☆それゆけ大吉くん&華子ちゃん☆

~2013年3月生まれの大吉と、2015年11月生まれの華子がおりなす大冒険記~

GWまとめ

2017-05-12 | 2016.4~(大吉くん3歳 華子ちゃん0歳)
GWは実家の尾張一宮に帰省して、とっても盛りだくさんな毎日でした。



1日目、実家に着いてすぐ、おばさんのお見舞いへ。
今年の2月に63歳のバリバリ働いていたおばさんが1人で暮らす自宅で倒れたのです。

おばさんが出社しないことを不審に思った会社の人が警察に連絡し、
警察の人が玄関ガラスを割って家の中に入り、倒れているおばさんを発見して救急搬送されたのです。

本当にびっくり。まだ63歳だし、すこぶる元気に働いていたし、、、、

倒れてから発見されるまで、12時間以上経っていたけれど、

命はとりとめ、左半身麻痺が残るものの、会話もそれなりにスムーズにできました。

でも、もう一人で何もかもできるわけではないので、どこかのホームに入らなければならないとのこと。

「介護」ってこうやって突然やってくるんだと感じたのでした。


2日目、138タワーで友人家族とサイクリングを楽しむ。

138タワーのレンタサイクルが激安で1台につき1日200~300円!

そこで初めて電動チャリに乗った!

華子ちゃんを前に乗せて、「軽い軽い!!」と連呼しながら自転車を走らせる私。

でも、急な坂道で激重になり、そこで初めて電源が入っていないことに気づく。

そこからようやく本当の「軽い軽い!」を体験!



3日目、高校の同級生家族、総勢20名以上?と運動会を楽しむ。

この日はハードな日で、運動会終わりに父の散骨

父が亡くなって13年目となり、ついにお墓に納める用の遺骨を散骨しました。

小さいほうの骨壺は10年前に京都の納骨堂に納めていたのだけど、
大きい方の骨壺は、母の気持ちの整理がつかず、ずっと手元にあったのです。


そちらの骨壺の方を、お寺で粉骨してもらい、パウダー状になった骨を、思い出の地(法律上問題とならない場所だよ!)に散骨してきました。


お墓を持たない、お墓のお世話ができないうちの実家にとっては最善の方法になったと思っております。

実家の母が亡くなった後は、同じ場所に散骨する予定。


4日目、元同期女子とその子供たち総勢12名で集まる。

5日目、浜松旅行へ出発!



浜松祭り最終日で、最高によかった浜松祭り。

もっと有名になっても良いお祭りだ!

日本一平和的なお祭りで、町内別の「ラッパ隊」なるものが街中を練り歩くのだけど、

他の町内のラッパ隊と十字路で鉢合わせると、

ケンカになるどころか、まさかの道の譲り合い!!すごい!!



6日目 直虎の聖地、井伊谷城跡とかを巡って、横浜へ帰宅。


盛りだくさん詰め込みすぎて、途中でだれが発熱してもおかしくない状況だったけど、

無事に帰ってこれました!!

ちゃんちゃん☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況報告☆ | トップ | 卵巣のう種が見つかりました »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。