cy street power (大淀75系)

心、穏やかに、美味しいビールが飲めますように!

菅浦 LOVE

2016-10-01 00:44:54 | 海へ山へ
2016.9.29(木)

ついに待望の菅浦に行ってきました\(^o^)/



菅浦って琵琶湖の湖北。昭和46年まで道がなく、海からしか行けない陸の孤島だったらしいです。

ねっー!行ってみたくなるでしょ(^^)





2年前に竹マコとビワイチをした時に、時間がなく菅浦地区へは立ち寄らず、奥琵琶湖パークウエイへと急いでしまいました。
後から、菅浦のことを調べると、とても興味津々の場所でした。
竹マコは、ラン仲間のなおちゃんと、なんとビワイチ2周目を歩いてて(スゲ〜)
菅浦辺りに行く時は、是非誘ってねと、お願いしていて、それが実現したんです\(^o^)/


jp 永原駅から出発。


駅に降りると、信じられない(゚o゚;;
霧雨に強風。自宅から最寄り駅までは、夏だったのに、永原駅は冬でした。



寒い〜!

こんな夏でも、RWSトレイル部で教えてもらったので、持ち物の中に暖かい上着が入ってます(^_^)v
本当に良かった。
それにBS合言葉?!「備えよ常に」ですね。


辺り一面、田んぼです。

まっ、歩いていたらすぐに暑くなってきました。

菅浦までの9kmは、
すぐ前の対岸の海津大崎や、


さらに遠い対岸の水鳥ステーション、今歩いている葛篭尾崎(つづらおさき)の水辺。

綺麗な景色です。



竹生島も見えてきました。


あっ、菅浦の集落です!


菅浦口のバス停


ここから、左にいけば奥琵琶湖パークウエイ。
右に行けば、菅浦です♪





菅浦へ、ちょっとビクビク入って行きます(笑)

すぐに、菅浦のバス停



菅浦の出入り口のすぐそばにヤンマーの小さな工場もありました。
ヤンマーさん、ひょっとして菅浦の人たちの働き口を提供??素晴らしいです〜(^^)

入って直ぐ、「四足門」


関所の役割。海からの侵入者を見張っていたらしい。


西、東、北、南とこの四足門があったようですが、今は、西と東の四足門のみが残ってます。


菅浦は、2年前の2014年に国の重要文化的景観に指定されたそうですよ。

良かった!どうぞ菅浦を守ってね!!

この門の直ぐ裏手に須賀神社





須賀神社の上の文字は「村社」とあり、いかにも「村」っぽい(笑)





この参道は歩いていると心落ち着きました〜♪

更に登ると神聖なる結界



信者の方は土足厳禁とあります。


スリッパが置いてありました。




ちょっと可愛い牛さんもいました。

須賀神社は、淳仁天皇(第47代天皇)が戦に負け幽閉されこの地で過ごしたとされ塚もあり、この村の守り神となっているようです。
が、淳二天皇は、淡路島にも立派な御陵があり、
はっきりとはわかりませんが、
滋賀のことを近淡海と呼んでいたこともあり、
説は二分しているようです。
伝説というのは本当に面白い\(^o^)/

神社を出て、集落の中に入ると、
普通に生活されている街並みでした。


ただ、やたらと「作業所」っていうのがあり、番号がついてて、1番から20番までありました。
いったい何の作業をするのかな?


急な斜面の山が村の直ぐ後ろに迫ってて、
その斜面には、いくつものお寺や神社がありました。




ひゃ〜!!

広場にはこんな物体が(゚o゚;;
鹿の頭の骨ですよね。
魔除け?



さらに進むと、東の端の四足門が出てきました。


道は地図ではここまで。

実際には、細い道がついてました。


もう少し行ってみましょ。


どなたかの山行きブログによると、
この先もう少し行くと、
この葛籠尾崎の山への登山口があり、登れるようです。
いつか行きたいものです(^o^)



コスモス咲いてました♪


菅浦探索の後は、菅浦口まで引き返し、奥琵琶湖パークウエイを行きます。


登り〜ヽ(´o`;

歩きではありますが、なおちゃん、早い早い。
小走りでないとついて行けませんε-(´∀`; )



少し登ると、
菅浦集落から裏山の急坂を登って奥琵琶湖パークウエイにでる道を発見!

須賀神社の参道に、奥琵琶湖パークウエイに出られそうな細いトレイル道があったので、
多分、あのトレイル道を行くとここへ出たんだなっ。




しかし、道はほぼわからず(^^;;


奥琵琶湖パークウエイを歩いてきて良かった
ε-(´∀`; )

なおちゃんは、ずんずんとすすみ、登りの歩きなのにキロ9分!!

どんどん登って、駐車場展望台へ到着。




素晴らしい景色です♪
ちょっと休憩〜。

さあ、帰りは近江塩津駅に向かって、約13kmの道のり。琵琶湖パークウエイを下ります。

これがなかなかのアップダウン。

時々みえる綺麗な景色にうっとり♪





月出という集落が、
帰りの湖畔にあり、こちらも大変気になります。
寄る時間も、道もなく‥道は、山の上からでなく、平地からの道があるようでした‥また、いつか(笑)

だんだんと夕方になってきて寂しい気配が漂ってきました。
前回は、この辺りを歩いている時は、暗くなっていたので、そうならないように急ぎます。

無事に明るいうちに奥琵琶湖パークウエイを歩ききりました♪

降り返ると、来た道はやはり、少し薄暗い。


塩津の街並み素敵です。




湖西線はなぜ陸橋が多いんだろう?
と3人で不思議がりながら、せっせと歩き、


無事、近江塩津駅着。




今回の距離、29km.早足(笑)

菅浦に行けて、大満足\(^o^)/
竹マコ、なおちゃん、誘ってくれてありがとう〜♪





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台北3日目 淡水の夕焼け | トップ | 毛糸の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL