D.D.のたわごと

現在ツイッターのまとめを上げてます

なんだかなぁ…キムチ清原元彌フォー!

2005-11-04 18:05:37 | テレビ等
■中韓キムチ戦争!決着?!ていうか…。
韓国「自国産キムチからも寄生虫の卵」、日本にも輸出(yahoo-読売新聞)
食品医薬品安全庁は3日、韓国メーカー502社を調査,そのうち16社が生産した韓国産キムチから寄生虫の卵を検出したと発表した。16社の中には、韓国内の大手百貨店や観光地などに製品を卸し、韓国のインターネットショッピングで人気1位を獲得した大手メーカーも含まれていた。また、韓国産の白菜165個を無作為抽出して検査したところ、8個から回虫など寄生虫の卵が見つかった。
このうちの「ネゴヒャン食品」(本社・光州)は、日本にキムチを輸出しており、同庁は日本政府に検査結果を通知した。「ネゴヒャン食品」は昨年、日本に43トン(約1000万円相当)のキムチを輸出していたという。同庁は同社の在庫キムチを回収するとともに、今後は輸出前に寄生虫検査を徹底する方針を明らかにした。同庁は「感染した場合でも駆虫薬で治療可能」と説明している。

・中国との熾烈な中傷合戦に突入するかと思いきや,
 意外と正直に事実を認めたものですね。
・韓国産キムチの輸出品の93%は日本向け。
 中韓両国よりよっぽど衛生的に厳しい日本が何も言わないうちに一番の被害者に。
・「国民に心配をかけ申し訳ない」
 やっぱり輸出相手である日本にはお詫びしない。
 去年だかの残飯ギョウザ問題のときも
 「ほとんど日本向けだから大丈夫」みたいな事を言ってたよな…。
・藤田紘一郎先生なら「回虫なんて体内に飼っていても全然平気」とか言いそう。
・回虫の卵,さすがに唐辛子くらいでは死なないか…。
・「農薬漬け野菜よりは虫が付いているくらいのほうが安全な証拠」などと
 子どもの頃から聞かされてきたものですが,たい肥から移った
 回虫の卵はまさに有機栽培の証拠。しかしなぁ…。

■どうすんの?!清原?!
番長からの連絡なし…オリックス・中村新監督は困惑顔(yahoo-サンケイスポーツ11/1)
清原 ヤクルトに獲得を打診(yahoo-スポーツニッポン11/2)
読んでてどっちも強烈に痛い…。
・清原…セで巨人にリベンジしたいのはわかるけど,なぜ在京(スワローズ)にこだわる?
 単に東京を離れたくないといえばそれまでですが,
 要するに,地域密着という時代の流れになじめないわけですよね。
・だいたい,ブルーウェーブ側は公言して声をかけてきてんだから,
 待ってもらうにせよ断るにせよ,ちゃんと返事しろよ。
・これまで何度も清原批判を書いてきましたけど,要するに彼は
 野球がしたいんじゃなくて,全国放送でホームラン打って
 ワーキャー言われたいから選手をやってるんですよ。
・パの弱小の関西の球団しか手を挙げてくれず,
 華も実もあるといいづらい監督の下でウミウシユニフォームに
 袖を通すしか現役続行の選択肢がないという現実は認めたくないと思うけど
 (青波ファンのみなさんごめんなさい),無視して他球団に売り込みって
 呆れるにもほどがあります。
・中村監督,最初に手を挙げた時点でかなり獲得に自信満々だったけど,
 清原の出身である関西という以外にその根拠は?!
・あなた自身,世間から見たら自分で思うほど
 エリートコースを歩んできたわけでもないしカリスマ性があるわけでも…。


■これはこれでありか?空中元彌チョップ
HG、元彌効果で、さらなる異空間を演出
「ハッスル・マニア 2005」詳細トピックス
(スポーツナビ11/4)
試合を終えた元彌は勝利を喜びながらも、最後の空中元彌チョップについては「まだまだ未完成」と納得いかない様子。「今日勝てたのは支えてくれた周囲のみなさんのおかげ。これが狂言力」と謙遜した元彌に対し、節子さんは「今日は100点。非常によくできました」とベタ誉めした。しかし、プロレス活動の継続については「裸の勝負なら30秒もたない」と”セッチーストップ”をかけ、狂言に集中するように呼びかけた。元彌も「今後はいろんな場所、ステージで戦っていきたい。プロレスも選択肢としてないわけではない」と、参戦継続については否定的なコメント。12月9日から始まる狂言の中国公演へと気持ちを切り替えた。

いや~…
ミッキー・“猫パンチ”・ローク以来のすごい脱力必殺技を見せてもらいました。
しかし,はっきり言ってしょっぱいを通り越して寒いファイトなのですが
見ていて,むしろ面白いと心のどこかで感じてしまいました。
これが「ハッスル」の魅力なのか,本当に「狂言力」なのか…?
一方,メインで行われた3人タッグは
実質上レイザーラモンHGvsインリン様だったわけですが,
これもまた,HGがボディスラムからそのままフォールに入ると
思いきや,勢い余って自分が下になってしまったり,
最後の“逆M字フォール”なんてバカバカしい決まり手といい
ショーとして割り切ってみるとなかなかすごい見物だったと思います。

去年の今頃は,高田信彦が変な軍服を着て
小川直也が執拗に「ハッスルハッスル!」を連呼するプロレス興業という感じで
ちらちらメディアには出てました(スポーツ紙ではインリン様を含め
かなりの露出でしたが)が,今回のこの2戦は,各局朝のテレビなどで
放送されましたから,かなり認知度がアップしたでしょうね。
元彌も汚れ役(笑い物)にならず,むしろ最大限に盛り立ててもらい,
ハッスルサイドもビジュアル的においしく話題性もばっちりの素材に参加してもらえて
お互い万々歳の1日だったでしょう。

元WWEのスーパースター・鈴木健想があんなレベルまで下りてきて
しっかりと試合を組み立てる姿,ある意味感動さえ覚えました
(WWEという団体はエンタ色が強く,今の路線に近いようですが)。
向井亜紀さんは夫にプロレスはガチンコじゃないと告白されて
「夫を最強の男だと信じていたのに」と死にたくなったそうですが
「ハッスル」というやつはそういうレベルを遙かに超越してますね。

今回の最大の功労者の1人,HGのほうはもともとプロレス同好会出身で素地はあり,
「目標は世界、フォー!」と打倒WWEを目指して今後もハッスル軍の一員としてプロレスを続けていくことを宣言。今後戦いたい相手としてモーガン・フリーマンの名を挙げ、HG節を炸裂させた。
と参戦続行を宣言するなど絶好調。
私は彼のキャラ,好きですのでこれからも応援したいと思います。

********************
※この駄文をお読みいただいて
 くだらん!お前のblogはいつもくだらん!…というかた→ここをクリック(ーへー)
 (人気ブログランキングにジャンプします)
********************
笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記
藤田 紘一郎
講談社
未来の想い出 Last Christmas
和泉元弥,映画デビュー作(当時18)
バンダイビジュアル
プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。
向井 亜紀
マガジンハウス
レイザーラモンHG
竹書房
インリン・オブ・ジョイトイ 2006年度 カレンダー
ハゴロモ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大奥華の乱#04 大奥落下傘候補 | トップ | ■ファンタジーはブラックブラ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怖いですよ (ごん)
2005-11-05 00:53:28
キムチの寄生虫って、日本にいる比較的平和な(!)回虫ではなくて、鉤虫とかのこわいヤツが多いと聞きます。

http://freett.com/iu/memo/Chapter-010403.html#010403010000



僕はしばらく前からキムチを食べなくなりました。
エンターテイメント (ノブ)
2005-11-08 09:43:29
ハッスルの方向性はエンターテイメントショープロレスなので、間違ってないと思います。

健想はWWEを解雇されちゃったので、食い扶持を稼ぐために必死に試合を組み立てたと思います。

素人元彌相手に良く頑張りましたw

HGも学生プロレス経験者とあって、受身も中々。

さすがに川田のチョップは受けきれずに悶絶してましたがw

最後のフォール時の攻防もHGが上手く誘導してましたね。

今回のハッスルは話題性だけじゃなく興業的にも成功だったと思います。
コメントありがとうございます (d_d-)
2005-11-11 17:26:37
ごんさん

サナダムシが含まれているのなら「人体に影響はない」どころの話ではないですね。これを「回虫など」で片づけるのはとんでもないごまかし。

情報ありがとうございました。



ノブさん

朝のテレビで断片的に見ただけでも「皆楽しそうで,皆幸せな結末で終わって…いいなぁ」とほのぼのとした気にさせるいいイベントだったと思いました。見ている間はそれなりにハラハラドキドキできますしね。
TBありがとうございました! (すっとこ副店長)
2005-11-21 21:26:48
お礼に伺うのが遅れて申し訳ありません。

今ではすっかりキムチ戦争の話題がなくなってしまいました(日本では殆ど報道されてませんね)が、私はこれからもかの国産のキムチは怖くて食べれません。

以前まではかの国のことなんとも思ってなかったのですが、知れば知るほど・・・は本当ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む