介護はもうすぐやってくる

老老介護、そんなことにならないように、早めに対策が必要です。

安易に介護を利用できる時代が終・・・

2017-04-21 15:24:28 | 介護
知恵袋からピックアップ


私は介護施設で働いていましたが、1ヶ月前に退職し、その時私物を全て持ち帰ってい...
私は介護施設で働いていましたが、1ヶ月前に退職し、その時私物を全て持ち帰っています。その私物の一つに色鉛筆があり、私自身が大人の塗り絵にハマっていた時に購入した100色セットの物です。暫くして塗り絵に飽き て使わなくなりましたが、持っていても仕方ないと思い、施設へ持って行き、『貸し出し』という形でレクリエーションの時に使用していました。ちなみに私が貸し出した物以外に、施設の物品として12色セットの色鉛筆が5〜6箱あります。 昨日、元職場の同期からLINEで「貴女が100色の色鉛筆を持ち帰ったから利用者が塗り絵が出来なくて困っている。返して欲しい」と連絡がきました。「色鉛筆は12色セットがあるだろう。そもそもあれは私物であり、貸し出していた物だから『返して欲しい』の言い分はおかしい」と説明しましたが、「貴女はもう塗り絵はしない、と言ってたじゃないか。使わないのに持ってるのは勿体ないから譲渡して欲しい」と言われました。確かにその通りですが、ちょっと奮発して買った色鉛筆なので、簡単に譲渡する気にはなれません。レクリエーションの塗り絵も頻繁に行っていたわけではないので、色鉛筆も一本一本半分以上の長さは残っています。 上手く断る方法を教えてください。(続きを読む)




ちょっと気になる介護、豆知識


安易に介護を利用できる時代が終わりつつあります。


支える現役世代が徐々に減少して、

支えなければならない人が多くなりすぎていくわけです。


介護が必要にならないで済むように、

また困ったことがあれば気軽に相談が出来るように、

対応が出来るところを役所以外で設けた経緯がある。


かつての介護保険法施行前の措置時代とは異なり、

介護が必要な人自身が声を上げなければなかなか手が届きません。


 #介護 の相談⇒http://bit.ly/2cA0mK4




介護、どんな注意点があるか基本的な事を知っておきましょう。
⇒ 介護の相談 /介護のまめ知識 へ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 施設の選び方でパンフレット... | トップ | 本格的な介護が必要になった... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL