介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

認知症患者には帰宅願望や徘徊と・・・

2017-04-05 13:17:04 | 介護
知恵袋からピックアップ


通所介護、認知症加算について。 私はケアマネ業務について6ヶ月の、まだまだ未熟...
通所介護、認知症加算について。 私はケアマネ業務について6ヶ月の、まだまだ未熟者なケアマネです。 今回納得ができていないことがあったので、質問させていただきます。 説明が下手なので、分からない点が出るかと思いますが、ご了承ください。 私の働いている居宅介護支援事業所は、特養と併設であり、デイサービス、訪問介護もあります。 私も特養やデイサービスの勤務を経験し、ケアマネとなりました。 今回、デイサービスの上司の相談員から、 認知症加算についてのお願いをされました。 5月末で認定期限が終了し、6月1日からまた有効期限が開始する方です。 今回、認知症自立度があらたにⅢaになった方がおられました。 その方に関して ・認知症自立度は主治医の意見書を確認して行います。私が主治医の意見書を確認したのは、ケアプランを作成している5月なので、確認したその日から認知症加算を算定して欲しい。そのため差し替えのプランを作ってくれ。 ・事業者指導課に確認したところ、ケアマネが提供表にあげた時点で加算はできると確認した。 ・こんなこと言えるのは、うちの居宅だけだけどね。 と言われました。 主治医の意見書は認定の結果が降りないと、請求できません。(結果が降りる前に請求市に行ったら、出せませんといわれました)その為、結果が降りたと知り、5月の18日に資料請求をしました。なので、私が確認したのは18日の時点でできていたので、その次からの利用から加算が算定できる、との見解から5月の差し替えの提供表を作成して欲しいとのことでした。 理論的にはそうなのかもしれないですが、なんか腑に落ちないのです。 今月で認定の期限が切れるので、次月から新しい認定でどのようなサービスを利用するか担当者会議をするんですよね。認知症度は認定の期限とは関係ないので、遡るのでしょうか。 自立度がⅢ以上に変わった人は、担当者会議で翌月分の提供表の同意と、当月分の差し替えを同意してもらわなければいけないのでしょうか? なんだか、私は「たったの何日分かのものなんだから、新しい気持ちで6月からしたらいけないの?」と思ってしまいましたが、経営の視点からみたらあたりまえなのでしょうか、悩んでしまいました。 もし、おなじケアマネさんがおられたら、どうしているのか教えていただけたらと思います。 また、もし私の意見があっているなら、相談員を論派できるような言葉があれば、お教えいただけたらと思います。(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


認知症患者には帰宅願望や徘徊といった症状が出ることも多く、

この帰宅願望や徘徊が原因で行方不明になる方は年間1万人ほどになるそうです。


事故に繋がるケースも多く、

年々増える行方不明者数の増加が心配されています。


そもそも認知症患者の徘徊は、

意味もなく歩き回ってしまうわけではなく、

ちゃんとした理由があります。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首回りはチャックやボタンで... | トップ | 自分で見学を行なって気にな... »

介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL