介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

認知症患者には帰宅願望や徘徊と・・・

2017-06-30 12:31:02 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護職員の医療行為(グループホーム) ・特養出身の介護職員が摘便をしてしまう。...
介護職員の医療行為(グループホーム) ・特養出身の介護職員が摘便をしてしまう。 ・看護師が介護職員に利用者の褥瘡を洗浄して、軟膏を塗布するように指示を出す。 以上のことが、(医療行為に該当すると知っているのに)、なくならないのは何故なのでしょうか?(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


認知症患者には帰宅願望や徘徊といった症状が出ることも多く、

この帰宅願望や徘徊が原因で行方不明になる方は年間1万人ほどになるそうです。


事故に繋がるケースも多く、

年々増える行方不明者数の増加が心配されています。


そもそも認知症患者の徘徊は、

意味もなく歩き回ってしまうわけではなく、

ちゃんとした理由があります。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正しく理解して、最適な排泄... | トップ | トイレまで行くのが困難な場... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL