介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

トイレまで行くのが困難な場合に・・・

2016-12-28 08:19:36 | 介護
知恵袋からピックアップ


拘縮が強い方の着脱についてコツとか教えて下さい。 介護職2年目です。 一年間はデ...
拘縮が強い方の着脱についてコツとか教えて下さい。 介護職2年目です。 一年間はデイで軽度の方が多く、拘縮の方がいても、片手だけとか、コミニケーションが取れる方ばかりでした。 特養に 移り、1名拘縮両手かなり度合いが強く稼動域はあってないような物、足は拘縮無し。コミニケーションは全くできずという状態です。 ユニット方の特養でして、自分のユニットではなく、隣のユニットなので夜勤の時以外関わりがありません・・・。 昼間に着脱の方法を教わる予定が、会議や急変した方がいたりで教わる暇もなく、1人夜勤デビューが来てしまいました・・・。 上衣の着脱が不安です。 服はマジックテープとかではなく普通の服です。(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


トイレまで行くのが困難な場合には持ち運びができるトイレを使用する場合もあります。


このようなタイプのものを室内で使用する場合には特に介護される人の自尊心に配慮をする必要があります。


排泄をしている姿が他人から見えないように囲いなどを設けるのがポイントです。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




<iframe width="425" height="350" src="http://www.youtube.com/embed/ovZ7j1K7bN8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハビリパンツは下着と同じ... | トップ | 高齢者が住み慣れた地域で、... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL