。
タイトルのマンチェスターっててっきりイギリスの都市名だと思ってた。
海の傍のマンチェスターかいな?って^^
ぐふふ、アメリカにちゃんとタイトルの町の名前があるのね(^_^;)

映像もわたくしの好み。
スモークブルー、あるいはブルーグレーに統一されてて、
それが主人公リーの辛く悲しい体験に支配された心象風景となっているのね。

感じたのは悲しみと幸せっていうのは
対極に位置するのではないってこと。

これはほんとにアメリカ映画なの?
そう思うくらいに静かで心に沁みました。
とても素晴らしいヒューマンドラマ。


監督・脚本  ケネス・ロナーガン
2016年  アメリカ 

あらすじ ボストン郊外で暮らすリー(ケイシー・アフレック)のもとに故郷で暮らす兄・ジョー(カイル・チャンドラー)の死の知らせが入ります。
二度と戻ることはないと思っていた故郷マンチェスターバイザシー。
そこで兄のひとり息子、16歳のパトリック(ルーカス・ヘッジス)の後見人となり、故郷で暮らさざるをえなくなります。
故郷で生活をする=癒えることのない傷を抉るような暮らしをする、のですが。。。。とここまで



スモークブルーの映像の中。
たった一つの赤い色は
リーの部屋の小さな窓から見えるあじさいでした。
daphne
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルスベリ - 川西市南花屋敷 | トップ | トケイソウ - ご近所 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あじさい (フルール)
2017-07-07 22:39:38
窓から見える紫陽花
スモークブルーの映像
心に染みるヒューマンドラマ
ダフネさんの言葉に引っ張られますね♪
素晴らしい映画だとよく伝わってきます。
フルールさんへ。 (ダフネ)
2017-07-08 14:47:20

こんにちは♪
靄のかかった映像と静かな物語に
今も余韻が漂っております^^
主人公のケイシーアフレックの演技が目で語っていてほんと素晴らしかったです。
最初、プロデュースをしたマット・デイモンが演じる予定だったらしいですが、ちょっとちがう・・この方でこそこの色合いも生きたのかな?なんて思っております^^
コメントをありがとうございます♪

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。