介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

家族の負担が減るようにショート・・・

2017-09-17 12:17:25 | 介護
知恵袋からピックアップ


介護保険料の徴収について 37歳の会社員(厚生年金保険料を納付する第2号被保険者...
介護保険料の徴収について 37歳の会社員(厚生年金保険料を納付する第2号被保険者)です。 今年、共に63歳になる同居の両親を、会社の健康保険組合の被扶養者としました。 先日支給された賞 与から、介護保険料が徴収されていました。 今までは、介護保険料の徴収は40歳からという認識でした。 両親を被扶養者としているために40歳未満でも介護保険料の徴収が発生する事はあり得ますか? (会社の健康保険組合の内規のようなものがあるのでしょうか?)(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


家族の負担が減るようにショートステイの利用なども考えるなどして、

ケアマネジャーなどとの連携も重要になってくるでしょう。


ケアマネージャーとは、

介護認定を受けた人がどのようなサービスを受けるのかを考え、

ケアプランを作成する介護支援専門員のことを指します。


介護計画の作成だけでなく、

介護サービス事業者との連絡や仲介を行う専門家なのです。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩に行きたいとか自宅に帰... | トップ | 自立した生活が難しくなった... »

介護」カテゴリの最新記事