ダフネの『草の想い日誌』

道端に咲く花、草のしずく、木々の香りに心動かす、そんな日常を写真と一緒に綴ります。

サルビア。

2017年07月17日 15時58分02秒 | 回想

あれは中学3年の始まりのころ。

美大を出たばかりの若い先生がやってきました。

美術の先生らしく?
デニムのオーバーオールといういでたちでしたが
公立の中学で、その恰好はまだ物珍しかったのです。


先生は中性的なお顔立ちで
女子生徒から頗る人気なのを
わたくしダフネは友人たちよりずい分遅れて知りました。


『女の人みたいな、へんな先生やなあ。。。』
これが、いえこれだけがわたくしの感想でありました。

あるとき、何かの用事で職員室に出向いたわたくしは
2年のときの担任に呼び止められました。



『これ何の花かわかる?』
机の上の切り花を指して、質問されました。


『。。。わかりません

この日はとてもお天気のいい日。

陽の差しこんだ職員室で
花弁を水平にまで広げたその花は
誰しもが知るチューリップだったのです。

置かれた状況が変われば
何の花かも不明になるほど
フォルムって変わるんだ、ちょっとした発見でした。


その先生の隣の席が
偶然にも美術の新任先生でした。




『僕はサルビアの花が一番好きなんです』


こう言いながら
元担任とわたくしの会話に参加してこられたのです。


サルビア。。。かあ。

サルビアの花は歌でもあったので知っていましたが
わたくしにとっては
好きとか嫌いとか・・
何らかの思いを持つ花ではなかったのです。


でも、なぜだか
『サルビア』。。と聞いてから
わたくしはサルビアとともに
新任先生のことが気になり始めたのでした。


今になって思えば
好きな花にサルビアをあげる、
その感覚と感性が未知の世界で
個性的に、魅力的に映ったのだと思います。



数年前、授業中に脳梗塞で倒れられ
一命を取りとめられたと聞きました。
定年を迎えられ、今はゆっくりご無理のないようお過ごしでありますように。

daphne









ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンナの葉。 | トップ | 葉巻虫からの。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに「青春の思い出」ですね(*^▽^*) (ジョー)
2017-07-17 18:43:31
ダフネさん、こんにちは。
とってもいいお話...それってひょっとすると、ダフネさんの初恋だったんじゃないですか?(^-^;
中三の頃って、大人と子供のハザマで多感な時期ですから、甘酸っぱい感じの思い出がたくさんありますよね。この歳になってもその頃を思い出すと何故か胸キュン(古っ!)な感じになりますよね?
ジョーさんへ。 (ダフネ)
2017-07-17 21:12:24

ジョーさん、こんばんは。
部活少女で恋には奥手だったわたくし。
もしやもしや、ハツコイ・・・そうだったのかもしれませんねえ♪

実はこのブログを書きながら
アタマの中ではカーペンターズの青春の輝きが流れまくった次第です^^
胸キュン、まさにそうですわ(//▽//)

ジョーさん、いつもありがとうございます!
「サルビアの花」が好きです (ロマン派)
2017-07-18 11:58:06
こんにちは。
ダフネさんのブログを読むのは、「アガペとアンサス」についで2回めです。
みん花から移行された方々のブログのなかで、ダフネさんのは随想、詩、日記、、文章が多く綴られている点で、異彩を放ってますね。写真だけ、という人も多いのですけど。
チューリップの逸話、確かに花弁が水平に開いてるのを見せられては、分かりませんよね。置かれる場所によって変わる・・人にも通じることでしょうか。
今回のブログは「サルビア」。ダフネさんは、書きながらカーペンターズの青春の輝きが流れまくったそうですが、私はと言えば、1969年発表の早川義夫の「サルビアの花」が今、流れまくっています・・
情けないほど未練で、悲しい歌詞ですが名曲だと思います。いろんな歌手がカバーしてますね。69年のオリジナルはなかなか聞けないかも知れませんが、これが一番です。
あまり脈絡なしにコメントしましたが、次にこのブログが更新されたらまた、読ませて頂きます。
ロマン派さんへ。 (ダフネ)
2017-07-18 20:55:37
ロマン派さん、こんばんは。
ブログへご訪問いただき、感激です^^

