中里輪店 本店+新館

埼玉県川越市鯨井1547
TEL 049-231-1591
FAX 049-231-1629

生産終了モデル続出

2017年05月05日 | 雑記

オーマイガッ!

日本のバイク界の歴史を彩ってきた数々の名車たちが、悲しいことに生産終了をむかえています。

理由は排ガス規制 ただそれだけです。

旧来のエンジンは新たな厳しい排ガス規制をクリアできないものが多いのです。

二輪車市場全体の低迷も相まって、9月の施行を待たずして生産終了そして在庫なしとなっている機種が続出しています。

先日のモンキー騒動にしてもしかり、今までのバイクの歴史の終焉を惜しまれる声があちこちから聞こえてきます。

こうなったら現在所有のバイクを乗れる限り乗り続けるしかないです。

旧型バイクの出来る限りの延命です。

これは当店のような昔かたぎの小さな店が比較的得意な分野です。

量販店と違って車両販売重視に偏ってこなかった経営がこれから生きるかと思います。

修理できるものは修理する。

特にキャブ車なんぞは構造が単純ですから、どこまでも修理可能です。

ただし、部品の供給が止まるとアウトです。

メーカーさんにはなんとかかんとか部品供給を止めないでいただきたいです。

あわよくば、製造中止部品の再販売を希求します。

草々


(追記)5月8日関連記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000007-zdn_mkt-bus_all

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/08/news040.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自転車リム組み | トップ | 最新エクスターオイル SUZUKI »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。