今になって思えば、チューリップの話をはじめ、中学時代は勉学だけではないことを投げかけてくれるいい先生がたに巡り逢えた思います。ラッキーでした♪

『サルビアの花』実はわたしも大好きです。
ただ、わたしが知るのは早川さんの曲をモトマロという女子グループが歌ったものでした。しかもタイムリーではなく数年後、コッキ―ポップというラジオ番組で知った記憶があります。
ロマンス派さんの仰る曲のイメージ、すごくわかります。あのズタボロ感、結構好きですヨ(//▽//)

植物が大好きなので同じブログを書くなら、花好きのみなさんの中で書いてきたいと思いこちらに移行することにしました。
ですが、内容は拘らず、書き留めておきたいことを書いて行こうと^^
いい歳をして、時に無料でもらったハンバーガーの写真を載せたり、わたしってバカ丸出しだわ、と思ったりもするのですが、それもわたしですもの(*^_^*)
こんなわたしですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
お喋りしてくださるようなコメント、嬉しかったです^^
ありがとうございました。

サルビアですね。 (フルール)
2017-07-18 21:32:05
デニムのオーバーオール先生は、
男の方だったのですね。
サルビア
歌のタイトルにも使われるくらいですから
私のような凡人には計り知れない
「なにか」がありそうです。^-^
多分、真っ赤なサルビアでしょうね。
フルールさんへ。 (ダフネ)
2017-07-18 22:22:28
こんばんは~
そういえば野太い声で♪あかい~サルビア~♪って梓みちよさんも歌ってましたね。
ほんと、真っ赤なサルビアには大人の秘めた「なにか」がありそうです^^
オーバーオール先生のいうサルビアもガラニチカとかファリナセアではないですよね、きっと。。。わたしはそちらのほうが好きなんだけどなあ(*^_^*)

フルールさん、いつもありがとうございます!
サルビアの花 (yurine)
2017-07-19 17:17:07
ダフネさん こんにちは
素敵なお話、感動しました。
文章がお上手ですね。
私は好きな花を上げよといわれてもサルビアとは言えないでしょうね。あまりに身近に咲いているので。
じゃ、どんな花が好きかと聞かれても困ります。だめですねぇ
いろんな花のお話聞かせてください。私も考えてみます。
yurineさんへ。 (ダフネ)
2017-07-19 20:17:43
yurineさん、こんばんは。

ほんとですか!
文章、褒めていただいてありがとうございます。
素直にうれしいです(//▽//)

yurineさんのコメントでわたしもふと考えてみました・・・
きのうk399さんがブログに書いていらしたペラルゴニュウム・シドイデスも大好きだし、クレマチスの籠口ですとか、ヤグルマギクも・・ヤマアジサイやヒューケラ・・・ああ、わたしもやっぱりコレ!とは言えません(^_^;)

花が絡んでの想い出話をこれからも書くことがあると思いますが、よろしかったらまた聞いてくださいませ♪

コメント、ありがとうございます^^
自分の思いつくままに (ninbu)
2017-07-19 20:29:04
ダフネさん、こんばんは。
久しぶりにお邪魔します。(^.^)

「内容は拘らず、書き留めておきたいことを書いて行こうと」
ブログ初体験の私には、ダフネさんのこの言葉が響きます。
そうですね。
自分の思いつくままに、
今の自分の気持を素直に綴っていけば、
きっと、気持ちが落ち着き、
今日の梅雨明けの空のように、青空が広がるかもしれません。

ninbuさんへ。 (ダフネ)
2017-07-19 21:57:32
ninbuさん、こんばんは。
いつもブログ、拝見しております。
きちんとされた文章で、きっとninbuさんという方は几帳面なお人柄をされているんだろうなと感じております(*^_^*)

ブログへのスタンスはもちろんそれぞれでいいのでしょうけど、ご本人の思いのほか、意外と縛られてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんね。
軽い言い方かもしれませんが、ブログは趣味のひとつ、楽しみのひとつ、と位置づけておくのがわたしにはちょうどいいのです^^
「書き留めておきたいことを書く」これに「書きたいときに」を加えたいと思います(*^_^*)
なんだか偉そうに、すみません。

ところで・・・そちらが梅雨明けしたということは、大阪もしてるはずですね。。ninbuさんのコメントで知った次第です(^▽^;)
こんなボケボケなわたしですが、これからもどうぞよろしくお願いします♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

回想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。